<   2010年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
アンズタルト~、アンズジャム
f0095746_22312758.jpg

信山丸を使ったアンズタルトです。
前回はすっごく軽くシロップで煮てから焼きました。
今回は、砂糖まぶしてコンポートって言うのか??ジャムになる前の段階のやつで、焼きました。
信山丸、少量ずつ煮れば、相当形保つことができます。
ちょっと重なったりすると煮くずれるけど。

f0095746_223175.jpg

こういう風にして冷凍しました。
冷凍すると味落ちますよ、、ってTOMATEさんは教えてくれたけど、しゃーないのぉ、他に思いつかないんだもん。
糖度高いから、完全に凍らないし、まあ、なんとか、この味と形を保ってくれると信じて。

f0095746_22311733.jpg

形のちょっと崩れたのを使って小さいお味見用を焼きました。
ブリゼ生地も、残り物。
縁を切り落とすのももったいないので、そのまま使ってます。
なんか、これはこれで可愛い。

f0095746_22313890.jpg

うううううう、うまい。
昨年までは焼き込みアンズ、イマイチ美味しくなかったけど(酸っぱいか、味がぼけるか)今年は美味しいです。
信山丸という品種のおかげもあるでしょうし、品質のよいものを送ってくださったからもあるでしょう。
信山丸は、もったいないので、ジャムにはしませんでした。
シロップ漬けとシロップ煮であと何回かタルト焼けます。
うれしいなあ。

f0095746_2232888.jpg

平和と信州大実はジャムにしました。
色が違うのは、粗糖とビートグラニュー糖の違い、、、と言いたいけど、実は左側は、違うの。
明らかに焦がしちゃいました。
ジャムって強火で煮るのよねーっと、いい気でやっていたら、焦げました。
でも、もったいないから「キャラメル風味ってのもあるくらいなんだからさ」と言い訳して瓶に詰めました。

焦げたのは平和。平和の方が実が崩れにくかったです。
芯の部分や皮の部分が残り、汁の部分と分かれてました。
平和は何度も焦がしそうになりました。
信州大実の方がすぐにもわもわっと煮溶けて、、、ほら、ルバーブ煮た時みたいに全体にもわもわーっとなる感じ分かるかしら?
私は、信州大実の方が扱いやすかったです。
なんたって、しろーとだから。

ぐつぐつ跳ねるジャムでやけどしそうになったり、瓶煮るのでやけどしそうになったり、そりゃあもう、ロボットみたいなゴム手袋の不自由さで何回も瓶落としてジャムこぼしたり、、、。
1日仕事で泣きそうで、「えーーーん」って言ってたら、娘に「自業自得ってやつ?」って言われました。
いやあ、ジャム煮る人たちはすごいわね。
f0095746_22321888.jpg

ふふさんは、フタは3,4回使ったら取りかえて、、って教えてくれました。
TOMATEさんは、もちっと厳しく、一度で取りかえてって、教えてくれました。
だけど、フタ揃えるなんて、だめだめ、面倒だし間に合わない。
素人なりの脱気して、、ジャム詰めたら瓶ごと煮てからひっくり返す、、ってのをやりましたが、全然自信ないので、さらに、冷凍しちゃうことにしました。
一部はお菓子用に裏ごししてます。
ペクチン入りも作るつもりで、面倒でやめました。

砂糖は粗糖とビートグラニュー糖、買い足した上白糖を混ぜています。
割合は違うけど、どれもこれも粗糖使ってます。全部粗糖ってのもあります。
けど、意外に色の違いで出ないので、ほっとしました。
だって、茶色い杏ジャムできたら、さすがに悲しいからねえ。

砂糖の割合とか、アンズの種類とか色々違うはずだけど、きっと冷凍しちゃったら、どれがどれだかわからなくなるんだろうなあ。
でも、いいや。全部愛してる。
フタ開けてから、緩さや甘さを見ながらそのときそのとき、適当に使います。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-07-12 23:01 | お菓子
杏、あんず、アンズ
f0095746_14322755.jpg

アンズへの愛を語りまくる季節来ました!
うう、嬉しいです。
今から、アンズ煮まくるんですけど、、、、その前にこれから買う人も多いかも知れないから、ちょっとは役に立てるかも知れないから、アップしておこう~。
いや、単に嬉しさのあまり、見せびらかしているだけかも知れないけど。

