かぼちゃのプリン
f0095746_1425175.jpg

持ちよりパーティーまでに3回作ったカボチャのプリン。
これは、1回目。
お教室で習ったとおり、せっせせっせと裏ごしし、皮はサラダに使っては、「もういい」と言われつつ、頑張ったプリン。
マドレーヌ先生の教室で習ったのは15センチだったのに、18センチで作ったから、ちょいと背丈が足りなくなりました。
でも、トゥルンと美しいプリンになりました。
しかし1回目は、隠し味と言われたシナモンもナツメグも入れ忘れた。
あーー、悔しい。
でも、上から下まで、均質にクリーミーなプリンになりました。
濃厚で美味しいです。

f0095746_1433419.jpg

そこで、私は、「焼き方は完全にマスターしたわ!」と思って、同じ焼き方でizumiさんのかぼちゃプリンを焼いてみました。
うーーん、結果はやはり2層です。
izumiさんレシピのプリンは、多分数回しか、均質に焼けたことはありません。
ほとんど2層になります。
これは、2層に焼き分けているわけではありません。
そうなっちゃうだけです。
高温で焼くと沈まないと聞いたのでやったところ、沈まなかったこともあるけど、、、スができたこともあります。
難しいっ。

お味はどう違うかというと、マドレーヌ先生のはどっちかというと、カボチャッ毛の強い濃厚プリンで、izumiさんのは、プリン傾向の強いあっさりプリンです。
蒸しカボチャ>カボチャペースト>マドレーヌ先生プリン>izumiさんプリン>卵プリン
どちらも、絶妙なバランスでうんまいプリンです。

f0095746_1445254.jpg

どっちかというと、私は蒸しカボチャ苦手で、プリン傾向が強い方が好きなので、izumiさんレシピで均質に焼いてみたかったの。
けど、、、できなかった。
うーん、、このレシピはそういうレシピなのかなあ。。。
izumiさんのも(こんなダンダラ模様じゃないけど)、美しく2層になっていた気がするもんなあ。

カットしてお土産にしました。
味はいいからねー。
こちらは、さらりと美味しいんです。

f0095746_1432432.jpg

で、レシピが違うのか、焼き方間違えたのか分かんないから、もう1回、マドレーヌ先生レシピで焼いてみました。
やっぱり、均質になりました。今度はシナモンも入れたし。
かぼちゃプリンで、2層になったり、均質になったり、スが入ったり入らなかったりは、相当レシピに左右されるんだね。

上の娘は、かぼちゃッ毛の強い方が好きだそうです。私も結局はどっちも好きなの。
だから、カボチャ度、プリン度、どっちも好みでいいわけなんだけど、なんか納得いったようないかないような、、、。
どっちも美味しいならどっちでもいいだろーって思うんだけど、これ、カボチャ濃度の違いなのか、生クリームなど油脂分の違いなのか、知りたいんですよねぇ、、。
カボチャまだまだあるから、作れるんだけど、さすがに合計4回作ったら、「もういいかも」って、言われてるので、、、、しばらくしたら、またやってみます。
[PR]
# by kotubutubu123 | 2010-11-04 22:10 | お菓子
持ちよりパーティー11月
紅玉締め切ります。
あとどれくらい大丈夫なのか、私も全く分かりません。一人2人かと思っていたので、驚いたー。
明日ファックスします。


紅玉追加募集します。
ご希望があったので、問い合わせたところ、まだ少し大丈夫みたいです。
これ、最後ですので、迷ってる方はどうぞ。この記事にカギコメントで入れて下さい。
条件は前回と同じです
まあ、びっくりするほど、大玉で美味しい紅玉が40個、送料込み3200円で届きます。
、、、あ、、しまった、私、まだお金振り込んでないっ。
各自、振り込みよろしくお願いします。

f0095746_13123819.jpg

持ちよりパーティーの続きです。
今回は、生クリームをしっかりお願いしたので、惜しげもなく使いました。
これは、カボチャのプリン、マドレーヌ先生バージョン。
実はレッスンで習って以来、これで4回目。
それをアップするヒマがなくいきなり、本番のプリンになっちゃいました。
後日練習プリンはアップします。

