<   2009年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧
メープルクッキー
f0095746_23294052.jpg

昨夜は、あんまり長い記事を書いたから「いったい、最後まで読んでくれる人、いるんだろうか?」って
ちょっと自虐的な疑問を感じ、ほろっと書いたら、ああ、たくさんコメント有り難うございます。

私なんて、写真が少ない、字が多い、字が小さい、字が黒じゃないってだけで
(ごめんよ、オバサンになると、そういうの全部読みにくくなる)
最後まで読めないことがあるもんだから、、、(あー、ごめんよお、、ごめんよお、内容じゃないの、遠視の老眼だから重症なの)
「いや、長いわ、こりゃだめだわ、書き直す?いや、めんどくさい、あ~!!」って、思って、ほろっと。。。
しかし、思いがけず、、、ありがとうございます!
勇気でました。

これは、米油とメープルシロップのクッキー。
真ん中にナッツをのせてみました。

f0095746_23295661.jpg

それから、真ん中にルバーブジャムを乗せたのと、杏ジャム乗せたのも作りました。

あのね、作戦としては、、、、
このメープルクッキー、izumiさんにご馳走になったとき美味しかったから、作ってみたんだけど
シンプルなままの絞り出しクッキーだと、何個もたくさん袋に入れて
一袋うん百円、、、、にしか、見えないのが、残念だと思ったの。
高級感に欠けるの。
メープルシロップって高いのにさ、もったいないじゃない?
だから、付加価値つけて、一袋じゃなくて、、、ばら売りできるくらいの勢いで、、、、って作戦。

けどねぇ、、、、結果はどっちも残念賞。
ルバーブジャムのせは、ルバーブの匂いとメープルの匂いが怪しく喧嘩してるし、
翌日には杏もルバーブも、しっとりクッキーに変わり果てているし、、、
ナッツのクッキーは、囓るとボロボロ外れて、食べにくいったらありゃしない。
それにどちらも、飽きちゃうの。
2個食べたら、たくさんだわ。

f0095746_2330510.jpg

結局美味しくて、後引いて食べ続けるのは、一袋いくらのこのシンプルな形でした。
そんなもんですね。

あ、オバサン化の続きですが、昨日の焼き菓子セットの、個包装の袋、、、年配のおじさま、おばさまがすごく開け難そうにしていたの。
いったんリタイアした外部の方たちもいらしたからね。
シールした訳じゃなく、OPPの袋で、上にテープついたやつ、アレですよ。
透明だと分からないらしくて、ガレットとかボロボロになるほど苦労して、最後に歯で噛み破ろうとしてましたからね、、、。
せめてハサミ用意しておけば良かった。
母が、年とるをお菓子の袋が開けにくくなる、、、って言ってたのを思い出しました。。
シフォンはね、、、セロテープじゃなくて、わざとマスキングテープで留めたの。
それは、苦労してた人いなかったから良かった。
その年齢にならないと分からないことあるよね。

コメント、すみません、お返事遅れます。
せっかく、記念コメント、いや、同情コメント??頂いたのに、、恩知らずだ~!
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-08-31 23:57 | お菓子
おやつがいっぱいmikaさんバック
f0095746_2233731.jpg


あのね、mikaさんが、私となんちゃんのお揃いのシフォンケースつきバック、プレゼントしてくれたの。
ホールのまま入れてもイイし、カットシフォンを入れてもいい大きさで。
上に乗ったミニポーチはちょっと前に頂いたもの。

話せば長いけど、、、、
私が「なんちゃんのでっかいデコしフォンを運べるバックを作ってください」ってmikaさんにお願いしたら、
快諾してくれて、、、、
もう、2人で1日何十本の携帯メールのやりとりで「このケースはどう?」「猫のポイント入れて~」って、そりゃあお祭りみたいに、大騒ぎで楽しんで、結局mikaさんの手により、完璧な物が届けられました。
世界に1個のなんちゃんバックよ。
30㎝角くらいあるから、でかい天板ケーキも運べる~。
いや、普通の人は使わないサイズだけど、、、なんちゃんなら、年に何回かは使える、、はず。
その何回かの時に、運ぶ物がないと有るとは大違いだからさ。
mikaさん、ありがとおおお。

f0095746_22331812.jpg

で、mikaさんが、、「私も小粒さんみたいに、なんちゃんのシフォン食べてみたいな。。。」とぽつり。
そりゃあ、そーだよねえ、、、。
で、今度はなんちゃんにお願いしたら、なんちゃんも快諾してくれたの。
なんちゃんの言うとおりだ。「シフォンのわっか」がつながった~。
わーいーわーい。

って、言ってたら、mikaさんが、私にまでシフォンバックを作ってくれた~。
今回のバックの中のケースはこれ、mikaさん、ナイスアイデア。
なんちゃんには、結局でかい角バックとこの丸シフォンバック。
f0095746_2236888.jpg

実は、今日、日曜は、朝5時半に家を出て10時に家に帰るというハードな出勤。
おかげでそれが苦になって、土曜の頭痛はやっぱりありませんでした~。
(ん??喜んで良いのか??追いつめられている自分)

今日一緒に出勤するおばちゃん仲間の一人、食いしん坊が
「明日一日、みんなが食べ続けられるだけ、おやつを持ってくるんだぞっ。
分かってるな?ん?
いつも、お世話してるんだからね、、ん?」と、言う。
でも、これは、いい練習の機会だわ、、、と土曜は一日焼きました。

私も前にね、でかいバック頂いてるから、、、、、今回のおやつはダブルmikaさんバックで運びました。
みんなが一日中、、、17,8人かしら、、食べる量のお菓子運べました。
でもね、mikaさん、小粒さんのシフォンは、まだ、立てて運んだりホールで運んだりできる仕上がりじゃないの。
カットして寝かせて運ぶしかないの。。四角いタッパーに寝かせて運びました。
だから、、、ごめん、この丸い方には、思い切り丈夫なガレットとクッキー入りました。
いつかそのうち、、、ホールのシフォンを運びますからね。。

f0095746_22311373.jpg

で、このバックの中身ね。

たいがいは、見慣れた物ばかりですが、これは久しぶりに焼いた、サブレ・ココ。
すっごく、好きなクッキーだった、、、はず。
けど、、今回、これでいいのか???と、分からず2回作ることになってしまいました。

