<   2010年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
かぼちゃプリン
f0095746_16164073.jpg
昨日は仕事を休んで出かけたマドレーヌ先生のかぼちゃプリン。
仕事休む価値有り有りのかぼちゃプリンでした。
今まで疑問に思っていたことが、一挙に氷解。
いやしかし、できるようになるわけではない。
意味が少し分かるようになっただけ。

あー、せっかくデジイチ持って行ったのに、カードはいってませんでした。
だから、全部携帯、悔しいなあ。

f0095746_16165053.jpg

マドレーヌ先生のお教室プリン、、販売用のプリン、あれは、ふふさんの仰るとおり2層にしたプリンですって。
「泡立てて有るところとなめらかなところ」とふふさんは表現されていたけど、泡立ててあるわけではないみたいですが、仰るとおり、濃厚に感じさせる部分ととろんとなめらかに感じさせるように焼き上げるそうです。
今回のかぼちゃプリンは、層を作らないように上から下まで、均一にとろんと仕上げる焼き方です。
たかがプリンなのに、、って思っちゃうけど、そのプリンに最近、相当泣かされてましたからね、「ひーーー、プリンってすごいんだあ」って思っちゃいました。
で、ちなみに、私が時々作るかぼちゃプリンが2層になるのは、あれは、成分が分離しているわけであって、先生の2層とは違うことも分かりました。
忘れちゃったけど、、多分下がクリーミーで上がカボチャっぽい奴。
あれはアレで美味しいと自画自賛なんですけどね、でもわざとやってるわけじゃなく、均一に仕上がらないだけ~。

f0095746_1617369.jpg

今回のシナモンとナツメグ、卵液でなめた時は、入ってるのが分からないくらい少量。
だけど、これ、必要だそうです。
カボチャの輪郭をクッキリさせるためにこそ使う隠し味ですって。
よかった、シナモン味のカボチャとサツマイモ、嫌いなんだ。
あ、そうそう、サツマイモプリンはできるけど、難しいみたい。
繊維が多いので、芋羊羹タイプになると。
で、芋を減らしてとろんとさせようとしてもサツマイモ味が出ない、シナモンで輪郭を際だたせることも難しい、、だから、芋羊羹タイプとして楽しむべし、、みたいな。
別物として、ってことよね。

f0095746_16171752.jpg

マドレーヌ先生の裏ごし、あっと言う間です。
目にもとまらぬ早さです。
でも「裏ごしが美味しいけど、それが面倒で作らないなら、フープロを使ってでも作った方がいいです。それでも面倒で作らないなら、カボチャフレーク(って仰ったかしら)使ってでも作った方がいいです」って、仰ってらしたので、フープロ決定だな。。。。

f0095746_1648918.jpg

お持ち帰り分はココット型で焼いた物です。
これ表面、真ん中部色が違うでしょ?
「水滴落ちたんですか?」ってお聞きしたら、違うそうです。
表面の真ん中部に、、いろいろな物集まるから、(いろんな物って、なんだっけかな)必然的にこういう色になるけど、一層下は、均一な黄色。
大きい型ではここんとこ、ひっくり返すから平気だし、ココットだと軽く泡立てた生クリームとろんと流せば全然平気、、、とのこと。
なるほど。

f0095746_16173719.jpg

あと、カラメルのこととか、カボチャの質とかいろいろ、お聞きしてきましたが、内容は全部詳細に「本当に美味しい生地で作るプリンの本」とか言う名前で出版すべき物なので、お聞きしたことを全部、お伝えできないのが残念です。
あー、ほんとうに、「プリンの本」「クッキーの本」「タルトの本」、、欲しいです。

かぼちゃプリンもいろいろなレシピがあって、カボチャ多いとか少ないとか生クリーム入れるとか入れないとか、そりゃあ、好みでどうにでもできる部分は多いと思うけど、そのためにいろいろ理屈が分かって、嬉しかったかぼちゃプリンでした。
f0095746_1775469.jpg