大絶賛を受けました。
しかし、かるーく「これ、すごく美味しい。レシピ下さい」って言われて、むっとしました。
お菓子作らない人って「教室のレシピは持ち出し禁止」ってお作法が分からないんです。
仕方ないんだけど。
その上、仮に教えて上げたところで、絶対作らないから、伝えようとするエネルギーの無駄なんです。
んで、かるーく答えました。
「ぜってー、無理。これ、最初から最後まで裏ごし4回、一生に1回作れるか作れないかのレシピだもん、私には教えられない、習いに行くしかないわ」って。
きっとケチなオバサンだと思っただろうけど、いいのいいの。

f0095746_13125457.jpg

残ったのは、小さい器で焼きました。
これね、予想ではステンのが一番に焼けると思ったの。
そしたらねーー、違うの。
陶器の方が早くて、、陶器の方では、量の少ない四角の方が当然、早かった。
まあ、量が違うから、はっきりしたことは言えないけど、それにしても、違う気がする。

f0095746_1313830.jpg

ステンのがまだ全然固まってないうちに、ほら、陶器の四角のはこんなことになっちゃいました。
2倍くらい焼き時間違った気がする。
あ、時間、計ってないんだけどね、気がついたらこんなことになってただけで。
これは、お家おやつにしたんだけど、、、やっぱりちょっともさもさして、「いつものと違う」と見破られてしまいました。
上に生クリーム乗せて、ばれないようにしたんだけど。

f0095746_13133213.jpg

生クリームたっぷりあったので、キッシュ。
21センチでしかも、3センチの高さだから、生クリームたっぷりある時しか作れないわー。
これ2台と15センチ1台です。
21センチのセルクルね、前に合羽橋に行った時に、お買い得100円だったのー。

だけどね、これ、本当はすじ切りいっぱいになるはずでしたし、お野菜も焦げる予定じゃなかったんだけどね。

f0095746_1314550.jpg

中に入ってるお野菜は、ジャガイモ、タマネギ、エノキ、ブロッコリー、ナス。
あと、ゴーダチーズごろごろと、角切りベーコン。
キッシュ好きなんです。
家にあるもので、適当にできるから。
お総菜感覚で味もつけられるし。
お家用も大好評。
娘達、グリルとレンジ併用で温め直して、朝ご飯に食べてました。
レンジだけだと皮がしなるけど、グリル使うと皮がぱりっとなるっと、評論していました。

f0095746_13141866.jpg

21センチで高さ3センチなんて、めったに作らないし、そうじゃなくても腕がないから、焼き縮みで、高さの違い出ちゃったの。
なのに、すじ切りいっぱいいれたもんだから、一番低いところから当然流れ出して、、、、
止めることもできず、、、そのまま焼いたら、こんなことに、、、、。
ひでーーー。
で、野菜は頭が出て、焦げちゃいました。
ちっ。

でも、そんなことは分からないからね、職場では「小粒さん、キッシュも作れるの?」って誉めてもらって、鼻高々。
いや、キッシュって、ブリゼ生地と野菜炒めができれば、できるんです。
作ったことはないけど、冷凍パイ生地でもできそうな気がする。
これなら、作り方教えられるな。
でも、こっちは「レシピ教えて」って言われなかった。。
[PR]
# by kotubutubu123 | 2010-11-04 13:48 | お菓子
紅玉まつり(持ちよりバージョン)
f0095746_1139937.jpg

みんなーー、紅玉まつり、やってるーー??
ぜひぜひ、教えてねー、プリントアウトして農家さんに送るからねー。

という私も、タルトタタンとかアップルパイとか、、それらしく華やかなのは作っておらず、毎年恒例、地味にドイツのリンケーキ。
ドイツのリンゴパイと言うべきか。
薄い皮にバターたっぷり塗りながら、巻いていくので。

これは、持ちよりパーティーに持って行きました。
ちゃんと名前知ってるお姉さんがいて、びっくりしました。
f0095746_11392335.jpg

久しぶりにレシピをしっかり読み直しながら作ったら、今更ながら、新しい発見。
いや、間違い発見。単に思いこみで作っていただけ。
薄くのばせば伸ばすほどいいと思って作っていたけど、別にそこまでする必要なかったらしい。
30×40くらいの大きさでよいらしいと言うことは、薄さもまあ、そこそこでよかったらしい。
そうだったか。。。

f0095746_1139596.jpg

生のリンゴに喜界島粗糖、小麦粉まぶして、隠さない味のシナモン振って、レーズンとクルミ。
砂糖も小麦粉の量も、いまや適当だけど、ちゃんと美味しくなってくれる。
リンゴの酸味によって左右されるけど、もともとそんなにデリケートなお菓子じゃないんだね。

f0095746_11401872.jpg

巻きながらバターたっぷり塗って、焼いている途中でも3回バター塗るので、一見地味ですがリッチなケーキです。
香ばしい皮と、中からとろんとろんリンゴが出てきます。
小麦粉まぶすので、リンゴの汁を小麦粉が吸って、とろんとろんです。
これ、パン粉まぶすより美味しいです。

