<   2009年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
バナナイチゴスコーンとバナナパウンド
f0095746_1736051.jpg

がちまいやさんのバナナスコーン(オイルバージョン)が、前回よりさらに、形を成さないモノになってしまいました。
がちまいやさん、ごめんよぉ。
ちょっと見た目、別物?
もともと「バナナ◎本」ってな、アバウトな表記で「あ、適当で良いのね」って前回
すっごく柔らかいものになりました。
今回も「バナナ、あるだけね」って、適当に入れて、それに、「煮イチゴいれよ~」って入れました。
柔らかいの何のって、成形なんてできません。
ボールの中でスケッパーで、こねて、スケッパーで分割して、スケッパーですくって天板に乗せました。
f0095746_17361126.jpg

ほら、こんなべったべった。
でも、焼き上がりは外はこんがり、中はふんわり美味しかったよぉ。
ガスオーブンで200度20分弱焼いてますから、相当、こんがりです。
電気だと230度くらい?
この表面のこんがり、カリカリが、ナッツか全粒粉とか、なんとか麦とか入れてるみたいに、香ばしいの。
うまいわ~。

f0095746_17362738.jpg

喜界島粗糖のお豆パウンドで気をよくして、バナナパウンドに挑戦。
別立でて、今回は水分補わず。
だって、いつもねっちょりなんだから、水分は十分でしょ?
もう、ふわんふわんのほろんほろんのバナナパウンドができるはず。。。

f0095746_17363183.jpg

けど、普通のパウンドができました。
普通のです、普通の。
今までねっちょりパウンド、腰折れパウンドが多かったから、それを考えれば、前進です。
でも、もう、すごいテンションでバナナパウンド焼いたから、、、、ちょっと、しょぼ~ん。
やっぱ、そんな簡単じゃなかった。
生地をよく見ると、普通にはできてるけど、昨日の生地とは違うでしょ。
ああ、しょぼお~ん。

その上、娘達のひそひそ話。
「ねえ、パウンドケーキ好き?」
「うううん」
「あたしも。前から好きじゃなかったけど、この頃嫌いになってきた」
「うん。帰ったとき、あの茶色いケーキ有ると、凹むよね」
「うん、もう、見たくない」
「だよね、白いケーキ食べたいよね」
もう。。。ショックの追い打ちです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-04-28 22:20 | お菓子
izumiさーーーーん!
f0095746_17254976.jpg

ねえ、ねえ、、、結構いいのできましたよ!
見て見て見て~。

前に「マロンクリームのパウンド」を教わったときのやり方で作りました。
最近教わったバナナや黒糖は共立てですが、マロンクリームの時は別立てで、油の入れ方もちょっと違いました。
先日その話をしたら「あら?そうだった?今度、マロンクリームのレシピ教えてね」って言われちゃいました。
もうーー、私は、バイブルみたいにそれを繰り返し作っているのに、izumiさんの方は、どんどん進化していくから、私にとってはバイブルも、izumiさんにとっては「一過程」に過ぎないんです。
それから、蜂蜜に少しお湯入れて溶いてから混ぜました。
焼成中に奪われる水分を補いたかったの。

f0095746_1726241.jpg

完全izumiさん風じゃなくても、かなりizumiさん風です。
今まで作った中で一番美味しいです。
うっかり豆を上の方に入れたので、豆の形ぼこぼこ、そのままのふくらみ方です。
きれいび、パックリ膨らんでないの。
でも、izumiさんが「きれいにパックリ割れないときの方が美味しいみたい。常識にはとらわれなくていいと思う」って言ってたから、これでOKにします。

155度35分。

f0095746_17262985.jpg

調子こいて、もう1回同じやり方で焼きました。
上手にできると、全然油っぽくないの。
サーターアンダーギーと同じレシピとは思えない。
で、これは、油10パーセント増やしました。卵の85パーセント重量です。
バランス的にはこの方がいいです。
サーターアンダーギーの時は、70パーセントくらいしか入ってなかったはずです。
なのに、家中に「揚げ油」の匂いが漂っていました。

