<   2008年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧
yuki先生のティーパーティー
f0095746_0245258.jpg

今日から3日間は私にとって、ご褒美の日。
まず一日目。今日は、yuki先生のお教室のティーパーティー
退院してきた父のこれからのこともあり、パーティーの前後は、動き回っていました。遅刻していき、それに、お先に失礼して、ちょっと申し訳ありませんでしたが、私にとっては、ホントに自分へのご褒美の時間でした。

ね、ステキでしょ。
これ、今日のメンバー4人のためだけに用意されたケーキなんですよ。
1回4人限定。昨年は、抽選から外れましたが、今年は先着順で、ラッキ~!!
f0095746_0252576.jpg

今日のメニューです。見せびらかしましょう。
前菜は、ふじみ野マダムのあいだで「カリスマ料理研究家がお仕事を再開されたらしい」と噂のkeiko先生が作ってくださったそうです。

f0095746_0254859.jpg

おお~、美しい。
ゼリー寄せがとっても、おしゃれじゃないですか。
レバーペーストも美味しいしく、yuki先生のパンとこれがまた、ピッタリ合うんです。yuki先生、パンもお上手です。
私は、ローストビーフをくるんと巻いたナスとミョウガの一品が一番好きでした~。
我が家のパーティーは、なんでもかんでも、大皿盛り。
イタリアンだろうが、フレンチだろうが、結果は全部、中華料理屋さんの宴会コースみたいに大皿盛り。
いやあ、、、、全然違うわね。
f0095746_026976.jpg

これは、私が取ってきた第一のお皿。
私は「好きなものから食べる」タイプ。
一目見たとき、一番食べたかったのは、カボチャのキャラメルームース。
予想通り、うんまい~。yuki先生としては珍しく、リキュールを使った一品でした。
オレオ入りのレアチーズは、「普通はカップデザートでしょ」っていうくらい、とろんとろんのレアチーズ。オレオがよいアクセントでした。
f0095746_0262249.jpg

そうそう、これ、ケーキの飾りに立体感を持たせる工夫、発泡スチロールの脚です。
すごおおい。平面に並べるより、うんと豪華な感じがでますよね。
yuki先生、天才。
ギリシャ神殿みたいです。「トイレットペーパーの芯?」なんて言ってごめんなさい。
小粒さんは、センスなし、生活感丸出しなのよお。。。
でも、きっとこれ真似します。で、無意味に2段重ねに、ケーキ飾って、写真撮ったりして喜んでます。
そこだけ真似しても、生活全体は、全くおしゃれに変化してないから、写真に写らないところには、普通に、醤油差しとか、お茶碗とか置いてあるかも知れません。
いいの、いいの、形から真似することも大事なんだから。
だって、お教室仕様の作業台も、真似しちゃってますしぃ、もう、一歩です。

どれもこれも、美味しかったです。これだけ準備はいくらプロでも大変ですよね。
幸せです。夏の間ずっと楽しみに過ごした甲斐がありました。

さて、明日は、長野にルバーブ狩りです。これも、ホントに楽しみ。
父と母が気がかりですが、帰ったらまた、頑張ります。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-08-31 01:12 | お菓子
イチジクのぺたんこタルトとモンブラン風タルト
f0095746_034521.jpg

先日のバナナタルトが美味しかったので、今度はイチジク。
生地は苦手な、ブリゼ生地。
味は大好きなんだけど、焼き縮みするし、シャープな縁が立ち上がらないし、苦手意識が強い生地。
とはいえ、ぺたんこタルトで作るなら、焼き縮みしても平気平気。
f0095746_035862.jpg

ぺたんこなまま、一度から焼きしました。
その上に薄くアーモンドクリーム塗って、イチジク乗せて、砂糖をふってます。
イチジクもクリームも薄いからから焼きしなくて平気かな、、と思ったけど、一手間かけました。