これは、もともとはイル・プルの由緒正しいレシピ。
でも、手で作ると、もう苦行としか言えない、あらゆるクッキー類の中で一番の力業なんです。
だから、一度フープロで作ったら、本来の味から遠い、堅いのができてしまった。
で、今回は、ボッシュを使ってみたけど、、、、どうも違う。
1回目は、ココナッツファイン・エキストラを使ったせいか、風味にかける気がする。
2回目は、普通のココナッツファインを使ったけど、、、びみょうにー違う。。。
やっぱり、これは手でやるしかないクッキーなのかしら?

f0095746_22312945.jpg


とは言え、焼き方は上手になったわ。
「このクッキーの持ち味はあくまでも、ほろほろ崩れるはかなさ。
中は2ミリくらい焼けてない部分が残るところで火を止める」って言われたけど、
中の2ミリ、どうやって、見極めるんだ???って、最初はわかんなかったけど、、
今回は外側の見かけが1枚目の写真になったら、OKって分かったもん。
2枚目の割った写真は、はしっこの残り生地を丸め直して作ったクッキーなので、ちょっとビミョーですが、中の焼き加減は分かるかな?
Nimiたん、もし、これ読んでたら、なんか思い出すことアドバイスしてね。
f0095746_22313932.jpg

あとは、まあ、いつもと同じようなお菓子なので、いきなり全体像。
全部、天板に並べてみました。
今回は、おじさん達、、しかも団塊の世代より上、、のおじさん達も多いってことで、無難なお菓子ばかり。
当然、ビスコッティとか、塩味クッキーはお休み。

一の段は、いつもと同じ、喜界島粗糖のガレットとスノーボール。
ガレットは、今回はアーモンドプードルの割合を落とし、前回より見かけはましになった。
味は良いよ。
しかし、、、「これは売れる見かけか?」って、自問すると、「おー、のー!」だわ。
スノーボールも数分焼きすぎ、ほろほろ崩れる感じより、かりっとした感じが強くなり、ちょっと好みじゃなくなった。
しかし、大丈夫、、、、おじさん達、分からないから、、、、とオジサンなめたことを考えながら袋詰め。

f0095746_2232629.jpg

2の段は、フィナンシェと、ココナッツクッキーと、喜美良のスノーボール。
フィナンシェは、バターの焦がし具合を見極めたいので、練習練習。
上手に出来ました。
喜美良のスノーボールは、見かけを区別するために四角に成型しました。
味は、クッキー自体はあんまり変わらない。
でも、喜美良を外にまぶすと、うーん、イマイチな食感。
かといって粉糖をまぶしたら、ほんと、普通のスノーボールと変わらない。
だから、、素のままにしたら、なかなか素朴系のクッキーでした。
しかし、今回はラインアップとしては、失敗。作る意味無いお菓子だったわ。。。

f0095746_22355178.jpg

3の段は、マーマレードのシフォンとコーヒーチョコチップシフォン。
シフォンは自信有ったわけじゃないの、練習の機会が欲しかったの。
いつも食べられる程度には出来るけど、消費に困っているから、ここぞとばかりに、、、。
マーマレードは前回100グラム入れて、ゲップが出るほど柑橘系を堪能したので、今回は80グラム。砂糖も80グラム。もう5グラム多くても良かったかなあ。
コーヒーチョコチップは、私的には、、、ごめん、全然、そそられないシフォン。
だけど、なんちゃんizumiさんが、きれいにできる、、(できやすい?)って、言ってたので、作ってみたかっただけ。
だから、コーヒーの量も適当だし、コーンスターチ入れ忘れて、後から気持ち粉足したり、、ちょっと愛が不足していたと思う。
でも、その割にはみかけはきれいにできたので、やっぱりこれは作りやすいフレーバーなのかも。

f0095746_22323411.jpg

と、私的はそそられないコーヒーチョコチップシフォンだったんだけど、、、、意外なことに、かなり受けました。
相当気合いの入ったココナッツサブレについて触れる人はいませんでしたが、これは、口々にご賛辞を頂きました。
んん???
私の好みって、、、、基準にはならないの??と、な悲しいような、、、複雑な気持ちもありますが、、、とりあえず、良かったです。

中でも、特筆すべきはS青年。
そうやら、お世辞ではなく、本気で気に入ってくれたらしく、すっごく真剣にいろんな質問。
「BPは使ってるんですか?」「どこにあるレシピなんですか?」「何をどれだけ入れるんですか?」

あのね、小粒さんにそれ、語らせたらキリ無いよ。
でもさあ、、、仕事の席で「シフォンの神様に教わった」とか言っても、「なんじゃ、このオバサン」って感じだし、
「あのね、レシピじゃないの、技術なの」なんて持論を展開したら、いよいよ「いやなオバサン」だよね。
だから、半分もごもご言ってたら、どうやら、本気らしく、メモ取って作る満々。
しかもS青年、調理師免許持ってるらしい。これ、私達の業界では、かなり珍しい。
いやん、気にいった~。

f0095746_2232469.jpg

S青年、小粒さんは、へなちょこだから、全然駄目。
みんなは「これ、売れるよ」って言ってくれたけど、あれは、買わないから言うのよ。
頂き物だから、美味しいの。
ただのものを「売れるよ~」っていうのと、ほんとに売り出したときに「それ売ってよ、それ買うよ」ってのは全然、別だからねぇ。
でもね、なんちゃんのシフォンは、ほんとに「売れるよ~」だからさ、S青年、なんちゃんとこに飛んでいって、過去記事をなめ尽くしてくださいっ。
そして、小粒さんとシフォンを語ろう~。