上の娘が「リンゴを使ったケーキの中で一番好き」というケーキです。

f0095746_11404199.jpg

これは、紅玉入りチーズケーキ。

うしろのイタリアンパセリは、もともとは飾りではないんだけど。。。
むさむさと茂ってきたので邪魔になった母が「いい加減使いなさいよ」と、切って、強制的に置いていったもの。
ところが、娘達が「こんなナリしてても、パセリの匂いするからイヤだ」と嫌な顔するので、一向に減らないで、でも、丈夫に台所のコップの中で、茂って飾りになっています。

f0095746_11411475.jpg

なんちゃんがメレンゲたくさん作る時は、手よりボッシュの方がきれいにできると書いてあったので、ボッシュ。
卵白6個分です。
けどねえ、、、もともと苦手なメレンゲ作り。
加減が分からなくて、なんども、なんどもボッシュ止めては持ち上げて、「うーん、これくらい?ゆるいメレンゲってこれくらいか??もっとか??」って、ながらボッシュができなくて、ずっと張り付きボッシュでした。
これからは、できるだけ、ボッシュ使います。
もともとメレンゲ作りのために買ったのに、パンこねとか、シュー皮作りとかに使って、メレンゲはほとんどハンドミキサーばっかりだから、いつまでたっても使いこなせないので。

f0095746_1141566.jpg

底生地5分焼いてから入れます。
ところがね、、中に入れるはずのリンゴジャム2回失敗。
もったいなーーい。
1回目はキャラメルリンゴジャム。我流でやったらできなかった。
単に焦げ臭い物体。冷えるとアメ状、、ってのができた。
2回目はピンクのリンゴジャム作るつもりが、全く色が着かないうちに汁気が無くなり、しゃりしゃりリンゴになった。
砂糖が少なかったかなあ。
3回目は諦めて、普通に喜界島粗糖で煮ました。
うん、美味しかったです。
チーズケーキ3台分しか煮なかったので、また煮なくちゃ。
チーズケーキのカット面ありませんが、ほろほろ美味しいケーキができました。
うっとり美しい断面に、ボッシュの威力か??と、にんまりしました。
[PR]
# by kotubutubu123 | 2010-11-03 12:11 | お菓子
紅玉まつり
f0095746_071055.jpg

私のところにも、紅玉届きましたー。
雨の中作業してくれたのかなあ。
今年は、紅玉、緑のお座布団にのってました。
これならゴロゴロ打ち身がないね。
農家さんにお礼の電話を入れたら「最初の数件、そのまま送ったら、箱の中でゴロゴロするのがどうしても、気になってきて、あれ、入れました」だそうです。
ありがとー。送料込みの破格のお値段なのにね、梱包材だってバカにならないのにね。

で、皆さんの届きましたコメントは、水曜辺りにプリントアウトして、送ります。
きっと喜んでくれると思うわ。

紅玉なのに、ミツ入ってます。
珍しいよねえ。
f0095746_0121916.jpg

それからね、みなさん、「こんなん作ったよー」って、ぜひ、この記事にコメントして下さい。
パトロールして、みなさんの記事を見つけて、リンクしてご紹介できればいいのですが、全く余力がないので、みなさんの情報交換をかねて、ぜひ、こちらに、その記事にリンクした形で、コメントして下さい。
それもそれぞれのトコにお伺いしてプリントアウトし、農家さんに送るつもりです。

「記事にリンクする」が、分からない方は、、、
例えば、エキサイトだと、記事の下のところに、日にちが入ってるとコ有るでしょ、
そこをクリックすると、その記事だけのURLが出ます。
試しにこの記事の2010-11-01 00:19てとこをクリックしてみて。
んで、そこのURLをコピーして、コメント欄の「名前」「URL」ってとこに、
はり付けると、その記事にリンクした形に、なります。
エキサイトの人はログアウトしてから、やります。
エキサイト以外の記事も、下の方に、どこかクリックすると
その記事だけのURLが出るみたいよ。
分からんときは「コメント欄」クリックすれば、多分、その記事になるし。
あちこちクリックすると、出ます。
とりあえず、誰か、試しにやって下さい。そしたら、きっと他の人も分かると思うからねー。

