<   2008年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧
ドイツのリンゴケーキ
f0095746_14582128.jpg

上の娘が「リンゴを使ったお菓子の中で一番好き」というケーキです。
タルトタタンより、アップルパイより、これだそうです。
パン教室の水野先生に教えて頂きました。
薄く広げた皮の中に生のリンゴ、レーズン、クルミを巻き込みます。

f0095746_14583760.jpg

教室では、水分を吸わせるためにパン粉を使いましたが、私は、小麦粉をまぶしました。
砂糖の半分重量でやってみました。
いい感じに、とろ~りとしてます。

f0095746_14585592.jpg

巻くときも、焼いている間も、何度も溶かしバターを塗ります。
見た目素朴なケーキですが、実はパイ並みにリッチなお菓子です。
粉と同じ重量のバターを塗り込むんですよ。

f0095746_14591672.jpg

娘には「美味しいけど、酸味も甘みも足りない。パンチがない」と残念そうに、何度も言われました。
酸味が足りないのは、紅玉の代わりにフジ使用、レモンも補わなかったのが理由でしょ。
甘みは難しい。。。。いったん煮てから使うお菓子は、味の見当がつくけど、生で使うのは、一応レシピはあるけど、リンゴの大きさも違えば、糖度違うので、微調整がうまく行かない。
これで、勘弁してくれ~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-11-30 15:13 | お菓子
クランブルケーキ2種(柿とバナナ)
f0095746_22303491.jpg

クランブルケーキを作りました。
きっかけは二つ、、、一つは先日、izumiさんに柿のクランブルケーキを頂いたこと。
もう一つは、上の娘が「チェコのお菓子」と言って手作りクランブルケーキを頂いてきたこと。
こちらは、クランブルの間にバナナが入っていました。
どちらも、カリカリタイプのクランブルではなく、しっとりタイプのクランブルでした。

けどね、、、全然違うの、できちゃいました。
半分カリカリタイプです。見た目から、しっかりカリカリしてるでしょ。
見た目よりはしっとりしていますけどね。
f0095746_22372360.jpg

izumiさんのはこれ。
なんかふわふわしたクランブルでしょ?アーモンドプードルが多いとこうなるらしい。。。
私も同じレシピ使ったはずなのに???しっかりタイプになりました。

クランブルとクランブルの間に、ジェノワーズのような生地が入っていました。
ま、とりあえず、そのイメージで。。。。

f0095746_22304462.jpg

底に、ふわっとクランブルを敷きました。
そのつもりだったけど、焼き上がり写真見たら全然ふわっとしてませんけど。

f0095746_22305620.jpg

真ん中に詰めたのは、メレンゲ入りアーモンドクリーム。
そんなクリーム有るかどうかは知らないけど、そうするとちょっとふわふわして、このケーキのイメージに合うんじゃないかと思って。
アーモンドクリーム150に対して、卵白50、砂糖10グラムです。

f0095746_2231515.jpg

そこに、柿を詰めます。
生の柿はアレルギー有って食べられませんが、どうやら加熱するといけるみたいなので、やってみました。
そしてまた、この上にクランブルをかけました。

f0095746_22312442.jpg

もう一つは、チェコのケーキ風のバナナクランブル。
ちょっと調べてみると、チェコに限らず、ヨーロッパって、クランブル使ったケーキ多いみたいですね。
クランブルとクランブルの間にフルーツはさんだケーキ、結構見かけました。
へえぇ、、、。

f0095746_22313646.jpg

クランブルの上にバナナのせて、こちらは間に何の生地も入れず、直接クランブルかけました。
だから、見た目も薄くなっています。
頂いたケーキも薄かったです。
でも、ふわっとした見た目はizumiさんのケーキに似ていました。
私のはこれもカリッとした見た目になっていますが。

f0095746_2231486.jpg

このメレンゲ入りアーモンドクリーム、ふわっとして結構美味しかったですよ。
クランブルもアーモンドたっぷりだから、上から下までアーモンドケーキって感じで、コクのあるおいしさでした。
柿は、、、、結局、切り口が意外に大きいのでびびって、食べませんでした。ほじって食べました。
娘に聞くと、「柿って全然インパクト無い」って言ってました。
バナナは、、、甘い甘いっ。濃縮されて甘い甘い。もう少しクランブルの割合が多くても良かったみたい。
今度作るときは、もう少しふわっとした食感目指したいと思います。クランブルはカリカリもふわっも、どっちも美味しいけど、一応、ふわっとしたのを焼けるようになりたいからさあ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-11-28 23:16 | お菓子
業務連絡
業務連絡です~
スマイルさん、nakanoさん、連絡下さい。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-11-27 19:52 | お菓子
マロンピュレのプリン
f0095746_1936568.jpg