先日TOMATEさんに頂いたのは、信山丸でした。
今日、信頼できる八百屋さんから買ったのは、信州大実。
それから、生活クラブ生協の実店舗デポーで買ったのは、平和。
うふふ、、今年3種類です。
うれしいいっ。

f0095746_14324082.jpg

こんなチラシ、頂きました。
これ見ると、ふふさんが昨年買ったハーコットは、生色専用なんですね。
桃とかネクタリンとかの方に近い感じなんでしょうかね??
こちらにアンズの種類の説明も載ってます。
信山丸は、生産量が少なく高級アンズとして有名なんだそうです。
うわあ、いいものもらっちゃった~。
信州大実は大粒で生食から加工用なんでも向くそうです。
流通してるのはこれが多いのかな?
オールマイティーだし、見栄えがいいもんね。
平和は、これを見る限り、迷わずジャムだな。
ふふさんが今年買ったのは昭和って書いてたなあ。

f0095746_1437329.jpg

左から信山丸、平和、信州大実です。
グラム数計ってみたら、確かに、アンズのサイトの説明どおりです。
信山丸は、梅のような固さ、ビワのような淡さです。
平和は、特に赤いのを選んだら、生で食べられるには食べられるけど、プラムみたいな酸味です。
信州大実も赤いのは生で食べられます。ビワよりは、味の薄い桃の方に近いかも。
いずれにせよ、どの種類も、アンズは生より加熱した方が絶対好き。
多分、平和は加熱したら、相当酸っぱくなりそうです。美味しいジャムになりそうです。タルトにしたら、多分舌が曲がると思います。
昨年、信州大実でさえ、タルトに焼き込んだら酸っぱくて食べられませんでした。
今年は追熟させて、真っ赤になってからタルトにしてみようかなあ。

ちなみに、平和は、最初、種類が分かりませんでした。箱にも記載が無くて。
「これ、なんていう種類ですか?」
「加熱用です」
それ、種類じゃないから、、、。もう。
スーパーなら食い下がらなかったんだけど、仮にも生協でしょ、出所や品種は押さえておいてよね~。それに生活クラブ生協ならルートを追えば、必ず分かるでしょって、信頼もあったし。
「調べてくださいっ、それによって買うか買わないか違うんです」と食い下がり、待つこと15分。
「平和って言うらしいです」
「買います、買います!1箱下さい」で、ウキウキでした。
生協の人、マジックで「あんず・平和」って書き足してました。
また、同じこと聞く人いるかもしれないから、よかったねー。

f0095746_14381927.jpg

いつかお返ししようと思って取っていた、なんちゃんとらにゃんさんのジャム瓶総動員。
もう、この瓶達は一生お家に帰ることはありません。
小粒家でご奉公してもらうことにしました。
いやまあ、あたしって、こんなにジャム食べたの??
生協のケチャップの瓶も、動員です。
瓶はこれで足りそうだけど、お砂糖足りるかしら。
洗双糖1袋、喜界島粗糖2袋、ビートグラニュー糖1袋。
それよりなにより、アンズの季節までに考えようと思っていた鍋、、、、間に合いません。
22㎝のルクルーゼで一日中煮るしかないようです。。。。
飽きてきた頃、お砂糖買いに出かけよう。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-07-10 14:33 | お菓子
わーーーい、杏です
f0095746_2150309.jpg

杏ジャムをこよなく愛していると書いた翌日に、TOMATEさんから「杏が入りましたので、送ります」って電話が入りました。
わああーーーーーい!!
TOMATEさんが送ってくださったのは「信山丸」という品種です。
TOMATEさんのお話しでは、もう生産農家が少ないので、幻の杏になりつつある種類だそうです。
生食用で、水分が非常に少ない種類だとか。
わああーーーい。

そのまま食べてみました。
ビワみたいな淡い味です。酸味はわずかです。
生食用の杏は、ネクタリンや桃と掛け合わせると聞いていますが、あれほど、華やかな味ではありません。
もっと淡い淡い味です。

f0095746_21505040.jpg

いっぱい頂いたので、新鮮なうちに半分はizumiさんにお届けしました。
TOMATEさん、ありがとうございます。
翌日、そりゃあもう、残業なんてしないで、必死に飛んで帰って杏仕事です。
わああーーーい。

