<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
パンもちょっと
f0095746_22185552.jpg

パンもちょっとだけ焼いたりする。
へなちょこだけど、お家で焼くパンって、なんて美味しいんでしょう。
いやあ、もう、自分のパンには評価、甘アマ。
あたしって、天才じゃないかと思うくらい。

これは、ホシノのぷちパン。
ホシノはパン教室で数回使ったので、なんとなく、馴染みがあるので使ってます。
なんちゃんは、パネ使いやすいよ、って言ってたし、
とらにゃんさんは、ホシノ丹沢だって言ってたし、いろいろやればいいんだろうけど。
といっても、普段は、HBの天然酵母コースか、習った食パンだけ。
次は、パネとかいうもの、やってみよう。

これ、可愛く焼けてるみたいでしょ。
でも、実は、ぎゃあああーー!!って感じなの。

f0095746_22191011.jpg

ほら、なんか、怪獣達の行進みたい。
オウムの群れみたいだ。
1個残らず、噴火してます。
上の写真は、噴火の反対側から撮りました。
あたしって、写真も天才だわ。

「天然酵母はイーストみたいに発酵時間に縛られない。
忙しかったら冷蔵庫に入れておけば待ってくれる」みたいなのをどこかで読んで、
でも、あまりの忙しさに48時間冷蔵庫に入れて、
それから、のそのそ焼きました。
やばかったかしら。

お酒みたいな匂い、プンプンします。
でも、許す。それは、許す。
私、この匂いも、イーストの匂いも大丈夫、好きなの。
お菓子のバニラとレモンの香りに比べれば、全然大丈夫なの。

パン焼き星人から見たら、笑っちゃうできだと思うけど、
たまに焼くパン、満足です。
f0095746_22192748.jpg

そう言えば、私、パンの本って、「ゆっくり発酵ベーグル」1冊しか持ってないの。
あとは、教室レシピだけ。
あれ~???そうだったんだ、、、って気がつきました。
で、なんちゃんに「天然酵母のパンのオススメ本ある?」って聞いたら
「たまにしか焼かないんだから、ネットのレシピでいいんじゃん~?」って。
おおお、、、分かってらっしゃる。
でも、形から入りたいから、買ってみたくなるんだよね。

これは、すぐ食べたかったので、イーストベーグル。
ふわふわタイプにするつもりだったけど、いつもと同じ固いタイプになってしまった。
でも、固いの好きなの。
皮がフランスパンくらいパリパリして、身は食いついたら、首を横にして振らないと
食いちぎれないくらい固くて、もちもちした感じ。

ウム、写真を見ただけで、パン食べたくなった。
なんか、仕込んでおこうっ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-04-28 22:39 | パン
粗糖マカロン道
f0095746_22204426.jpg

うわーーーい、膨らんでる~。
うわーーい。
私、やっぱり、マカロンやさんになる~!!

と、毎日、オーブンに張り付いています。
あいかわらず帰りが遅いのですが、22時前に帰れたら、必ずマカロン焼いてます。
もう10回以上焼きました。
マカロン、生地づくりは数分で済むから。
んでもって、膨らむかどうか、オーブンに張り付いてます。
それだって、数分だから。
結果が早くでていいです。
しかも和泉先生方式だと、乾かすのも10分だから。
たいがいの結果は、、
マカロン風クッキー、地割れマカロン、御笠山マカロン、、、ではありますが。

f0095746_22205520.jpg

こんなに膨らんだと喜んでも、
オーブンから出す頃には、こういう感じです。
もっと派手に、ピロピロと広がったり、もっとこんもり丸くなって欲しいけど。
これが粗糖マカロンの限界か、技術の限界かはまだ分かりません。

和泉先生のレッスンで、グラニュー糖で焼いた時、
確かにきっかり10分でオーブンに入れましたが、
1回に同じ生地で、10分で入れた物と
30分くらい送風乾燥をしてから入れた物では大きくできあがりが違いました。
粗糖のメレンゲは多分、力が弱いので、
表面乾燥させてあげた方が、やっぱり助けになるようです。

送風乾燥は、オーブンで温度を0に設定し、タイマー回したら常温の風が出ました。
ん??そんな機能があったんですね。
これがあれば、もしかして、ドライフルーツもできるのか??

f0095746_2221542.jpg

もうゴマをふる手間も、シナモンをふる手間もかけていません。
成功率8割を超えたら、シナモンでもゴマでも、ココアでも、ピスタチオでもかけまくりたいと思います!