それで、「このレシピは油っぽい」とか軽々しくレシピや本を批判しては
恥ずかしい目に遭うと、痛感しました。
時々、新しいモノ作ったとき、そう思うことがあるでしょ。
私はお手本を知っていたから「これはレシピのせいじゃない」って分かっていたけど
知らなかったら、「所詮菜種油で作る物なんてこんなもんよね」「なんでこんなに油っぽいレシピなのかしら、体に悪いわ」くらい思っちゃったかも知れません。

f0095746_17264067.jpg

これも、上の方、ぱっくり割れませんでした。
穏やかに膨らんでました。

先日教わったのは「グラス」でしたが、ごってりアイシングにしました。
生地の砂糖を控えて、豆とアイシングで、アクセントついて甘いのが好きです。
全体に甘さ控えめだと楽しくないし、全体に甘いと食べられないし。
生地をも5パーセント甘くして、今度はグラスにしてみようかな~。
嬉しいなあ。。。
最近失敗続きで、アイシングもグラスも、クランブルもなんも、使いませんでしたが、やっとこ、完成型まで持って行けました。

155度40分。
f0095746_18392394.jpg

これは、お手本izumiさんパウンド。
ね、なんか、「かなりizumiさん風」になってるでしょ。
これは、あれよね、バナナと黒糖よね、いよいよバナナと黒糖~。
私、相当、テンション上がっています。
「見た目で全然違うよ」とか、言っちゃ駄目よ。
このテンションのまま、バナナと黒糖に雪崩れ込みますからね。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-04-27 06:30 | お菓子
デコチーズケーキ
f0095746_2239493.jpg

今日はyuki先生のお教室でした。
お題はデコチーズケーキ。
珍しい12㎝角底取れ型で焼いて、カットしました。
そういえば、昨年のニューヨークチーズケーキも、とろけるほどに美味しかったなあ。
クリームはあれと似てるけど、今回下のクッキーは全粒粉やピーカン入れて作りました。
台もざくざくと素朴で美味しかった~。
一昨年のスフレチーズも美味しかったなあ。
yuki先生のチーズケーキ、どれも大好きです。
それに、誰でも美味しくできるレシピ、
誰でもきれいに見せるコツとか、そういうのを教えてくれるところが
やっぱりすごいなあ、、って思います。

f0095746_22505891.jpg

これは一緒に参加した妹の分。
今日もきゃあきゃあと喜んでいました。
右の2本は、塩キャラメルクリームとマロンクリームです。
ちょっとデコするだけで、売り物みたいになるんですね。

このケーキのお砂糖の分量、5グラム刻みで試作して決めたそうです。
「ちょっと寂しい」「デコするとちょうどいい」「そのまま食べると美味しい」と進んでいき、
「一口食べると美味しいんだけど、全部食べるのはキツイ」っていう限界値まで。

最近、izumiさんとも話したのですが、ケーキの試作、試食って、難しいんですよね。
クリームとか一口なめただけでは分からない、
1ピース食べてみて「ケーキとしてどうか」が、分かる気がします。
パウンドもそうなの、一口食べて美味しいのと
何切れでも食べ進むパウンドの砂糖の量は違うみたいなんです。

人に教えるって、その辺を、何度も何度も試作、試食するわけで、
頭が下がります。

f0095746_22391568.jpg

私の分。
左から2本目、キャラメルクリームのハート型に線を引くつもりだったのに、
何を考えていたのか、パンのクープ入れるみたいに、
必死にクリームにまで切り目入れて、それがぱっくり口開いています。
自分でも「なにやってんだか~」と、笑えました。
真剣なだけに、自分がおかしかったです。

夕食後のデザートに出したら、
上の娘フタを空けた瞬間「なんだ、これ!オシャレだぞ」と。
チーズケーキという言葉から、違うモノをイメージしていたようで、イイ意味の驚きです。
下の娘は、大絶賛。
「うんめぇ、、、とけるぅ、、やべえぇ、、、、」

f0095746_2241172.jpg

試食で頂いたタルトタタンも、ナッツクッキーも、贅沢に美味しい味でした。
ああ、幸せ~。
これは余分な生地をカップに入れたモノと、先生のお土産クッキー。
「がちまいやさん」レシピのくまさんクッキーだそうです。
まだ頂いてません、明日のお楽しみです。
yuki先生も、がちまいやさんのスコーンにはまっていて
「マクロビ・バナナスコーンなら1単位食べられます!」って豪語されてました。
信じられません、あんなほっそりした方が。。。
izumiさんといい、yuki先生と言い、世の中には不思議がいっぱいです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-04-25 23:17 | お菓子
ルバーブシフォンと柚子茶シフォン
f0095746_1455336.jpg