これは、きっぱり失敗です。
と言いながら、すくったところをアップするのは、もしかしたら、誰かの参考になるかも知れないでしょ~。
いえ、「こんな方法もあるよ~」っていってくれる人もいるかもしれないでしょ、だから。

かぼちゃプリンと同じ作り方でサバトンのマロンピュレで作りました。
卵液にマロンピュレ混ぜた状態で、失敗の予感。
混ざらないの。なんというか、栗のマッシュの部分が浮きがちな感じ。
かぼちゃマッシュと同じじゃない?って、思うけど、違うんです。
感覚として、、、、小麦粉って水に溶けるけど、片栗粉ってとけないでしょ?
そんな違い?
いつまでも一体感が無いの。

で、それをシェノアで漉したら、、、、、今度は漉せない!
力尽くで漉してもうまく行かないから、最後は目の細かいザルを使いました。

f0095746_19371463.jpg

ね、駄目でしょ。
この時点で、駄目って、分かったけど、一応湯煎焼き決行してみました。
そしたら写真のように「きっぱり」分離しました。

かぼちゃでも見た目分離したようになることがあるけど、アレは一体感があり、口の中では同じものになります。
けど、これは「きっぱり」分離です。

とはいえ、食べられないほどではないから、ちょっとお化粧して妹のところに。。。。。
翌日妹から「美味しかったよ~、みんな喜んで食べたよ、栗とプリンのケーキ」ってメールが来ました。
やっぱり、きっぱり「栗とプリンのケーキ」だったみたいです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-11-27 19:50 | お菓子
リンゴパンとカレーパン
f0095746_20282513.jpg

「パンは自分で作るより買う方が美味しい」と思っていたのですが、パン教室に、お世話になってから、こんなへなちょこでも、「買うより作った方が美味しいんじゃないか?」と思い始めました。
私の場合は、天然酵母は年に数回、普段はドライイーストばかりだし、手ごねも年に数回、普段はHBばかり。
小麦粉は必ず国産を使うけれど、それ以外に、全然こだわって無いし。。。
ハード系はまだ焼けなくて、菓子パンと惣菜パンばかりだし。
でも、、、
「ああ、家で作ったパンって、美味しい」って粉の味を噛みしめがら、食べてます。

明らかに過発酵なツィストドーナツだけど、揚げたて食べるの、、幸せ。。。
f0095746_20283818.jpg

左は、皮付きリンゴジャムの上に、アーモンドクリームのせたもの。
できれば、リンゴジャムの下にクリームチーズを入れたかった。。。
パンって言うか、半分ケーキみたいな濃い味でした。
右は、ゆで卵の上に残り物カレーを乗せたもの。
これまた、濃いカレーの味がしました。

この二つ食べたら、濃厚さに、むせかえる気さえしました。
どちらも美味しかったけど、一度に食べるには、濃い濃い組み合わせでした。


ところで、izumiさんケーキ教室のメール発信済みです。
ご確認下さい~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-11-25 20:42 | パン
洋梨とバナナのタルト、キッシュ再び
f0095746_1673594.jpg

ブリゼ生地が2台分残っていたので、一つは珍しく、生フルーツのタルトにしました。
娘達に「めずらしいねえ」って言われたほど珍しいです。
なんたって、フルーツは焼くのが好きですからね。