焼き上がりは、お店のは、表面かさっとした感じくらいが多いみたいですが
私はもう少し、固い方が好きだと分かりました。
クッキーにならない程度に、外がわ、かりっと。
不思議なことに、焼き上がりで甘さの感じ方が違うようです。
izumiさんが安定的に焼けないって、嘆いてらしたけど、なるほどです。
固さが違うだけじゃなく、焼き加減で感じる甘さも違うなんて、不思議じゃない??
この写真のは、お店くらいのかさっと感です。
だからちょっと甘く感じます。

いいんだ~。
お店のとは違ってもいいの。
正解じゃないかも知れないけど、もうちょっと、固いの焼いてみよっと。
わーいわーい。

韓国料理教室とか、パン焼きとか、お料理とか写真はあるけど、
アップしきれない、あっぷあっぷ。。。の毎日です。
またね~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-04-27 22:50 | お菓子
ラ・ミラベルとナチュール
f0095746_8415224.jpg

さてさて、昨日出かけたケーキ屋さんです。狭山市のラ・ミラベルさんです。
一軒目は、情報源はナミナミさん
マカロンいっぱいとこだわりパンのお店だとか。

おお、マカロンマカロン、、それは行かなくちゃ~。

f0095746_844582.jpg

確かにマカロン、たくさん並んでいます。

私達が入った後ね、小学生が3人、千円札を握りしめてやって来ました。
んで、ショーケースに張り付いて、
「チョコにする?」「あーーあれは?」「カフェは?」「おれ、ショコラオレ」「それじゃあ、みんな同じでしょ」と
行ったり来たり悩ましく、お菓子選び。
どうやらお母さんにおやつ用にお金持たせて貰ったみたい。
今時のお子様って、駄菓子屋に行くみたいに、ケーキ屋さんに行くのか?って驚きつつも
微笑ましく、小学生がそんなに食いついているマカロン、全て食べたくなって、大人買い。

f0095746_8423953.jpg

似たような写真だけどね、全部アップ。
マカロンの種類を確認しながら、自分が食べるように。
確認のため、全部食べたいの。
けど、これだけ食べたら、すごい砂糖でしょ。
怖い。。。。けど、食べてみたいっ。

今頂いたのは、小学生達が大絶賛していたショコラ。
これは、確かに、美味しいです。チョコって、世代を超えて愛されるのね。
塩キャラメルも美味かった。
プラリネ、ピスタチオは、少々甘く感じました。
こうなってくると、食べた印象は、外側のマカロン自体っていうより、中のクリームに相当左右されるってことが分かります。
外側が色に従った、正しくその味なのか、なんの味なのかはっきり言って分かりません。
、、、ってことは、私が作る時は、外は粗糖プレーン一色でも中を変えれば、印象変わるってコトよね、、
クリームのバリエーション覚えればオッケーか??って
難しいことへのチャレンジを、すでに棄権した感じ。
こちらのマカロンは、クリームをはさんでから冷凍保管しているようです。
先日和泉先生に教わった、わざと全体をしっとりさせるタイプみたいです。

f0095746_8553640.jpg

大人買いしたマカロン。

こちらは、マカロン教室やパン教室もやってらっしゃるそうです。
オーナーが一人で、ほんとにやりたいことをやってるって感じで、オーナーの人生、応援したくなる感じの、そー言う好感度高いお店でした。

独立開業のためのパン教室、35才以上の男性のみ、、って講座もあるみたい。
あらま、、、、。残念。

で、オーナーのブログに、小麦のことが触れられていて、それ後から読んだものですから、
ああー、パン買って来れば良かった、、、って思いました。

オーナー、マカロン好きなんですね~。
他のケーキにも、マカロンゴロゴロ乗ってます。
私もマカロンマスターしたら、こんなことしたいなあ。

f0095746_8425273.jpg

小麦粉への評価の流れ、私の理解の中では、「パンには国産小麦は美味しくないっ、でも安全だから使う、、てのが、
定評だったけど、最近、国産小麦、頑張ってるじゃん、美味しいのできるようになったじゃん、って言われるようになった」が大ざっぱな理解です。
私も国産小麦愛用者です。

パンの先生が、「小麦は船倉に積まれて、薬を噴霧されて、長い時間かけて乾燥しながらやってくる。だから、味も安全性も損なわれる。製粉の過程でも、絶対釜伸びするように、また劣化防止の薬を入れるから、美味しいわけがないのよね」って嘆いていらっしゃいました。


f0095746_843420.jpg

確かに、4年くらい前に、一度だけ、バルセロナに行ったことがあり、その時、パンの美味しさにびっくりして
たかがホテルの朝食、スーパーのパン、路上のホットドックでさえ美味かった。
んで、舌で理解しました。
「外国産の小麦粉が不味いわけじゃない、輸入、製粉の過程で不味くなるんだ」って。
安全で美味しい外国産の小麦が手には入ったら、、、そりゃあさあ、土壌も文化も違うんだからさあ、、
本物は美味しいでしょ、、、、だけど、輸入システムの関係上、仮にオーガニックの小麦があったとしても、
船に乗せるわけだから、、、ポストハーベストの心配ない小麦粉なんて、少なくともシロートの手にはいると思えない。。種類も少ないから、選べるわけじゃないしねえ。。
小麦での輸入が危険なら、んじゃ、粉での輸入は?
でもそれは、、関税上、非常に高い物につくらしいから、(国産小麦粉を守るため?政府管理の部分みたいです)、手に入ったとしても、非常に高額な物だよねえ。
種類も限られるだろうしねえ。。。
美味しくて安全な外国産の粉が、私達にも手にはいるといいねえ。。
でも、農産物の自給を応援する、いや、一緒に守る、ってのも、大事な問題だしね、、、悩ましい問題です。

f0095746_8431522.jpg


もう一軒は、情報源はカマロンさん。同じく狭山市のナチュールさん。
yuki先生の好きなお店だって、聞いたこと有ります。
ロールケーキが美味しいとか、、甘さ控えめだとか、、タルトが多かったかなあ、、」
みたいな、曖昧は情報ではありましたが、
ポイントになるワードがたくさんだったので、直行しました。

