<   2007年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
文化祭とizumiさんケーキとお食事会
f0095746_1321878.jpg

昨日もバタバタと楽しく充実した一日でした。
午前中は下の娘の学校の文化祭。ママ喫茶です。

包装の手間と材料費を考えると、私も、シフォンケーキかパウンドケーキが良かったなあ。
でも、奥のケーキは自然食品かなにかのお店のケーキなので、プロのケーキ。
一緒に並べてもらっただけでも、いいかあ。

文化祭も終わり、自分の中の言い訳もなくなってしまいまい、いよいよ試験勉強に向かう予定だったのですが、「そろそろ職場のイベントで忙しくなるなあ」ってまた、新しい言い訳もできています。

f0095746_13154279.jpg

娘の学校はとても美しい学校です。
これは、教室を裏から撮ったところです。一つ一つの建物が教室です。
中学をドロップアウトした娘や娘の友人達をとても温かく、受け入れてくれました。
本当によい学校なのに、生徒減少で経営難に陥っているので、宣伝のためHPもリンクしておきます。

f0095746_13214691.jpg

本来は一日お店番するべきところを、「午後は予定があるのでゴメン!」と抜けて帰って、、、、、
izumiさんのお宅でお茶会お茶会。あ~、みんな、寒い中頑張ってるのに、ゴメンよお。
一人美味しい思いをさせてもらっちゃって。パン上手のとーちんさんも見えてました。

izumiさんはいつもは、フープロで生地を作るらしいですけど、私達に見せてくれるために、目の前で、手でブリゼ生地を作ってくれました。
中にはダコワーズをいれて、ブルーベリーと名前を忘れたけど、甲斐路のようなブドウをポンポン入れてます。
タルト地はサクサク、ほんとに美味しい。ダコワーズは、アーモンドクリームとは違ってとっても軽い仕上がり。
確かにいくらでも入ります。izumiさんって、これ、1ホール食べちゃうらしいです。
なのにすごく細くて可愛いんですよ。
タルトリング、持ってないから欲しくなっちゃいました。

f0095746_13243737.jpg

それから、モンブランも作ってくれました。薄く焼いたジェノワーズを抜いて、作りました。
izumiさんのジェノワーズ、大好きです。(私としては旧バージョンのファン)
砂糖も喜界島なんとかという茶色いお砂糖、これがとても味わい深いのだと思うけど、国産小麦の味もいい。私は、基本的に重い粉が好き。
タンパク質含有量の少ない粉って、確かに、軽くてきめ細かく焼きあがるけど、工場のケーキと同じ、味わいが薄い気がするんだもん。
こんな小さな簡単なケーキだけど、「見てたから家でも真似しよっ!」って思っても、きっと、そうはいかないんだよね。。。。。。。
f0095746_1325157.jpg

izumiさんちのミルク。ブログの名前の由来の猫ちゃん。
ミルクの名誉の為に一番細く写っている写真を使いましたが、実はありえないほど、デカイです!
私は生きてい動いている猫で、これ以上、大きいのを見たことはありません。
後ろにはブタさんの置物。

f0095746_13254812.jpg

それから、夜は「のんちゃんのはらどけい」でお!さんファミリーとお食事会。
毎回同じこといいますけど、ほんとに美味い!

全部お任せコースでお願いしたのですが、ちびっこは「ピザ食べたい!」って言ってたらしく、ピザが出てきたときは、「お~!!」の声が。
比較の為に携帯を置いてますが、これ大人4人分のコースで提供された3品目です。
1品目は、ツナと大根のサラダ。
2品目は、カツオのカルパッチョ。
3品目、これ。
4品目は、イナダのカリカリ焼き(揚げ?)甘辛ソース
5品目は、牛シチュー、パン添え。
6品目は、ボンゴレ
デザートはフルーツのショートケーキ。
お魚類は、のんちゃんのお兄さんが、釣ってきたばかりのもの。ラッキー!