もうちょっと、きれいにしてから写真撮れよ、、って感じですね。
皮のボロボロしたところくらい外せよ、、、。
ほんとほんと。。。。

ルバーブジャムと甘夏ピールのシフォンです。

卵3個(卵白125グラム)
ルバーブジャム 110グラム
砂糖 40グラム
粉  80グラム
油  40グラム

f0095746_14551980.jpg

ルバーブ入ってるって、多分、分からないです。
柑橘類の酸味かな、、、って思います。
味は悪くないですが、食感は、イマイチです。
水分多い感じ、じゅわっとします。
水使ってないのですが、自家製ルバーブジャムなので、煮詰め方が足りないのでしょう。
だから、水分の割には、ルバーブの味しません。
イチゴの時も感じましたが、自家製ジャムをシフォンに使うのは難しいですね。
よほど煮詰めないと、その持ち味が引き出せないですね、きっと。

でかいタッパーに入れて、下の娘が学校に持って行きました。
「美味しい美味しい、って言ってたよ~」とのこと。
なんちゃんシフォン食べてない人は、美味しいと言ってもらえるくらいだと思いますが、
なんちゃんシフォン知ってる上の娘は、「水っぽいねえ」って言ってました。

f0095746_14553289.jpg

オーブンの風の吹きつけの違いだと思いますが、いつも、こういう風に偏った感じになります。
この写真で見ると、右側からの風が強いんですかね。
分かっているのですが、毎回、途中で回転させたりしませんでした。

そしたら、先日komugikoさんが、「私は必ず90度ずつ回転させてます」って言ってました。
90度?
えらっ。180度じゃないのかぁ。
んじゃ、やってみようお。1周させたら終わりにしよう。
f0095746_14554762.jpg

これは柚子茶のシフォンです。
5分おきに90度回転させました。
均等に風が吹きつけた感じがしますねえ。
やればできるじゃん、、、、!

全卵3個(卵白125グラム)
柚子茶 90グラム
水    10グラム
砂糖 30グラム
粉    80グラム
油    40グラム

今回はピールは入れませんでした。
柑橘系って、重ねて量が多いと、胸焼けするから、せっかくのなんちゃんピール入れるほどのことないわ。
もったいない。
水は最初入れてなかったのですが、あまりに固い卵黄生地なので、途中で入れました。
これが、失敗の元??

f0095746_1456164.jpg

できあがった生地の量はなぜが少ないし、当然、高さのでないずんぐりむっくりな感じだし、
その上、焼き縮んでいるし、、、、
でも、食べた感じ、そう水が多いかんじではなく、ちょうどイイ感じなんですけどね。
シフォンの水分量って、難しいですね。
みずみずしくないとシフォンっぽくないし、かといって、水が多いとスフレみたいな蒸し焼きみたいな食感になるし。
なんちゃんは、柚子茶で上手にシフォン焼いてたなあ。
ただ、市販の柚子茶使ったので、よおおおく、柚子茶風味しました。
カンで入れたのに、砂糖と柚子茶の甘さはは大丈夫でした。
上のルバーブジャムと砂糖の甘さも、ちょうど良かった。
私、カンは良かったらしい、、あとは、腕だぁ~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-04-25 14:55 | お菓子
ダコワーズタルトとチョコタルト
f0095746_22322191.jpg

久しぶりにダコワーズをてんこ盛りにして、タルトを焼きました。
ダコワーズのカット面、こんなに横広の気泡でいいのか??
という、疑問はぬぐい去れませんが、、、でも、美味しかったです。

f0095746_22323191.jpg

だって、不味いわけはないんです。
この材料見てよ。
なんちゃんの煮リンゴと、なんちゃん甘夏ピールと、小粒さんルバーブジャム。

f0095746_22364974.jpg

まず、空焼きしたタルトに、煮リンゴたっぷりつめて、その上に、ぽとんぽとんとルバーブジャムを落としました。
混ぜないのは、もちろん、お口の中で「あ、ルバーブ出てきた、あ、すっぱいわ」とか楽しむためです。
甘夏ピールは、ダコワーズの生地の中に入れました。
そりゃ、混ぜにくいわ。
そうでなくとも、アーモンドプードルと卵白って馴染みにくいのに。
甘夏ピール入りのダコワーズって、珍しいでしょ~。
「何でも入れたがるところが、しろーっとっぽい」って、娘にいつも言われるけど、、、いいのいいの。
f0095746_22324398.jpg