試食タイムに、みなさんが「先日のホワイトチョコのショコラの失敗の原因」とか「ロールケーキの失敗の原因」とか、質問されてました。
「生地を見てみないと分からないですね」と、先生が言われたら「先生、見たら分かるんですか?」と生徒さん。「そりゃあ、見たら分かります」と先生。
ひーー、すごおい。

で、私は2週間くらい前に焼いた自分の、ホワイトチョコと抹茶のガトーショコラのへなちょこぶりを思い浮かべていました。
あー、ちなみに、手前はプリンケーキ。
最近、どんだけ卵食べたか分かりません。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-13 23:30 | お菓子
洋梨の厚焼きタルト
f0095746_1264866.jpg

TOMATEさんから頂いた洋梨、パートレット、大半は母と私で生で食べちゃいました。
加工に向くってお聞きしたんだけど、、、、とろんとろんと柔らかくなり、香り高くなったところをむしゃむしゃと生で食べちゃいました。
母いわく「アイスクリームみたい」だそうです。
ラ・フランスに比べて酸味が強くあります。
洋梨って酸味のない果物かと思いこんでいたので、びっくりーー。

お菓子は、大好きな厚焼きタルト。
f0095746_127211.jpg

18センチで高さ5センチのセルクルです。
ほんとうは3センチくらいにしたかったのですが、3センチの高さのは持ってないので、いったんこれに敷き込んでから、カットしました。

f0095746_1271263.jpg

空焼きして、アーモンドクリームを詰めて、洋梨をぎゅうぎゅう詰めて、フタしました。
フタは、先ほど切り落としたシュクレ生地と余ったシュクレ生地。
これで焼いた時の、模様が好き。
この上に喜界島粗糖をふりたかったけど、無くなっちゃったので、なし。
プリンケーキ作りすぎ。
本当はカリカリさせたかったな。

f0095746_1272250.jpg

とってもジューシーです。
なんたって、厚いからね、洋梨の汁の染みこんだ生地、いっぱい食べられます。
うめかったです。
これ、よく冷えた方が好きです。

f0095746_1273726.jpg

それから、残りはジャム。
お砂糖かなり控えましたが、十分甘いです。
しゃりしゃりした食感と、かすかな酸味有るジャムです。
ジャムになっても、ラ・フランスのねっとりした感じとちょっと違うなあ。
どっちも美味しい。
今年は、杏っていっても種類があるし、桃も種類で違うし、洋梨も種類で全然違うってことを、、、当たり前のことなんですけどね、それを実感しました。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-12 21:05 | お菓子
プリンケーキ
f0095746_23451277.jpg

やっとこ新しいカードリーダーを買ってきたので、プリンケーキ。
プリンケーキ、何個作ったか分かりません。
幸い単価が安いので、惜しげもなく、チャレンジできる。
惜しいのは時間と、労力だけ。

あー、なんちゃんは、あんな美しいプリンケーキを作っているというのに。。。

そういえば、教室の時「何回やってもスポンジが生焼けだって言う人がいるんですよ、ガスオーブンなんですけどね」ってお聞きしていて、他人事だと思っていたけど、、
あーーー、変わんないわー。
mikaさんの仰るとおり、スポンジが焼ければプリンにスが入る、温度下げてプリンなめらかにすれば、スポンジ納得いかねーー、ってか真ん中、超へなちょこ。

f0095746_23455018.jpg

ウンチクを語りたいところですが、どれがどの写真か分からなくなっていて、必ずしも、外面写真とカット写真が同一とは限りませんが、まあ、傾向が分かりやすい写真を選びました。
で、結局、完全成功してませんからねぇ。

