<   2008年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧
プレゼントのお菓子たち
f0095746_20593620.jpg

送別会が続いていて、お菓子はじっくり作れていませんでした。
でも、今日は、いよいよ最終日。
定年退職の人や、娘みたいな若い仲間が去っていく日。
ということで、、、簡単にできるものばかりですが、ちょこちょこと作りました。

しかし、この画像、反射して何がなんだか分かりませんね。
朝、慌てて写真を撮って飛び出していくものですから、まあ、こんなもんでも勘弁してね。

f0095746_2102115.jpg



まずは、クッキー。
ボーン型はmomoちゃんに教えてもらったキャラメルクッキー。






ハート型は、ぴよこさんに教えてもらったオートミールとブラウンシュガーのクッキー。
どちらもカリポリ系の後引くクッキー。
四角いのは、yuki先生レシピのチーズペッパークッキー。
白いのは、加藤千恵さんレシピ本の「ピーカンナッツ」をアーモンドパウダーに変えたスノーボール。
いつも作る、リッチ系のクッキーは今回はなし。どちらかというと味わい重視の地味系。
(単に間に合わなかっただけ、、、、)

そこで、リッチ系の焼き菓子を添えることにしました。
f0095746_20595691.jpg



yuki先生レシピのフォンダンショコラ。
あれぇ~!!
真中が全部おっこってるぅ~。





f0095746_210747.jpg





えい、しょうがない。
穴が空いたら、ふさぐっきゃない。




職場の友人がくれたお手製イチゴジャムをのっけて、まるで、はじめからこうしたかったみたいに演出。
あたしって、最近、こういうごまかし方上手になった気がする。

お花の形のフィナンシェのレシピは、イル・プルの教室で習ったレシピ。
砂糖を「喜界島粗糖」に変えたので、量を減らしました。グラニュー糖に比べて、味わいが深いため、減らしても十分濃く甘く感じます。
喜界島粗糖はizumiさんのおすすめのお砂糖。
これ、上手に型離れするようになったのは、sunapiさんのアドバイス。
どれもこれも、みーんないろんな人に教わってできるようになってきました。
ほんと、ありがたいわ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-03-31 21:17 | お菓子
シャルロット・ショコラ
f0095746_2139246.jpg

そう言う名前かどうかは分からないけど、ちょっと気取って書いてみました。
先日教わったシャルロットの分量は2台分だったので、一台はイチゴ、数日遅れて、もう一台はチョコレート味です。
クリスマスに教わったショコラノエルのムースがそのまんま入っています。
チョコムースと紅茶ムースとガナッシュタイプのナパージュです。
f0095746_21392110.jpg




仕上げのお化粧って大事ね。






紅茶ムース流しただけじゃあ、ぼこぼこで見られたもんじゃない。
でも、ナパージュすると、それがたいして上手じゃなくても、なんだかオシャレに見えますもんね。

f0095746_2139356.jpg




スパッときれいには切れていませんが、、、おいしかったです。





教わったケーキはどれもこれも、応用が効く便利なものなので、こうやって時々、復習をかねて組み合わせて楽しんでいます。ありがたいです。
ビスキュイとムースって、最初はハードル高かったですが、やってみると、応用は効くし、作り置きできるし、型抜き苦労しなくていいし、デコレーションも苦労しなくていいし、便利かも、、、です~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-03-27 21:58 | お菓子
残り物ですが、、、
f0095746_2128543.jpg

イングリッシュマフィンで作るパン、成形要らずなのに、見栄えも良くて、すっかり気に入ってしまいました。
で、冷蔵庫にあるもので、ちょこちょこっとできます。

先日のキャラメルリンゴロールのときの残り物のリンゴパン。
アーモンドクリームは冷凍庫または冷蔵庫にほとんど常備してあります。
それから、カレーマヨパン。
カレーパン作って、と言われて面倒でこれになってしまった。
先着1名様だけあんパン。あんこも常備しております。
f0095746_21282265.jpg