15センチのセルクル高さ3センチです。
中に詰め物しようと思って、深めにしました。
生の洋梨とバナナが入っています。
これって、ほんとは、yuki先生のブログにのってたケーキのイメージで作りました。
しぼりが超へなちょこで、「センス無い」って言われたので、別物みたいに見ますけど、イメージは一緒なんですよっ。

f0095746_1674631.jpg




空焼きして、アーモンドクリームを半分くらい入れて焼きます。
そこに、ディプロマットクリームつめます。




f0095746_1675870.jpg





生の洋梨つめます。
ぎゅーぎゅーとね。





f0095746_1681976.jpg



その上にバナナ重ねます。
落っこちない程度にてんこ盛り。
その上に、ディプロマットクリームと生クリーム重ねます。




いやん、難しかったです。
作っている最中は、「もうこのデコ、絶対まとまらないっ」って思いました。
だって、クリーム垂れそうだし、バナナ滑り落ちそうだし、生クリームセンス無いし。

けど、できあがって粉砂糖ふって、リボン巻いたら、なんかいけてる気がしてきました。
リボンと粉砂糖、最強アイテムです。

味はもちろん美味しかったですよお。
洋梨の熟れ具合も良く、どのパーツもうまくいってました。
シュクレはいつも深く焼きますが、どうやらブリゼも深く焼いた方が好みらしく、これもしっかりやきましたら、うまいうまい~。
けど、「やっぱりフルーツ焼いた方が美味い」って上の娘に言われ、私もちょっとだけ、そう思いました。
f0095746_1683191.jpg

もう1台はキッシュにしました。
具は前回の残り物がほとんど。
エリンギとブロックベーコンと豚肉とアスパラとチーズです。
違いは高さのない型、普通のタルトリングを使ったことです。
バランス的に生地がたくさん食べたいと、リクエストが入っていたので。

f0095746_1684176.jpg

みかけピザみたいですね。
前回よりさらに深く焼きました。
ブリゼって砂糖はいってないから、焼き色つきにくいはずなのに、結構ついてます。
塩味もほどよく、好みの感じに仕上がりました。うまいっ。
めいっこが「美味しい美味しい」と、しかし、白々しくない程度に、ほめてくれたので、気をよくし、もちろん残りはお持ち帰りです。

f0095746_1733120.jpg

おまけ。
小粒さんちの日常です。

お客さんに来たてけさんが、小粒さんはずっとケーキばかり作って、いつまでたっても、おつまみが出てこないので自分でおつまみを作ってました。
ケーキの周りに置かないで欲しいのよねっ、、、って思うけど、テーブルには姪っ子がパソコンと資料広げて受験勉強中。
(なんで姪っ子が??って、まあ、それは小粒さんちですから)
で、そういう私も発泡酒飲みながら作業してるし、アルコールスプレーやら、リボンやら片づけられない女丸出しだし。
おつまみは「なんとかのカルパッチョ」とかじゃなくて、ホッケ!だし。
ケーキだけ撮ってると日常ばれないけど、急にこんな写真撮られたら、日常丸出し。
写真って怖いわね。
このあと、娘達が帰ってきて、私の妹も来て、受験勉強中の姪っ子はテーブルの上を片づけさせられ、そんな予定もなかったのに、、、手巻き寿司パーティーに巻き込まれていきました。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-11-24 16:38 | お菓子
キッシュの復習
f0095746_2330166.jpg

yuki先生のケーキ教室の復習です。
今回は「生地を食べたい」上の娘のために、生地やや厚め、焼きも少し長くしています。
自信のないブリゼ生地ですが、今回は上手にできましたよ~。
いつも、焼き縮みしてアパレイユ入らないくらいなんです。
セルクルは15センチ、高さ3センチです。
たっぷり具が入ります。
f0095746_23302960.jpg

ほら、焼き縮みしてないでしょ?合格でしょ??