まだ盛れる、まだ盛れる、、、って、何度か盛り直したもんだから、段がついてみっともないけど、、、。
下の娘が「うめえ。リンゴが美味いからだな。ルバームも好きなんだよな」って、喜んでました。
「味が何重にもなってる」と、珍しく、誉めてました。

f0095746_22325769.jpg

タルト生地が余ったので、空焼きしてから生チョコを流しました。
今度は生チョコが余ったので、カップに流しました。
「あ、それ、明日友だちんち、持って行く、誕生会やるから」とのこと。
では、途中で生チョコ流れたら困るので、コーティングチョコかけて、ココアふりました。
学校終わるまで一日持ち歩いたようですが、大丈夫だったそうで、ほっ。。。。

味は、「期待通りの味、タルト生地に生チョコ流したこうなるでしょ、って味だった」とのこと。
私も小さいのを食べましたが、確かに、外れの無い、間違いのない味でした。

f0095746_22331067.jpg

この日、娘が学校に持って行ったのは、この箱と、お姉ちゃんのお土産の蓬莱の肉まん4個と、てけさんのお土産のタラの干物と、お弁当と、朝ご飯のオニギリ2個。
大学生になっても、食べ物への熱意は薄れていません。

私は、連日の残業でへろへろで、帰宅も遅く、
ケーキ作りのペースも、ブログアップもペース落ちていますが、、、
ふん、こんな時期はいつまでも続かないわ、今に見ていろよぉ~!
仕事覚えたら、誰よりも早く帰って、毎日ケーキ生活してやるう。。
こんなときは、やっぱり、ご褒美だわご褒美、自分にご褒美、、、
やっぱりボッシュかしら~、ぼっしゅ、、、、と、そんなことを考えています。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-04-23 23:05 | お菓子
マクロビカフェと喜界島パウンド
f0095746_2244132.jpg

日曜は、izumiさんkomugikoさんマクロビカフェにお出かけしました。
マクロビスィーツって、茶色いスィーッツってイメージがあるのですが、これは、完成度高いですよね。
びっくりです。
乳製品と白い砂糖は避けて通ることはできると思うのですが、それに、卵を避けて、どうやってケーキを作るんでしょうね。

ご想像の通り、どのケーキも白いクリーム部分は、ベースは豆乳とかお豆腐味がしましたが、ココナッツミルクとかコクのある美味しい砂糖で、上手に風味つけられていました。
それにフルーツソースの酸味などで、味の強弱つけてます。
極めるってすごいですね~。
私には考えもつかないわ。
特に、フレジエみたいなケーキのスポンジ状の部分、卵使わないで、どうやって、「スポンジ状」のモノを作るんでしょう。

f0095746_2245928.jpg

このナッツのキャラメルタルトと、イチゴのタルトは乳製品党にも、ほとんど違和感なく食べられると思います。
私はこのふたつが好きでした~。
あ、やっぱり、タルト好きだわ。

izumiさんは、「こういうケーキが食べたかった。こういうケーキが作りたかったんだわ、私」って、言ってました。
それ、大賛成です。
izumiさんって、お仕事でケーキ焼いてるからどうしても「一般向け」を意識しなくちゃいけないと思うのですが、それでもね、自分が好きなモノを追求してると、そういうのって、絶対他の人はかなわないから、すごいものができると思うんです。
そして、そういうのを求めている人も世の中にはたくさんいると思うし。
すでにできあがっている「優しい乳製品系」と、自分の好きな「マクロビ系」、がんがん、追求して欲しいと思いますっ!
私?私は、、、、まねっこ系を追求します。
私もね、「こういうケーキを作りたかった」って、izumiさんケーキに出会ったとき思ったんですよ。
だから正統派まねっこ系。。。