まずは教わったとおりに、シロップ漬け。
でも、おかしいの。
ビンいっぱいギュウギュウに詰めたつもりなのに、翌朝見たら隙間だらけ。。。
もっといっぱい入れられるの?
もう、悔しいわねえ。
種を入れるといい匂いですよ、って教わったので種も。
本当は割って入れるべきでしょうが、、、そこまで手が回りませんでした。
これで、いつでも、杏のお菓子ができる~。

f0095746_215143.jpg

それから、タルトにする時は少しシロップで煮てから、タルトにしたのですが、、
その時、なかなかグズグズにならないことに気がつきました。
やっぱり、水分の少ない品種みたいです。
それから、ムースにする時も、ピュレにするために煮たけれど、昨年使った信州大実はすぐに水状になったけど、こちらはなかなかなりません。
フープロかけても、結構塊が残っていました。
水分と固さも違うみたいです。

f0095746_21511538.jpg

もちろんタルトです。
ブリゼ生地をから焼きして、アーモンドクリームと一緒に焼きました。
売り物みたいにきれいに並べて焼こうかと思ったけど、あれ、上手にできないの。
果物も生地も縮んで隙間ができるから。
売り物をよく見たら、そこにナパージュしてたのもあったなあ。
私は、いつものとおり、クランブルかけました。

今までの経験では、ジャム用の杏でタルトを作ったら、舌が曲がるほど酸っぱくて食べられませんでした。また、生食用というのを使ったら、実がぐずぐずになって味がぼけて、あんまり美味しくなかったの、、、。
今度はどうかしら。。

f0095746_21513230.jpg

うわーーーい。美味しい。
生杏を焼き込んだタルト、初めて美味しくできました。
生の時より、酸味が強く出ています。
でも、舌が曲がるような酸味じゃなくてね、さわやかなの。
実が堅いから、焼いてもグズグズしないの、しまってるの。
わーーーい、美味しい。

f0095746_21514547.jpg

TOMATEさんは、ババロアを作ってらしたし、昨年izumiさんに杏のゼリーを食べさせてもらって、美味しかったから、私も冷菓に。
このとき娘に「この前のizumiさんのマンゴープリンみたいなの作って」って言われたんだけど、別物になりました。
「この前のマンゴープリン」って、まだアップできてないんだけど、超うまいプリン、いや、ババロアタイプだと思うのですが、、あれ、真似するのは無理だから、我流でシンプルに。。。
少なめのゼラチンと生クリームを合わせてムースに。メレンゲ入れるのはイタリアンメレンゲにするのが面倒だから、パス~。
あ、もちろん、杏を漉してないのはわざとですよ~。
こっちは、めんどうだからではありませんよお。ほんと。
私は、ムースの単調さが苦手だから、こういうのが好きなの。
でね、生クリームを乗せたけど、これ、必要なかった。
むしろない方が美味しかった。
淡いムースじゃなくて、がつんとしたムースなんだけど、これだけを味わいたいくらいでした。
こういうのは珍しいです。
ムースは苦手だといつも豪語してるのですが、あたしって、ムース好きだったかもと思ったくらい美味しいムースでした。

ああ、楽しかったあ。
久しぶりに、心躍る時間でした。TOMATEさん、ありがとうございます!
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-07-07 21:54 | お菓子
クッキー3種(ケーキ教室)
f0095746_13485944.jpg

復習しないうちに、記憶が薄れていく、、いけないいけない、、
あんなに美味しくすてきな時間だったのに。。。。
ほんと、どれもこれも美味しく、癒される時間でした。

先々週の土曜日のyuki先生のケーキ教室です。
先々週、とらにゃんさんが早々とアップしたので、「くくっ、、やられた」と思っていたのですが、今のところ、とらにゃんさんは今日も同じ記事がトップだったので、やっとここれで追いついた感じです。
なんとか復習を速くして、早々アップしたいところです。