教室で、タルトストーンをのせる紙に、スポンジ型用の丸い紙、、、あれ、使いました。
左上の方に少し見えます。
これ、いいわ。
今まで、リードのクッキングぺーパー使っていたのですが、厚みがあり、きちんとタルトの縁に添いません。がさがさして。。。
これだとよく円形に添ってくれます。

f0095746_23304255.jpg

教室では、2種類の塊チーズをカットして使いましたが、、、「あるものでいいですよ」とのお言葉に、、、、私のおつまみ用、クラッシュチーズを使いました。
クラッシュチーズって、えっと、きっと端っこチーズ、おっ欠けチーズですよね。
手軽にキッシュに使えます。

f0095746_2330556.jpg

一応教室で習ったように、具を均等に入れました。
いつもは、どどーっと入れるんだけど、今回はどこのカットにも、角切りベーコンやアスパラが入るように。
チーズたっぷりです。

生地さくさく具たっぷりで美味しかったですよぉ。
でも、娘は「バランス的に生地もっと食べたいから、薄いタルトリングがいいんじゃない?」と言ってました。
どんだけ生地、好きなんだろ。。。
f0095746_2331631.jpg

こちらは、試食で頂いた「リンゴとお芋のゴロゴロパイ」のイメージで作りました。
確か底に薄くアーモンドクリーム流して、、、って聞きました。
芋はどういう状態で入れるのかお聞きしてこなかったので、適当に。。
先にゆっくり時間をかけて茹でて、角切りにして入れました。

f0095746_23331758.jpg

けど、なんか違ったみたい。だいたい見た目が違うよね。。。
試食で頂いたときのお芋はとろんとしていたけど、こちらは、ほくほくです。
表面カリカリ、中ほくほく。。。
リンゴとお芋のかりかりほくほくタルトです。
お芋も違うし、下ごしらえも違うんですね、きっと。
今度教わってこようっと。

ま、それはともかく、、ブリゼ生地焼き縮みしないで焼けるようになったら、急に強気になりました。
おほほ~。私ってブリゼ生地、好きだったかも。
今度は何作ろうかしら。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-11-23 00:04 | お菓子
栗のチーズケーキ
f0095746_2241868.jpg

先日モンブランで使ったマロンピューレ、まだまだ残っています。
マロンクリームはたっぷり砂糖が入っているからいいけど、こちらは無糖だから、焦っています。
そのまま味見すると糖度はかぼちゃマッシュくらい??
じゃあ、かぼちゃ使うレシピはほとんど代用が利くよね。

ってことでチーズケーキにしました。
かぼちゃのチーズケーキ大好きだから。

これ、焼き上がったときの見栄え見たら、相当凹みました。
嫌気がさして写真も撮りませんでしたが、どうぞ想像力を働かせてください。
このリボンの下の方に見える生地の色、これが全部、全部なんです。
かぼちゃチーズケーキみたいに可愛げのある黄色とかじゃないんです。
とぼけた薄いココア色というか。。。

でも、諦めずに粉糖ふって、同系色のリボンつけてみたらなんとかまとまりました。
f0095746_22432100.jpg

やっぱり諦めちゃ駄目よね。
前にizumiさんに「ケーキ上達のコツは?」って聞いたら
「人に教えること、お金を取って食べてもらうこと、ブログを続けることかな」って話でした。
確かに、そうなんです。
これ、ブログやってなかったら、さっさと切って食べてたと思う。
だって、味、一緒なんだもん。
そこを一頑張りしたのはブログやってたからですね。
少しでもきれいな写真撮りたいもんね。
いろいろ情報もらうことも多いし、ケーキオタクの友達もできるし、いいことだらけですわ。

味は、かぼちゃのチーズケーキとまさしく同じ。そのまんま栗になっただけです。
ほろほろの食感と、ほのかな栗の味の上品なケーキです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-11-19 22:23 | お菓子
洋梨チーズタルトとプチモンブラン
f0095746_18593991.jpg

昨日アップしたフタつきタルト2種、それぞれにあまりが出ていました。
シュクレ生地とチーズクリーム少量とアーモンドクリーム少量。
そこで、引き続きそれを使い切るために作ったケーキです。
その割にはどんぴしゃりな量で使い切れ、その割にはきれいなケーキに仕上がり、満足です~。
味?あ、それも、美味しかったです
f0095746_18595082.jpg

