<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
クルミダコワーズとシトロンシロップ国産バージョン
f0095746_23125464.jpg

さて、お菓子たくさん作れるぞ、、と思いきや、残業続きでイライライラ。
大して仕事もしないくせに、お菓子が作れないことがストレスになって、イライライラ。

とりあえず、一口甘いものが食べたいので、ダコワーズを作ることにしました。
marimoさんのところで、クルミ入り焼きメレンゲを見たことと、izumiさんのところでレーズン入りダコワーズを見たことがきっかけです。

ローストしたクルミを砕いてたっぷり入れましたので、苦みばしってよいお味。
しかし、「ダコワーズとは別のお菓子だねえ、、、。
だって、ダコワーズってふわふわしてるのが命でしょ、
それが、これだけカリカリ、クルミ入ってると、食感がもう別ものだもんねえ」と姉娘のビミョーな発言。
んでも、美味しかったです!次はレーズンだわ。


f0095746_23185973.jpg前にizumiさんが、絞り袋を立てるのに、ほどよいカップを使ってらして、「いいなあ、、、」ってあちこち気にかけて見ていました。
グラスでは、口が狭いし、マグカップでは高さが足りない、、、。
ブツブツ言ってたら、ふーのさんが、内径9センチ、深さ15センチのビーカーみたいなガラスをくれました。
これ、もともとはなんだったんろ??不明ですが、ちょうどよい大きさです。便利~。

でもね、このあと苦労したのよ。
1センチの丸口金で絞り出せる大きさにクルミを砕いたのだけど、、、、、
1個なら出口通るクルミも、何個もたまると通らないのよねえ、、、。
だから、結局、袋を切って口金取り出して、袋から直接、ぼちょんぼちょんと絞り出しました。
んなわけで、ちょっと無骨なダコワーズです。


f0095746_23285448.jpg
国産レモンがたくさん手に入ったので、シトロンシロップ2本作りました。
背の高いほうは前回と同じ氷砂糖で作ったもの。
低いビンは、蜂蜜です。
アガーで作る上掛ゼリーに使ったり、焼き菓子に使ってみようかな。

それと賞味期限が迫っている生クリームでキャラメルクリームも作りました。
これで何を作ろうかな~。
こういう下ごしらえの時間も楽しいですね。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-10-31 23:45 | お菓子
マドレーヌさんのクッキー・生チョコケーキ
f0095746_6355297.jpg

試験も終わり、帰ってきた私をお祝いするかのように届いた、マドレーヌさんのクッキー。
マドレーヌさんは、焼き菓子を、月に一回くらい通信販売します。
普段は、教室と卸し用のお菓子製造だけで、販売は有りません。
先月はチャンスを逃しましたが、今月は買うことができました。

「お母さん、試験できたの?」
「まあまあね。落ちたとしても1,2問の差だわ」
「結果が全てだからね、、、落ちたら同じじゃん」と娘に言われたけど
クッキーは美しく温かく迎えてくれました。

f0095746_6361479.jpg

お抹茶ノーブル、、、というのが、珍しい食感で、メレンゲ菓子みたいなんだけど、メレンゲ菓子なら、アイスボックス風の成形して切るなんてできないよね、、。どうなっているのかしら。
濃い抹茶風味が大人気。
ココナッツサブレも、もう、お見事。ガリガリした食感のココナッツサブレ食べることが多いんだけど、これは、ほろほろ。。。焼きの浅さ???が絶妙。
あとは、皮付きアーモンドクッキーと、チョコアマンドと、紅茶クッキーです。
全般にかなり甘さ控えめです。いくらでも頂けます。
私は生ケーキは、甘さかなり控えるのですが、焼き菓子はちょっと甘めでゆっくり1個、お茶と一緒に頂くのが好きだったのですが、、、、意識変革させられる上品さでした。

マドレーヌさんのレッスンは平日しかないのですが、大人気で、午前10時からのネット予約をうかうか一時頃送ったら、もう「キャンセル待ち2番」でした。
ああ、せっかく11月は仕事休めるように、算段したのに。。。がっかり。。。。
f0095746_637593.jpg