煮りんごが足りなくなったので、あんパン。
これもマフィン型に入れてみました。




f0095746_2129149.jpg



ひき肉と玉ねぎとジャガイモをカレー風味に炒めただけ。
ジャガイモは「インカのめざめ」。






f0095746_21291520.jpg





でも、それだけだと、ちょっとスパイシーだったので、マヨネーズでマイルドに。。。





f0095746_21293167.jpg



焼きあがってすぐ、型から外そうとして、あまりの熱さに慌てたら、煮りんごが滑って落ちて、それが手にくっついた~!!
あちいぃ~。



おまけに型に一部パンがくっついて裂けてもうた。。。
仕方ないので、全部開いて、「ちょうど中を見せようと思ってたのよ、私」と、今の失敗を正当化して、写真を撮りました。
どれもこれも、美味しかった~。

教室で習ったパン、そのまま作ってなくてごめんなさい、先生。
生地はHBで作っていて、ごめんなさい。
でも、感謝してます。おかげで、応用効くようになって、お家で焼きたてパン食べられるようになりました。
お教室の水野先生の弾丸トークは有名なんですけど(多分)、、先生のブログをご覧になっていただくと、もう、それが十分、想像できちゃいます。まったく、あのブログの通りに、先生は、おしゃべりしながら、猛烈な勢いでパンをこねて、走り回っておいでです。
3月は忙しくて、お教室行けませんでした。だからその分、4月が楽しみです。

f0095746_212945100.jpg

これも残り物。
シャルロットに入りきらなかったイチゴムースと、あまり生地で焼いたハートのビスキュイ。
可愛いハートで嬉しいわ。
ビスキュイにムースを塗りたくりながら、頂きました。

あ、そうそう。
イングリッシュマフィン型で焼くパン、ちょっと油を塗るのを忘れたので、洗うのが面倒でした。
「この前も、おんなじことやってたよね、同じことしないでよ。ちゃんとしてよね」と洗い方の上の娘に文句言われました。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-03-26 21:59 | パン
シャルロットフレーズ
f0095746_2213251.jpg

先日のシャルロットフレーズの復習です。
、、、、って、冷凍イチゴジュレを、ぽちっ、と注文したのですがまだ届かず、待ちきれなくて自家製簡単イチゴジャムを使いました。
その上、生クリームもギリギリの量しかないし、生イチゴも無かったからデコもデザイン変ってしまいました。

f0095746_22132659.jpg



イチゴジャムをピュレにしてみましたが、発色、悪いよね。





ほとんどのケーキ屋さんは、生イチゴを使っても色粉を足しているそうです。
イチゴジャムと生クリームは同量くらいにしました。
f0095746_22162744.jpg

ムースにして流し込んでも、当然、さらに発色悪い。表面は凸凹だし。
悲しい~。ジャムはこんなに色鮮やかなのにね。
生イチゴも生クリームも無いので、ジャムもゼリーにして、上にかけてコーティングすることにしました。
ところがね、、、冷たいムースに、熱いゼリー流したら、ムースが溶けて、下から白い色吹き出してきてしまいました。。。あほだぁ。。
慌てて、まるで、デザインしたみたいに竹串で、噴出したムースをグルグル円状に描きました。
ごまかしきれたかしら?
ホントは、勝手に溶けたムースってバレバレ??
f0095746_22134287.jpg


切り口はこんな感じ。
色、ちょっと寂しいね。






上の娘の感想。
「この前のより甘い。この前のよりクリームっぽい。冷凍ピュレかイチゴジャムかの違いは分からない。どっちも美味しいけど、この前の方があっさりしている」だそうです。
おおかた、当たってそうです。
甘さは、レシピと記憶を参考になめながら決めたので、自信なかったけど、そんな気はしていました。
クリームは、レシピは乳脂肪分35パーセントだったのですが、冷蔵庫にある47パーセントを使ったので、そうなるかな、、とは思っていました。

冷凍ピュレ届いたらとりあえず、忠実に復習してみようっ。
その後、生イチゴで「あっさり色よく」作れるようにやってみようっ。。。。。って、イチゴの季節終わっちゃう。間に合うのか??
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-03-25 22:34 | お菓子
リンゴのキャラメルロールケーキ
f0095746_20442963.jpg