可愛いお店に、可愛いお姉さんがお店番。
これだけで絵になっちゃう。

f0095746_85764.jpg

買ったのはロールケーキと、バナナシフォンと、リンツァージャムトルテ風だなっと思ったクッキー。
実は、昨日yuki先生ところで試食たくさん頂いて、甘い物満足していて
少ししか、これ、食べられていません。
けど、確かに、皆さんの評価どおり、甘さ控えめ、私にとっては「お店のケーキだけど食べれる!」嬉しい感じです。
バニラや他のエッセンスの匂いしないところが何より嬉しい。
ロールケーキはクリーム少なく、生地を味わうタイプかな。
ふわわりとキメ粗いところから、砂糖や粉も少ないのでしょうねえ、お見事~!!って感じです。
クッキーは予想した感じの、スパイスのクッキーでした。
でも食べやすいよ。
シフォンも、美味しいよ。
他の食べてないから、分からないけど、、、こんな感じだと、輸入ピュレのムースやクリームを重ねた系じゃなくて、きっと生フルーツで素朴に作り出す系だろうなあ、、、
もっとタルトとか生ケーキとか買ってくれば良かったな。残念。

カマロンさん、ありがとお~。
美味しくて楽しかったよお。
また行こうね。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-04-25 10:00 | お菓子
タルトタタン風チーズケーキ
f0095746_23491428.jpg

今日はyuki先生のケーキ教室でした。
リンゴのタルトタタン風チーズケーキ。
yuki先生、天才だわ。

簡単、きれい、美味しいって、三拍子揃ったレシピを紹介してくださいます。
そうなのよお、三つ揃ってるってすごいわ。

これ、すごく難しそうでしょ。
でも、ちょっとコツを教わると、簡単なんですよ。
うふふ、復習が楽しみだ~。

f0095746_23493452.jpg

これ試食のお皿。
ほら見て。

チーズもリンゴも薄いでしょ。
これが絶妙です。
私なら、多分、リンゴ厚くしちゃう。いや、チーズかなあ。
どっちか厚いか、両方厚いか、、、ともかく、
こういう風に、押さえることができない。
そこいら辺がシロート丸だしなのよね。

だけど、この薄さがバランス良いの。
ほとんど甘さを感じさせないチーズ生地だけど、リンゴと合わさると、ちょうどいいの。
おいしい~。
超好みです。
このチーズ生地は今まで習ったのに比べると、ちょっと固めの弾力有る生地です。
その工夫がこんな風にリンゴ載せながらも、(いや、敷きつめながらも)形をキープすることができる結果になっています。

f0095746_23495345.jpg

イチゴ乗っかってるのは、マクロビタルトの試作品ですって。
あっさりしてますよお。
先生は、豆腐クリームの甘さが中途半端で、、って嘆いてらっしゃいましたが、
そう言われたらそんな気もしますが、とてもすっきり美味しかったですよお。
きっとizumiさんの好みだな。
私も、そろそろマクロビタルトに移行しようかなあ。
奥のビスコッティは、生徒さん作の酵母のバナナビスコッティ。
いつも旨いです。いいいーーぱい食べたいです。

それから、先生が、5分くらいでちょいちょいと作ってくれて
熱々をご馳走してくださったのが、奥の、ピーナツバターのマフィン。
なかしまさんと同じ菜種油で作ったマフィンです。
マフィンふわふわ、塩味ピーナツバターとろりです。
バターと違って、冷めても固くはならないそうですが、
冷めたら、温め直せば、また美味しくなるそうです。
なんか、これ、応用の幅広そうですね。

f0095746_2350998.jpg

今日のテーブルもステキでした。
寒い日が続いていたから、すっかり忘れていたけど、もうすぐ5月なんですね。
さわやかです。

今回もステキなレッスンでした~。
久しぶりに新規募集されたので、うかうかすると、予約取り損ねちゃう。
来月も、予約ゲット頑張ります!
f0095746_23501838.jpg

教室終わった後、下でとらにゃんさんかまろんさんが待ってくれてました。
3人でおそば食べました~。
試食たくさん頂いたので、さすがに全部は食べられませんでしたが、
美味しゅうございました。

で、とらにゃんさんにはお土産いっぱい頂いちゃうし、
かまろんさんとはその後、ケーキ買いにドライブに行っちゃうし、楽しい土曜日でした。
このとき、買ったケーキは後ほどご紹介します。
とらにゃんさんに頂いた貴重品くん玉は、香りよく、2個食べたかったけど
今日の夕食は4人だったので、仲良く一個ずつ食べました。
ただの味卵より、うんと格が上がるわねえ。。この香り。
これ、食べたかったのよお。
とらにゃんさんは、奥のデコポンジャムに「特別モニター」って書いてあって
切り方による違いをモニターしろって、、、。
んなもん、分かるわけ無いでしょ、うまいうまいって、きっと食って終わっちゃうわ。
前に、砂糖の違うシールを貼ってもらったけど
それも、気にせず、うまいうまいって、食ってしまったんだから。。。。
頂いたのの中には、サクランボなんてありました。
サクランボって、ジャムにするには単価高すぎて考えられません。
せいぜいアメリカンチェリーでしょ。
あの人って、なんでも煮ちゃうのね。
職場で「またサンドイッチパーティーしましょうね、ジャムのねっ」って
言われているので、先日なんちゃんに頂いたのと、今日頂いたのを、鼻高々に持って行きます。
嬉しいな。
f0095746_0184922.jpg