えーー、これね、分かりやすいのは特に左側。
冷めた写真。
真ん中、凹んでるでしょ?
こーいうのは、真ん中へなちょこです。

f0095746_23465977.jpg

こーいうのは、見た目、サイドも美しいこーいう感じになるんですけどね、
あー、よく見ると、真ん中にカラメルが集まってる時点で、真ん中の陥没を予想させる。
うむ、今なら分かるけど、一番始めに焼いたのは、カラメルが多すぎて真ん中ぐちゅぐちゅしたんじゃなくて、きゃつは、最初から真ん中がへなちょこだったから、カラメルをすって、あっという間にぐちゅぐちゅになったんだああーー。

f0095746_23453971.jpg

これは、上の写真のカットじゃなくて別のだけど、分かりやすいので、、、
ほら、真ん中、へなちょこだから、カラメルすってあっという間に、ぐちゅぐちゅです。
もっとひどいのは、スポンジが生カステラ状態だったやつもあります。
ひでーー。
考えられるのは卵液の温度が低いことと、庫内の温度が低いこと?

f0095746_2346518.jpg

うむ、、、、ってことで、温度上げました。
冷めてもしぼまないスポンジ焼けました。
おし、、、。

f0095746_23452758.jpg

って、思ったら、ほら、こーーいう風にしっかりスが入ってます。
これは、一番ひどかったやつねー。
でも、これでも、口に入れたら分かんないんですよ。奇跡みたいだ。
スポンジが厚い??
ですよね、、、スポンジの量もいろいろやってみたり、、、牛乳足りなくなって、同じ割合で卵も減らしたでプリン部分が薄くなった物もあります。
これはどのタイプだったか分からなくなりましたが、、
しかし、厚みはともかくとして、これはスポンジむぎゅっとして、美味いです。
べちゃべちゃとカラメル吸いません。

あ、教室で習ったのは12センチなので、最初に12センチで復習するべきなのに18センチをずーーーとやってることで、すでに、プリンとスポンジの正しい比率も変わってしまっているかも。。

f0095746_23464846.jpg

わはははーーー。
右側、ひどおおおい。
これ、シフォンナイフでぐるりとしてから外したの。
そのシフォンナイフが変な風に反り返っていたので、えぐれちゃいました。
左側は、数カ所シフォンナイフを入れてから、トンとひっくり返した物。
あらあ、、、これの方がきれいなのねー、、って最初の頃。

f0095746_23553047.jpg

なんちゃん式の焼き方やってみたら、ちょっとよくなったような気がします。
けど、まだまだ納得いかないー。
スポンジ、むぎゅっと詰まっていて、んでもって、プリンなめらかなのがいいんです。
えーーーん。

で、このプリンケーキ、母に上げたら、気に入ったのでお友達のところにどんどん出て、有りがたいことに、誰もスが入っているとか、スポンジが厚いとか、真ん中へなちょこだとか分かんないので、どんどん出ていきます。
あげくには「82歳のお誕生会用」ってのも頼まれて、ホールでは渡したくない、絶対切ってみたいので、一番トップの写真みたいに誤魔化して、もらわれていきます。
これ、考えればお年寄り、喜ぶケーキだよね。
お年寄りって、歯が悪い上に、唾液が少なくなってるから、こういうの喉ごしがいいから間違いなく好きなんだよねー。
ビスコッティとか、スコーンとか、100パーセントだめなんだよね。
オールマイティーに喜ばれるケーキだからこそ、なんとか、完全マスターしたいんだけどねぇ、、、。

あ、ちなみにてけさんは、「スポンジ無いのが食べたい~」って言ったので、即刻却下。
それは、カップに入ってるの食べてね。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-10 23:55 | お菓子
イベント情報です
洋梨をタルトにしたり、ジャムにしたり、プリンケーキを焼き続けたり、パン焼いたり、、、ちょびちょび、作っているけれど、、、、
カードリーダー壊れちゃって、、、、アップできない。
そうこうしているうちに、写真がまた、わけがわからなくなりそうだああ。。。

で、とりいそぎ、楽しそうなイベントご紹介します。
イベントって終わってから記事にすること多いけど、先に紹介してくれたら、あたしも行ったのにーーってことがあるかもしれないもんね。