またまたチャレンジ、izumiさん風ロールケーキ。
かなりizumiさん風になってきたような気がして、すごく嬉しいケーキです。

まだまだ混ぜ具合とか、焼き加減とか、自信ないのですが、それでも少しずつ前進しています。
本当は毎日でも焼きたいのですが、食べきれないし、、、材料費も高くて。。
卵はいいけど、クリームとフルーツが、ね。
んじゃ、スポンジだけ焼くか??
でも、izumiさん風のスポンジって、クリームとフルーツと合わせることを前提にしたバランス重視のスポンジだから、やっぱり最後まで仕上げたいし、、。

f0095746_2044499.jpg



と言うわけで、お高めイチゴは見送り、冷蔵庫で味がボケ始めていたリンゴを巻き込むことにしました。




なんちゃんやぴよこさんもやってたから、食べてみたかったしね。
バターと砂糖で軽く煮て、、、、。

f0095746_2045411.jpg





キャラメルクリーム、垂れてる垂れてる。。。






f0095746_20452464.jpg

いつも、ロールケーキのデコレーション悩んじゃいます。
ともかくケーキの乾燥が一番嫌なので、スポンジむきだしはしたくない。
すぐ食べきれる場合はいいけど、うちは絶対残るので。
だから、いつも全体にクリームを薄く塗るのですが、そうすると、翌日には「外側のクリームがおいしくない」と指摘を受けます。
多分ショートケーキなどと違って、薄く塗っている分、酸化??劣化??が早いのだと思われます。
今回は、クリームつけずにラップでグルグル巻きです。
「ロールケーキの周りに塗らないで、トップにだけ、クリームを絞る技」はどう保存していいか分からないので、未だにやったことがありません。。。。
あれ、どうやって保存してるんだろ、すぐ食べちゃうのかな。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-03-24 21:05 | お菓子
シャルロット・フレーズ(ケーキ教室)
f0095746_9134662.jpg

昨日は、yuki先生のケーキ教室。さすが、yuki先生、あんなに簡単なのに、こーんなに見栄えのするケーキを教えてくださいました~。
今回は、イチゴは生ではなく、冷凍ピュレを使う方法です。
私はもちろん生イチゴ派ですが、確かに毎回、イチゴの当たり外れと、出来上がりの違い、思いのほか風味が出ない、、、ってことで、泣かされています。
なので、きちんと冷凍ピュレを使う方法を教えていただいたので、まずは、これ復習しなくちゃね、、、ってことで、さっそくポチッとオーダーしました。
生で使う場合の目安も分かりましたので、それもやってみます~。
それに、このシャルロット型は、使いまわしがききそうです。
クリスマスに習った紅茶のムースなんて入れても良さそうだから、まずは、億劫がらずに数を作ってみようと思います。
f0095746_914510.jpg

切ってもこんなに可愛い。
私と上の娘は「中に入れるのは、煮たイチゴがよいかも~」って意見が一致したので、次回はそれもやってみます。
2人とも、フルーツは全て、生より加熱したものが好きなものですから。

f0095746_9361556.jpg

試食で頂いたyuki先生のケーキです。
コヤマロールのリッチな生地も美味しく、一番手前のチーズケーキも美味しかったです。
ロールケーキの中の豆乳を使ったクリームで話題が盛り上がっていて、手前のチーズケーキについて、お尋ねしそこねてしまいました。
ヨーグルトみたいな風味もしたし、ボトムはなんだったんだろう??
yuki先生は、色々研究を重ねておいでなので、いつも一ひねりあって、「へ~、ほ~」って感じです。
それから、いろいろお教室にも通われているので、そのお話もすご~く、感激です。
だって、私の目から見たら、もう完成してるのに、まだまだ、「お教室」ですよ。
いや、すごいわあ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-03-23 09:33 | お菓子
izumiさん風ロールケーキ!!!
f0095746_22231015.jpg