f0095746_2251128.jpg

これは大豆バーガー?
何とかって言う名前らしい。
マクロビって言うこと意識しないで、自然に美味しかったです。
そういえば、この大豆バーガー食べながら話していて、分かりました。
izumiさんの息子さんとウチの上の娘、同じ産院で産まれてました。2年違いますけどね。
そこは、全ての食事がマクロビの産院なんです。珍しいでしょ。
いや、私は、別に当時マクロビに関心有ったわけじゃないんだけど、興味本位です、、、なんかご縁ですね~。

komugikoさんは、ブログで出会った頃は行き来するのは遠いところだったんですよ。
でも、ご主人の転勤で、偶然行き来できるところに転居されて、、、なんかご縁ですね~。
私とkomugikoさんは、マクロビカフェ初めてだから、なんでも珍しく、喜んでいました。

f0095746_22211643.jpg

この後、クオカを見に行ってから、帰りました。
電車の中で、またまた、菜種油パウンドの話で盛り上がり、お互い家族が帰るのは遅いから、いっちょパウンドを焼こうということになり、、、パウンドを焼きました。

今度は、ガスオーブンの中に水を張ったプリンカップを2個置いてみました。
ガスオーブンって、ガスが燃えるときに水蒸気を出すから、外はかりっと中はしっとりする、、、はず。
だけど、ものすごい高温の強風が吹き付けてるでしょ、パンみたいに短時間で焼くときはいいけど、パウンドみたいに時間が長いのは、表面固くなるのかしら、、という仮説を立てて。

生地の状態は、もちろん、izumiさんのお墨付きです。

f0095746_22213275.jpg

結果は、、、やっぱり、ちょっと違う。
生地は確かに悪くないと思うけど、、、、やっぱり表面は固いし、中も少しぱさついています。
うーーーんん。。気をつけたけど、やっぱり焼き過ぎか。。。
プリンカップ作戦、あんまり効果無かったのかな。。。
ふわふわほろほろには、遠いです。

またまた、凹んできたので、パウンドはしばらくお休みして、違うケーキ焼いて、テンション盛り返したところで、次の作戦に移りたいと思います。

でも、楽しい一日でした。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-04-21 23:06 | お菓子
パウンド3回戦
f0095746_11452645.jpg

これは、パウンド3回戦、人から見たらどうでもいいけど、本人にとっては、とっても悲しい記録です。

前回の黒糖パウンド、生焼けみたいな生地に恐れを成して、今度は最初から思い切り低温。140度。
しかも「混ぜ不足」を認識したもんだから、今度は、しっかりこんとまぜました。

砂糖は喜界島粗糖です。
もう、バナナパウンドも失敗、黒糖も失敗続きなので、バナナつぶしたり黒糖ふるったり、余分な手間のかからない喜界島粗糖で、基本をしっかり極めようという作戦です。

f0095746_11455162.jpg

なかなか見栄えはよいのですが、もう、焼いている間、家中に立ちこめる油の匂い。
テンプラあげてるのか?ドーナツあげてるのか??って、感じです。
超低温は、やっぱ、油滲んじゃうのね。。。。

切り口は、目がびっしりつまってる。。。
「混ぜ不足」意識しすぎて、混ぜすぎでしょ。
何やってんだか。

味は、美味しくないです。マズイです。

f0095746_1146662.jpg

どれくらいマズイかというと、、、、この食べ方見てください。
これくらい、まずいです。
カップ型、ミニパウンド、普通のパウンド、全部食べてみましたが、全部、油っぽくて油っぽくて、胸が焼けます。
生焼け意識しすぎでしょ、かったい皮ができてます。
ここ特に食べられません。

f0095746_11462123.jpg

2回目は、普通10度くらい上げると思うけど、一気に170度にしました。
しかし、、、、その結果、一つの発見をしました。

温度あげたのに、油っぽい匂いが、ぷんぷんなんです。
でも、前回よりはマシ。
しかし、今まで、どんな失敗をしても、「油っぽい」だけは無かったので、これはつまり、、、、
今回2回に共通するのは、「混ぜすぎ」。
いったん「混ぜ不足」を意識すると、どうにもこうにも、混ぜすぎてしまうみたいです。