で、最近思うの。
「これ、普通には美味しいけど、売れるのか?」って自問することが多いんだけど、、、
その「売れるレベル」設定が、、、どこなの?どこまで頑張らなくちゃ駄目なの??
なんちゃんみたいなシフォンを売る気なら、それは一生無理かも知れないし、
izumiさんみたいなデコケーキを売る気なら、それも、、、一生無理かも知れないし。。
知ってしまった不幸のせいで、一生夢がかなう気がしない今日この頃。。。

f0095746_22325725.jpg

あ、1枚上の写真はマーマレードのシフォン。
私、焼き込みフルーツ系はタルトもシフォンも好き。こよなく愛しています。
だから、切っても自然と、きちんと並べていたみたい。
ところが、、、、コーヒーチョコチップシフォンに対する愛の無さが、、この切り方に表れていませんか?
自分で写真見て、びっくりしちゃいました。

このシフォン、いつものように自分の重さで沈むのかどうか、見極めることなく、カットしてラッピングしたので、分かりませんが、、、自信はないわ。。

長い記事でしたが、、、読み切れた方、記念にコメント残していってくださいね。
「あ、読み切れた人いる、、」って、きっとほっとします。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-08-31 00:25 | お菓子
茶色い砂糖のガレット、シフォン、ココナッツマカロン
f0095746_22261576.jpg

これは、今週の初めに作ったガレット実験バージョン。
制作中の写真は、izumiさんの新しいお店の写真と共に、消えて無くなってしまいました。

手前は、縁側がこんもり盛り上がってる、、、。
これは、喜界島粗糖のガレットですが、前回ガリガリして、目が詰まったのができたので、
今回はアーモンドパウダーを、、、入れてみました。
絶対空気含むし、食感やわらかくなるでしょ。
違いが分かるように、思い切って4割。
奥は、粉糖バージョン。なぜか、中央盛り上がってる。
オーブンの温度高いと横に広がらず、上に伸びるのかしら?
今回ちょっと、オーブンの温度変えてみた。
、、、、、実験ってさぁ、、条件2つ変えたら意味無いんだよね。
砂糖変えたら、それだけにしておかないとね。

f0095746_22262284.jpg

左が粉糖。右が喜界島、アーモンドプードル。
粉糖は、いつもよりちょっと目が詰まった感じはあるけど、まあ、安心して食べられる味。
喜界島バージョンも、ほろりさくさく、美味しいです。
喜界島だけの時より、だいぶ、イイ感じ。
けど、見栄え悪い、、、アーモンドプードル入れ過ぎよね~。
でも、アーモンドプードルの効果分かったから、OKです。
今度は少し少なくしてみよう。

ガレット大好き娘は、どっちも喜んで食べてました。
「どう違う?」って聞いたら
「違うのは分かるけどさ、どっちでもいいわ」だって。
f0095746_22262925.jpg

これは、ココナッツマカロン。
袋ごとに焼き時間が違うの。
外だけ焼き色つけた物から、中までかりかりのものまで。
これは、砂糖は茶色でも、私的には全然、かまわん、、、。
そうそう、この記事に、私が作りたいマカロンについて書いてあった。
中までかりかりのマカロンじゃなくて、外はカリッと、中はフィナンシェみたいなマカロンなの。
でも、この記事の大きさだとでかいの食べなくちゃいけないから、小さいのにチャレンジ中なんだけど、難しい。
小さいので、外はカリカリ中はフィナンシェって、、、、難しい。
「普通のマカロンを作ろうとして、中までしっかり焼けてないマカロンになった」って印象になっちゃう。
うーん、気に入らないから、またココナッツファイン買ってきたぞお。
今度は違う型、もう少し大きいのでやってみよう。
で、、結局ピラミッドに落ち着いたりして。。
その型を使ってるのはそれなりのわけがあるんだろうねえ。

f0095746_22263981.jpg

これも当日の、まだ自分の重さで沈んでない、ちょっとはマシな画像が無くなったので
翌日しっかり縮んで、しかもラッピングしたのをほどいて撮ったから、
ビニールのしわ???までついてました。

なんちゃんが、混ぜ物して焼くと縮まないっていうから、期待したのに、、
やっぱ、縮んでます。
これは、温州みかんジュース100グラムとなんちゃんネーブルマーマレード100グラム。
美味しいけど、、、入れすぎたかな。
柑橘系って、入れすぎると、ゲップがでそうになる~。
上品さに欠けてしまう。
なんちゃん、、、混ぜもののせいじゃないよお、腕だよ腕。

f0095746_22264877.jpg

お砂糖は、、、、忘れちゃったけど、、、多分、新しく買った喜界島の粗糖。
そうそう、知りたがり屋のなんちゃんが、面白いこと教えてくれましたよ!

多分、先日の私の記事を読んで、気になったんですね~、
メーカーさんにいろいろ問い合わせたみたいです。
もう一度、その記事読んで頂けると、なんちゃんの問い合わせの意味も、きっと分かると思います。

そのままのせるわけにはいかないので、要約すると、、、
①喜界島には、現在は、一社一工場しかありません。
、、、やっぱ、そーだよねえ、あんな小さな島に、砂糖工場たくさんあると思えない。。
それをいろんなところが、いろんな袋に詰めてるんだねえ。
多分、他の島のも似たような状況でしょうね。
②現在国産のきび砂糖にオーガニックは有りません。
オーガニックは中南米に2,3か国あるだけです。
、、、へー、そーなんだあ。
、、ってことは、さあ、、、その粗糖を原料糖にして、白砂糖作るわけだから、、、
国産の砂糖は、白も茶色も、オーガニックは存在しないんだ。。。
あ、違うか、オーガニックの粗糖輸入してるところもあるかもしれない。。

f0095746_2226561.jpg

③お値段の差は、流通経路の差です。
メーカー→砂糖問屋→小袋詰め業者→自然食問屋→小売業者→消費者
つまり、、、同じ物が、中に入る業者が多いほど高くなるので「自然食品系」は、それだけで高くなり、かつ、
自然食のブランドを高めるために、あえて高い値段が付けられる、、、と。
、、、う。。。お値段に弱い小粒さん、高い方がオイシイに違いない、、っと
つい高い方をぽちっとしてしまうけど、、、あらまあ、、、あほだわ~。
でも、今回お値段の差はなんだろって、思ったけど、分かってすっきりした~。