それにしても、お!っさんファミリーは、見事な食べっぷり。
ボンゴレが少し残ったくらいで、(お土産に頂きました)あとは完食。
テレビに出てくる人以外で、こんなに食べるファミリーも見たことありません!
大好きです。
f0095746_13261075.jpg

デザートは、フルーツのショートケーキ。お昼頂いたのと同じ、味わい深いジェノワーズでした。
中には香り高いバナナが入っていました。それから、ちょっぴりすっぱいフルーツが入っていたけど、なんだったかな。

深夜までのクッキー詰作業で寝不足だったからか、一日楽しく有意義に過ごした達成感か、はたまたお!さんファミリーとの食事が楽しかったからか、珍しいほど酔っ払い、帰ったら服も着替えず、電気はつけっぱなしたまま、「寒いよお~」って転がったまま、目がさめたら朝でした。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-09-30 14:54 | お菓子
文化祭クッキー
f0095746_0403314.jpg

明日は下の娘の学校の文化祭。
おかんもクッキー持って出かけます。
クッキーそのものは、定番です。
でも、ほら、違うのは、、、、ね、ね、とうとう憬れのオリジナルシールを手に入れました!
「1枚からでも印刷します」っていう、アレです。
やった~。
しかし、、、たしかに1枚からでも印刷してくれるけど、2000枚まで値段、同じなんです。
約15000円。
で、「おまけです」って500枚オマケくれました。一生使える!!
それって、なんか損したのか得したのかわからない。
割高でもいいから500枚で5000円でよかったのに。。。。
f0095746_048133.jpg

170袋です。
スノーボールとラングドシャは2個一セットにしたので、作戦失敗しました。作業が増えた~。





「個包装してください」に泣けました。
今はたかだか文化祭でも、衛生面だかなんだかうるさいのよ。
時間が倍以上かかったような気がします。
でもね、湿気るの嫌だから、1個ずつシリカゲルも入れましたよ。
個包装用に使うには、ちょっとシールが大きかったけど、ま、いいね。

問題はこれをどうやって運ぶかだ~!!
って、今回はすごいものがあるんです。
これも、見せびらかしたかったの。だから、こんな時間にもかかわらず、パソコンに向かってます。

f0095746_0544456.jpg

この袋、mikaさんからのプレゼントです。
mikaさんのブログ一周年記念に、応募しても応募しても当たらないで、ふてくされていたら、「頑張ってパン教室行ってくださいね」って、パン教室用の大きな袋を送ってくれたの~。
パン教室には中途半端な袋を下げていって、いつも、先生にビニール袋頂いて帰ってるって、雑談コメントを気にかけていてくれたのね。。。。
どれだけ感動したか分かりません。
中に巨大なタッパーも入れてくれてました。
ケーキもパンも上達遅いけど、なんだか、頑張る気が湧いてきました。
きっと「頑張り賞」だ。
いつもは[自分にご褒美ご褒美]なんですけど、人から頂くご褒美って、すごーく嬉しい。
f0095746_15441.jpg



ケーキの箱3つに分けて、クッキーを詰めました。
いったん紐で結べるので、がさがさしません。
3箱も入るんですよぉ。




f0095746_17397.jpg
でも、普段は、ケーキの箱3個もいれないから、こうやって使います。
脇にボタンがついてます。
これ持って、出かける明日が楽しみです。




クッキーの材料費は2000円もらうことになっています。
上の娘には「あほじゃん!原価計算した?文化祭のクッキーで醗酵バター使う?ま、シールは論外だとしてもさ」って言われました。
確かに~。でも、いいの。こーいうのも、全ていい勉強になるから。
下の娘は自分の仮装のことで頭がいっぱいで、おかんの頑張りは、目に入ってないみたいだし。

ちなみにシールは2300枚残ってます。
オマケの分だけで足りたじゃん!
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-09-29 01:29 | お菓子
シトロンゼリーとカリカリリンゴタルトなど
f0095746_19381557.jpg





シトロンシロップを使ってゼリーを作りました。
アガーなので、簡単に固まりました。
輪切りだったので、ゼリーに入れるにはちょっと、袋や真中あたりが口当たりが悪かったので結局細切れに。。。
今度は袋に沿って切ってつけてみようかな。
そしたらそのままゼリーに使える。
濃厚でしたよ。





f0095746_1941224.jpg



見栄えはイマイチな、カリカリリンゴタルト。






タルトの生地が残っていたので、型で抜かずにそのまま使いました。
しかし、うまい~。タルト、カリカリカリ~。
izumiさんがフルーツピザを良く作ってらしたので、真似してみました~。

f0095746_19433074.jpg
醗酵バターをポチポチッとちぎって乗せ、グラニュー糖をふりました。
醗酵バターのおかげでしょうか。
香りがすごくいい。
「見栄え悪いけど、うまそうだ!」と匂いだけで娘達にほめられました。
リンゴも乗せれば乗せるほどいいってもんじゃないのね。。。
この薄さもよかったのね。

f0095746_195089.jpg

昨日はこんなにおやつが有ったのに、下の娘は「今日はお月見だろ~」っと真夜中に白玉団子を作り始めました。
3人で3種類のおやつを真夜中に食べました。
体にいいわけないよね。。。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-09-26 19:53 | お菓子
ドーナツだらけの連休
f0095746_14575428.jpg