もうずーーーーーっと楽しみにして、毎日、出店者のチェックしてます。
「もみじ市」です。
10月23,24日に有ります。
娘に「もみじ市行く?」
「行かない、もみじ興味ない」
「食べ物だよ、屋台だよ」
「もみじの?」
「違うよぉ。オタク的に有名どころのパンやお菓子が屋台で出るんだよ」
「行くっ」、、、、と、話がまとまりました。
もう、どこにもついて来ないけど、食べ物だけはついてきます。

私は主に「おやつ」「パン」狙いなんですけど、一人一人じっくりご覧下さい。
レシピ本持ってる人とか、雑誌で見たとか、「たべてみたーーい」系いっぱいですよお。
あーーどうしよう、いっぱい有りすぎ、朝から晩までいても、食べきれない。

それから、ナミナミさんが教えてくれました。
東京ベジフード・フェスタだってー。
私はマクロビさんにはなれないけど、なんか面白そうな食材とか有りそうだー。。
こちらは16,17日ですよお~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-10 00:56 | いろいろ
yuki先生の落語スィーツ
f0095746_22555450.jpg

昨日は、yuki先生のイベント、落語スィーツでした。
落語好きの先生が落語家さんをお招きして、落語を聞かせて頂いた後、yuki先生と落語家さんのトークショー、、、みたいな。。
お土産には、yuki先生スィーツ。

そんなすてきなイベントに、izumiさん、komugikoさん、にうこさんと参加しました。
もちろんむこうでは、とらにゃんさんやかまろんさんや、スマイルさんや、、、、いっぱいいっぱい知ってるお顔に会えました。

祭の前の静けさ??
宴の前の静けさ??
緊張と期待の高まる会場です。

f0095746_22554369.jpg

で、こっちの写真、バーゲン会場??
祭りの真っ最中?

いやいや、イベントが終わった後のロービーです。
レディース達の影で見えませんが、奥にはお菓子販売用のテーブルがあります。
yuki先生と、ショコラさんと、静岡のyuki先生のお友達の先生のケーキが並んでいます。
あっという間に終わりました。

あーー、普段お教室で和やかに過ごしている生徒さん達も、このときばかりは、それぞれの底力を発揮されていました。

会場での写真は2枚だけしか撮ってこなかったので、詳しくはizumiさんやkomugikoさんのところでご覧下さいね。

あ、会場で私の隣に座ったのは正装のとらにゃんさん。
あちゃー、あたいも、正装するべきだった。
息をしないでスカートはいてくるべきだった、、と思ったけど、、隣でとらにゃんさん、げらげら笑ってました。
あー、あれじゃあ、スカートのホック吹き飛ぶから、やっぱり普段着でよかった小粒さんです。
f0095746_2256104.jpg

これは、始まる前に頂いたマクロビランチ。
ふじみ野で唯一のマクロビカフェみたいです。

カボチャフライかと思った物は、車麩のフライ。
車麩のフライって、マクロビ界では常識らしい。
奥さまからは、お料理の説明をしていただきました。
ひとつ一つ下味を付けてから、、、、例えば、里芋にみそ味をつけてから豆乳グラタンに、、、グラタンのスープは昆布と干し椎茸でとるとか、、、車麩をお出汁で煮てから衣をつけて揚げるとか、、、手間かかりまくりのお話しを伺いました。
すごすぎる。。。
私が一番好きだったのは、ピタとレンコン入りのラタトゥユでした。
ラタトゥユを丼一杯食べたかったな。
その他、いろいろ、マクロビ界の厳しい掟やお作法を、izumiさんやkomugikoさんから伺いました。
あー、無理無理、、、、たまには焼き肉もお寿司も食べたいからねえ、、私はせいぜい「お野菜ご飯党」にしておこうと、思いました。
にうこさんは、なんだか、マクロビが自然に体に合うようで、体が喜んでる顔してました。