ね、面白いでしょ。
私は、軽い疑問を感じたけど、問い合わせるまでしなかったわ。
知りたがり屋のなんちゃんです~。

んで、茶色い砂糖のお菓子、、、、いつもながら、どうしてよいか分からず、、、結局、また職場に。
どれかお好きなのどーぞって。
しかし、「お菓子好きの男子1名、味見役として有望」にのみ、ガレット2種類配り、感想を聞きました。
「粉糖の方がバターの味、がっつりします、
もう一つの方は、ほろりアーモンド味します、、、」と。
君、君、優秀だわ~!
そーなの、その通りなの。
喜界島粗糖とアーモンドプードルバージョンは、その味がバターの強さを押さえてるの。
ん、、、もちろん、そうなると、違いは好みの問題ってことになります。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-08-28 23:30 | お菓子
まだまだワンプレートお家ご飯
f0095746_23544891.jpg

あいかわらず、簡単ワンプレートのお家ご飯です。
しかも、韓国風の出番がかなり多い。

あのね、その理由の一つはキムさんが来たとき、冷蔵庫の中のコチジャン、、、
3月に韓国に行ったとき買った大きいサイズ、、、それを見てキムさんが
「今日買ってきたのも、10年経ってもあるかも知れません」って、ちょっと悲しそうに言ったので、
発憤して???作り始めたら、その味にはまっちゃったの。
それと、もう一つは、お菓子作ってると、その反動か副作用か、、、
「辛いもの食べたい病」に慢性的にかかってしまうの。

f0095746_23553877.jpg

これもお土産、頻繁に使ってます。
韓国海苔ふりかけバージョンとガーリックソルト。
なんにでも使うと、これだけで、韓国風になります。

それから、最近大いにヒントを頂いているのがこちらの方のブログ。
毎日見てます。
そのまま作ることは、めったになくて、、そのうち作ろうと思っているうち毎日更新され、、
、、、、でも、調理の仕方、素材の使い方、参考になります。
頭の引き出しにしまっておきます。

野菜を蒸して使うことが多い、、、簡単。
塩とごま油とコチジャン使って味付けると、何でも韓国風になるそうな、、、、、簡単納得。
丼が多い、、、、簡単大好き。

f0095746_23545737.jpg

と言うことで、これなんぞは、その理論をそのまま頂き、、、
白菜をレンジでチンして、たっぷりのごま油と塩で味付け。
コチジャンはそのままじゃ辛いので、砂糖とみりんで伸ばした物を瓶に作り置きタレとして。
桜エビをから煎りし、韓国海苔とミョウガと合わせて、のっけて混ぜて食べるだけ~。
肉はないけど、桜エビと韓国海苔の風味で全然寂しくない。

f0095746_2355598.jpg

これも似たようなもんだわ。
レンジでチンしたナスとエノキを塩とごま油で味付け。
作り置きの韓国ダレ。
肉は小麦粉をつけて焼いたから、トロンとしてます。

f0095746_23551837.jpg

これも、韓国風。
あり合わせの野菜、ズッキーニやピーマン、パプリカだから、その時点で韓国風かどうかは疑問だけど。
味付けはニンニクと、砂糖醤油少々と、コチジャン。ごま油。
万能でっせ。
好きなように勝手に食べて、、、と、作ったら、焼きそばにかけてあんかけ焼きそばにしたのが一人。
ご飯にかけて食べたのが一人。

f0095746_23552868.jpg

私は、ちょいと薄めてから、ソーメンと和えて、キムチ乗っけて食べました。
ソーメン苦手だけど、これなら1把食べられる~。

いやん、もー、小粒さんち、簡単すぎる~。

f0095746_2358453.jpg

これは、下の娘が作ってくれたご飯。
冷蔵庫にあるもの、何でも使って良いよ、、と言ったら、
あぶりサーモン丼、、、バーナー引っ張り出してやってました。
わさび醤油が美味しいか、酢みそが美味しいか、、、ってやってみて、わさび醤油が勝利を得ました。
奥は、冷凍金華豚のモツで作ったキムチスープ。
下の娘は、「何使ってもいいよ」って言ったら、残り物系ではなく
現在冷蔵庫にある一番上等なやつを引っ張り出します。
上の娘は、駄目になりそうなものから使います。
性格出るわね~。
しかし、2人とも、やっぱり母の影響大で、作るのは丼系かパスタです。
、、、母、頑張って、もうちっと手のこんだご飯作らなくちゃねえ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-08-26 22:45 | お家ごはん
ルミさんチーズケーキ
f0095746_21434641.jpg

昨夜、ここ数日撮った写真が消えてしまい、、、かなりショックを受けています。
特に、、、、昨日、izumiさんのお店の準備ミーティングの取材???に行ったのに
その写真が無くなったのが、、、しょっく。。
ミーティングの様子と、業者さん入って工事してる様子とか、パンとかケーキとか。
めそめそ。。

とりあえずは、、、記事予約してあったもの。
あちこちで拝見するルミさんレシピのチーズケーキ。
ずっと作ってみたかったの。
カスタードが入ってるってことで、、、これはあれ、リールズさんのチーズケーキみたいなねっとり系じゃないか??と、期待大。

18㎝で作るとクリームチーズ300も使う。
もったいないし、、、食べきれないし。
半分で作りました。

作る前に本の写真、カット面とトップの焼き色、焼き上がりの大きさを凝視。
うーん、、、これは、多分、、、
カット面から見るに、、シュワシュワ系じゃない。ねっとり系とほろっと系の間?
トップの焼き色は、、あ、あまりつけちゃ駄目。ばさつかせちゃ駄目なのね。
焼き上がりの大きさは、最初の生地量と同じくらい、、あまり膨らむレシピじゃない。
うむ、、、私って、観察力有るわ。

f0095746_21435628.jpg

この本はね、、、とっても大事な本なの。
私がこの本を欲しがっていたら、ルミさんのお教室に通っているふぃこさんが、プレゼントしてくれたの。
ほら、だから、サイン入り。
しかも、ちょうど私のお誕生日に届いたの。
これで、上手に出来なきゃ、申し訳ないよね。

f0095746_21443234.jpg

量は半分だから15㎝で焼いたけど、それでも大きかったみたい。
12㎝にして、余ったのを別のカップで焼けば良かった。
一番膨らんだときで、コレ。

しかし、、、、、なんか変な気はしたので、じっくり本を読み直すと、、、、
あ、作る前は写真を観察したの、、、字はあんまし、、読んでなかった。
もう最近、小さい字がいっぱいの本は読みたくなくて、だから「知りたがり屋の、、」は、全然読めません。
オバサンになるとこうなります。