今回はクッキーですが、素朴系ではなく、正統派の贈り物系です。
全て、なんか缶入りクッキーで見たこと有るような、美しい形の物です。

f0095746_13491727.jpg

ロミアス、、、キャラメルアーモンドの小窓のついたクッキーです。
とっても、リッチなお味で、まとめてごそっとじゃもったいない。
一枚一枚ラッピングしたい感じです。
プレッツェル、、、、、入力になぜか大変な苦労をしたこのクッキーは、編あみするのではなく、型抜きでした。その型の使い方がこれまた、初めての使い方で、かなり勉強になりました。
これもリッチなお味です。
それから、ロシアンクッキー。
これは、下の生地が全粒粉入りで、これ、やっぱり好きだな。
ジャムの部分、市販のジャムだとできあがった時ぷるんとするけど、ペクチンを使ってない手作りジャムだとベタベタしたり、クッキーが段々湿って行くそうです。
んで、私が「じゃー、手作りジャム使うなら、ゼラチンちょっと混ぜたら乗せられるかしら?」と言ったら、とらにゃんさんに「ペクチン買いなさいよ」って言われました。
このクッキー作りたい一心で、今日、ペクチン買ってきました。
けど、どれくらい使うんだろう。。。
貴重な手作りジャムを犠牲にして実験するなんて、しのびない。。。
だから、なかなか作れないかも知れません。。。。

今回のクッキー、粉糖は1種類。あとは、いつものキビ砂糖でした。
「さくさく仕上げるには粉糖じゃないとできないんですよね。
でも、白いお砂糖より、キビ砂糖の方が好きなので、差し障りない時は味重視でキビ砂糖にしています」ってお話しでした。
あー、同感です。
f0095746_134931100.jpg

こちらも試食のモンブラン。
このカップモンブランね、カップの中をくりぬいて、フルーツが入ってるんです。
そして、そのくりぬいたのは、モンブランクリーム絞る時の土台のお山として使ってるんです。
あー、すてきです。yuki先生、何をやってもすてきです。
このモンブランの上の紙???、これ、真似してポチしました。
そのうち、小粒さんのケーキにもすてきに登場するはずです。

この土曜日もこのまま仕事に行ったのですが、半分は隠しこんで半分だけ、職場の人に出しました。
そりゃあ、みんな喜んで、小粒さん、一気に英雄です。
鼻高々でした。

あのね、でもね、このクッキー先生と一緒でも3種類作るのに汗だくだく、大忙し。
しかも生地仕込んでくださってたのもあるし、、伸ばしてくださってたのもあるし。
これ、一人で3種類作るって多分無理だあ。
地味に1種類ずつ復習したいと思います。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-07-05 22:05 | お菓子
持ちよりパーティー7月準備2日目
f0095746_8454446.jpg

準備2日目。
写真、あんましいいのがない。
夜撮る写真はだめだねえ。
ホワイトバランスとか習った気もするけど、、、分からん。。

これは、ガトーバスク。
超うまかった。

f0095746_1337352.jpg

冷凍庫の底から、昨年物の小粒さん作のルバーブのもわもわジャムを取り出し、さらにトッピング用にこの2袋を使いました。
左はなんちゃんの柑橘。
シールが剥がれていて分からんが、とっても香りよい柑橘です。
右はとらにゃんさんのドライキウィ。
2つとも味見て、「いけるっ!」とイメージ沸いてきましたよお。

f0095746_1337451.jpg

ほら、うまそーでしょ。
底に敷いたのは、ルバーブ。
ピカピカ光って漂っているのは、柑橘さんとキウィ。
ガトーバスクの生地、yuki先生に習った時は、アーモンドプードル使ったのですが、量が足りなかったのでピーカンナッツも粉砕して、入れました。
いやーー、うまいっ。
時々苦み入った生地も旨い。
酸味あるジャムに時々柑橘の香り、時々さらにつよい酸味と種のしゃりしゃりするキウィ。
うううう、、、うなっちゃいました。

あたしって、ジャム好きなんだわ、こよなく愛しているんだわ、、って思っちゃいました。
だったら自分で煮ろよって、思う方もおいでかもしれないけど、、、
あー、それは今後の課題として、
人様の煮たジャム類が有る限り、あたしって、無敵だわーっと思った一品でした。

f0095746_1338328.jpg

教室ではデコ型で焼いて、セルクルだと生地が流れるかも知れません、、って仰っていたのですが、まさにその通りでした。
チーズケーキでデコ型使い尽くしてたからね。
でも、ま、許容範囲でしょ。

