<   2009年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
豆腐ドーナツ
f0095746_2205526.jpg

きゃあ~、大変だわ。
豆腐ドーナツ、超簡単なのっ!
しかも、うまい~っ。
泣きそうに忙しいけど、これ、あっという間に出来たし
そしたら、それを報告しないではいられない!
簡単ぶりは、知る人ぞ知るがちまいやさんのスコーン並です。

私ね、実は豆腐ドーナツ初めて食べました。人生初です。
あのね、なんというか、健康的なおやつ駄目なの、買う気がしないの。
健康食品やさんに置いてあるパウンドケーキとかパンとか、オイシイの食べたこと無い。
ゴメン。
だから、お店で豆腐ドーナツやおからドーナツ見ても、絶対そそられなかったの。
からだに良くて我慢して食べる系だと思っていたから。

だけど、izumiさんが、何回もオイシイオイシイって言うから、
izumiさんを崇拝してるもんだから、「しょーがない」って、また、真似して作ってみたの。

f0095746_221890.jpg

マドレーヌ先生の「ほんとうにおいしい生地でつくるドーナツレシピ77」ですが、
その中でも、一番、そそられなかったモノ。
、、きゃあ、せんせい、ごめんなさいっ
izumiさんが作って無ければ作らなかったと思う。

豆腐を砕いてなめらかに、、、って、なんでなめらかになるの?
そんなはず無いでしょ、、、って思ったけど、
砂糖卵と加えていくと、簡単になめらかになるし、
生地作るの計量入れも10分とかかりません。

これが、あの難しいフレンチクルラーと同列に並んでいることが
納得いきませんっ。
これは、入門編として、一番前に出して欲しいくらいです。
、、、、トップにするには地味だから???
f0095746_221177.jpg

ドーナツメーカー無いので、1㎝の口金で絞り出しました。
ドーナツメーカーで作るドーナツがどれくらいの大きさになるのか見当つきませんでした。
でも、クッキードーナツと生地の量が同じくらいなのに、15個作れると言うことは、、
あのときは、これくらいの大きさだから、、、これは、、
だいたい、、これくらいの大きさかな、、と、、見当で絞ったら、、
大小あるけど、なぜか、15個ピッタリ~。
クッキードーナツの時、正しく作ったの無駄になってなかった。
絞り出しさえ苦にならなければ、豆腐ドーナツ楽勝です。
水分が多いので、他のドーナツより小さいのに揚げ時間が長くて、「なるほど」でした。

豆腐ドーナツってもっちりしてるんだね~。
izumiさんの言うとおり、冷めてもおいしかったです。
私の中では、、、イーストドーナツ>豆腐ドーナツ>クッキードーナツ>>>>>>>>フレンチクルラー。
下の娘はちょうど反対でした。
うーん、人の好みはいろいろだ。。。。しかし、全く反対って、、、どうなんでしょ。
みなさんも、小粒さん言うこと鵜呑みにしないで、自分で試してみてね~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-11-30 23:05 | お菓子
頂き物とお裾分け
f0095746_1225239.jpg

ふふさんが、とっても貴重なリンゴ送ってくれました。
あのね、グラニースミス。
ほら、ルバーブと一緒に煮るジャム用のリンゴ。
TOMATEさんが使っていたモノです。
わーい、本物だ~。

まずはそのまま食べてみました。
かったいです。なるほど。
それをとりあえず砂糖まぶしてレンジで加熱したら、酸味ほどよく甘み引き出されて、
うんまいです。
これって、紅玉と同じですね。
加熱用においしいリンゴです。
ってか、きっとそのために栽培されてるリンゴなんだ。
もちろん高濃度ジャムにする予定です。

f0095746_1231072.jpg

なんちゃんが、なんちゃんちで取れた長ネギを箱いっぱい送ってくれました。
私が受け取ったのが夜だったので、翌日、写真撮ろうと下に降りていったら、、、
ネギの箱、空っぽなんです。
探し回ったら、母がこーいうふうに何カ所かに分けて埋めてました。
そうすると長持ちするって、聞いたことあるけど。
その上、母は、毎日水やりしてます。
あ、そうなの?これって、水やりするもんなんだ。。。。
母は網焼きして食べてます。
私は、キムチモツラーメンにごっそり入れて煮込んだり、
肉団子とネギの中華風鍋にしたりして、頂いてます。
ネギって買うと高いんだよね、結構。
ケチって使わないで、リッチに使ってます。

f0095746_1232555.jpg

小学校時代の友人が、庭で取れた柚子を一箱送ってくれました。
ケガしてるのあったり、大小あったりですが、いいです、香りは同じです。
お菓子も作らないし、ブログもやってない人ですが、
ずっと昔、「年取ったら一緒に老人ホームに入ろうね」って言ってたお友達で、
心のどこかでずっとつながっている人です。

私、何か買ったり、頂いたりすると、すぐお裾分けに走っちゃうの。
お裾分け大臣です。
気前がいいってのもあるけど、
おいしいうちに、あの人にもあの人にも、食べさせてあげたいって気持ちで。
って言っても、娘達は
こんな珍しいモノもらったのよ~って、見せびらかしたいんでしょ、、って言ってます。
確かに、それもあるかも。
もちろん、グラニースミスも、柚子も、喜んでくれそうな人のところに持って走りました。
ありがと~、みんなで楽しんでます。