読み直すと、、、根本的な過ちを何点か発見。
型は深めがいい、、、あら、、やっぱり12㎝使うべきね。
最初中温で焼いて、あとは、火を止めて余熱だわ。
フォンジュな感じに焼くのね。
あら、じっくり焼いちゃった。
あれ、カスタードクリーム、、、普通の作り方じゃない、、、これは、むしろアングレーズソースだわ。
私、完全に火を通しちゃった。

うー、観察力有るけど、、、、読解力無い。

f0095746_21444264.jpg

確か、なんちゃんが前に作ったとき、「自分のは写真より水っぽい」って書いてあった気がする。
けど、、、みなさんのカット面、あまりよく見えないし、ルミさんの本物食べてないし、
どういうのが正解か分からない。
でも、これ、やっぱ、写真とは違うわ。
当然よね、作り方が全然正確じゃないんだもん。
特にトップとサイドに面したところが、シュワシュワした水っぽく見える。
ここはやっぱり、ふぃこさんに、聞きにいくしかないっ。

翌朝は「ちょっとしゅわしゅわするチーズケーキ」でしたが、
翌々日は「ほろっとねっとりのうんまいチーズケーキ」に変化していました。
お、リベンジする価値あるかも。

上の娘の翌日の感想は、「柔らかくて軽いねぇ、、、」
多分ほめ言葉じゃありません。
翌々日は「だいぶ締まってきたね。食べられる」
多分少しほめ言葉です。
ちなみに最近作ったお菓子の中で一番食べるのは、ガレットです。
砂糖は何バージョンでも良いそうです。
食べないのは、シフォンとビスコッティです。
これは食べやすいので、ホームにいる父に届けました。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-08-25 06:55 | お菓子
ルバーブのシフォン・洗双糖バージョン
f0095746_20384667.jpg

恐ろしいことが怒りました。
粗糖シフォンの縮みも恐ろしいけど、、、昨夜また、強烈な頭痛、動くと吐くほどの頭痛、、寝るしかない頭痛に襲われました。
いや、それが恐ろしいんじゃなくて、、、、その理由が多分恐ろしい。

あのね、、、先週も土曜日だったの。今週も土曜日。
共通するのは、、、ヒマな土曜日ってことです。
平日は超忙しい。週に3回くらいは10時頃帰宅。
毎日睡眠不足との戦い。毎日週末を待ちわびています。
土日はたいがい、約束やイベントや教室や勉強会やカフェ研究会が入っている。
ところが、先週の土曜日は、ぽっかりと予定が空いて、だから、妹の誕生日ケーキをうきうき作っていました。
昨日も、バタバタ動いていたけど、それは、全部自分の予定。
「約束」とか「どうしても今日中にやらなくちゃいけない」とかじゃないの。
今日じゃなくてもいいけど、せっかくだから「梱包材買いに行こう~」「洗濯まとめてやろう」「アレを買って、あの人に届けて置こう~」みたいな、どっちかというと、先延ばしに出来る予定ばかり。
でも、「たまにヒマな土曜だから」動いていただけ。
両日とも朝はゆっくり寝たし。

f0095746_20385767.jpg

そしたら、両日とも、猛烈な頭痛、一歩でも動くと嘔吐。
昨日はizumiさんの新しいお店に少し顔出して、その後用を済ませて、、、
「茶色いお砂糖いっぱいあるから、何しようかな~」ってウキウキ帰ってきたのに。
これって、、、「週末頭痛」とか言う、アレじゃないの?
平日のストレスや緊張から解放されたら起こるっていう、、あれ。
ひぇ~、私って、やっぱり忙しくないと駄目なんだ、、、
ヒマになると死んじゃうタイプなんだ、、、、死ぬまで動いてないと駄目なんだ。
土日に休んだりしたらいけないんだ~。
いや、それとも、一見ヒマだけど、やっておこう、、と思う週末の雑事がストレスになっているのかしら。
家事嫌いだから。
、、、、と、考えると恐ろしくて恐ろしくて。
あーん、恐ろしいことが起こっちゃったよぉ。
来週の日曜は、朝5時半に出勤です。
だから、土曜は「イヤだなあ、イヤだなあ、、」って思ってるから、きっと頭痛起きないと思う。
あー。恐ろしい。。。。

1枚目の写真は、洗双糖シフォン、ルバーブジャムで夜撮った写真です。
保冷剤で急冷してカットしました。
お肌の汚いこと、はさておき、高さに注目、、。
2枚目は同じシフォンを朝撮りました。
高さに注目。
ホールで見ても、明らかに、2枚目のシフォン、自分の重さで縮んでますよね。

f0095746_2039958.jpg

いつものように、右が夜のうちに切り出したもの。
左が、朝切ったもの。
やっぱり縮んでますがな。。。。
味は、なかなかいいですよ。
カット面にルバーブ見えないけど、、、甘酸っぱい固形が時々口にはいると幸せです。
生地も、多分、普通には美味しくできてます。

グラニュー糖で作るときに、いつの間にか、砂糖は全部メレンゲに入れるようになってたの。
だけど、粗糖のミネラルがメレンゲ邪魔するなら、半分は卵黄生地に入れようと、、基本に忠実にやりました。
うーん、でも、あんまり変わらなかったね。
そりゃそうだ、卵黄生地にもミネラル入ってるんだものね。

それからね、気がついたんだけど、洗双糖も、祖精糖も焼き色が喜界島粗糖より濃くつきます。
お砂糖の色は、この2つの方が淡いのにね、不思議ね。
でも考えると、上白糖とか、水飴とか、ショ糖の多い物は焼き色を濃くつけるでしょ、
あれと同じかしらね、濃い色のお砂糖より薄い色の方が、ショ糖の割合多くなるのかな。

f0095746_20392693.jpg

これは、だいぶん前に買ったなんちゃんセット。
なんちゃんおすすめの梱包材を、あらかた注文し、なんちゃんみたいにシフォンが焼けるようになったら
「デコシフォンを入れる箱」「カットシフォンを包むシート」「ホールシフォンを入れる袋」が、必要だからね、、。
と、いつもの通り、形から。