kuuさんから、最近サクサク見られないとのお話し頂いて、、、
でも、全然分からんけど、「最近」変わったことと言えば、
エキサイトの自動縮小で写真をアップするようになったこと。
うーん、分からん。
物は試しに、元の通り、縮小してからアップしてみます。
それから、一度に表示できる記事を当面、少なくしてみます。
また、様子お知らせ下さいっ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-04-25 00:32 | お菓子
メープルブレッド??イチゴバージョン
f0095746_20463520.jpg

メープルシロップを好きなだけ使えるようになったら、作ってみたかった物。
メープルブレッド。

これは、ぷぷぷっ~っな結果で笑えました。
私って、なんて、お馬鹿なんでしょう。
f0095746_22321720.jpg

「生成のお菓子」からです。

卵も乳製品も使わない。
少量の植物油と水と、メープルシロップ。。。。
あーーー、斬新だわ、
こんなんで、ケーキできるのかしら?
どんなケーキかしら、新鮮だわ、、と、ワクワクしながらぐるぐるしました。

イチゴジャムとキウィジャムを入れてます。
f0095746_2234422.jpg

ひゃあ~、かりかりっのいい匂いです。
この釜伸び?した感じが、美味しそうな感じです。

冷めるのも待ちきれず、カットして、食べてみました。
食べた瞬間、ぷぷぷっ~、、っ。
あ、この味知ってる~!

蒸しパンです、蒸しパン。
ああ、そうだったか、卵入らない、油脂少量、砂糖と粉とBPと水で作る
伝統的な蒸しパンです。
レシピの原理は、ほぼ同じです。
うわあ、、、、レシピ見て気がつかなかったよ、私。。

f0095746_2233432.jpg

もちろんオーブンで焼いているので、表面はメープルシロップ使ったときの特有の
カリカリ香ばしい、焼き上がりです。
だけど中はもっちもっちも蒸しパンです。
黒糖がメープルに変わったと言えば分かって頂けるかしら?
あ、、、これ、ケーキじゃないわ、パンだわ。
だから、本の題も「ブレッド」になっていたのね、「ケーキ」と思ったのは、独り合点だわあ。
それに気がついたら可笑しくて、可笑しくて。

バターケーキのように派手な美味しさじゃないけど、蒸しパンが好きな人には大丈夫、
地味に美味しいケーキです。
一切れ一切れ切って、3きれほど、一人で笑いながら食べてしまいました。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-04-21 21:05 | お菓子
粗糖マカロンとバナナとココナッツのクッキー
f0095746_23252819.jpg

マカロンを習った後、立て続けに焼いております。
これは、何回目か分からないけど、、、形はマカロンじゃない?
色は、カラメル焼きだけど。

5,6回焼いて、一番いい形になった回です。
やれば、粗糖マカロンもできるかも、、、と、思った一瞬。
「あ、、もう1分」と思ったら、、、こんな色がついてしまった。
けど、うめえ~。
残り4回??何回?は、撃沈です。
ひび割れたり、御笠山になったり、砂丘になったり、卵ボーロになったり。
マカロン、はまりそうだあ~。

f0095746_9392733.jpg

なかしまさんのバナナココナッツクッキー。
ずっと焼きたかったけど、焼けなかった。
ナミナミさんに「ココナッツ無いんですか?」って言われたけど、ちゃうちゃう。
バナナが無いの。
家中、バナナを生食しない、、、ケーキにした時しか食べないので、、
一房買うって、勇気が要る。
それでも時間がある時は、なんとかケーキにするんだけど、
夜遅く帰ってきて、だんだん黒くなっていくバナナから
目をそらしたい気持ちで過ごすの、辛いから。

で、お高いけど1本だけ買ってきました。

f0095746_9401236.jpg

焼き立ては、外カリカリ。なかもっちりしっとり。
冷蔵庫に入れておくと、どんどん、しっとりしてきて、バナナケーキ化していきます。
それも美味しいです。

上の娘は、冷蔵庫開けて「あ、クッキー残ってる」って、結構毎回嬉しそうに食べていました。
地味に食べ続けて、二人で食べ切っちゃいました~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-04-20 23:40 | お菓子
マカロン(お菓子教室)
f0095746_17381312.jpg

今日は、渡部和泉先生のお菓子教室、マカロンでした。
可愛いでしょ~。
もう、小躍りしちゃいました。

今日は教室にはカメラを持って行かなかったので、これは家に帰って撮った写真です。

私は粗糖フリークなので、和泉先生は「今回のはグラニュー糖のマカロンです、
小粒さんのやりたいものじゃないかもしれませんよ」って、ご親切に言ってくださいました。
でもね、「マカロナージュ」とか「正しい焼き上がり」とか知りたいでしょ、
「いいんです、正統的なの教えてください」って伺いました。
f0095746_17365834.jpg