ゴメン、おネギは、母に埋められちゃったら、掘り出せ無くなっちゃったので、
うちで独り占めしてます。
f0095746_1234629.jpg

安納芋はいい気になってお裾分けしてたら、自分ちで食べたの3個でした。
だから、もう一箱追加しました。
今度こそ、お菓子にしようっ。

柚子のお友達に、お裾分けです。
瓶のは1本を除いて、私が作ったジャム。
これは惜しげもなく、詰め込みました。
イチゴ、杏、ルバーブ、アメチェリ、洋梨、ルバーブ&紅玉。

でもね、それだけだと、手作りジャムの本当の美味しさを伝えてあげられないでしょ、
だから、、、すんごくもったいないけど、、、
なんちゃんととらにゃんさんとふふさんのジャムを入れてあげました。
なんちゃんの金柑どーしよう、もったいないからやめようかと思ったけど、、、
おいしいから食べさせてあげたくていれることにしました。
ふふさんのキャラメルジャムも、ほんと悩んだけど、私は一本頂いたから、、
これも、なでなでしながら、入れました。
とらにゃんさんの栗は苦労を知ってるだけに、、上げられず、、
でも大好きな洋梨の方を入れました。
大好きな人に送るんだから、美味しいものを食べさせてあげたいんだわ。
、、、、もったいないけど。。。
きっとすっごく喜んでくれると思う。

f0095746_1235954.jpg

最近、忙しくて忙しくて、もう倒れるほど。
どれくらい忙しいかというと、、、、
12月のお菓子教室、yuki先生のもマドレーヌ先生のも、
どちらも、せっかく入れて頂いたのにキャンセルしたくらいです。
yuki先生のお教室は皆勤賞だったのに、、、もう、これ、人生の汚点です、、。
大好きな持ちよりパーティーも参加できないかも、、てくらい。
ね、非常事態的に忙しいって、分かるでしょ。。。。
お菓子もほとんど作れて無くて、、、、
でも、なんでか、そういうときに限って、ついつい始めた片づけが、
もう抜け出せない洞穴のようになっちゃって、
最後には泣きそうになっちゃいました。

今回処分することにしたレシピ本達。50冊くらい。
見直し始めるときりがないので、もう作らないと思ったのを
えいっと捨てちゃいました。
見たことある物や、懐かしいモノもあるでしょ??
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-11-29 02:16 | いろいろ
ふふさんのミニアップルパイ
f0095746_2043224.jpg

ふふさんに頂いた冷凍ミニアップルパイを、とうとう焼きました。
娘達がそろっていたので。
食べさせてあげたかったの、母が作れないモノをね。

どーお?
綺麗でしょ、美味しそうでしょ。
ジャムがむにゅっとはみ出してきてるけど、こうなるもんだっていうから、
これでいいのよ、ここも煮詰まって美味しいからいいのいいの。

このジャムね、ただリンゴを煮詰めたんじゃなくて、アンズも入っているらしい。
食べてそうとは分からないけど、酸味も濃い甘みもうまい~。
そうだあ、私って、バターリッチなお菓子が好きだったんだって、また思い出しました。
あっちにふらふら、こっちにふらふらしてるけど、やっぱ、こういうの好きだったんだ。

f0095746_20433149.jpg

違う角度から。
やっぱり、美味そうでしょ。
もちろん、はみ出したジャムもすくって皿に乗せましたよ。
下から母がちょうど上がってきたからご馳走してあげたのに
「焦がしちゃったの?焦げてるよ」だって。
もうっ!
こーいうのが、いいのっ。
薄いのはヤ◎◎キのとか、スーパーのアップルパイでしょっ。

生地、おいひい~。
こんなの作れるようになるまで、一冬に何回も何回も
何㎏も何㎏も折ったんだろうなあ。。。
習ったときしかやらない、、それも、なかなかできない小粒さんとは違うわ。
そんでもって、、、ジャムものすごくいいです。

f0095746_20434167.jpg

ルバーブの高濃度ジャムの時も思ったんだけど、
しっかり砂糖入れて、しっかり煮詰めるのが大事なときもあるんだね。
これ、さっと煮ただけのしゃりしゃりしたジャムだと、全然コクが違うと思うよ。
汁っけも相当出るだろうから、生地も駄目になっちゃうしね。
いいわああ。

娘達、本当は、バニラ全然駄目なんです。
これ、上品だけどバニラが香ってるの
(上品だけど、、、って言い方はね、、つまりバニラの匂いするのって、安物っぽいことが多いから)
だけどね、相当食べたかったんだね、
バニラの匂いと味を天秤にかけて、味を取ったらしく、1個食べてました。
かなり美味かったらしい。
私もバニラ苦手なんですけど、この組み合わせは美味しかったです。
キャラメルバニラ風味です。
シナモンよりよいかも。ありふれてない。
けど、これが、バニラじゃなくて、お酒だったら、どうなんだろう?
ラム酒とか、合うの?全然分かりません。
、、、自分で作れないので、遠回しにリクエストしてみました。

f0095746_20435176.jpg

で、このパイが美味しかったので、頂いた冷凍パイ生地でパイを焼こうと取り出しました。
洋梨駄目になりそうだし、冷凍アーモンドクリームあるし。
そしたらね、、、、、生地、でかいの。
1回解凍したら、芋パイとリンゴパイは作れそうなの。
ほんのちょっとだけ、おやつに食べたかったので、もったいないので、
ああ、もったいないって、またしまっちゃいました。