それが全然、出番無いまま、箱を開けることもめんどくさく、ずーっとほったらかし。
いったいなんで、ホールシフォンとか、デコシフォンとか、人にお届けできるなんて考えちゃったのかしら。
この箱達、ずっと塩漬けだわ。

f0095746_20393756.jpg

しかし、まあ、今回のシフォンも味は普通には美味しいので、
ラップで包むより、美味しそうに見えるように、なんちゃん風に包んでみました。
テープの色が違うのは、あまり意味無いです。
セロテープとどっちが包みやすく、はがしやすいか、、、ってやってみただけ。
年取るとさぁ、、、セロテープとか、見えにくいし、はがしにくいのよね。

f0095746_20394894.jpg

なんちゃんセットの中から、カットシフォン用の箱。
本当は立てて入れたいけど、自分の重さでさらに縮むから、できれば寝かせて入れたい。
でも、それは不可能だから、こうやって入れて、お友達のところに。
うーん、大丈夫だったかな。
多分、後で「大丈夫だった?」って聞いても「???大丈夫だったよ」って、言うに決まってるから、聞いても無駄だわね、、、、。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-08-23 07:57 | お菓子
リベンジ編
f0095746_9311682.jpg

先日izumiさんのお店のオーブン慣らしに参加させてもらって、ビミョーに納得いかなかったので、家で作ってみました。
あのとき、ガレットは、全量素精糖パウダーを使いました。
パウダーだから良いだろうと思ったけど、目が詰まった感じになって、粉糖とは違う仕上がりなの。
がっちり締まってるの。

んで、今回は、洗双糖。
これも美味しいお砂糖だけど、ザラザラの砂みたいなお砂糖です。
粗糖系は、空気含ませるのが難しいのかも知れないと、半分はBP入れました。
左がBP入りです。
いろいろなレシピ本に、BP使ってるのと無いのと、それからアーモンドパウダー使っていたりしますよね。
でも、、、、粗糖使ったレシピは無いよなあ。。。

f0095746_93136100.jpg

見かけ悪いですね~。
上の模様は、BP有無しを区別するために、手近にあったでかいフォークでざざとつけたもの。
粉糖の時は、結構型いっぱい広がって、それはそれで、トップの塗り卵の部分より塗ってないところが多くなって、かっこわるいんだけど、、、
これは、型いっぱい広がらないの。
ってことは、やっぱり、目が詰まってるってことよね。

BP入りの方が、多少、膨らみが軽いです。
そして、これはこれで美味しいですが、粉糖のとは食感が違います。
粉糖のはさくっとしてますが、これは、ガリガリザクザクしています。

これって、心を決めなくちゃいけないってことだわね。
茶色い砂糖と白い砂糖は仕上がりは違う。
同じような物を求めるなら、白を使わなくちゃ駄目。
やっぱり、心のどこかに「えっ~、他のと違う」って言われるのを恐れる気持ちがあるでしょ。
「そう、違うんです。粗糖を使ってますから、力強いんです」って、胸を張れるかどうかだわね。。。

、、、ん、今度は全量粉糖で、作ってみよっ。
半量じゃ意味無いの。

f0095746_9321412.jpg

ビスコッティも、ちょっと違ったの。
全粒粉が違うのを使ったので、当然、香りは違うの。これも分かっているからいいの。
それと、ちょっと焼き色が深くついたけど、これは、まあ分かっていることだからいいの。
膨らみが違ったの。
それが、食感に影響を与えている気がしました。
その確認です。

この写真は以前撮った写真です。
ナミナミさんから、ご質問頂いたので、、お答えをかねて、、、
どーでもいいことアップします。
粗糖は溶けにくいので、卵の方によーく混ぜておきます。
粉は半分、全粒粉です。

f0095746_9322682.jpg

ナッツをローストする時間ですが、120度くらい、つまり絶対焼き色がつかない温度で長時間です。
って、言っても時間測ってないの。
30分以上焼いてるだろうな、、、って、思うけど。
しっかり冷ましてから使います。
それからね、マドレーヌ先生は、クルミは主張が強いのでお勧めしません、、って仰ってました。
私のお薦めは、スライスアーモンド、ホールアーモンド、カシューナッツ、マカダミアンナッツの組み合わせです。
これは、スライスアーモンドが無かったので、、、やむなく単価の安いクルミ混ぜてます。
素焼きタイプを買っても、もう一度必ずローストしてます。
スライスアーモンドも、カリッと焼くけど、全部茶色いにならないようにします。

f0095746_9324086.jpg

ここから先がリベンジ写真です。
お店のオーブン使ったとき、分量は同じなのに、なかなか膨らまず、表面も割れませんでした。
温度設定とか、、、やっぱ、違うのかなあ。
この表面割れる程度に膨らむのが、このレシピでは、ほどよい固さに仕上がると思う。
これはBPを使うレシピです。
焼く前の写真見ると分かるけど、ナッツごろごろ、、で、わずかに粉で繋いでいるでしょ。
BPなしからやってみたんだけど、粉の部分が膨らまないと、つなぎの役割を果たさないの。
堅いだけじゃなく、切るときすでに崩れる。
ある程度入れて、粉の部分に膨らんで、ナッツを包んでもらわないと、駄目なの。
表面割れるのは、もう少し、割れてもいいかもしれません。
でもせめて、これくらいは、割れて欲しい。。。

f0095746_9325148.jpg

これは、二度焼き前の写真。
アーモンドは素焼きタイプを使ったので、最初からかなり色ついてます。
全粒粉を使ったときは、かなりしっかり焼かないと、「湿った粉の匂い」がします。
断言は出来ないけど、、、、そんな気がします。

で、結論。
やっぱり、このレシピでは、表面割れる程度に膨らんだ方が、食感いいです。
また来ていいよ~、ってizumiさん言ってくれたので、また、お邪魔しようっ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-08-22 10:20 | お菓子
祖精糖シフォン・ルバーブバージョン
f0095746_2373137.jpg