f0095746_22562581.jpg

デザートはニンジンケーキとリンゴの甘煮クズ寄せ。
いわゆるマクロビスィーツっぽいスィーツです。

f0095746_22564131.jpg

奥さまもご主人も、お人柄がすてきで、、、、それがお料理にもお店の作りにも表れてるんですよ。
このテーブルすてきでしょ。
秩父だっけ、飯能だっけ、、、まあ、その辺りで原木屋さんでみかけた木に一目惚れして、購入。
切るのはもったいないから、この大きさのままでテーブルにして、、、ってナチュラルさ。
コーヒーカップも、益子の陶器市でみかけた作家さんのコーヒーカップに一目惚れして、オーダーしたそうなんです。
「全てはご縁です」って仰ってました。
いい言葉だあ。

f0095746_2312698.jpg

yuki先生のお土産頂きました。
無糖のピーナツバターとチョコチップ入った植物油のマフィン、、このピーナツバターがポイントだねえ、、、これがコクを出してるんだわぁ、、、と改めて思いながら、ひとりじっくり頂きました。
お菓子も落語も最高です。
でもねえ、、、昨日あんなに人がたくさん集まったのは、やっぱりyuki先生のお人柄よね。
yuki先生が一生懸命やってることは応援しようとか、yuki先生が走ってる時は後ついて走ろうとか、そういう生徒さんの思いが集まるのよねえ、、。
とってもいいイベントでした~。
ありがとうございます!

力尽きてリンクできません。
izumiさんのところから、全てくまなくリンクされているはず、、です。izumiさんのところに飛んでご確認下さい。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-04 23:42 | いろいろ
栗蒸し羊羹と豆腐ドーナツ
f0095746_22111897.jpg

今日は、yuki先生の落語スィーツイベント、、、楽しゅうございました。
楽しかったイベントも、写真アップが間に合わないので、とりあえず、、画像だけ非公開アップしてあったこちらの記事です。
あーーーー、プリンケーキも、写真が今となってはぐちゃぐちゃで、どれがどれだか分からん。。。
もー、とりあえず、、美味しい栗蒸し羊羹です。

持ちよりパーティーの翌日、母のおでかけに用意したお菓子です。
なんか作って欲しいって言うから、私もちょうど、娘の歯医者さん用のお土産が欲しかったので、大目に作りました。
生クリームは当然無い、その上、卵も2個しかない、バターも使い切った、、喜界島粗糖もない、キビ砂糖が少しあるだけ。
で、なんちゃんにもらったもったいない栗の澁川煮を使うことにしました。

f0095746_22113644.jpg

あんこは買い置き生協の、栗はなんちゃんの、、、、私は混ぜ混ぜしただけなんだけど、うまかったあ。
もう超好みの食感、好みの甘さ、、、。
見て見て~、こんなに栗たっぷり。
いや、もっといっぱいのとこも有ったけど、羊羹は写真撮るのが難しい。
チョコケーキと同じくらい難しいね。
どうにか使えるのがこの1枚だったー。

半分くらいお土産にして、残りは、私も、娘も喜んで食べました。
もう1回作る分あるから、今度は全部お家用に作ろう。
母ったらね、超見栄張りです。
「娘のお友達が煮た栗に、生協のあんこです」って言えばいいのに「娘が煮た栗で作った羊羹です」って、つい、、つい、、言っちゃったんですって。
あー、、もう、、、ババ友に栗買って寄こされたら、どーすんだあ?
私は、無理なのに。。

f0095746_22114883.jpg

羊羹は少ししか上げなかったので、豆腐ドーナツでちょっと場所稼ぎしました。
レシピはいつものマドレーヌ先生の。
お砂糖はキビ砂糖、バターも生クリームも要らない、、、なんとか、お土産作戦乗り切れました。