こういうことよくあります。
頂き物の栗クリームの素、桑の実のジャムなど。。。
f0095746_204443.jpg

珍しく、冷凍タルト生地もないし、、、ダイレクトにクリームに突っ込んで焼くことにしました。
冷凍アーモンドクリームにカスタードクリームちょっと混ぜて。
今回作ったのはカスタードだけ。
フタには、「あると便利」とたくさん作ったクッキーシューのクッキー部分。冷凍だもん。
全然作らないから、いつまでもシューにならず、、、こんな風に消費されていきます。
底生地が無いのが残念でしたが、中身とろけるように美味しく、上カリカリと香ばしく、、。
良かったです。
突っ込みきれなかった洋梨は、ジャム、カラメル風味にしてみました~。


マドレーヌ先生に、ドーナツの報告致しました。
ブロともさんのドーナツもリンクして報告差し上げたら、喜んでくださいました。
皆様に感謝とのことです!
鳥肌が立つほど嬉しかったそうです。

で、私の昨日の記事、アドバイス頂きました。
きっと皆さんにも、参考になると思うので、、引用させて頂きます!
昨日の記事の写真を見ながら、ご覧下さいね。

f0095746_20441471.jpg

「フレンチクルーラーは、線がきれいに出ていて、忠実にできていますよ。」
、、、そうか、間違いではなかったか。。
「やや白っぽく揚げるとミス◎のようになって時間がたつとフンニャリになります」
、、、そうか、時間がたつとふんにゃりなるものなのか、それでいいのか。
   それにやっぱり、香ばしいのは、私揚げすぎだったのね。
「甘くないしそのままだと何てこと無いので、甘くして食べます」
、、、でも、アイシングだともっとフンニャリなるから、
   そのままで中にクリームはさむほうがいいか?
   ふんにゃり、嫌いだから、作戦変更だな。
「小粒さんがチュロス苦手でさえなければよかったですね~」
、、、、やっぱり、好みの問題だったのね、いやん、それにしても、私ってどう?
   昨日の失礼な感想。。。でも、ちょっぴり謎は解けました。
   みんな安心して作ってね~。

「イースト、上出来で素晴らしいです」
、、、、やった~!やっぱり、私って天才だわ。
「生地の状態は、粉や季節でも若干違いますが、少量の事なので大きく差は無いですから、おっしゃるとおりHBで水分が飛ばないのかもしれません。べたつくほうが美味しく出来ます。手だとコネ加減がまちまちになると思いますが、HBは便利ですね」
、、、、、きゃあ~、HBでもいいんですって。いいんですって~。
、、、、、べたつく方が美味しいんですって。きゃあ~、きゃあ~。
みんな、自信を持って、エイドくんとかボッシュくんとか、HBくんとか導入して、
べたべたと作りましょう。ベタベタよ、ベタベタ~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-11-25 21:33 | お菓子
イーストドーナツとフレンチクルーラー
f0095746_22331946.jpg

私って、天才?、、、と思うほど、うまいイーストドーナツ。
粉砂糖まぶしつけながら、熱いのをはふはふ食ってます。
ふわんふわん。
ほんとほんと、私って、きっと天才だったのよぉ。

マドレーヌ先生のご本「ほんとうにおいしい生地でつくるドーナツレシピ77」から、作りました。

粉の配合で「揚げパン風」「パン屋さんのツイスト風」にもなるそうです。
これはさらに軽いタイプ、ケーキのように軽いイーストタイプです。
私が普段作っていたのは、引きが強い「揚げパン風」です。
粉の配合でうんと感じ変わりますね。

f0095746_22334121.jpg

ほら、この天使の輪っかが可愛いでしょ。
きっちり、温度計って、時間計って揚げてみました。
私って、いい生徒だわ。

自分の「揚げ物の傾向」分かりました。
低い温度から投入してしまう傾向有り、、、、、
これは、高温が怖いからではありません。
温度が上がるのが待ちきれないから。
気が短いの。
それから、揚げすぎてしまう傾向あるのも時間計って、初めて分かりました。
焼き菓子もそうだけど、濃いめ濃いめの色をつける傾向あるみたい。

f0095746_22333193.jpg

とらにゃんさんのブログを見てたら、「本には書いてなかったけど、打ち粉を結構使いました」って、あったのね。
んでね、「あらら、とらにゃんさん、超しろーとだわ、おほほ、私は、パンだって習ったし、打ち粉は要らなかったよ、、、って言ってやろう」と思っていたの。
それが、、、、このざま。
ご本に書いてあるとおり、フキンに広げたらこんなことに、、、、
結局いつもの通り、調理台いっぱい粉だらけにして、格闘したの。
成型も超にょろにょろ蛇とか、ツチノコ状態で、もう、とらにゃんさんはもちろん
パンの先生には絶対お見せできない級でした。
その時点で、「これはボツだわ」と思ったんだけど、できてみたら、うまい~。

f0095746_2233525.jpg

苦労しながらも、全て忠実にやったつもりなんですけど、、、、たったひとつ。。。
違うところが。。
先生は手でこねる様を丁寧に書いてくださってたのにHBで混ぜちゃったの~。
HBって、水分飛ばないのね、きっと。
「8分以上こねないこと。こねすぎると水分が飛んじゃいます」みたいなこと書かれてましたけど、
「HBでこねないこと、、、って書いてないから大丈夫~」って都合良く解釈して実行したんだけど、
HBは水分飛ばなすぎ、、なんだ、きっと。
もしかしたら、とらにゃんさんも、そうかしら。。。