今日も残業。帰ってきたのが22時。
娘とバタバタ~っとご飯作って、ぐわあっと食べて、どうせ今日はお菓子は作れない、、
じゃあせめて、祖精糖シフォンだけでもアップしておこう~。

ブツブツっと見えているのは、ルバーブのジャム。
あの自慢の80パーセント重量の砂糖のジャムです。
ルバーブのジャムはぐずぐずになっちゃうけど、この煮方だと固形を保つことが出来るの。

f0095746_2374440.jpg

シフォンに使った砂糖は、祖精糖。
第一便の砂糖の中では一番気に入った砂糖。
でも、同じくらい美味しい洗双糖の方がかなり安い。
うーん、悩むところだわ。

今回は少し粉の量を増やして、万全を期したつもり。
メレンゲは喜界島粗糖よりは美しくできました。
けど、焼き上がりは、ほとんど、、あんまり、、、全然変わらないかも。
生地は美味しいけど、へなちょこ感、否めません。
ジャム美味しいです。かなり美味しいです。
もっとたくさん作りたいけど、もっとたくさん5ミリに刻むと思うとちょっと腰が引けちゃいます。

f0095746_2375518.jpg

右側はは夜の内に1カットだけして、寝かせて置いたもの。
左側は、残りをホールのまま立てておいて、朝カットしたもの。
分かりやすいように背中合わせに置いてみました。
やっぱり、自分の重さで縮んでます。
うーん、茶色いお砂糖、どれもこれも同じかも、、、と買いそろえたは良いけど、弱気になっている私。
第2便もあると言うのに。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-08-20 23:28 | お菓子
茶色いお砂糖第一便
f0095746_21474185.jpg

茶色い砂糖第一便が届きました。
シフォンでこてんこてんにやられ、その後焼き菓子で、うまくいくかと思ったら、
いや、待て、、とガレットで言われた気分。
茶色いお砂糖、手強いです。

でも、美味しいです。
私ね、体に良いだけじゃ、駄目なの。
もしかしたら、体に悪いって分かってても、、、美味しかったら、こっそり食べちゃうかも知れないタイプなの。
だから、茶色い砂糖は、体に良いより、美味しいが理由で、追いかけています。

どうでもいいと思いますが、、、関心ある方、、どうぞ。
この写真、洗双糖色違い2個有りますが、、、実は同じ物で重さが違うだけでした。がくっ。

f0095746_21475662.jpg

今回買ったのは、こちらから。
この中から国産を買い尽くしました。

今回届いた中で、粒が大きいタイプです。①グループとします。
比較のために、喜界島粗糖を真ん中に置きました。
左から、
喜界島さとうきび粗糖、、、、匂いが喜界島粗糖と同じです。そういえば、色も近い。
                 メーカー違っても生み出す土が同じだもんね。
                 案外、地元の工場一緒だったりしてね。
祖精糖、、、、、、、、、、、、これは奄美らしい。うまいっ。
                 なぜかほのかに、ミルキーな後味が。。
洗双糖、、、、、、、、、、、、これは種子島。これも、うまいっ。
                 やっぱりなぜか、ミルキーな後味がする。

このグループの砂糖、うまいっ。
これだけで、ぺろぺろなめられる。ここがグラニュー糖との違いだと思うの。
お菓子にして美味いか、上手にお菓子に出来るかは別問題だけど。
奄美さん、種子島さん、やるなあ。
うーん、リピートするとしたら、値段から考えて、洗双糖かなあ。

f0095746_21481272.jpg

②グループめは、ちょいと粒が細かい。
見た目、三温糖みたい。ざらざらしてるけど、しめっけあります。
スーパーで売ってるきび砂糖類は、サラサラしてるけど、何が違うんだろうね。
偶然か、全部沖縄産です。

このグループ、値段にばらつきがあるんですよね。
けど、値段の差、味に出てなかった気がする。
だんだんなめてる内に、分からなくなってきたし、、。
しかし、直感では①グループの方が好きだなあ。
粒の大きさが、舌の上での溶け具合違って、味覚に違う印象を与えるのかしら?
それとも、もともと成分が違うの?
分からん。。。

f0095746_21482910.jpg

一番上から、時計回りに、、、
さとうきびの詩、、、、、粒の大きさは小さいけど、風味は①グループと同じ感じでした。
              にしたら、割高かな。
さとうきび畑の風、、、似た名前だわ。こちらの方が黒糖風味が強いです。
天糖太陽、、、、、、、、それが不思議なんだけど、、、袋を開けたら、海の匂いがぷんとするの。
              本当の海辺で採れた海苔の匂いというか。そんなことあるかな。
優糖精、、、、、、、、、、これも、軽く海の匂いがするの。ああ、不思議だ。
きび本糖、、、、、、、、一番甘みを感じました。砂糖だから、甘くて当たり前だと思うでしょ。
              でも、ものによってはそう、甘く感じないんです。

f0095746_21484217.jpg

③グループはパウダータイプ。
このグループは、溶けやすいから、お菓子作りに断然期待大。。。だったんですけど、
①グループと味が違うんです。
成分が違うのか、形が違うから溶けやすさで味覚に違う印象を与えるのか、これも分かりません。
②グループより、さらに黒糖っぽい風味が強くなります。
もちろん、美味しいです。風味豊かです。
優しい味を求めるなら、見かけと反対に、①グループということになります。

f0095746_2148599.jpg

左から
和三蜜、、、、、、黒糖の香りします。味も、優しい黒糖風味。
ムソーミネラル、黒糖の味、ほのかにします。
さとうきび粗糖、、同じく黒糖の味、ほのかにします。

茶色い砂糖の使いにくさは、溶けにくいだけではないの。
溶けにくさは、パウダーを使うとか、早めに投入するとか、じっくり混ぜるとか、工夫でどうにかなるけど、、
ならないのは、ミネラル分?