チーズクリームの残りは少量だったので、上にフルーツを飾るあのタイプ、あれなら少量でも行ける、仮に足らなくてもごまかしが利く!と言うことで、この形にしました。
焼き上がると縁より真ん中が下がる感じになるので、フルーツが飾りやすいのです。
もちろん、シュクレ生地はから焼きしてますよぉ。

f0095746_190292.jpg

洋梨に少量の砂糖を入れてレンジで加熱しました。
鍋で煮ると、この柔らかいフルーツ、崩れるなって言う方が無理でしょ。
その汁と粉寒天で上掛け作りましたが、あまり効果無かったみたい。全然ピカピカしてませんね。
この軽く煮た洋梨の水分とチーズがマッチして、うまいうまい。。。
フタつき巨峰のチーズケーキとは、別の生地みたい。
チーズがしっかりしまっているからね。

f0095746_1901311.jpg

ごくごく少量残ったシュクレ生地とアーモンドクリームは8センチのタルトリングでまず土台作り。
シュクレ生地もアーモンドクリームもぴったしの量だったときは嬉しかったなあ。
ちょびっとだからって、捨てないで良かった。
こんなに小さい型でもやっぱり空焼きしてます。
f0095746_1902878.jpg

マロンクリームとマロンピューレと生クリームを見た目同量合わせてホイップして、塗りたくりました。
いつもなら、中に生クリームの層も作るのですが、さすがに小さすぎて面倒だったので、省略。
それでも、十分美味しかったです。
アーモンドクリームの生地の味を堪能できます。

いつも材料が少量残ったときは、そのままマフィンカップに入れて焼いちゃったりします。
おまけのお菓子として。
でもね、余力のあるときは、この生地で何ができるかしら??って、考えながら、できるだけ「ケーキ」の形に仕上げるように頑張ります。
「この量ならこの型にちょうど合う」とか、「この土台ならこれだけクリーム作ればいい」とか予想したり目測するのが、スリリングです。「駄目なら見た目どう誤魔化すか?」とかもね。
これって、とても楽しいし、勉強になります。

というところで、先日モンブランタルトで開けたマロンピューレの缶、あれが残ってます。次はあれだな。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-11-18 19:33 | お菓子
izumiさんケーキ教室と猫その後
f0095746_2255342.jpg

izumiさんケーキ教室決定しました~。
ケーキオタクの4名様が申し込んでくれました。
スマイルさん、kuuさん、tortaficoさん、Nakanoさんです。楽しみですね~。

12月7日までにはまだ間があるのですが、追加募集はしないことにしました。
なんたって、初めて開催ですから、さっさと人数決定して、さっさと手順も決めちゃおうと。
4人って、なんか緊張しないですみそうだし、いい感じじゃないですかぁ?

最初に、人数が少ないときは午前の部のみにさせて頂きます、、、と、書いたのですが、
なんと、、、、全員、午後の部ご希望様。。。。どーしよう。。
ということで、折衷案で
「12時開始」にさせて頂いてもよろしいでしょうか?ちょっと小粒家の事情です。

4名様、この記事にコメントお願いします。ごめんよぉ、ひとりひとりのところに行かないで。
小粒さん、ケーキ作り以外はめんどくさがり屋なの。。。
ブログのURL分かる形でコメントお願いします。
あ、それとメールアドレスお知らせください。地図など連絡事項、お送りします~。

私のパソコン机の下から、じっと上を見上げているジャム。
f0095746_2293346.jpg

利口な子なのか、私にはエサをねだりません。
じっとお気に入りのこの場所で、娘達の帰りを待っています。
足音が聞こえると、だっと飛び降りて、にゃおにゃお言いながら駆けていきます。
早く寝る下の娘と一緒にベッドに入り、上の娘がベッドに入る頃にはそちらに移り、
下の娘が起きる頃にはそちらに戻ってエサをねだり、
下の娘が学校に出て行くと、もう一度上の娘のベッドに戻って眠るようです。

私は「ぐにゃぐにゃ温かい生き物と一緒に眠る」とか「ザラザラの舌で舐められて起きる」とか、猫飼いの特権を放棄しました。
だって、私が一番長く家にいるんだもん、普通に過ごせば、猫は私の猫になってしまいます。
だから相当の覚悟で特権を手放し、同時に自由を保ちました。
これで無事、猫は娘達の猫になりました。。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-11-17 22:43 | お菓子



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