先日、写真教室で「夜、どうやって撮れば、美味しそうに見えますか?」って先生にお聞きしたら
「うーん、、、、、、」って、補助的な手段は教えてもらったけど
結論は「昼の光で撮るのにはかないません」って、ことらしいです。
でも、明日の朝が待ちきれないので、写真撮って食べちゃいました~。

f0095746_22341484.jpg

こちらは、フレンチクルーラー。
これは、、、、実は謎です。自信ないです。

ごめんなさい、先生っ。
「これは美味いのか?フレンチクルーラーってこういうモノなのか?
それとも腕が悪いのか?」って。

一生懸命考えたんだけど、、、、私、お店のフレンチクルーラーって20年くらい食べたこと無いんです。
子供達が小さい頃、駅前のドーナツやさんで、必死に一口二口、飲み込んだのが最後です。
き、きらいなの。。。
デズニーランドとかで売ってる揚げシュー生地のお菓子、、あれ、なんて言ったっけ、、
アレも駄目、、、一口も食べられない。
だから、これが正しくできているけど、単に私の好みじゃないだけなのか、どうか、、全然分かりません。

f0095746_22342210.jpg

上の娘は、、、「売ってるのより、香ばしいんだね、、、そういうモノなの?」って言ってました。
揚げすぎの傾向、出たかしら。
下の娘は「うめぇなあ、、、」って、珍しく何個か食べて、さらに何個かバイト先に持って行きました。
きっと、悪くなかったんだと思います。
これは相当、忠実に作りましたから。
シナモンまぶしたのや、イチゴ味のアイシングかけたりしてみました。
薄いバージョンと厚みのあるバージョン作ったのですが、厚い方がうまいそうです。
面白かったけど、もともと自分が苦手なモノ、味が分からないもの作るって、
やっぱ、難しいです。

今度はお豆腐ドーナツだ~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-11-24 23:18 | お菓子
なるなるさん来た~!
f0095746_22232568.jpg

熊本から巨砲?大型新人?野生の天才児なるなるさん、やってきました。
あ、これ、もう、ケタ外れのほめ言葉だから。
お友達のところにいらしたのですが、izumiさんのケーキ食べにお店に来るっていうので、
私もご相伴しました。
ナミナミさんも、izumiさんも一緒です。
わーい。


これは、izumiさんの白インゲンのモンブラン。
飾らない見かけも、飾らないお味も、ほんと、いいです。
せっかく写真教室行ったけど、これは携帯です。
飲んじゃうと「F値」とか色々言われたこと分かんなくなって、、、携帯です。

f0095746_2224179.jpg

私、いつも、なるなるさんのブログのケーキ見て、そのダイナミックさと、食の本質を、ぐわっしとつかんでいる力強さに圧倒されるわけなんですけど、、、、
やっぱり、ご本人もそうなのよ、、、
ご本人は気がついてないかも知れないけど、ぐわっしと周りの人の心をつかみます。
飾らないのに、つかみます。
むっしゃむっしゃと無言でお料理を食べ、うむむとケーキを食べます。
いい人です。

なるなるさんのお家は、養鶏場なんですって。
何回聞いても忘れるけど、13万羽って言ったと思う、、、それを
生き物だから当たり前だけど、、、毎日毎日、お世話してるわけです。
13万羽いるのに、全部手でエサをやってるんですって。
だから当然、卵産まない鶏や、調子の悪い鶏、、、分かるよね。
ご家族で、「いい卵産めよ」って、心込めて育ててるんだね。
そういう食を産み育てる場にいる人、そこで育った人は違うわ。
命の根源っていうか、
そういうのをよく知ってる、だから、そういうのを詰め込んだケーキを焼くんだね。
上っ面の「こだわり」じゃないの。

f0095746_22241330.jpg

東京での珍道中ぶりも、相当笑える話でした。
ご本人は、至って真面目なんですけど、もう、どれだけ笑ったか。。。
まあ、よくぞここまでたどり着いた、、って感じです。

「こっちの家は、隣と隣がくっついてて、びーっくりした」と言われて
そうだよねえ、きっと、なんちゃんもびっくりしただろうねえ、、て思ったり。
「羽田から小金井(オーブンミトン)は遠いって、途中で気がついて、、、」
いや、そーでしょ、大変だったねえ、、って話は尽きない尽きない。