それから、コメント頂いてるのに返事できなくてごめんなさい。
多分水曜にできると思います。
[PR]
# by kotubutubu123 | 2010-11-01 00:19 | お菓子
ゆるマクロビパーティー
f0095746_2330682.jpg

のんちゃんのはらどけいで、ゆるマクロビパーティー開かれました。
ゆるマクロビって言うのは、卵使ってるから。
でも、乳製品は一切無し。
これ、本物の、菜種油パウンド、黒糖バージョンです。

参加者は、yuki先生の教室の生徒さんが中心でした。
みなさん、本物の菜種油パウンド食べて、きっと私の言いたいこと分かってくれたと思う。
ほろほろしていて、軽くて、いくらでも食べられる感じ。

f0095746_23302065.jpg

あー、写真がいいのが無いんです。
もう、、せっかくyuki先生がいらしたんだから、ちゃんと教えてもらえばよかった。
特に、アップの写真はダメダメです。

きっとひとつ一つのケーキの説明は、izumiさんがして下さると思うの。
私が知ったかぶりして、ウソ言っちゃうとこまるからねー、、
けど、ちょっとさわりだけ。。。

お豆のパウンド黒糖バージョン、イチゴパウンドのカップバージョン、巨峰のタルト、izumiさんロールの豆乳クリームバージョン、栗の渋皮煮、クッキー3種。
メープルシロップとキャラメルナッツのもの、ピーナツクリームとチョコ、酵母のサブレ。

f0095746_23303348.jpg

それからバナナとチョコの豆乳アイス。
もう、すんごいボリュームですね。
私は、一部お持ち帰りさせて頂きましたが、中にはほとんど召し上がった方もいたような。。。

izumiさんのロールケーキ、たいがいは酔っぱらったあと頂くけど、酔ってない時に頂いたら、やっぱり、生地すごい美味しいわ。
お砂糖少ないのにふわふわだから、いくらでもいける。
噛みしめ系のクッキーも美味しいなあ。。

でもね、私、豆乳ホイップは苦手かもって、分かりました。
izumiさんが作ってくれても、豆乳ホイップは豆乳ホイップだから、今度は、フルーツをジャムで和えて、それを巻き込んだロール作ってーーって、おねだりしてきました。
豆乳ホイップって、ほとんど見かけないけど、いろんなメーカー有るのかな。
それによって、味が違うのかな。
それはそれで食べてみたいな。
情報持ってる人教えてね。

f0095746_23304451.jpg

にうこさんも一緒だったんですけどね、にうこさんと私って好みが正反対。
「豆の匂いするから駄目だー」「豆の匂いするから好きー」
「濃い牛乳は乳臭くていや」「牛乳の薄いのって、飲まない方がマシ」
「鳥のささみと胸が好き」「それ食べるの、罰ゲームかも」って感じです。
もちろん、油ギッシュなのが全部私です。
でも、いろんな好みの人が集まっていたのに、みんながパクパク食べられたから、やっぱりizumiさんのケーキ、すごいなあ。

これ、お持ち帰り。
クッキーの袋はね、ゲームの景品。
izumiさんがゲーム、用意して下さってたの。
しかも、賞品は、izumiさんのケーキ。
誰かさんなんて、ホールのパウンドケーキ、もらっちゃったんですよお。

f0095746_23353434.jpg

解散したあと、今度は2次会。
ピザとかあんかけ焼きそばとか、ガッツリ塩ものを頂きました。
楽しかったなあ。
余力が無くて、参加者の方を紹介できてないし、お料理やケーも紹介できてないのが残念です。。
あーー、今度は忘年会かあ??

あ、これねー、にうこさんに作ってもらったスカート。
私は、アジアンテイストの生地が好きなんですけど、本物は駄目。
綿とかシルクとか、麻とかダメダメ。
特にアジアのは、色落ちするし、破けるし、よれるし、、、お手入れ苦手な私には無理。
だから、アジアン風の「化繊」に限って好きなんです。
洗濯機で洗濯ガシャガシャ、シワにもならずーー。
そいういう生地でスカート作ってくれましたー。
わーい。わーい。

あ、そうだ、とらにゃんさん。
頂いた栗は、栗蒸し羊羹にする予定で、しまい込みました。
リンゴが終わった後に使うなら、冷凍しておいた方がいいかな?
[PR]
# by kotubutubu123 | 2010-11-01 00:05 | お菓子



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