これ、残ったのを、グリルで焼いて食べてみました。
砂糖が溶けてちょっと焦げて、だけど、揚げ物はグリルで温めるの、美味しいねー。

ちょっと和風のお土産でしたー。

あー、栗蒸し羊羹、もっ食べたいっ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-03 22:33 | お菓子
もちよりパーティー10月
f0095746_2349178.jpg

先月は持ちよりパーティ、会場が確保できなかったので、、、お休みでした。
今月は、その分、ぱーーーっと、、、と思っていたけど、、、
いつもより、地味な感じになりました。

なんたって、今月のテーマは
①自分一人でバスで運べる量にする。
②生クリームを使わない。
だったものですから、必然的に地味になりました。

うう、、、、、izumiさんに生クリーム、お願いするの忘れたの。
買い物行く暇もなかったから、クリームチーズもないし、、、。
簡単豪華のチーズケーキ系や、流し込み系が使えませんでした。

f0095746_23493249.jpg

上の写真は、お味み用ミニサイズ。
持って行ったのは、普通のサイズ。
杏は、7月にシロップ漬けにしておいた信山丸。
うまい。。。
このままパクパク食べたい。。。

しかし、なんだか、しわしわだったり、色が黒ずんでいる。
シロップ漬けの初心者丸だしだわ。

フォンセ生地は切り落としてないの。
みんなが「あー、私、皮の多いトコ」って喜ぶから。
f0095746_23494666.jpg

プリンケーキは、実はあの後、5台焼いたか6台焼いたか?
いや、もっと焼いたか?
写真を見てもどれがどれか分からんけど、結構、謎が謎を呼んだので、焼き続けました。
で、それは、たくさん語りたいので、別にアップするとして、、、
その残骸みたいな詰め合わせ。
外側にスがはいっちゃったのも見えます。
あ、でも、全部食べられる範囲ですよお。

f0095746_23495619.jpg

それから、ブッセ。
これはねえ、、、ビスキュイロールをバタークリームで作ろうかなと思ったんだけど、ちょっと自信なかったので、同じようなものでも、ブッセの方が楽かなあ、、、って思ったの。
けどねえ、、、1個ずつクリームはさんで、ラッピングするって、、結構面倒だった。
ロールの方が簡単だったかなあ。。

クリームはチョコ、、、中に入れたのは、なんちゃんの金柑柚子。
プレーンのクリームの方には、ふふさんの杏ジャム。
チョコクリームは味が濃すぎて、、ちょっとつらい物ができちゃった。
チョコ、どれくらい入れるか、カンがききませんでした。
けど、そうはいっても、金柑柚子との相性抜群、うまかった。

f0095746_2350539.jpg

それから大好き、ガトーバスク。
これは1台しか作りませんでした。
お家用には、カップケーキ型で3個作っただけ。
けど、娘が喜んでました。

f0095746_23503192.jpg

中に入れたのは、自分の作ったルバーブをベースに。
これは、形が残る感じのルバーブです。
もわもわにするより、これくらいの方が美味しいみたいな気がするなあ。
外側は、なんちゃんの金柑。
内側は、ふふさんのドライ杏のジャム。
、、、ねえ、、、ジャム作るために、いったん杏をドライにするって、、、そんな人いるんだねー。
もう、あり得ない。。

これ、うまかったです。
ほんと、自画自賛するほど、うまかった。
もう、酸味系ジャム有ったら、無敵です。
f0095746_23504148.jpg

持ち運び作戦、だんだん、お利口度が増していきます。
ガトーバスクは、ふふさんタッパーに型ごとつめます。
タルトは、一回り大きいセルクルに入れて、上に角セルクル板を乗せて、またタルトを乗せます。
2階立てて段ボールに入れました。
だんだん、持ち運び、上手になってくるので、どうにかバスで運べました。
あーーー、通勤バスに、よちよち荷物を持ち込む小粒さんの図って、結構笑えるかもしれません。。
あ、いつもは、車出してもらってることが多いんだけど、今後は一応、自分で運べる量を計算して頑張るつもりなんです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-03 00:38 | お菓子



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