1週間くらい前に焼いたジェノワーズを使って、生チョコケーキを作りました。
っていうか、冷凍ジェノワーズの消費です。
チョコレート200、生クリーム200を溶かして、そこに冷凍ジェノワーズをちぎって入れるだけ。
ジェノワーズは、あるだけ入れたので適当量です。
今回は多分150グラムくらいかな。
使ったのは15センチのセルクルです。


f0095746_637374.jpg



全部つぶしてしまわず、ちょっと残っているくらいでOKにしました。






私としては、ラムレーズンや胡桃を入れたかったのですが、娘達が嫌がるので何も入れませんでした。入れると大人味なのにさ。
f0095746_6382229.jpg



冷凍庫で少し固めてから、周囲を温めて、型抜きしました。






かなり気をつけて詰めたつもりですが、均等に詰まっていなかったらしく、サイドはデコボコになっていました。
温めたナイフで撫で付けて、無理やり均してしまいましたけど。
f0095746_6385076.jpg
「言っちゃ悪いけどセンス悪い」と言われたデコなので、写真は小さく。
だって、やって見なくちゃ分からないんだもん。
お味は良かったと思います。「学校に持っていく」って言ってましたから。


でも、本当のこと言うと、型に詰めないでスプーンですくってアルミカップに乗せてココアをふった簡単仕上げの方が美味しい。
多分、ふわっと仕上がるからだと思う。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-10-30 07:13 | お菓子
「魚かな」閉店日
f0095746_19404741.jpg

いよいよ今日がyuki先生のお店の閉店日。
雨だから、出足悪いだろうと予想して、10時数分前に着いたら傘を差した30人くらいの列。
くやし~!出遅れた!
先週自分が14個買ったことは棚に上げ、「お一人様6個くらいでいいのよ、6個くらいで」と嘆きながら、列の最後尾に。
それでも、本日は「1種類2個、お一人様合計10個まで」になっていたので、ぎりぎり2種類買うことができました。
後ろの人のことは?、、知らん知らん。
チーズケーキと、紅茶のミニシフォンです。
マフィンは最終日プレゼントでした。

yuki先生のお店は、HPを見ても、住所も電話番号もありません。
口コミだけで広がった住宅地の中の人気店だということですね。
これって、yuki先生のお人柄とケーキの実力だと、しみじみ思います。
お客さんは手に手に、お花やなんだか袋に入ったプレゼントを持って、渡して帰っています。
(ん!私は手ぶらだった)
こんなに惜しまれるお店も少ないですよね。
ほんとにすてきな仕事されていたんだなあと、感激しました。
、、、、お教室に居られる私はすっごく幸せです。

f0095746_19551729.jpg


帰ったら下の娘が、お泊りの友人のご飯を作るついでに、私の分も作ってくれました。





豚汁と、オムレツと、タラコと青ジソ混ぜ混ぜ??(和風ディップか?)でした。
切った時のとろんとした感じが本人的には不本意だったようですが、私は十分「上手~!!」だと思いました。
子供は親に厳しいけど、親は子供には甘いんだねえ。

その後は、明日の試験に向けて、完全一夜漬け体制に入り、ずっと食卓で勉強中の私。
そこに、今度は、まっき~から「今、のんちゃんにいるの」とメール。
まっき~は、一日展に出品するので、友人に配るチラシをもらいに行きつつ、お食事会だったみたい。
くやし~!
一日展の時には、たくさん食べてやる~!!
みんな遊びに来てね~。私は出品してないけど、ウロウロしておしゃべりして、食べまくっています、多分。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-10-27 20:06 | お菓子
アーモンドリンゴパンなど
f0095746_20233685.jpg

今週は勉強が忙しいから、弁当は作らない!と宣言。
しかし、2日ほど弁当を作らなかったら、下の娘が「育児放棄じゃないか?」と言い出しました。
育児???って、こんな娘達にも使う言葉なのか??
まあ、私の方も、すぐ勉強に飽きてしまったので、パン生地を仕込みました。
で、いつものとおり、仕込んでから冷蔵庫をゴソゴソ。。。
生地は「ピーカンスティーキーバンズ」をクルミバージョンで作るつもりだったので、それです。
教室は大きな型で作りましたが、お弁当用に小さくプリンカップでアレンジ。
f0095746_202441100.jpg

でも、生地が小さすぎたみたいで、型の大きさまで膨らみませんでした。
キャラメルがサイドまで上がってきて、染みているのが美味しいのに、残念!