うまいっ~!!
生地はパリパリサクサク、生地とバランス取れたクリームとイチジクの量。
うんまいっ!
みかけはさえないピサだけど、味は上等よ。

f0095746_041263.jpg

同じ生地と、先日残っていたマロンクリームを使って、タルト風モンブラン。
イチジクタルトもあるので、小さいのを3個作っただけです。
いつもは、生クリームとマロンクリームの2層構造にするけど、今回はマロンクリーム乗せただけ。
f0095746_042645.jpg



アーモンドクリーム詰めて、共焼きしました。





でも、途中でタルト生地の色の付き具合が不満で、型を外しました。
ほら、アーモンドクリームの色づき具合に比べて、タルト生地の方が白いでしょ。
やっぱり、一手間かけて先にから焼きすればよかった。
こんなに小さいから大丈夫かと思ったけど、、やっぱり、から焼きした方が美味しいです。

いや、でも、どちらも美味しかったわ。
やっぱり、タルトって美味しい。ブリゼ生地、むまいっ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-08-30 00:47 | お菓子
バナナタルトとバナナロール
f0095746_21472247.jpg

何がなんだか分からないですよね、でも、美味しそうでしょ。
バナナタルトです。
シュクレの2番生地と、冷凍保存の中途半端なクランブルで作りました。
クランブルの量が足りないので、スライスアーモンドも乗せました。
f0095746_21474262.jpg

おおざっぱに丸くのばした生地。
シナモンもかけました~。
f0095746_2147586.jpg

縁だけ焦げちゃった感があるけど、ここもまた、食感と香りと味のアクセントになり、なかなか良いです。
縁いっぱいまでバナナとクランブル乗せようかどうか迷ったけど、乗せなくて正解だったみたい。
アーモンドクリームも使ってないけど、美味しい。
どうして、こういう単純なお菓子なのに、美味しいんでしょうねぇ。
ああ、果物ってどうして、加熱するとこんなに美味しいんでしょう。
f0095746_21512084.jpg

バナナが残っていたので、バナナロール。
生地は、izumiさん風。先日のモンブランロールの「しっかり混ぜる」から「ややしっかり混ぜる」に変更。
おお、なんか、かなりお手本に近くなってきた気がする。
偶然でもよし、偶然を積み重ねて、本物になるんだぁ~!
クリームと果物とのバランスは、、、イマイチ。
この生地は、もっとたくさんのクリームとフルーツと合わせた方が生きる気がします。
巻ける限界までのフルーツとクリームが、似合う生地。
それくらいたっぷり巻き込むためには、きれいな「の」の字になることはあきらめて、楕円ロールでもいいんじゃないかと思う今日この頃。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-08-27 22:30 | お菓子
モンブランロール
f0095746_2238594.jpg

モンブランを作ろうと思ったけど、根性が無くて、ロールケーキになりました。
根性って言うか、、、あの、ソバみたいな絞り出しと格闘する気力がなかったの。
だって、あれ、上手にできたこと無いから、確実に凹むでしょ。
心に余裕があるときは、それさえ、笑えるからいいんだけど。

f0095746_22382053.jpg



ほら、これ、ボンヌママンのマロンクリームの大きい方のビン、3本。




てけさんがコストコで、お土産買ってきてくれました。
かなりお安く買えるらしい。
で、「モンブランでしょ~」ってことになりました。
それに、栗蒸し羊羹のために買った栗の甘露煮もトッピング分くらい残っていましたし。

f0095746_22383735.jpg

中に巻き込んだのは、マロングラッセと、ロール生地の端っこの切り落とした部分。
柔らかいものを巻き込むのって、すっごく難しい。。。

スポンジ生地はizumiさん風。未だにマスターできていません。
多分混ぜ加減が分かっていません。今回は意識的にしっかり混ぜたら、なんか、目が詰まっています。うむ、もうちっと、軽く混ぜるのかぁ、、、。

クリームはマロンクリームと生クリームを合わせたもの。
いい気になって、たくさん使いすぎたようで、少しばかり甘く感じました。
何事もバランスが大事ですね。

f0095746_2238487.jpg

全体の写真はどれもこれも、ピンぼけ気味で、やな感じ~。
「目の詰まった生地」もこれじゃあ、分からないなあ。あら、かえって良かったかしら。

「今度はタルトのモンブラン作って」と娘のリクエスト。
うん、いくらでも、できるよお。3本有るからねぇ。

病院に寄ってから家に帰ると9時。
でも、ケーキが作れるのは娘達が夕飯作ってくれてるから。
ありがたいわあ。だから、私も母を支えられる。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-08-25 23:28 | お菓子
栗蒸し羊羹
f0095746_17212749.jpg