f0095746_11463684.jpg

これはね、同じく目がむっちり詰まって、外側思いっきり厚い。
味は、なんだか、懐かしい味。
上の娘も「この味知ってる、、、なんだっけ、なんだっけ、油の匂いと、目の詰まった固い生地と、、、ああ、なんだっけ」って、言ってるから、、、恐る恐る
「サーターアンダーギー?」
「ああ!!!!!それそれ、それだああ」、、、、と意見は一致。
食べられなくはないけど、菜種油パウンドとは別物でした。

f0095746_11465246.jpg

これも、どれくらい食べたくないかというと、、、こういう感じです。
この全体の姿の、トップの割れ目のあたりよく見ると
サーターアンダーギーの噴火したところと同じような油模様です。
「オーブンでドーナツ作れます」みたいな実験です。

f0095746_11471086.jpg

次は、混ぜ方を軽くして、温度は150度から160度あたりをウロウロと焼きました。
しかしもう、失敗の原因は、生地じゃなくて温度だ、、と、izumiさんに教わっていたのに
生地も失敗したら、全てが振り出しに戻ります。
もう、、、やだ。。。。

f0095746_11472770.jpg

ああ、これはなんとか、生地は成功した感じです。
一番マシにできました。
でも、izumiさんのとは食感、ふわふわ感とか、ほろほろ感が違うけど、
これはオーブンの違いとか、温度の違いとか、そういうところまでこぎつけた気がします。

ところで、この前izumiさんに教わったときは「一般的な甘さ」で教わり、
それは、基本のパウンドを大きく外れないレシピでした。
でも、izumiさんは、自分おやつは、砂糖と油は結構控えているそうです。
で、「私もいつものizumiさんのレシピがいい~」と、途中からは砂糖と油が少し減っています。
でも、失敗も成功もレシピのせいじゃないことは分かっています。
だって、izumiさんは、「一般レシピ」にしても「おやつレシピ」にしても、どっちも美味しく焼けてますから。

で、この後、4回戦5回戦とあるのですが、、、、力尽きて、ここまでにします。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-04-20 22:52 | お菓子
なんちゃん便とてけさん土産
f0095746_11281732.jpg

金土日と出ずっぱりだったため、写真はあるけど、アップが遅れています。
忙しいけど、楽しい週末でした~。

金曜、夜中に帰ってきたら、「なんちゃん便」が届いていました。
きゃあ~、なんちゃん、お母さんみたい。
なんちゃんは、私よりずっと若いんですけどね、その心使いが、、、お母さんみたい。

なんちゃんが丹誠込めて作ったピールと、それを使って作ったウィークエンドケーキです。

f0095746_11283256.jpg

生地にもグラスにも酸味が効いているので、てっきりレモン汁で作ったグラスかと思いきや、なんちゃんの記事を読んだら、アンズを塗ってからグラスしたんですって。
なるほどお。
なんちゃんの記事を読んだときは分からなかった「このケーキ底と上の方カットするんですよね、なんだかもったいない」って意味が分からなかったんですけど、実物見て分かりました。
普通にパウンド焼いたらこんもり膨らむあの部分を底面にするために、
削り取ってしまうんですね。
なるほどお、、それで、シャープな形になるんだ。んでも、確かにもったいない。。。

なんちゃん、何を作っても上手ですね。
カット面見ると分かるけど、正統派のバターケーキを正統的にきっちり仕上げてますね~。
美味しいよお。さすがだあ。。。。

f0095746_11285273.jpg

それから、これ、どう、どう??
ステキでしょ~。
私、以前頂いたの、もったいなくて、冷凍して、使う分だけちょびちょび、取り出して使っていたの。
あーん、もー、いっぱい使っていいよ、、って、ピールが言ってる。
ほんとに、こういうの手作りする人にはかなわない。
ええ、絶対、かないません。
お菓子のおいしさの底力が違います。
、、、、えへへ、これで、底力のあるシフォンに挑戦だ~。