相当気をよくしているので、もういっちょ、同じような写真。

「どいうのが正解か分からないんです」って申し上げたら
「マカロンは地方によって、ひび割れているのや、もこもこしているのなど色々有ります。
今日のは、マカロン・パリジャンです。
またパテスリーによっては、パリパリして当日お召し上がり下さいと言う物や
クリームをはさんでからいったん冷凍してしっとりさせてから出す物も有ります、
こだわりや好みです」とのお話しでした。
なーんだ、じゃあ、好きな感じでいいのかあ。

f0095746_1831684.jpg

和泉先生は「冬場はすぐ乾燥するけど、夏場はなかなか乾燥しません。
でも、1時間以上かけたものは、味的にちょっと落ちる感じなので
乾燥させないでもできるレシピで、やります」とのことでした。

ん??
そんなこと、できるの??

でも、実際絞り出して10分でオーブンに入れちゃいました。

シナモンとゴマが飾りになってます。
ゴマ、こんな小さな粒だけど、意外に美味しいのよ。
びっくりしました。
f0095746_1832740.jpg

先生のお手製パンと、お手製スープ、、、ストウブで煮たグリーンピースのスープです。
すっごく甘くて美味しいです。
お野菜ご飯の小粒さんも、さっそく真似することにしました。

中にはさむクリームは2種類教えていただきました。
レモンカードと、クルミのディップ。
クルミのディップ、美味しいです。

マカロンって、甘いでしょ。
だからね、はさむ物も甘いと辛いの。
だから私は、少し苦みのある物が好き。
チョコとか、せいぜいキャラメルぐらいかなあ。
一番最初にizumiさんに教えてもらったチョコ味が一番好きです。
フルーツは酸味が有っても、同じくらい甘いでしょ、
すっごくジャム好きなのに、マカロンの時はちょっと辛い。
マロンも辛いなあ。。。
このクルミのディップね、クルミの苦みと蜂蜜のほのかな甘みでうまいっ。
そーか、こんな手があったかあ。
なんか、広がりそうです。

f0095746_17372761.jpg

小さい方が失敗しにくいということで、超ミニサイズ。
計量スプーンと比較すると分かるでしょ。

このマカロンの色、生成の色でしょ。
マカロンって白く仕上げなくちゃいけないと思っていたから、意外でした。
「これくらい色がついた方が美味しいと思います」と和泉先生。
はい、私もそう思っていました。
自分の好みで、よかったのね、、、無理に白く仕上げなくても良かったのね、、安心です。
このマカロン、今まで食べたグラニュー糖のマカロンの中で一番美味しいです。
この焼き色をつけることで、甘みがイイ感じの甘みに変わる気がします。
うーん、お砂糖がね、三温糖とかキャラメルみたいに、ちょっと風味と苦みが加わる感じです。
まるで粗糖マカロンみたいな味です。

f0095746_18373816.jpg

帰ってすぐ、復習しました。
生意気にも、すぐ粗糖マカロンです。
うーーーーんん、ふりふりの出方もイマイチ、つやつやの輝きもイマイチです。
メレンゲの状態も、生地の状態も違いました。
でも、、、美味しいです。
後引いて、止まりません。
今回は自信を持って色つけて焼きました。
同じ色つきでも以前は、皮がバリバリ、中が空洞だったけど
今回は、中はしっとり詰まってます。
あ、ちょっと進歩した。
クリームは生チョコ。
これ、どれだけ砂糖使ってるか知ってるだけに、、、怖い。
怖いけど手が伸びちゃいます。
ちゃんとふりふりでるまで、焼き続けたい、、だって、卵白たくさんあるから。
でも、駄目だあ、食べないで明日職場に持って行く自信ない。
食べ続けちゃいそうだ。。。

粗糖とグラニュー糖は全く同じ仕上がりになると考えなくていいなら、
これでいいかもしれません。
でも技術が有れば出来るのかも知れません。
そこんとこ、分かんないなあ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-04-18 18:53 | お菓子
全粒粉ロール
f0095746_22441083.jpg

もうしばらく、チャレンジすることさえ忘れていたのですが、私、焼きたいケーキが有ったんだ、、ってコトを思い出しました。
izumiさんスポンジに出会う前に、未熟ながら全粒粉のスポンジ焼いていました。
大好きだったの。
自分なりに実験、重ねていたみたいですが、もう、笑うしかないデコとか、、も見つかりました。

izumiさんスポンジに出会って、「私が作りたかったのはこーいうのだあ!」って感激して、、
で、その後、izumiさんにケーキ教えてもらったり、お茶に呼んでもらったりして、ますますizumiさんスポンジに惚れこんで、、、でも、なかなか満足行くように出来なくて、悪戦苦闘しているウチに、もともと未熟な全粒粉のスポンジはチャレンジすることさえ忘れていました。

恐ろしいことにあれから、何年も過ぎてしまった。。。
けれど、だからこそ、分かるコトもあるのよ。
今なら、分かるたくさんの誤解の数々。
f0095746_2318431.jpg