羊羹は、寒天使った羊羹より、蒸し羊羹の方が好き。
で、「チョコエンゼルケーキ」と同じサイトから、また、レシピを頂きまして、作ってみました。
コメントによりますと、「作るのは意外と簡単。問題はきれいに作れるかどうか」だそうです。
だから、細心の注意を払って、レシピ通り作るべきだったのに、「弱火の蒸し器で50分、めんどくさい~」と、勝手にレンジに変更してしまったので、、、、やっぱ、ちょっと問題が。。。

表面が、ぶくぶくっ、、、と、下から波打ってしまった。やっぱ、レンジで強烈に加熱したからよね、きっと。
その上、中央部と周辺部、熱の通り具合がちがいました。途中で混ぜるわけにもいかないしね。。。

でも、ま、いいかあ。
もっちりしていて、「蒸し羊羹」って感じでしたよぉ。
f0095746_17213894.jpg




写真撮る前に、一列食べちゃいましたけど、この型使いました。






この加熱用の型を買ったから、使ってみたかったってこともあります。
だって、蒸し器でやるなら、ステンの流し缶でやればいいんだもん。
これが、使いたかったのよ。
それにね、タッパーとか、ガラス容器だと角が丸くなるでしょ。
角々しく、やってみたかったんです。

f0095746_17215234.jpg

ちょっと病院の付き添いしてくれてる人にひとくち、お土産。

父の病院は個室から多床室に変わりました。
どういうシステムだか、部屋に一人付き添いしてくれてる人がいます。
おかげで24時間家族での付き添いをしなくても良くなりましたが、食事に手間がかかるので、3食の時間だけ、交代でついています。
、、、日本の病院の「完全看護」のシステムの、闇と光の部分を見る気がします。

f0095746_172266.jpg

で、箱の左側に映っているのが、前回、大感激したアーモンドクリームのケーキ。
いい気になって、たくさん作ったら、今度は、イマイチ。
どうしてだろう、底もクランブルも中身も、超アブラギッシュ。
かりっと焼き上がらず、持てば崩れ落ちる感じ。
まずくはないですが、ちょっと、ショック。。。
心当たりは、、、、、前回の倍の巨峰を入れたことかなあ。。。。

さて、病院の夕食当番、行ってきま~す。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-08-24 17:45 | お菓子
ホワイトチョコエンゼルケーキ
f0095746_2363956.jpg

まだまだ余っている卵白消費の為に、ホワイトチョコエンゼルケーキ。
これこそ、見た目は、普通のシフォンケーキでは有りませんか?

レシピは昨日のレシピから砂糖を10グラム減らしただけ。

f0095746_23122029.jpg




ホワイトチョコと油は湯煎で溶かしておいて、、






f0095746_23123475.jpg




メレンゲは、やわらかめに立てておいて、、、






f0095746_23124541.jpg




同じ羽で、粉とお湯を練る。
さらに、チョコも加えて練る。






f0095746_23125452.jpg




で、メレンゲとあわせて、、、、


合せ方粗かったみたいね、泡だらけだわ。。。
どうなることやら。。。



f0095746_231359.jpg





一応、ほどよい膨らみ方にはなったけど。。。




切ってみたら、やっぱり、大きな泡だらけ~。
でも、しぼみもせず、形はキープ。
常温でも冷蔵庫でもふんわりしているのは、水分が多いからではないでしょうか。

f0095746_2365343.jpg

昨日のチョコ味のより、うんと、「メレンゲっぽい」感じがします。
ケーキとしては失敗ではないと思いますが、メレンゲしゅわしゅわ苦手な私としては辛い。
やっぱ、普通のチョコのほうが、メレンゲ味を隠してくれるみたいです。
けど、これが好きな人もいるとは思います。マシュマロみたいな食感で、軽い甘さです。