f0095746_1129671.jpg

これはてけさんの北海道土産。
本当はもう少しあったんですけどね、珍味好きの下の娘が、友達のところに泊まりに行くのに、さっさと好きなの持って行っちゃいました。
鮭トバもやられました。。。
「全く、ここの家のお土産は気ぃ使っちゃう」って、てけさんは、ブツブツ言ってました。
そうなんです、親子そろって、珍味は大食いするので、結構お金もかかっちゃいます。
そうそう、気なんて使わなくていいのよ、ぜーんぜん、たっぷりお金使って珍味買ってきてね~。

f0095746_11292518.jpg

これ、珍しいモノ頂きました。
ベコ餅っていうらしいです。
北海道全域であるのか、てけさんの地方でしかないものか分かりませんが、「団子の粉」で作った餅を、ぎゅーぎゅー型取りするらしいです。
生地にほんのり甘さがつけられています。
少し焦げ目つくように焼き戻して、柔らかくなったら、何もつけないで頂きます。
茶色は、ココアじゃなくて、黒糖ね。美味しいです。
冠婚葬祭だか、法事だか、なんだかそういうイベントの時に、注文して作ってもらう物らしいです。
こういうの、ほんと、素朴にしみじみ美味しいですね。
てけさん、ありがとおお~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-04-19 23:19 | いろいろ
イチゴタルト2種
f0095746_17411311.jpg

こそこそとパウンドケーキを焼き続けているのですが、さっぱりです。
これだけ続くと、本人も凹むし、娘達も「今日は食べるものが無いねぇ」って言うし、ブログ的にも「この人、どんだけカンが悪いんだ?」って、印象を与えかねないし、、、、ああ、いいこと無しだわ。。。

これは日曜の朝のケーキです。
izumiさん達が来てくれる前に、車屋さんが来てくれることになっていたので、お土産を2種作りました。
そういうときは、冒険は無し~。
前日にタルトは焼いていたので、ディプロマットを作って詰めるだけですが、それだけでも台所汚して一仕事でした。
手際が悪いわね。。。

f0095746_17412317.jpg

クリームを詰めるときは、詰めやすいように、タルトリングより高さのあるセルクルを使いました。
イチゴはジャム用のイチゴなので、ちょっとショボイのですが、結構身が締まっていたのでこれを使いました。
バナナを乗せて、チョコバナナ・ディプロマットにしようかなあ、、、、と思っていたのですが、これからどれだけ失敗するか分からないんだから、、、と、ケチってジャム用イチゴの方を使いました。
でも、可愛いからいいか。

f0095746_17413341.jpg

これは前夜に焼いておいたのを粉砂糖でお化粧しただけ。
バナナをケチったおかげで2種ともイチゴタルトになりました。
でもね、「春のタルトを2個用意しておいたの~、イチゴ祭だよ」って、モノは言いようだわ。
こちらは、小さいのを味見用に作っておいたので、久しぶりに焼きタルト食べました。
おいしいぃ。。。。
ああ、そうだ、私、タルト好きだったんだ、、、って、思い出しました。
私は、ちょっと深めに焼く傾向があるので、もともと、小粒のジャム用イチゴ、小さくなってアタマ沈んじゃいました~。

今日はあまりに疲れてダウン。昼から仕事休んで帰って来ちゃいました。
ぐーぐー寝たら、元気復活して「ボッシュ欲しいよぉ、、」って、ボッシュの検索なんかしてます。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-04-16 18:02 | お菓子
お豆パンなど
f0095746_20214893.jpg

今度はkomugikoさんのパンです。
最近はkomugikoさんは、自家製酵母とかに足を突っ込み始めたらしいですが、リクエストは
「イーストで、できるだけこねないですむ、成形の簡単なのでお願いします」ってことで、お願いしました。

この焼き色見てください。なんか、すごくプロっぽくないですか?
komugikoさんが言うには、オーブンをガンガン高温にしておいて、深く焼くのがプロっぽく見せるコツだそうです。
白っぽいとどうしてもシロートっぽく見えちゃうそうです。
あら、なら、私にもできるわ。それだけでいいの???