初めのうちは、遠回りしました。
izumiさんスポンジが、喜界島粗糖と重い粉を使っているから生まれる味だって分からなくて、、
似たような物じゃん?と、軽めの国産の粉と普通のキビ砂糖使ってました。
これ、大きな誤解でした。
そしたらね、、、せいぜい「似たような物」にしかならないのよ。
で、同じ粉と砂糖使うようになって「かなり似たような物」になってきました。
あとは、技術の差があるからね、それは仕方ないわ。

まあ、つまり、材料で大きく変わるってコトなんだけど、、、

私が全粒粉でスポンジを焼いていた頃は、、、粉は確かに重いけど
砂糖は「三温糖」を使っていたのね。
三温糖って、色は茶色いけど、所詮白いお砂糖だから、力強いメレンゲができるの。
だから、全粒粉でもなんとかふわふわに出来ていたの。
これ、大きな誤解だったわ。
それをizumiさんの真似して喜界島粗糖と全粒粉の組み合わせに変えてみたら、
もう、固い固いスポンジにしかならなくて、、、
で、粉や砂糖の量を調整する方向にはいかず、、、諦めてしまったんだよね。。
あーん、やっぱりizumiさんすごい、あんな風にできるわけないっ。。。、、って。
材料だけ真似しても駄目なのよね、、って。

だけど、最近ふと思い出したの。
あ、私、全粒粉のスポンジ、好きだったんだ。
もう一回焼いてみようかなって。
f0095746_22444871.jpg

ここでまた、大きな誤解が。。。
私が今まで全粒粉だと思っていたのは、世間様の全粒粉、本物の全粒粉とは違っていました。
私が使っていたのは、「国産小麦 全粒粉タイプ」でした。

本来全粒粉ってのは、小麦を丸ごと挽いて使うわけですが、
これは、食べにくいふすまと胚芽をローストして混ぜているんですって。
ちゃんと袋の表面に「原料の小麦から取り出したふすまと胚芽を加熱処理し、食べやすくしました」
書いてあるし、何より大きな字で「全粒粉タイプ」って書いてあります。
何見てるんだろう。。。私。
これ、生活クラブ生協で取っていたので、コレ使うのが当たり前だったから
なーんも考えずに、使っていました。
自分で選んだわけじゃないと、こんなにいい加減なのね。

なるほど食べやすいハズです。
香ばしくて、ツブツブと食感がいい。

うーん、どおりでよそのを使った時、違う味だったんだ。
酸味と生っぽい匂いが気になったんだ。

f0095746_2245129.jpg

だから私の好きなのは、全粒粉のスポンジではなく、
全粒粉タイプのスポンジだと分かりました。
あ、、、そか。。。。
ん、、、でも、いいか。これが好きだから。

これね、スコーンとかビスコッティに使うと効果ある粉ですよ。
急に香ばしさと素朴感が増します。

で、久しぶりに焼いてみました。
f0095746_22453660.jpg

パンにする時は強力粉と混ぜて、お菓子にする時は薄力粉と混ぜて使うらしいですが、、
、、、、あら、ツブツブがいいんだから、このままお菓子にしてしまえ。
重いのは承知の上よ。

もこもことイイ感じ。
きっとふわふわ膨れてくれそうな予感。。。
重い粉なのに、私って技術が進歩したわ、、。

ほら、見て見て、生地の中にツブツブ見えるでしょ。
美味しそうでしょ~。

f0095746_22461313.jpg

んん、、、、、でも、、、期待通りには膨らみませんでした。
やっぱり、ちょっと沈んでます。
目が詰まってます。
あれだけ、もこもこした生地なら、もっとふわふわするかと思ったけど、、、。
もう少し、混ぜるの早くやめた方がいいのかな。

以前の私なら、もう、「できないっ、やっぱりできるはずないっ」って思ったけど
izumiさんがあの美味しい美味しいスポンジを作るのに16年かかった話や
毎日毎日シフォンを焼き続けるなんちゃんが、ちゃーんと美味しいシフォンを
完成させているのや、
ナミナミさんが酵母お菓子を作りたいって、思ってる姿見てると、
もうちょっと頑張ろうかな、、って思います。
うん、私は全粒粉、がんばろうっ。
f0095746_22471065.jpg

砂糖や粉の量、油、混ぜ方、焼き温度、、、諦めないで色々やってみよう。
って、思えるようになりました。
ん、時々ね、根詰めてイヤにならない程度にね。
けど、今から16年立ったら、、、、私、カフェ開店どころか、、、もう、閉店してるかも。
あー、やっぱり間に合わないっ。

チーズクリームと、なんちゃんにもらった「キウィリンゴジャム」巻き込んで、さわやかでした。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-04-18 00:48 | お菓子
メープルクッキー ジャムバージョン
f0095746_21285530.jpg

月曜日、大胆に休んだおかげで、また忙しい日々が。。
あーー、自分にツケは回ってくるけど、逆に言うと自分さえ頑張ればいいから、
いーのいーの。
やっぱり楽しいことは必要よ。

忙しくても作れるのが、素朴系焼き菓子のありがたいところ。
10分もかからないんだもん。

なかしまさんのメープルクッキーも大好きだけど、
これも大好き。
「生成のお菓子」のメープルクッキー。

f0095746_21293185.jpg

メープルシロップいっぱい欲しいなあって、言ってたらなんちゃんが
安売りするよっ。明日の9時からだよ」って教えてくれたの。
「明日9時に帰れないっ」って言ったら、
「代わりに買ってあげる!」って、申し込んでくれたの。
多分、21時6分に4本注文入ってるコレかなあ。
、、、あ。小粒さんは2本よ、izumiさんも2本。izumiさんも喜んでたわあ。
ありがとおお。なんちゃん。
おかげで、ケチらないで使えます。