いろいろな食べ物屋さんが無いから、なんでも、本で見てつくっちゃうらしい。
それで、機会があったときに、「この味でいいのか?」って確認のために食べるんだって。
だけど、良い素材使って、レシピに忠実に作っていれば、
その辺のお店はかなわないと思うよ。
だって、お店ってどうしても、効率が優先されるもんね。単価とか、手間とか。
なるなるさん、自信持って、熊本でばく進してください、大丈夫です。

f0095746_22254565.jpg

でね、翌日は、ナミナミさんと、カフェめぐりの予定なんだって。
いいなあ。
そうそう、ナミナミさんに美味しいお土産頂きました。
あのね、入間市にあるお勧めのパン屋さんのパン、、、、名前忘れた、、、あれ、美味しい。
小粒さんのどんぴしゃ、好みです。
今度、行かなくちゃ。
それから、日々精進中の、シフォンケーキも頂きました。きれいだね。
そう言えば、先日のブログに、ラム酒が効きすぎてたって、書いてあった、あれかな?
小粒さんはお酒大好きだから、全然平気ですが、確かに弱い人には、効いちゃうかもね。
でも、せっかく漬けたラム酒をお湯で抜いちゃうとかも、もったいない気がするし、
どうやって、加減すればいいのかしらね?
シフォンも、前回頂いたときより、また腕が上がった感じ??おおお~。
ナミナミさんのシフォンは、結構しっかりシフォンでした。
今回頂いて、ナミナミさんの目指すシフォンというか、その食感が分かった気がしました。
でもね、私、シフォン全然分かんないから、言葉では上手に表現できないけど、、、、
お口の中と脳味噌の中には、ナミナミさんの目指すシフォンが浮かんできたよぉ。
イメージできた気がする。頑張れ~。

f0095746_22255427.jpg

なるなるさんにお土産頂きました。
熊本名物。
あのね、鞄の中、ごそごそ、引っかき回して、お化粧ポーチとか
どんどん出しながら、これ、むんずとつかんで、「どーぞ」って感じで、渡してくれるの。
ほんと、飾らない人です。
翌日は、きっと運転上手のナミナミさんが一緒だったから、安心だったろうねえ。
楽しめたかな。。

今回はナミナミさんとなるなるさんの輪っかに、入れてもらって、楽しかったです。
izumiさんフリークがまた増えちゃいましたね、きっと。
f0095746_22242927.jpg

あ、そうだ、言い訳しておこう。。。
私も一応、なるなるさんの卵で焼いたお菓子を、恥ずかしけど、用意していたの。
だけど、車のトラブルで、家に取りに帰ることが出来なくなってしまって、、
ごめんよおお、、、2人とも、手ぶらで帰しちゃった。。。
、、、、いや、結果恥ずかしくなくてその方が良かったかもしれないけど。
あのとき、私の手元にあったのは、罰ゲームのようなチョコケーキだけだったの。
あれは、撮影用に使っても、その後「みなさんどーぞ」って絶対言えなかったから
すごすご持って帰ってきたからね。。。
まあ、トラブルで始まった一日だったけど、最後は、みんなで楽しく笑って過ごせて良かったです。

おまけ。
これは、19日に食べたizumiさんのケーキ。
あのね、「ボジョレーの会」をのんちゃんで、やってもらったから。
えへへ、、、ワインに合わせたコース料理、美味しかったよお。
その上、昨日も日中バタバタと用事をこなした後、
頑張った自分にご褒美で、お店でケーキ頂いて帰りました。
1週間に3回、izumiさんのケーキ食べられる私って、ものすごく、幸せ者じゃない???
恨まないでね、みんな~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-11-23 23:29 | お外ごはん
写真教室
f0095746_16534244.jpg

渡部和泉先生のお宅で開かれた写真教室に参加しました。
プロのカメラマンのかなり可愛い阿部若菜さんが、講師です。

今回のお題は「オートを卒業しよう」です。
そうなの、デジイチ持っていても、全部オートですからね、
宝の持ち腐れです。
初歩の初歩のところを習ったのですが、頭クルクル回ってます。
覚えられるかしら。。。。

先生のお宅には、可愛い雑貨、、北欧アンティークが溢れています。
だからモデルはたくさんありました。
でも、「好きなモノを持参して良い」と仰ってくださっていたので
私は、自作のお菓子を持参です。
だって、目標は「お菓子を実物より美味しそうに写すワザの習得」ですから、
少しでも実践したいもの。
これは、喜界島粗糖のフィナンシェとふふさんに頂いた素焚糖。
オートじゃないですよ、オートじゃないっ。
それだけで価値のある写真です。
f0095746_1654647.jpg

これは、和泉先生に教わった「ショウガのパウンドケーキ」復習バージョン。
失敗が少ないという別立てでやりましたが、まあ、目がびっちり詰まっていること。
もうちっと、ふわっとさせたいよねえ。
それはともかく、、、、、、
これもオートじゃないよ、オートじゃない。

f0095746_16541943.jpg

後ろをぼかすわざとか、、、、、とか、、とか、、??
ああ、もう分からなくなっている、、、、色々教わりました。
↑の写真と↓の写真、同じようなモノを撮ったのですが、
印象が全然違いますよね。
構図とかスタイリングとか、、そう言うレベルじゃないから、それは置いておくとして、、
ほら、色というか雰囲気というか。。。。

f0095746_16542999.jpg

出がけに車パンクして、、、何年に1回、起こるか起こらないかのトラブルが
今回起こって、、、教室は大遅刻。
すんませんっ。
なのにその分、遅くまで補講して頂きました。
このお気持ち、無駄にしないように、頑張ります。
ひとつでも2つでも、、覚えます、ノート見ながら。

f0095746_16545092.jpg

これも題材用に作ったケーキだけど、もう、びっくり罰ゲーム級にマズイです。
写真は自宅で(習う前に)オートで撮ったモノ。

でも、写真は撮れるだろう、、、味までは分かるまいと、、、踏んで。
f0095746_16554935.jpg

何がマズイってね、、、ほら、このチョコチップみたいに見えるモノ
これ、チョコと卵黄の生地です。
それとメレンゲがびっくり混ざり合わなかったの。
でも、見た目は、チョコチップケーキに見えるでしょ。
だから、まあ、写真ぐらいは撮れるだろうと。