大好評だったのは、残り物アーモンドクリームにリンゴを乗せたもの。
確かにうまい~。
で、調子に乗って、巨峰や無花果なんか乗せちゃったら、また、文句言われるんだろうなあ。

f0095746_20343029.jpg


パン1個ずつはどんどん小さくなっていき、だいたい教室の半分程度になっています。

だって、いろいろ食べたいんだもん。


大納言パンもコッペパンも小さく焼きました。
コッペパンのサンドだけは、朝作りました。

今回どのパンも、生地がイマイチな気がしたのは、安定的に作れない腕のせいなのか、国産小麦が切れたので、スーパーで普通の強力粉買ってきたからか、ちょっと分かりませんでした。
多分、粉のせいだと思うな。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-10-25 20:56 | パン
ナン????
f0095746_20593662.jpg

職場の近くのカレーやさん、シャンティで食べるナンが好き。
数日前に食べたとき
「どうしてこんなに美味しいの?釜はインドから持ってきたの?」と厨房を覗き込んだら、
「日本製だよ。今は日本製の方が美味しく焼ける。」と釜を見せてくれました。
「それ、ガス?炭?いくらくらいするの?」と矢継ぎ早の質問に、
「炭のほうが美味しいから、炭だよ。この釜は57万円」と教えてくれました。
欲しいっ!欲しいっ!
しかし、普通のうちの台所には無理だよねぇ。。。っ
中古なら買えるかしら?駐車場に置いたら?ベランダは??

妄想たっぷり、未練たらたら帰って、昨日はナンを作りました。
以前作ったのは、フライパンで焼くタイプ。でも、「ナンみたいなパン」としか言いようが無いものだった。
色々検索したけど、画像見る限り、どのレシピも「ナンみたいなパン」だわねえ。。。
やっぱ、釜が問題なのよね、釜が。。。

とりあえず、今回はフライパンはやめて、無水鍋を30分以上予熱し、ぺたっ!と鍋肌に貼り付けて、1分強で焼いてみました。
お、フライパンよりはましなのができたぞ。フライパンは底だけだけど、無水鍋だと、鍋全体の空気も熱いからね。皿の左側の3枚です。
右側の1枚はガスグリル。これも高温になっているけど、グリル全体が高温なためか、全体プクっとふくらみ、ポケットができて、ピタパンになってしまいました。
鍋肌に着いて焼くことが大事なのね。ふーん。

子供達の感想。
「ま、スーパーのパンみたいなナンよりはマシだけど」
「シャンティから300円でテイクアウトしてきた方がいいんじゃない?」
「このこだわりの無いカレーはいいの??」
カレーは、ハウスバーモンドカレーで、ちゃちゃっと作ったカレーだったからね。
私的に、今大事なのは、ナンなの、ナン!カレーじゃないの。
「ナンみたいなナン」ができる方法、ご存知の人は、教えてね。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-10-23 21:18 | パン
アメリカン・アップルパイ
f0095746_2343462.jpg

ぴよこさんのアップルパイを見ていたら、
「あら、冷凍庫に、練りパイ生地も折りパイ生地もあるし、クランブルもある~!
これなら、試験前でもすぐ作れる~!!!」嬉しいひらめき。
厳密には、ぴよこさんのとは、違うシロモノですが、まあ、許してね。
使ったのは、練りパイの方。カラ焼きしてから、リンゴとクランブルを乗せました。
ぴよこさんのアドバイスでは、クランブルはアーモンドプードルが入らない方がカリッとするそうですが、これは、入っています。
あら、残念。
紅玉は生のまま、砂糖を3割重量まぶして焼きました。
今日に限って茶色いお砂糖が無くて、白い砂糖。。
ぴよこさんレポートで、「ミックス粉(強力粉と薄力粉)をリンゴにまぶすと、ねっとり焼けて美味しい」というお話でしたので、即、実行!
それが、よく分かるのがこの写真。
f0095746_2344972.jpg

ほら、ねっとりしたアメのような汁が、オーブンの中で噴火してるでしょ?
ところが、この粉、どれくらいまぶしていいか分からなかったので、全くの適当。
ちょっと多かったかも。かなり濃度ついてます。
上の娘の感想によると
「美味しいよ。マックのアップルパイみたい」
(ほめられたのか????疑問ではあるけど、このねっとり感がそういうことらしいです。)
「ああ、そうかあ、どこかで食べたこと有ると思ったら、アレかあ。あれって、こうやって作るのか。なるほど~」
「美味しいよ。でも、甘いからあんまり食べられない」
「ふーん、砂糖3割でも多いんだ。ふーん」
、、、、ってことで、次回は、砂糖と「ミックス粉」もう少し減らします。
リンゴはテンコ盛り、この写真ではUFOみたいですが、焼けたらかさが減ってちょうどよくなりました。