今回はカップ2分の1、惜しまず使いました。
次は、ケーキタイプの1カップくらい使うの、やってみよお~。

f0095746_21301784.jpg

みやんちゃんにもらったパンに、
とらにゃんさんのデコポンマーマレードをつけながら食べていて、思いついた。
とらにゃんさんのデコポンマーマレード、スライスしたんじゃなくて
ブレンダーかなああ、、角とか菱形とか有るの。
、、、大きくすると分かります。
んでね、「あ、前にメープルクッキー作った時、ジャムのせてイマイチだったけど
これ、いけるんじゃない?」
あれは、水状のジャム使ったからじゃないか?
こういう形のあるのを使えば
少し乾燥してピールみたいになって、でも、ピールを乗せて焼くみたいには固くならない。
、、で、なんちゃんキウィジャムと、小粒キャラメル洋梨と、小粒イチゴジャムを動員。

結果。。。。
うまーーい。
ジャムが、さらに、うまいソフトドライフルーツみたいになって、味が濃くなって。
クッキーは翌日には湿るけど、それも、許せるソフトクッキーだ。
「甘いからあんまし美味くない」の予想を裏切って、イチゴと洋梨も美味い。
デコポンとキウィは予想通り、酸味と香りさわやかでうまいっ。
前回ルバーブは香りも、メープルと喧嘩してましたけど、今回は大丈夫でした。

食べるの止まりません。
本日の残業のおやつで、食べきりました。
一人だけ、向かいの席のオジサンに、6個くらいあげましたが、あとは、全部食べきりました。
オジサンは、当然、ジャムの区別などつけるはずもなく、むしゃむしゃ無言で食べきりました。
むっ。色々、あったでしょっ。

f0095746_2131653.jpg

半分は、シンプルなままです。
これは、カリカリです。
今回は、これより、ジャム入りが美味しく感じたなあ。
もう少し、izumiさんが焼いてくれたのは、ソフトだったかなあ。。。

メープルシロップいっぱいあって、幸せだあ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-04-14 22:31 | お菓子
なんちゃんち行ってきたよお~
f0095746_18403237.jpg

突然ですが、なんちゃんとこに行ってきました。

ことの起こりは、ジャルダンさんのケーキ。
ここはナミナミさんに教えてもらったんだけど、精製した砂糖じゃないもの、、
えっと、粗糖とかメープルシロップとか、茶色い系のお砂糖使っているお店で
私は、とってもお気に入り。
そういうお店自体少ないよね。

「キビ砂糖使ったケーキ、珍しいのよ
なんちゃんに送ってあげたいけど、難しいよねえ、、、」って言ったら
てけさんが
「じゃあ、持って行っちゃろうか?久しぶりにドライブもいいなあ」
「え~?そんな手があったか、わーい
あーー!!山形に行けるなら、絶対行きたいお店がある!
平牧の直営店で、お肉食べたいっ。トンカツ食べる。今日はお野菜はお休みする!」
って、ことで決定。

f0095746_18404667.jpg

開店10時だけど、開店と同時に、人が次々入っていきます。
お値段も、いい材料使ってる割には、良心的です。
4月ですね、新人らしいパテシェが、うろうろ。

てけさんは「でーんと大きいのにしたら?」って言ったけど
「色々食べられたほうが嬉しいでしょ」って、小さいのをセレクト。
でも、日持ちしないから、あんまし買わなかったけど、目移りしたした。。
一応、春らしくイチゴのっかったものを中心にしました。

f0095746_1841043.jpg

ロールケーキ、izumiさんのとは、もちろん違うけど
今まで食べたお店のロールケーキの中では、かなりそんな雰囲気のロールです。
ざっくりした目の粗い生地、砂糖は粗糖みたいです。

yuki先生がお店をされていた頃は、キビ砂糖で作ったケーキ食べられたのですが
今は、他はもう、知りません。
誰か、茶色いお砂糖のケーキ屋さん、知っていたら教えてね。
きっと、とことこ、買いに行きます。
f0095746_18444173.jpg

で、出発。
自分たちの分も、もちろん買い込んで、
車の中で、こぼしながらケーキ食べつつ、一路山形へ。

nosukemamaさんのところを超え、mikaさんのところを超え、
阿多々良山とか、蔵王とか、月山とか、文学史と社会科の教科書で習ったとこを通っていくのは、
まあ、嬉しいこと嬉しいこと。

なんちゃんに電話で「寒くない?」って聞いたら「寒くないよ」って。
うそだああ!!
うそつきだああ!
雪残ってるやんけ。

f0095746_1845323.jpg

関東平野を走っている時は、桜や木々の芽吹きで山がピンク色だったんだよ。
出てくる時は、多分20度以上有ったんだよ。
うわあーーー、ここは、映画の世界だああ~。

「シシ神様がいそうだねえ、、、」ってマジ思いました。
私、そういう世界に全く無頓着なタイプなんだけど、、、
それって、違うわ。
あのね、自然の神秘とか、驚異とか、、、そういのに触れること少なくなって忘れちゃってるだけだわ。
仕事お家の往復しかしてなくて、、、いかんいかん。