いや、そんなはずはないよね。
f0095746_2022085.jpg

少しの酵母でじっくり発酵です。
だから一番最初に仕込んで、一番最後に焼き上がりました。
「どれだけになれば、発酵終わりか分からない」とか言うと(何年パン習っているんだ???ごめんなさい、先生っ)
「このボールのここまで来れば、いいです」って、家にある小さいボールで教えてくれました。
だから、今後は、時間は気にせず、この粉の量で作るときは、このボールいっぱいって覚えてやります。
なら、簡単だ~。

だけど、いつも思いつきで「今日パン焼こう~」ってウキウキしながら帰って、夜中に焼き上がるパターンが多いので、
それだと、このパン難しいわ。
冷蔵庫発酵ですね。それがまた短期決戦型の私には辛かったりするんだけど、、、でも、結果、そっちの方が簡単なのよね。
分かっているんだけど。。性格が、、、。
komugikoさんって、穏やかで、美味しいものを作るのに時間を惜しまないタイプだから、尊敬だわ。
あ、そうそう、こんなに美味しいパンを焼くkomugikoさんなのに、、、ダンナさんったら、
コンビニのパン、毎日買ってくるんですって、笑える~。
そういえば、ウチの娘、今日、シュークリーム買ってきてました。同じだ~。

f0095746_20221786.jpg

これ、私が成形した、、、って、丸めただけだけど、パン。
お豆の入ってないパンと入ってるパン、、、ではありません。
本人的には均等に入れたつもりで、全然均等じゃないパンです。
でも、どれもこれも美味しかったですよお。
ライ麦と全粒粉も入っています。
外側かりっとして、中も味わい深くて、、、。
たいしてこねてないんですけど、じっくり発酵で時間がおいしさを引き出してくれたんですね。
小麦粉の力ですかね。
これも、きっと作ります~。

f0095746_20223056.jpg

もうさんざん食べて、おなかはあまりすいてないけど、まだおしゃべりしたくて、別れがたくて、パンが焼き上がった後、のんちゃんのはらどけいに移動。
11時に集合して、家を出たのは7時半頃??
いや、それは楽しかったですよお。

これは、もやしあんかけ焼きそば。
なんか「しょっぱい物」が食べたくなり、チョイスはそういう物になります。
途中、写真撮るの忘れましたが、、、、うみゃーです。
シンプルな材料なのにね。。。

f0095746_202242100.jpg

油断した写真がぼけちゃいましたが、マグロやサーモンたっぷりのシーフードサラダ。
ドレッシングが、また美味いです。

f0095746_20234759.jpg

里芋の唐揚げ。
芋苦手な私も、これは、香ばしくほくほくと、食べられます。
前に頂いたときは白ごまだったけどなあ、、、黒ごまになってます。
izumiさんケーキと同じく、のんちゃん料理も進化し続けているみたい。

f0095746_2024185.jpg

さて、「明日になったらほろほろになっている」はずのバナナパウンド。
左がizumiさんのデモ。右は私のリベンジ編。両方ともガスです。
両方の生地は大差ないと思われますが、やっぱり、あのお土産のお豆パウンドとは、ホロホロ具合が違います。
見比べやすいように、お豆パウンド、もう一度、アップしますね。
名誉のために、言いますが、このバナナパウンドも、両方とも標準よりは、相当美味いと思います。
ねっちょりはしていません。
けど、、、、違うのよね。
もちろん、バナナパウンドとプレーンなパウンド(お豆は入っているけど生地はプレーン)の違いはあるとは思います。
、、、昨日の黒糖パウンドの方が、izumiさんお土産パウンドに近い感じはしますね。

f0095746_20561654.jpg

バナナパウンド、izumiさんに「申し分ない」と言われた生地なのに、、、やっぱり、オーブンを使いこなすって、相当難しいみたいです。
izumiさん、オーブン買い換えようかな、、って言ってて、私も、電気オーブン買い換えたいな、、って言ってるんですけど、、、オーブンって試し焼きできるわけじゃないから、
買ったら、もう取り替えできない。
あとは、それに慣れるしかない、っていうか、使いこなすしかないんですよねー、、って、話をしてたんです。
電気オーブンの買い換えはともかくとして、自慢のガスオーブン、なんとか、使いこなしたいです。

菜種油パウンド、まだまだ、マスターにたどり着きませんが、課題が見えてきて、嬉しい楽しいお集まりでした。
復習はゆっくりやります。
まだまだ平日は慣れない職場で、半べそかきながらやってます。
楽しみがあるから、頑張れるのよね。。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-04-14 21:12 | パン



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