下の娘がシナモンあまり好きではないので、あとから、お皿にたっぷりふって頂きました。
濃厚で美味しいわ~。
ぴよこさんありがと~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-10-23 00:01 | お菓子
「魚かな」yuki先生のケーキ
f0095746_16292260.jpg

yuki先生がお教室に専念されるために、お店を10月いっぱいで閉めることにされたそうです。
え~!!??
それは大変と、先週の土曜日は、11時過ぎにお店についたらすでに売り切れ閉店。
30分で閉店だったとか。
そこで、昨日は開店前に並びました。
普通の住宅地の普通のお家を可愛いくアレンジしたお店の前に、開店前には10人以上の列。
私はかろうじて6番目。
週末は客人も多いので、たくさん、買いたかったのですが、後ろに並んだ人のことを考え遠慮して14個。(画像ではすでに下の娘に2個食べられ、12個)
「やべえ。こんなうまいチーズケーキ食ったこと無い。チーズケーキって、まあ、どこでも同じ味なはずなんだけど。軽いのに濃厚で、濃厚なのに、あっさりしていて、、」と大絶賛。
モンブランの隣は、「アップルパイ・タルトタタン風」、奥のロールケーキが黄色いのはキビ砂糖の色。更にその奥の黒い容器は抹茶ミルクプリン、黒蜜で頂きます。
和栗のモンブランは、お一人様1個限定。
見かけは普通のモンブランですが、土台が無い??
一番底には、キャラメルクリーム??全てが甘く優しいクリーム?
うーん、お家宴会の後まで、秘匿しておいたモンブラン、ぺろぺろ食べて分からなかった。
もう1個食べて、しかと分析したかった~!
よし、来週も並ぶかっ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-10-21 16:50 | お菓子
なんでも揚げだし
f0095746_21225536.jpg

冷蔵庫にひき肉2パックと豆腐が2丁。
心に余裕の無かった、一昨日はマーボー豆腐にしました。
今日は、心に余裕があったので、揚げだし豆腐にしました。
でも、1丁じゃ、寂しいでしょ。
だから、肉団子と、ナスを添えました。
これ、よく使う手ですが、足りないときは、有るものなんでも揚げて「なんでも揚げだし」にしてしまいます。
粗いおろし金の大根おろしと、山椒を挽いて食べるのが大好きです。
子供達も揚げだし豆腐(豆腐に限る、、なんでも良いわけじゃない)が好きなので、「今日は揚げだし豆腐です。数に限りあり。ハヨカエレ」とメールすると、「10時までに帰ります」と下の娘。
おほほほ~。
揚げだし豆腐のコツを覚えてから、わが家では、豆腐もご馳走メニューになりました。
お子様好みのトンカツや、唐揚げより更にランク、上らしいです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-10-17 21:33 | お家ごはん
タルトタタン、イチジクタルトなど
f0095746_19205480.jpg

実の固い紅玉が手に入ったので、タルト・タタン。
何度かチャレンジしたことがあったけど、形にならなかったので、しばらく敬遠していたのです。
ルミさんレシピでは、型の中でリンゴを煮て(焼く?)、それと別に、タルト生地を焼いておいて、合わせることになっていました。
おっ、これなら、失敗少ないんじゃないか?
それに、食べる時に合わせられるから、タルトはサクサクしたままだし。
って、やってみたんだけど、、、、ほら、ひっくり返すときに、見事に、タルトずれてるし、しかも、欠けちゃったし、、、もう。
これは、レシピのように、紅玉1個入るくらいの小さいココット皿で焼くべきですね。きっと。
ひっくり返すときの失敗無いよね。
それとも、型に入る程度に、タルトの方を小さく焼いて、はめ込んでからひっくり返すかね。
でも、初めて形になったので、まあ、満足。もっとこげ色ついた方が美味しそう?