生地は少し残ったので、ミニカップに入れて焼いたら、これもまた小品ながら、味のあるものになりました。
もちろん、上に乗せて焼くのと、中に詰めて焼くのはそれぞれ味わいが違うけどね。

f0095746_13381220.jpg

私の仕事が去年から比べて急にハードになったのは、いろいろ理由があるけれど、その一つは職員の半数が入れ替わったことがあります。
もともと心身共にキツイ職場なので、1年に何人も、バタバタと倒れます。
去年も何人も心身をやられて、休職してそのまま違う職場に異動した人や、ともかく頑張ったけどもうこれ以上は無理ですと異動希望していった人たちがたくさんいました。
職場の半数が未経験者になったら、残されたメンバーはどんなことになるか、想像以上でした。
新しく来た人たちがつぶれないように、過ごしやすいように、踏ん張れるだけ踏ん張りました。
んで、結局連日22時前に職場を出ることはなく、土日も出勤という日々です。
私も何度か胃痛と脱水で痛み止め点滴を受けては、通う日々でした。
けど、、ようやく、落ち着いてきました。
私の体も、職場の状況も。
なるようになるさ、なんとかなるさと、また思えるようになりました。

そんなハードな日でも、スキを狙っては宴会を開催するおじさん達。
あの人達は、それなりに、偉い。
呑んでも、愚痴や悪口は言わない。
いつもバカ言って、お腹出して踊ってる。

↓これは、朝の光で撮ったので唯一きれいな色じゃない?

f0095746_13383363.jpg


そのお腹踊りのおじさんの一人が、珍しく真面目に言いました。
「おいは、組長さんに言いつけられたことがある」
組長さんは、超ユニーク優秀な職員だったため、強引に引き抜かれてこの春去った人。
「お前の仕事は、お嬢ををつぶさないようにすることだぞ、って」
そーだ、あたし、お嬢って、言われてたんだ。
「お嬢は荒削りだけど、これから職場を仕切るようになる。
そうなる前に、くだらない小さいことで、お嬢ががつぶされないようにしろよ」だって。
超感動です。
だってね、いつも「いいんだよ、仕事なんてできなくても。
仕事でききる職員はいっぱいいるけど、ケーキ作れる職員はいないんだから、それだけで価値有るんだよ」って言ってた人がそんな言葉を残していったなんて。
超感動だ。
そして確かにそのお腹踊りのおじさん、なんでもいろいろカバーしてくれてます。
うん、でも大丈夫。小さいことじゃあ、あたしゃつぶれないから。
だって、人のこと、全然見えてないし、聞いてないんだもん。
わはははー。
また別の泣き上戸のおじさんが、泣きながら言いに来ました。
「小粒さん可哀想だ。人一倍頑張ってるのに、人一倍、仕事が集まる」
ありがとお、仕事が遅いだけなんだよねえ。
私が数日寝込んだ時は、おばさん達が私の机の上の書類をやっつけてくれたり、怒鳴り込んでくるヤクザさんを相手にしてくれてました。
みんないい人だ。
そうだ、仕事はできなくても、おばさんの経験力で、みんなをつなごう。
お嬢は姐御を目指そうっ。
やっぱり福祉職場は連帯だ。
私も、新しく来た人たちがつぶれないように、全力を尽くそうと思った夜でした。


んん、、、でも、荒削りって何??荒削り??

f0095746_13384767.jpg

ロールケーキも4本焼いたのですが、きれいな写真がありません。
ガトーバスクを焼きおわり、スポンジ生地を焼きながら、サバランのデコしていたのですが、なんかそういうときって、注意力が散漫になるのね。
体力も限界だったかも。
写真がないだけじゃなくて、生地もなんか、満足いくようにできませんでした。
izumiさんに教えてもらった美味しい生地なのに。。

キャラメルマンゴーを2本作りました。

f0095746_1339297.jpg
それから、これは、バナナ杏。
昨年物の杏ジャム、大好きすぎてけちって、冷凍庫にしまってあったら、予想外に残っていることに気がつきました。
多分、ジャムの中で杏が一番好きです。
いやん、もうじき杏の季節なのに。
新物が来るというのに。
で、最近は生フルーツに和えて食べたり、パンに塗って惜しげもなく食べています。

f0095746_13391738.jpg

ロールケーキのデコして持って行きたいと思うのですが、だいたい、この頃はいつも力尽きていて、ラップで巻いて持って行くだけになります。
デコすると、それだけでも大変な上に、持ち運びの作戦がまた難しくなるでしょ。
もうそこまで頭回らなくなるの。
だから、いつもラップ付ロールケーキをでーんと乗せて、「自分の取ったら、ラップすること」って張り紙つけて乗せてます。
これ、なんとかしないとかっちょ悪いよなあ。