チョコケーキのスポンジがなんとなく、美味しかったので、気を良くして、ロールケーキに挑戦。
もちろん、「喜界島粗糖」使用。

写真では、いつもと変わり映えしないと思うのですが、、、これが、今までで一番、izumiさん風に焼けました!
もう感激です。
ふわっとして味のあるスポンジ。
2度と焼けないかもしれない、一生に一回かもしれないっ!スポンジです。
これが、毎回焼けるようになったら、ロールケーキ屋さんになれるかも知れない、と自分で思うほど、大満足のスポンジが焼けました。
中に巻き込んだのは、簡単イチゴジャムです。

砂糖を変えたことは、大きな一歩。
それから、以前izumiさんちにお邪魔したときのizumiさんの手つきを必死に思い出して頑張りました。
私は、いつも、左手でボールをビュンビュン回して、右手でハンドミキサーをガシャガシャ回して、それはもう、すごいスピードで泡立ててしまうのですが、その乱暴さを必死に押さえ、丁寧に丁寧に、泡立てました。
舐めるようになぜるように優しく。その甲斐があったかも~。嬉しいよお~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-03-21 22:33 | お菓子
チョコケーキ(ピカピカになるはずだったバージョン)
f0095746_21143468.jpg

下の娘がいきなり「おかん、明日、Tの誕生日だから、ケーキ作って。去年と同じのがいい。上がぴかぴかのチョコケーキ。アレが食べたいんだって」とリクエスト。
え~っ?明日??
急遽、冷凍庫を開けてスペースを確保、冷ましながら作りました。

いや、しかし、ひどいコーティング。1年前から、全然進歩してない。
奥のは、切れ端のスポンジを合せて作ったお家用。

スポンジスランプの小粒さん、かくなる上は、、と、お砂糖をizumiさんブランドのを取り寄せ、形から入ることにしました。技術じゃ無くて、素材からね。喜界島粗糖です。
ちょうどいいわ、それを試してみるか。。。
f0095746_21144948.jpg

それが、なんというか、水分が多いのか、崩れるときはサラサラではなく、ぞわぞわ~っと崩れます。それを見た娘がびっくり仰天。
「生きてるみたいっ。きもっつ!虫が移動してるみたいっ!」と。
そうなんです、生きてるみたいな輝きと水分のお砂糖です。

で、18センチセルクルで焼いてみました。
今までの反省点は、一生懸命気をつけて。それでも、焼きすぎた感じはあるので、しょおっくぅ。
目も細かくて、むちっとしてます。
あれ??もうちっと、ふわっとしてるはず??
いや、しかし、切れ端の味は、悪くないぞ。喜界島粗糖、えらいっ!いい仕事してる。

f0095746_2115545.jpg

「あ、今日始業式だ」
「え?休みじゃないの?どーすんのそれ?」
「職員室であずかってもらおっと」と、18センチのケーキ箱をぶら下げていきました。
どんな高校生だ??

これは、切れ端で作ったので、上の段は、スポンジあちこち足りません。ま、いいか。
味は良かったですよお。
「ケーキ屋さんに負けない」と1階の母は言ってくれました。
でも、こんな薄いスポンジじゃ、分からないよね、成功か失敗か。
美味しかったのは、チョコクリームのことかもしれませんね。だって、チョコクリームの方が厚いんだもん。

チョコクリームはちょっと甘め。2台分で。
チョコ100g
生クリーム  400g
砂糖       50g

コーティング用ガナッシュは
チョコ     150g
生クリーム  150g
f0095746_21392871.jpg



2番生地タルトが残っていたので、有りあわせクリームとソースで盛り付けてみました。






クリームは、カスタードクリーム入りですが、生クリームの方が断然多くて、ゆるいクリームです。
f0095746_21394339.jpg




「ねえ、ねえ、どっちがステキ??」






「どっちも同じじゃん。食べにくいことは変わんないよ」
まあ、そうですね。
柳庄司さんの「おもてなしデザート」にすっかり影響を受けたおかんでした。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-03-19 21:48 | お菓子
フルーツのフィヤンティーヌ
f0095746_2085855.jpg