娘達は、「何入ってるの?ホワイトチョコ?要らない~っ」でした。
ホワイトチョコは「ニセモノっぽい匂い」が嫌いなんだって。
これだけ写真を載せておいて、こういうのもなんですが、作るなら普通のチョコの方が無難です。
次に卵白がたまったら、粉を増やすか、水分を減らしてやってみたいと思います~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-08-21 23:28 | お菓子
チョコレートエンゼルケーキ
f0095746_22365954.jpg

チョコシフォンケーキみたいでしょ。
まあ、同じようなもの、卵白だけのシフォンケーキかな。

卵白だけのケーキ、エンゼルケーキというのかしら、あのしゅわしゅわ感が苦手で。。。
でも、「チョコ入れるとずいぶん違いますよ」とyuki先生が、ずっと前におっしゃっていたので、余り卵白をやっつけるために、ネットでレシピを探しました。
色々ありましたが、こちらを参考にさせて頂きました。
エンゼルケーキという名前では珍しく、水分と油を使ったケーキで、シフォンケーキに近い感じがしたからです。

こちらは、レシピの作成者は急逝されたそうですが、そのサイトをネットの仲間が運営しているそうです。
なんだか、しんみり、じんわり。。。
f0095746_22371786.jpg

しゅわしゅわ感をさらに、押さえるために、粉を増量。
その粉のグルテンをさらに出すために、水も増量。
食べた感じは、以前作った「蒸しパンみたいなチョコシフォン」より、数段、チョコシフォンみたい。
常温で食べるとふわふしっとり。冷蔵するとやや締まるけど、それでも、ふんわり。
なかなかいいかも~。
チョコシフォンの時は何が怖いって「メレンゲ蜘蛛の巣」。
今回はそれも、なし。大きな穴はあるけど、まあ、味に支障はなし。
おお、なかなか、気に入りました~。
今度はホワイトチョコで作ってみようっ。

薄力粉  90グラム
チョコレート 70グラム
喜界島粗糖 70グラム
卵白    160グラム
湯       70グラム
サラダオイル 40グラム
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-08-20 23:05 | お菓子
抹茶小豆シフォン
f0095746_22571376.jpg

抹茶ロールケーキで小豆缶が余っていたので、それをシフォンに焼き込みました。
izumiさんのプレーンシフォンにそのまま小豆100グラムと抹茶6グラム入れただけ。
砂糖は減らすべきかと迷ったけど、小豆も入ったけど、抹茶も入ったから、体感糖度はプラスマイナスゼロだろう、、、と判断しました。
実際の糖度、グンと上がってますけど。
みなさんにコメントを頂く前だったので、やっぱり、これも、抹茶は水で溶いて使いました。

なんちゃんも、ふーみんさんも、「小豆缶入りはうまくできる」って、確かおっしゃっていたような。。。
味はしっとり、甘みもちょうどよかったです。
生クリーム添えて食べたら、「やっぱ、シフォン頑張ろうかしら」って気持ちになりました。
でも、このボコボコ空いた穴がねえ、、、、。なんちゃんのは、全然違いましたよぉ。
なんで、こうなるのかしら~??
f0095746_22552886.jpg

そうそう、昨日、スポンジとバターの焼き菓子はフレバー系をあまりつくらないって、いいましたけど、シフォンは、フレーバー系、混ぜもの系、がんがん作ります。
でも、フルーツ果汁は、「苦労する割には、ぱっとしない味」から脱することができないので、しばらくお休み。
抹茶やチョコ、ナッツや紅茶などでいきたいと思います!
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-08-19 23:12 | お菓子
抹茶のロールケーキ
f0095746_20323353.jpg

珍しく抹茶味のロールケーキを作ってみました。
スポンジとクッキーやフィナンシェなどの焼き菓子は、ほとんど、フレーバー系を作りません。
これ、ちゃんと理由があるんです。
スポンジで作らない理由は、、、、、プレーンでも自信がないので、そこまでたどり着かないんです。泡がしぼんじゃうっ、焼き色が分からないっ、、って。
焼き菓子で作らない理由は、、、、、ともかく、バターの香りをこよなく愛しているので、バターの香りが、薄まっちゃう~っ、あ、もったいないっ、、、ってわけなんです。