いやああ、、、、しかし、マズイっ。
このチョコチップみたいな部分は当然チョコチップじゃないから
ぐっと握りつぶしたような卵黄生地味だし
ココア色の部分はチョコケーキ味じゃなくて
茶色いメレンゲ味なの。色のついたメレンゲ味なの。
ひやあ、まずいっ。

それはともかく、実りある写真教室でした。
これで、私はオート卒業です!、、、、、のはずよ。

このお教室の後、本当なら車でぶーんと30分で帰れるところを
よちよち1時間半かけて帰りました。
夜はね、、、、「のんちゃんのはらどけい」でナミナミさんとなるなるさんとizumiさんでお食事会でした。
これは、後ほど別記事でアップします~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-11-23 00:13 | お菓子
ふふさん便となるなるさんの卵
f0095746_0174125.jpg

すごい芸術品です。
残念だけど、、、小粒さん作ではありません。
ふふさん作のミニアップルパイです。
娘達がそろっているときに焼こうと思っているのですが、なかなか2人そろわず、、、。
このパイ見て、つくづく、ふふさんって、自称ずぼらだけど
違うわ、相当の凝り性って言うか、きっちりやりたい人なんだと分かりました。
四角いモノは四角く、丸いモノは丸く、パイはパイらしい見栄えに。。。
あ、そう言えば、ふふさんのブログには、アイスボックスクッキーを丸く仕上げるグッズとか
角は角に仕上げるグッズとか、あったよなあ。
きっとそうしないではいられないタイプの人だな、、、って、感心しまくりです。
f0095746_0175976.jpg

このジャムうまいです。
リンゴだけど、もう、私の知ってるリンゴジャムの域を超えてます。
うーん、これも、芸術品です。
焦がしキャラメル味の濃いリンゴジャムです。

コレ食べたい一心で、HBパン仕込んで予約したつもりだったら、
即刻スイッチ入れてたらしく、夜中に勝手に焼き上がり
朝にはHB釜の中で、余熱で固くなっておりました。
仕方ないので、固いパンをトーストして食べましたが、
失敗パンもなんのその、、、美味いジャムでした。
で、このジャム食べたい一心で、お弁当にまでこの固いパン持って行っちゃいました。
f0095746_0183773.jpg

折りパイ生地も種類の違うの頂きました。
どうしよう。
もったいなくて使えないかも。。。。。
ひやあ、冷凍庫にはもったいなくて使えないモノ、いっぱいです。
ジャムとかソースとか栗とか。
時々「使っちゃおうかな」って出しては「あー、失敗したらもったいない」って
また仕舞っちゃうの。
これも、何回か出し入れしちゃいそうだ。。
色々便利グッズも頂いて、それがまた、ふふさんらしかった。
何かをきっちり仕上げるために、専用道具を用意しちゃうタイプです。
いろんなタイプのお友達いて、嬉しいな。
ふふさん、ありがとお~。
f0095746_0185362.jpg

なるなるさんから、こだわりの卵頂きました。
なるなるさんのダイナミックなお菓子を生み出してる卵さんです。
説明読むと、すんごく、大事にそして自信持って育てられた卵です。

段ボールの中に80個見たら、びっくりしました。
だって、一般家庭じゃそう見ない数でしょ?
すでにあった40個の卵と合わせて120個、、、
バザーに参戦できそうな勢いです。
こちらは、冷蔵ショーケースの中に陳列しました。
普通の冷蔵庫には入らなかったので。

f0095746_019372.jpg

さっそくショウガのパウンドケーキ焼き始めました。
できあがり、どうかな、心配です。
でもね、生地の段階で味見たら美味しかったよ~。
オーブンから出すの楽しみです。

なるなるさん、ありがとおお~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-11-21 01:04 | お菓子
リンゴクルミシフォンとバナナパウンド
f0095746_23215868.jpg

今日もドーナツ作っていました。
いろいろ嬉しいこともあったり、アップしたいこともたくさんですが、、、
この写真なんだか、分からなくならないうちに、、、アップしておこう。。
1週間くらい前?もっと前?に作った煮リンゴとクルミのシフォンです。

これは、なんか、上の娘が「おいしいおいしい」と誉めてくれました。
いつものと、ほとんど同じだったのに。。。
具が気に入ったのかな。
f0095746_2322893.jpg

なんちゃんが、ブログに書いてくれたように、
生地を型にちゃんと塗り塗りしてから焼きました。
焼き立ては、こんな感じです。
いけるかも。。。。。

f0095746_2322195.jpg

と、思ったけど、数時間後にはこんな感じ。
重力に逆らって、縮んでます。
でも、いつもより、縮み方マシだから、塗り塗り効果はあったかな?
、、、、いつもは、どんだけ縮むんだ、、、って話ですね。
ほぼ、平らになるんだもん。
やる気無くなります。