いやあ、楽しい。
ケーキ作りも、宴会も、職場の人間関係も。
そうそう、山のようにケーキ持って行くのは、自分のためなのよ。
ケーキ作る作戦力がアップするでしょ、
んでもって、宴会楽しいでしょ、いいことづくめよ。
あーー、仕事だけがイヤなのよねー。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-07-04 09:20 | お菓子
もちよりパーティー7月準備1日目
f0095746_1039996.jpg

先週のケーキ教室のアップもできていないまま、、、1週間が過ぎてしまいました。
あいかわらず、バタバタです。

今月の持ちよりパーティーにかけられる準備は、水木二日間だけ。
今回は週末にタルト生地を仕込むこともできなかったので、タルトはパス。
残念だあ。
そろそろふふさんみたいに、デラうみゃータルトの季節なのに。

今回のテーマは、ジャム系フルーツ!
毎回テーマが有るわけじゃないけど、、今回はとりあえず、ジャム系フルーツが味のポイント。
冷凍庫をゴソゴソして、これで何作ろうって、考えるのは超楽しかった。
私、ジャム系フルーツ大好きだって、自分ですごくよく分かりました。

これはね、イチゴミルク味のパンナコッタ。
ちょっと、下の方に、なんか濃い色のついた物体が見えるでしょ?

f0095746_10393367.jpg

これは、とらにゃんさんのドライイチゴ。
えっと、かなりソフトなタイプ。
かといって、ジャムよりは断然水分少ない。
yuki先生レシピのパンナコッタは、前に大絶賛されたんだけど、その下に潜ませました。
ジャムだと味が混じるし、ハードなタイプのドライフルーツは(レーズンとか)ごろんごろん転がる感じになるでしょ、これはねーー、口の中で一体感でてよかったよ。
上は普通のパンナコッタ、イチゴと一緒に食べるとそこだけ口の中でイチゴミルクになるの。
そこだけ濃い甘い味。
これは、大傑作でした。
うみゃーーーー。
もともと美味しいレシピのパンナコッタが、他になく美味しいものになりました。

けど、使い切ってしまったので、同じ物はもうできません。
今度作るとしたら、イチゴジャムのイチゴの部分だけ、ペーパータオルで水切って作ります。
生イチゴで作るより、絶対うまいよ。

f0095746_10394323.jpg

サバラン2種。
ブリオッシュは2週間くらい前に焼いて冷凍してありました。
サバランって、ブリオッシュさえ焼いておけば、簡単なんだけど、
そのブリオッシュが小さい型に小さく詰めて、小1時間焼くってしろものだから
それが結構気合い必要です。
オーダーで作ったセルクル4.5㎝を10個分と、普通のサバラン型10個分に、バター塗り塗りしてちまちま、詰めて焼く作業が結構、私的にはハードル高いです。

左マンゴーがのっかてる方は、普通のサバラン。
飾りに使ったのは、なんちゃんのキウィジャム。
右バナナが乗ってる方は杏ヨーグルトクリーム。
飾りには、なんちゃんのブルーベリージャム。

サバラン、大絶賛でした。
「何十年ぶりに食べた」人や「初めて食ったー。うまー。クリームの下にお酒の下に違うクリーム、2段3段攻撃だーー!」と叫んでくれた人と、「オレの知ってるサバランと違う」と言ってくれた人。
多分、オレの知ってるサバランは、上に缶詰のチェリーが乗ったアレでしょ。
私も、アレしか知らなかったから、サバラン好きじゃなかったの。
でも、今はサバラン大好き。
f0095746_10395687.jpg