これが全部お菓子になるかどうかは、、、怪しいです。
半分は普通に煮物になっちゃうかも。。。
でも、美味しいから、なんとか使ってみたいです。

あの、、、、このレポートは直感です。
何回もなめている内には、分からなくなってくるし、はっきり言って、どーでもいいほどの違いしか有りませんでした。
だから、当てにしないでね。それらしく書いてみただけです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-08-17 23:17 | お菓子
izumiさんのオーブン慣らし
f0095746_2240741.jpg

のんちゃんの新しいお店、続報です。
カウンターとテーブル席と、、それから奥の方に、個室スペースが見えるでしょ。
今日は、まだ冷蔵ショーケースは入っていませんでした。
うーん、楽しみだ~。

今日は、オーブン慣らしに呼んでもらいました。

f0095746_22401976.jpg

えへへ。
珍しい物は、写真写真。
これは、パンこねたり卵泡立てたりするミキサー。大きい方です。
比較のために、ペットボトル置きました。
大きすぎるでしょ。
これってさあ、、、卵泡立てたら、そのあと、どーやって混ぜるんだろう?
izumiさんは、色々やってみるわ、、とこともなげに言ってましたけど。

f0095746_22402847.jpg

これはね、アンティークのはかりかと思ったら、、パン生地を切り分けるためのはかりなんですって。
パンは、食事のお供になるような、フランスパンとかクロワッサンとか、そういうのが中心になるみたいです。
そうだよね、お食事が自慢のお店だもんね、菓子パン食べながらシチューってわけにはいかないよね。
まだはっきり決まってないらしいですけど、なんか、ランチ相当楽しそうです。
色々決めることもたくさんあるし、これからスタッフにいろいろおしえなくちゃいけないし
大変そうだ~。
けど、楽しみだわ。
まだ新しい看板ついてなかったけど、、、私、仕事の縄張り、この辺なの。
いつも、自転車で走り回っているから、看板ついたら、すぐ携帯写真撮って、アップしますね!

f0095746_22403884.jpg

これ、オーブンね。
蒸気抜きとか、蒸気ぶわっと入れるとか、色々出来るみたいです。
写真ちゃんと写ってないけど、上火とか下火とか、、書いたスイッチ並んでましたよ。
表示温度も、庫内温度もかなり正確らしい。
だよね、、、プロ用のオーブンですものね。

このオーブン慣らしに呼んでもらって、、、
お店にはまだ細かい材料とか、、、、例えばBPとかね、
細かい道具とか揃ってないので、、、例えば計量スプーンとかね、、
あたふたしながら、、、
「ああ、アレが足りないのね、今日注文しよう、ああ、あれもね、、」って
それもまた、izumiさん楽しそうでしたけど~。
そうよね、何かが始まる前の準備段階って、大変だけど楽しいよね。
オープン前ってこういう感じなのね、、、へー、勉強になります。
f0095746_22404843.jpg

ほらほら、船の窓から、のぞいてるみたいでしょ。
ノルディックウェアのフラワー型が小さく感じられます。
これ、何個入るんでしょう。
何作ってもいいよお、って言ってもらえたので、最近自分が作っている物を作ってみました。
これは、フィナンシェ。

f0095746_22405912.jpg

おお、焼きむら無く、きれいに焼けます。
薔薇の花のシュルエットがすごく、きれいに出ます。
私ね、このエッジの部分、ここ、カリカリして好きなんです。
フィナンシェもマドレーヌと同じで、焼き立ては表面カリカリ、中しっとり。
それが好きです。
日が経つと全体がしっとりするけど、、このメリハリのあるうちが好きだな。

バターもう少し焦がせば良かった、、、とか、強力粉、入れ忘れた、、とかあるけど、
オーブン慣らし、、としては、はい、よかった~。
こういう感じに焼けるんですね~。

f0095746_22411043.jpg

最近、茶色い砂糖にこり始めたばかり、、、今日は3種類、パウダー状のものを味比べしてから
ガレットに、素精糖パウダーを使いました。
先日、ガレットに粉糖と半々使って結構美味しくできたから、今回は全量。
だけどね、そのせいか、オーブンになれてないせいか、よく分からないけど、
いや、きっと砂糖のせいよね、ミネラル分恐るべし、、ですよ、
シフォンじゃなくて、ガレットでさえ、ふわっかりっとは、膨らまなかったの。
フィナンシェがあんなにきれいに焼けるオーブンだから、ガレットなんて楽勝だと思ったのに。
型いっぱい広がるどころか、焼き縮んでいるの。

うーん、不思議だ。
味も食感もイマイチなの。
せっかくのオーブンなのに、ごめんなさいっ。

f0095746_22414768.jpg

写真で見ても分からないかな。
生地が膨らまない、、、ってことは、目が詰まってるってことなの。
生地に空気を含んでないの。
茶色い砂糖、難しいわ。
あら、オーブン慣らしの記事なのに、、ついつい茶色い砂糖のお菓子に走りがち、、ごめんなさーい。
izumiさんも、新しいオーブンで焼くスポンジは、卵9個だとこれくらいの厚さで
12個だとこれくらの厚さで、キメは、、、って、色々工夫やチャレンジを話してくれました。
参考になります。

f0095746_23313954.jpg


それから、ビスコッティも焼きましたが、これは、いつもと違う材料だったので、、、
ビミョーに感じが違いました。
全粒粉を違う物にしただけなのに、、。
材料違うと香りが変わるんですね~。
みかけはいつもと同じです。
お店で写真とりわすれたので、家に帰ってから撮りました。
オーブンの焼き色は最高。

一つ勉強になったのは、焼き菓子は誰がどこで焼いても同じ、、って思ってたけど
違うのね、、、材料違ってもオーブン変わっても、、、変わるのね~。
、、、って、私は感心してるだけでいいけど、izumiさんは、全ての機械を使いこなしていくんだから
いやん、たいへん。。。

次回お邪魔するときは、ランチの件とか、オープン日とか、きっともっとはっきりしてますね~。
楽しみだ~。
f0095746_23273050.jpg

これは、先日のんちゃんで頂いたケーキです。
巨峰と桃のデコケーキです。
これ、食べるとため息です。
毎日これが食べられるお店が出来るんですね~。

ああ、仕事中、自転車で何回もお店の前をウロウロしちゃいそうだ~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-08-16 06:47 | お菓子



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