下の娘は、「紅玉酸っぱすぎる。違うリンゴで作ってよ」って言ってましたけど、それでも、切り分けて全部、タッパーに詰めて持っていきましたから、悪くは無かったと思います。
f0095746_19213466.jpg

昨日のイチヂクタルトを父が「これは売れる」と喜んでくれたので、また、焼きました。
今度はダコワーズではなくて、アーモンドクリーム。
10センチのタルト型に、大きなイチジク2個入れました。
たくさん入れるために、輪切りにしないで、ゴロゴロ入れました。
もう、全体がイチヂク味でうまい~。濃い~っ。
って、喜んでいたら、今度は上の娘が
「イチジク好きなら、そのまま2個上げたほうが良かったんじゃない?」だって。
f0095746_19215460.jpg

変わり映えのしないパン。でも、パンって必ず売り切れるから嬉しい。

この前お弁当にカスタードクリームのパンを持たせたけど、それでも使い切れず、また夜に焼いて食べました。こういうパンって、家にあるものなんでも使えるから、便利でいいですね。
紫芋クリーム、カスタードクリーム、卵サンド、ウインナロール、頑張ったのは、バターシュガークルミパン!
レーズンシュガーを食べたいけど、嫌いな子がいるので、クルミです。
この形もなんとかそれらしくなってきました。

水野先生は「小さいとケチに見えちゃうのよ~」とかなんとかで、気前よく大きな成形で教えてくださいますが、少食自慢のわが家は??1個一個は小さく作って、種類を楽しんでいます。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-10-17 19:44 | お菓子
ミルフィーユ3とタルト2種
f0095746_1955128.jpg

日曜は珍しく、勉強するために家にいました。
でも、土曜のうちに作ったパイ生地があったので、とりあえず、ミルフィーユ3に挑戦。
食感は今までで一番良くできました!
先日より、少量の生地で同じ大きさに伸ばしました。。。。
しかし、、、、、、!!
やけムラ、焦げができたため、これだけのミルフィーユを作るのに、使えなかったところは倍くらいあります。。。やっぱり、有り得ない。
その上、間違えてカスタードクリーム2倍作っちゃいました。

f0095746_19554977.jpg

そこで、やはり一日寝かしてあったフォンセ生地・izumiさん風で、紫芋のモンブランを作りました。
昨年、紫芋のスィートポテトを作ったら、変色してしまって、とても悲しかったので焼くのはやめました。
紫芋を蒸かし、それに、残ったカスタードクリームと砂糖を加えました。
うーん、あわせたのはそれぞれ、見た感じで同量くらいかな?
きれいな色が出ました!
f0095746_19592792.jpg

カスタード作るのに、卵白も余ったので、同じフォンセ生地の上にダコワーズを絞り出して焼きタルトを作りました。
ダコワーズの下には、リンゴとイチヂクのシナモンたっぷりジャムを入れました。
フルーツを焼くと、ほんとに美味しさが凝縮されますね。
でも、嫌いな人には、嫌い感も凝縮されちゃうんだろうけど。
余ったダコワーズも、絞り出して一口サイズに焼きました。
f0095746_19595994.jpg

紫芋のほうは、下に生クリームと、マロングラッセを入れてあります。
うん、でも、味はやっぱり「芋」よ~。
しかも、芋の味自体、そんなに美味しくなかったので、所詮、洋風芋羊羹よ~。
これなら、美味しい黄色い芋を厳選して作ったほうが良かったわ。
つい、色に惹かれちゃって。。。。
でもベースになってるカスタードは美味しくできたので、基本的には優しく美味しくできてます。
f0095746_2001843.jpg

ハーフ&ハーフにして、父と母のところに。
イチヂク、びみょう~かな、と思ったけど、父はイチヂクが大好きらしいです。
良かった。しかし、知らんかった。

こうやって、ハーフ&ハーフにすると、可愛いですね。
それに、2種類食べられるから嬉しいよね。
今度はプレゼントケーキ作るとき、こうやってみようかな?

と、ここまでkotubuさんとしては、いつもよりオシャレに写真を撮ってみたけど、
力尽きて、以下は普通のパンの普通の写真。

f0095746_2015648.jpg


普通に焼いたパンにまだまだ余っているカスタードクリームをはさんで月曜のお弁当にしました。
左は胡椒ドーナツとシナモンシュガードーナツ。


この生地を仕込んでいるときに、上の娘が帰ってきて、「今日、最初から勉強する気、無かったんじゃない??」と冷ややかな言葉。。。
「んなことは、無い。これを作り収めに、しばらくは勉強しようと思って!」と母から娘に、口ごたえ???しておきました。

いや、実は、普通のジェノワーズも焼いたんだよねえ。
普通のデコレーションケーキ作ろうと思って。
でも、それは、冷蔵庫にこそこそとしまい込みました。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-10-15 20:29 | お菓子



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