破れ傘みたいな、ポテトチップみたいな、情けない画像ではありますが、一応、「フルーツとコアントローヌ風味のフィヤンティーヌ」という立派な名前のデザートです。
「おもてなしのデザート」(柳庄司)というレシピ本で見て、美味しそうだったので、作ってみました。

あ、ほんものは、破れてませんよ。美しい丸です。

生地は、ラングドシャみたいな、チュイルみたいな生地を、水でうすーく、クレープみたいに伸ばした感じです。
「フッ素加工の丸型」の適当な大きさを持ち合わせなかったので、オーブンペーパーと、イングリッシュマフィン型に流したら、当然のように横にはみ出し、おまけにペーパーが水を吸って膨れ上がり凸凹になり、こんな破れ傘になっちゃいました。どうやら、「フッ素加工の丸型」必須らしいです。
f0095746_2092225.jpg




イチゴソースの上に、クリームで和えたフルーツです。
クリームは、カスタードと生クリーム同量です。


この薄焼きポテトチップみたいなシロモノ、美味しいですよ。
バターの香りと食感と甘さが。
一番近いのは、チュイルかな。タルトより上品です。
でもね、こういうフルーツのクリームと合せてしまうと、負けてしまって、味がわからなくなります。そのまま食べた方が美味しい。
デザート仕立てにするときは、フルーツあわせないで、ほんの少量のクリームを真中で接着??して、重ねて、これ自体を味わうように仕立てた方が良さそうです。
「フッ素加工の丸型」仕入れたら、また、やろっ。
f0095746_20114870.jpg

タルトの2番生地残っていたので、クッキーみたいに焼いて、残ったクリームと合せてみました。
この生地と合せるなら、クリームもフルーツもたっぷりの方が美味しそう。これだと物足りなく感じたもん。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-03-18 20:28 | お菓子
プレ打ち上げ(セビアンとhideo)
f0095746_2126594.jpg



土曜日は研修が終わった後、東長崎へで途中下車。
気さくなイタリアンレストラン、セビアンで、単品料理を頼みながら乾杯。
研修はもう一日残っているけど、プレ打ち上げ??

これは、海鮮サラダ。
ちょっと残念だったのは、冷凍海鮮ミックスと明らかに分かっちゃうところかなあ。




f0095746_21272749.jpg






こちらは、エビとソラマメのパスタ。
この組み合わせ、いただき。
今度作ってみよう~。


お腹がいっぱいにならないうちに、2軒目、hideoへ。





f0095746_21275257.jpg





Hideoでも、単品を頼みながら、また乾杯~。
これは、前菜からチョイスしたアマダイ。
カリッとふわっと焼けてます。







f0095746_21281784.jpg


デザートは2種類でした。2品とも頼んだのですが、写真をとり忘れ、残っているのは、これ、ルバーブソースのパイのみ。
こちらのお店のデザート、とても小さな一品ですが、逸品。
お料理に比べて、デザートが美味しくない(ごめんなさいっ!私ごときの経験で)レストランは山ほどあるし、お店がどんなに大きくて立派でも、デザートの美味しくない(ゴメンなさいっ)レストランはこれまた山ほどあるのですが、町の小さなレストランの小さなデザートだけど、美味しいです。
この皿の小さな見かけで判断してはいけません。
食べてしまった方の、なんとかのヌガー??とやらも、柑橘系のピールとココナッツとクリームのハーモニーがとても美味しく満足しました。




帰ったら、下の娘がお菓子を2種類作っていました。
一つはこれ、不思議なお菓子。クッキー生地の上に、イチゴジャムをのせ、その上にバターケーキの生地をのせたそうです。
アーモンドプードルの味が濃い素朴なお菓子でした。
f0095746_6573797.jpg

自分が買って帰った「ねんりんや」のバームクーヘンも有るし、甘いもの溢れているので、今日もケーキ作るのお休みしました。ちょっと寂しいけど、充実した休日でした。研修終わった終わったぁ~。
また、ケーキ作りに、明日から、復帰しよっ~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-03-16 23:11 | お外ごはん



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