月山抜けて、庄内平野に出たら、雪無くなりました。
「おおおーーー、これが庄内平野か。広いなあ。米どころだもんねえ」って感動。

f0095746_18411376.jpg

しかし、ナビの威力は、長野でもイマイチ発揮されなかったのですが、
こちらでも、おおざっぱにしか分からず、
「なんちゃーん、ポストの前にいるんだけど、、、」と、ウロウロ。
「ぽすとお???うーん。まあ、、迎えにいく~」と、なんちゃんが、ぶーんと来てくれました。

f0095746_18412583.jpg

お家では、うにたんきびたんが、全然恐れないで出てきてくれました。
おっきいです。
びっくら、おっきいです。
でも、たくさん、なでなでさせてくれました。

f0095746_18414526.jpg

それから、再開の挨拶もそこそこに、滞在時間2時間の予定なので
平牧直営店に、トンカツ食べにいきました。

そこには、なんと、みやんちゃんがいました~。
なんちゃんは「みやんちゃんも小粒だよ」って言ってたんだけど
違ったのは「お姉さん」だったってことです。
みやんちゃん、明るくて可愛いです。

みやんちゃん、ごめんよ~
思いつきで動いたから、みやんちゃんに会えるなんて思って無くて
なーんも、用意してなかったあ~。

f0095746_19524069.jpg

いっぱい、頂いたのですが、やっぱり脂が好きなので
ローストンカツとメンチが好きだったあ。
けど、これは始めて見ました。
ヒレって、こうやって揚げるの?
ダイナミックだ。

お肉はもう、ずっとずっと何年も平牧さんです。
平牧さんの直営店で食べられて、相当嬉しかった。
うまかったなあ~。ご馳走様でしたっ。
ついでに
「牧場って見られるの?」って聞いたら
「観光地じゃないから、駄目だよ。靴を消毒して入るくらい厳しいんだって」と
なんちゃんが教えてくれました。
ステキだ。

f0095746_202049.jpg

しかし、これ見て、びっくり、申し訳ない。
なんちゃんと、みやんちゃんが、山ほどお土産持たせてくれました。

なんちゃん、産直のお野菜とかお味噌とか、ダシとか餅とか。
それから、名物の笹巻きも。
なんちゃんところで見たアレです。
みやんちゃんも、バケットとかお出汁とか、やっぱり笹巻きとか
いーーぱい持たせてくれました。

うわあっ。。。。
全部、私の好きな物ばかりだ。
なんで分かるかなあ。

10時半に電話かけてから、2人とも、一生懸命揃えてくれたんだなあ。
嬉しい。

f0095746_18462865.jpg

テーブルに乗らなかったお米。
みやんちゃんが、ありがとう。
今日、早速精米してきたよ~。

今晩はバケットとシチューとジャムでお夕飯。
明日は、お野菜たっぷり汁と美味しいご飯だ~。

f0095746_2041216.jpg

わーい、ジャムだジャムだ~。
私、どんだけジャム好きなんだろう。。。
もう、この写真を見るだけでもウキウキしちゃう。
本物はナデナデしちゃう。

私と母と、てけさんとizumiさんで頂きます!
f0095746_2015142.jpg

なんちゃんには、「今から帰ったら朝だから、、、朝ご飯ね」って
タケノコご飯持たせて貰いました。
でも、それ、もうとっくに食べちゃいました。
美味しくて美味しくて、嬉しくて嬉しくて。
それからみやんちゃんにもらった笹餅ももう食べちゃいました。
蒸かして食べるタイプの方。
これは、なんちゃんにもらった方。
常温タイプの方ね。
どっちも好き~。美味しかった~。
f0095746_18471848.jpg

なんちゃんにもみやんちゃんにも、シフォン頂きました。
てけさんは、「シフォン嫌いだったんだけど、なんちゃんの食べてから、食べられるようになりました」って挨拶してました。
私も同じなの。
これは、フィナンシェみたいな、シフォンです。
味が濃いから、もちろん、私好み。
私、前にね、溶かしバターとアーモンドプードルでやったこと有るんだけど
目の詰まった、背の低いのできました。
さすがあ、なんちゃんのは別格です。
みやんちゃんのも、チョコバナナ、きれいです。
あのね、なんちゃんのシフォンと同じタイプです。
相当上手、美味しいです。
みやんちゃん、ブログやってないのがもったいないくらい。
だって、普段みんな見られないでしょ。

あっという間に過ぎた1日と半分。
今度は、海鮮食べに行こうっ!と、てけさんと車の中で作戦立てながら帰りました。
今回の行動は、思いつきだったから、娘達にちゃんと説明してなかったのね、
でも、娘達すごいよ。
「お母さん、山形行ったんだって?
絶対、平牧行ったでしょ?ずるいなあ」って向こうから言ってきましたもん。
おほほほ、ごめんね、美味しかったよ。

なんちゃん、みやんちゃんありがとお。
またね~。また会おうね~。
てけさんも、ありがと~。また、行こうね~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-04-12 20:43 | お外ごはん



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