メレンゲ立てすぎないように注意してるつもりだけど、
自分のが、立てすぎかどうか、よくわからないうちに、結局
いつもと同じようなのが、焼けます。
うーーーん。
f0095746_23223379.jpg

気がついたら、全部くるんだ後でした。
でも、急ぐので、このまま写真撮って出かけました。

あのね、組み合わせ的には、クルミとリンゴ、結構イイかと思ったんだけど、
数日たつと、、、、クルミが生地の水分を吸うのか、湿るのです。
湿って欲しくないクルミが湿るの。
パウンドなんかに入れたときはそう気にならないんだけど、
水分が全然違うからかな?
、、、と、娘に言ったけど「そんなこというのお母さんくらいだよ。おいしいよ、気にしすぎ」って言われて、
またわから無くなっちゃいました。
f0095746_23262695.jpg

これは、米油と喜界島粗糖のバナナパウンド。
先日、渡部和泉先生のレッスンの時、
「シュガーバッター法はバターかっちり詰まってます。目も詰まります。
別立て法は、一番失敗がないです、少しふわふわします。
共立ては、バターの合わせ方を失敗すると、油臭くなります」と言ったようなお話しを聞いていて、
自分の植物油のパウンド、失敗したとき、ものすごく油臭くて
酷いときは、サーターアンダーギーみたいに匂うのを思い出しました。

で、完全別立でやってみました。
、、、izumiさんは、どうやってもできるからね、
これは、izumiさんの作り方ではありませんから、誤解の無いように、、、ね~

f0095746_23263642.jpg

卵黄に米油合わせて、その次に、容赦なくつぶしたバナナを混ぜます。
別にメレンゲをたてます。
卵黄生地に、メレンゲと粉を交互に3回くらいにわけながら入れました。
それぞれ8割くらい混ざったら、次を入れる感じで。
f0095746_23264824.jpg

ふわんふわんのバナナパウンドできました。
izumiさんのほろほろのを知らなければ、多分、「お店で食べるのより美味しい」って
きっと私、自慢してたと思う。
ウイロにもならず、サーターアンダーギーにもならなかったから、
だいたい、それだけで満足しちゃってるかも。
でも、残念ながら、ほろほろの、知っちゃってるから、、、なあ。

今回は電気オーブンです。
izumiさんは、「オーブンによって焼き上がりが違うから、小粒さんがうちのオーブンで焼いたら、
ほろほろになるわよ」って、慰め励ましてくれるけど、、、、、そうは思えないなあ。
でも、それがほんとなら、「え?そうなの?んじゃ、そのオーブン、買います!」って感じです。
ほろほろになるオーブン持ってる人いる~?

コメントのお返事遅れてます。
今日の記事の文中リンクも、明日、、、やりますね。。
とりあえず、、、お休みなさいです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-11-17 23:54 | お菓子
クッキードーナツ
f0095746_2359593.jpg

さっそく作りました。
マドレーヌ先生の「ほんとうにおいしい生地でつくるドーナツレシピ77」から、クッキードーナツ。

いやあ、この本、すごくマドレーヌ先生らしいです。
妥協してないです。
「読んだ人が、めんどくさいって思うかも知れないから、なるべく簡単に書こう」って
普通、思うものじゃないでしょうか。
先生、そんなこと考えないみたいです。
ご自分の伝えたいことを、渾身の力で、はい、伝えてくださってます。

先日の先生の日誌にこんなことが書かれてました。
「つねにこまごまとたくさんお教えしたいことがあります。
生徒さんには菓子作りを楽しんで欲しいので、その自由を得るために必要な基礎を、技術と知識両方バランスよく身につけてもらいたいと考えています。」って。
多分、そういうことです。

f0095746_23593769.jpg

クッキードーナツ、ケーキドーナツ、イーストドーナツ、フレンチクルーラー、豆腐ドーナツの大きく分けて5種類です。
確かにこんな系統立てたドーナツの本、無いと思います。
ってか、ドーナツでこれだけ、語れる方がいると思いませんでした。
これが学んだ人の奥の深さですね。
多分、マドレーヌ先生、仮に「クレープの本」でも「ワッフルの本」でも、同じように語られると思います。

この本の最初に「よく読み、イメージし、きちんと計量して作ることが大事です。
アレンジは慣れてからにしましょう」って、書かれてました。
ひぇ~、これ、私のことだ~、、いかんいかん。
と、今回は、超真面目に、しっかり読んでノーアレンジ、ノー手抜きで作りました。

f0095746_001445.jpg

生地の分割も計量しながらやりました。
わあ、この生地、この時点で美味そうです。
ドーナツの大きさも測りながら作りましたよ。
確かに1回、きちんと作ると、レシピを作った先生の伝えたいことが分かる気がします。

ココアや抹茶を入れるとき、単純に入れればよいわけじゃなくて
油を吸う率が変わるので、他のものの割合も変わるってことが、分かりました。
そうか、これ、他のケーキにもきっと通じることよね。
アレンジにも理論が必要なのね。
そういう説明が、とっても、先生らしいです。