今回は、yuki先生のレッスンのスポンジ。
前回桃のロールケーキは、なんだか上手にできた気がしたので、思い切って、抹茶風味に挑戦。
しかし、抹茶って、「粉と一緒にふるう」って本によく書いてあるけど、あれ、ほんと???
いつもムラができますよ。
今回は、少量の水で溶いて、粉を合わせるときに泡立てた卵に入れました。
ほんとは、どのタイミングで、どうやるのがいいのかしら??

f0095746_20325597.jpg



今回のレシピ、卵はグラム表示でした。
これ、助かります。





だって、生活クラブの卵、こんなに大きさが違うんです。
殻ごと計量すると、小さいのは52グラム、大きいのは72グラム、、、。
これって、「お菓子は化学反応」と思っている私には、誤差と言うには大きい数字。
いつも、「この大きいのと小さいのを合わせるとちょうど、普通の2個くらいかな?」って悩みながら選んでいます。
f0095746_2055234.jpg




クリームは「ゆで小豆」缶100グラムと生クリーム100グラムを合わせました。




「ゆで小豆」って言うのが不思議なんだけど、、、これって、どうみても、「粒あん」よねえ。
ゆで小豆缶も生活クラブ。クリームはタカナシ47パーセントです。
うんまぃ~っ。
弾力のある生地と、このクリームよく合ってます~。満足じゃあ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-08-18 21:08 | お菓子
巨峰のアーモンドケーキとタルト
f0095746_2348225.jpg

感動的に美味しかったので、切り口から。。。。
巨峰の汁が、とろんしたたり落ちそうで、その汁とクリームチーズの酸味と、アーモンドクリームの濃い深い甘さが、たまらなく、美味しい。
アーモンド入りのクランブルも輝くようでしょ?

f0095746_23432778.jpg

これ、実は大して期待してなかったおまけのケーキ。
タルトを作って余った材料をプリンカップに流して焼いただけ。
タルトとの違いは、シュクレ生地を敷いてないこと、アーモンドクリームに厚みがあること。
いつも浅いタルトでしか焼いてないから、厚みが違うと、別の味わいになることにびっくり。
それが、とても贅沢に美味しくて、いったん口から外して、しみじみながめてしまったほど。

これだけ、たくさん作りたいけど、これでカップケーキ作ったら、そりゃあもう、マフィンどころの材料費じゃないわね。
、、、、でも、きっと作ります。。。。
f0095746_23434193.jpg

こちらがメインになるはずだった、巨峰とクリームチーズのタルト。
巨峰もクリームチーズもクランブルも、マフィンの残りがあったから。

もちろん、これも美味しいです。
私の好みとしては、フルーツ焼き込みタルトの中では1位2位。
タルト屋さんになりたいと、しみじみ思う一品です。
f0095746_23435195.jpg



いつもアーモンドクリームをあふれさせてしまうので、今回は慎重に。




タルトの高さの半分くらいしか入れませんでした。
それでも、巨峰とクリームチーズたくさん入れてるうちに、溢れかえりそうになりました。
f0095746_2344321.jpg

クランブルのレシピって、どれもこれも変わらないだろ、、、って、いつも、適当なのですが、今回のはいつもより美味しい気がします。ARIさんのマフィン仕様です。他のレシピとそんなに違ったかな?それとも、作り方がたまたまうまく行ったのか分かりません。

さて、「不良卒業間間近」「めざましい成長ぶり」と、それはそれは、大きな期待を寄せた母ですが、まあ、基本的には、わがままぶりは変わらず、「そーだよな、人間、そう簡単に人格が変わるはず無いよな」って、思いなおしてます。
夏休みで毎日家でごろごろしているので、ぶつかることの多い今日この頃。
でもね、家にいるってこと自体が、大きな変化よね。ありがたや、ありがたや。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-08-17 00:17 | お菓子



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