カップもセルクルに合わせるべく、5種類用意しました。
前回市販のプリン型使って、大きさが合わずに、悔しい思いをしたので。
コッタさんのHP睨んだけど、どれがジャストサイズか分からず、、、結局5種類注文しました。
微妙に大きさ違います。

f0095746_10401036.jpg

自分の記憶のために、記録しておこう。
この写真だけではなんだか分からないけど、、、覚え書き。、


左は、カップの線の飾りが邪魔して中が美しく見えませんでした。パス。
真ん中は、すっきりカップの中が美しい。上の広がりがないので詰めにくいけど、逆に全部がカップに添います。採用。
右は、少々線が入っているけど、この程度なら大丈夫。上が広いから詰めやすい。採用。
この2種類でお値段で決めればいいや。
おし、これで安心して、サバラン用セルクル追加オーダーできます。
ジャストサイズのカップが見つからないと、セルクルだけ数があっても意味がないので、とりあえず10個しか頼んでなかったの。
そう、お教室以来、長い月日がかかったけど、「教室で習ったより小ぶりのサバラン」を作ることを諦めていたわけじゃないのよお。
よかったあ。
f0095746_10402786.jpg

こちらは、サバラン型を使った、杏ヨーグルトクリームの方。
途中で気がついて写真撮りました。
ちょいと大きめのカップに詰めてます。
サバラン型を使っても、上にフルーツとクリームのっけるから、全然意味ありません。
多分誰も、この型のかわいらしさには気がつかなかったはず。
私は、サバランでさえも表面が空気にさらされて乾燥するのがいやなので
で、ケーキ屋さんはサバランの表面を全体ナパージュするらしいけど
それもイヤなので、どうせ、カップに詰め込んで上のごってりクリーム乗せることになります。
だから、、、この型使う意味無いわ。
扱いもセルクルの方が扱いやすい。
抜けやすく、カットしても形崩れとか気を使わなくていいし。
うん、今後はセルクル決定だわ。

ちょびっとずつ味見たら、2種のうち、杏ヨーグルトより、普通の方が好きだったな。
やっぱり、スタンダードはすごい。
杏ヨーグルトは、美味しいクリームだけど、前回ロールケーキの芯に巻いた方がうまかったな。

f0095746_1042576.jpg

チーズケーキ、、、リンゴジャム入り。
このリンゴジャム、、冷凍袋に名前が入ってないから、多分、小粒さん作。
他の人は制作年月日と、「紅玉、キビ砂糖」とか「ふじ、グラニュー糖」とか書いてあるもん。
私の記憶では、多分、、、ふふさんに頂いたグラニースミスだな。
それを高濃度で煮た物だと思う。
こういう濃く甘いのって、このままパンにつけて食べたりするには甘いけど、ケーキに使うのはとってもいいポイントになるのよおー。

ベースになったチーズケーキはyuki先生のレッスンで習ったほろほろタイプ。
久しぶりなので、ほろほろできるか心配でした。
しかし、仮にしゅわしゅわしちゃったところで、大丈夫。
おじさん達には、そういうケーキだと思わせて食べさせる気でした。
f0095746_10421492.jpg

底1㎝、5分くらい焼いたところで取り出して、ささっとリンゴジャムを乗せて
上からまたチーズ生地かぶせて焼きます。
チーズケーキの下に、スポンジ敷いたの嫌いなんです。
嫌いな物多くてごめんなさいって感じですが、あれ、苦手なの。
だから、リンゴが底に沈むのを防止するために、こうやってます。
こうすると多少は沈むけど、底に張り付くことはありません。
上から乗せる生地も5分くらいほっておいても、大丈夫でした。

f0095746_10423181.jpg

18㎝と15㎝と12㎝2個です。
焼き上がりは少々割れてるけど、時間がたてば、上の写真みたいに落ち着きました。
12㎝1個をお家用にのこしました。
娘には「ひさしぶりに白いケーキ食べた」と言われました。
そうだった、、、しばらく、茶色いケーキばっかりだったからねえ。

ほろほろチーズに時々濃厚ジャム、美味しいチーズケーキでした。
ガトーショコラとかティラミスとか「どこで食べても、普通に美味しいもの」を作っても
あんまし、みんな喜んでくれない。
それだって、結構上手にできたと思ってるんだけど。
ちょっとポイントって大事なのね。
それにはジャム系フルーツ、効果的だわあ。

水曜日、パンナコッタとサバラン(トップのデコ以外)とチーズケーキを作ったので、「3種類作ったから、明日は1種類。楽勝だわ」と思っていたけど、はっと気がついた。
パンナコッタとサバランは合計40個だから、お一人様にするとどちらか一つしか食べられない。
ってことは、今日は2種類作ったことにしかならない。
がーん、作戦失敗じゃん。
木曜は2種類のケーキとサバランのデコが残っているじゃん。。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-07-03 11:49 | お菓子



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