以前使っていたこね台が、安物で、軽くてぺらぺら動くし、粉がこびりついて取れないし
かんしゃく起こして、捨てちゃいました。
あー、重い台、マドレーヌ先生みたいな台、欲しくなっちゃいました。
今日は、仕方ないので、テーブルに直でやりました。
ラップやカッティングボードは動いて使い物にならなかったので。
でも、テーブルも滑って、やりにくかったなあ。

f0095746_004384.jpg

砂糖減らそうかな、、って思ったけど、そのままやって、ちょうどいい、
むしろ甘さ控えめで、チョコがけやアイシングしたいくらいの甘さでした。
、、、、計量間違いでなければね。
ドーナツやさんみたい~。
おいしいです~。
私はイーストドーナツが好きで、娘はフレンチクルーラーが好きらしい。
これ1冊で、ほんと、ドーナツやさんになれそうなくらいの内容でした。
マドレーヌ先生すごいわ。

「タルトの本」「クッキーの本」「クレープの本」「ワッフルの本」と、続編をどんどん出して欲しいです。
でも、、、、、願わくば、、、、先生、、、、続編はご本の字、もっと大きくしてください。
77なくてもいいです、48でも52でも。。。
これ、来年には、私にはもっと読みづらくなっちゃう。
おばあさんになっても、使いたいから。

f0095746_0354348.jpg

マドレーヌ先生のHPや日誌はピンポイントでリンクできないのですが、
こちらのプロフィールのページはリンクできるみたいです。
とーっても、可愛いお写真出てます。
特に立ち姿、あり得なく可愛いです。
お菓子作りを愛してやまない先生の姿、そのまんまです。

それから、誤植あるそうです。
先生からのお知らせです。以下です。
誤植訂正の紙が間に合ってない本を買われた方、、、、私もね、、、、どうぞメモってください。

P18の16・17共通レシピ (紅茶と黒ごま)に訂正がございます。

×薄力粉180g→○薄力粉150g

あと、P27の米粉のドーナツにあるPOINT(ポイント)のところは牛乳ではなく豆乳です。


さて、今日は、ショウガのシロップ煮も仕込んだけど、、、まだ、パイ生地は作ってないし、
イーストドーナツも作りたいし、、あーん、時間が足りないです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-11-16 00:55 | お菓子
安納芋のスィートポテトパイ
f0095746_1894886.jpg

今日はyuki先生のお教室でした。
折りパイで作るスィートポテトパイ。
私達が使ったのは、昨日のクラスの生徒さんが折ったパイで、
今日私達が折ったパイは、また、来週の生徒さんが使うようになっています。
そうだよねえ、、、パイは時間とのおつきあいですものね。

うにっとはみ出した芋クリームが美味しそうでしょ。
この芋クリーム、先生いわく「秘密はありません」
、、、お芋が、まんまクリームだから、あまり余分なモノ入れてないそうです。
試作の時、いろいろなモノを入れてみたけど、入れれば入れるほど
どんどん本来の美味しい味から離れていったそうです。
生クリームや卵黄をたっぷり入れるのは、美味しくない芋の話だそうです。
納得。

f0095746_18122950.jpg

私、これに、シナモン入れただけで、怒り出すと思う。
大好きなレーズンも今回は入れないで欲しい。
少量の乳製品は、許す。
、、、と、いうくらい、そのまま美味しい芋クリームでした。

生地をきちんとのばすことや、きちんと切ること
見えなくなる芋クリームでさえ、きちんと乗せること、、、
ちょっとしたことで、シャープに見えますね。

そうそう、今回裏ごししましたが、先生は
「私は自分のは裏ごししませんが、しないとレッスンになりませんからね~」って
笑ってらっしゃいました。
「しなくてもいいんですか?」って、思い切り食いつきましたが
「したらなめらかですけどね」って、お返事でした。
うん、判断がビミョーだなあ。

f0095746_1895973.jpg

復習のために、芋を用意することは簡単だったの。
ぽっち、、と押せばイイだけだから。
けど、パイだな、、問題は、、パイだぁ。。。大好きだけどハードルの高い宿題です。

そうそう、先生は試作のために3箱芋を買われたそうですが、
最初は全然美味しくなかったけど、10日くらいたって食べると美味しくなっていたそうです。
ピンク色の芽がでるくらいまで置いておくと美味しいとか。
ん?うちに、届いたの、もう美味しかったよ。
しばらく置いておくとさらに美味しくなるのかしら。
じゃあ、ケチケチ味の変化を楽しみます。

私が、スーパーで買った安納芋もそう言えば、イマイチだった。
袋を見ると「安納芋・種子島原産」って、書いてあったので、、、、
「種子島産じゃないじゃん!やられた、、、、」って思ったのですが、
あれも、ほっぽって置くと美味しくなるかな。

f0095746_181011100.jpg

切り口アップにしてみます。
うんまいですよお。
この少量ふりかけたゴマ、香ばしくていいです。
復習とアレンジがいろいろ頭に妄想となって沸きます。
今回試食は、先生のお言葉では「ちびスィーツ」で、いろんなお味を頂きました。
いやあ、美味しかった。

レッスンが終わったら、車をぶっ飛ばして、本屋さんへ。
マドレーヌ先生の本日発売の「ほんとうに美味しい生地でつくるドーナツレシピ77」を買い占めに。
駅前の本屋さんで2冊見つけたので、もちろん、2冊とも即購入して、そのままぶっ飛ばしてizumiさんところに。。。
たくさんのステキな先生方と、出会えて、幸せな小粒さんです。
ご本を見せびらかすのは、また、後ほど。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-11-14 18:45 | お菓子



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