連休はバタバタと過ごしました。
娘の学校の文化祭準備やら、畳のフローリング替えやら、お出かけやらお客様やら。
普段娘達に置いてけぼりのおかんですが、おかげで寂しくなく過ごせました。

フローリング替え、やってくれたのは、家を建てたとき以来のお付き合いの大工さん。
これはお昼ご飯。
ガテン系のオジサンとしては、丼モノか麺でも食べたかったかもしれませんが、ごめんよ。
私は、ドーナツとベーグルが作りたかったんだよお。
手前のドッグパンはドーナツ生地を焼きました。これ、美味しかった。
私は本当は、かったいベーグルが好きなのですが、
オジサンは苦手だと分かってたので、「ふわふわ系ベーグル」を目指しました。
(って、苦手だって分かっているなら、他のにしろよって気もしますが)

f0095746_14563939.jpg

お出かけはふ~のさんと合羽橋。
目的は文化祭の時の個包装するための袋を買うこと。
1000円以内にすむはずが、、、こんなことに~。お皿が重くて高かった~。
これでも我慢に我慢を重ねてこれだけでおさえました。

f0095746_15122050.jpg


合羽橋から戻ったのが3時。
お!さんファミリーは5時にみえる予定だったので、2時間で準備できるものは???
と、知恵をめぐらし、、、
まず、パン生地をHBに仕込み、冷凍クッキーを焼き、スペアリブを漬け込み、パスタのソースを作りました。
ちびっこがいるので、ポテトも準備。

使いたかったのは買ったばかりのこのトレイのような四角いお皿。
何かと重宝しそうです。

またまたドーナツを作っていると言うことで、娘には「お母さんよっぽど気に入ったんだね」って言われました。確かに。
でも、きっとちびっこも喜んでくれると思って。

f0095746_15174523.jpg

慌てて作ったので、全部大雑把な味付けになってしまいましたが、勘弁しておくれ~。
お!さんが、わが家のパソコンを全部面倒見てくれてる間は、女同士たくさんお菓子の話でもりあがりました。

f0095746_15353981.jpg


ドーナツは普通のグラニュー糖と、シナモンシュガーの2種類。






1個だけ、胡椒ドーナツを味見に作りました。生地に巻き込み、揚げてからも胡椒をふっています。これが気に入りました。
うむ!
次回は、「胡椒バジル」「ガーリック胡椒」「胡椒チーズ」「胡椒サラミ」なんか作っちゃって、小さい形で作ればおつまみになるわ。
何でわざわざ揚げるのか??って気もしなくも無いけど、揚げるから、コクが出るのよ。

教室でコッペパンの切り込みも、ドーナツやベーグルのカットもハサミでチョキチョキやっていたのを見てから、私もハサミに。
なんだ、波歯ナイフよりよほどきれいで簡単じゃん。
お!さん宅もハサミだそうです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-09-24 15:48 | お家ごはん
シトロン・シロップとクッキーなど
f0095746_23214268.jpg

見た瞬間、「これは美味しいに違いない!これは便利に違いない!」と惚れこんで、さっそく作ったSUGAR & BUTTERさんのシトロンシロップ
ライムなんて小じゃれたものは手に入らなかったので、近所の八百屋さんで買えた柑橘類。
グレープフルーツのルビーと、レモンと、ネーブル。
皮をむいてしまった為、美しいリングはキープできず、ちょっとお見苦しくなっております。
氷砂糖と、むいたフルーツと同量ぐらいの果汁が入っています。
これを使って何を作ろう??
変色系フルーツの上掛ゼリーにしても美味しそうだわ。サワーにしても美味しそう。
うわ~い。

f0095746_23341694.jpg

来週は下の娘の学校の文化祭。
焼き菓子を持っていくことになっていますので、無難なところの定番クッキー類を作ることにしました。
ちょうど上の娘の友達が「この前来た時、食べたクッキーが食べたいんです」と遊びにきたので、タネ作りを手伝ってもらいました。

前回粉砂糖が切れていたので、グラニュー糖やキビ砂糖で作ったら、不味くは無いけど会心の作とは言えないものができました。食感がサクサクではなく、ガリガリ。
今回、ちゃんと粉砂糖に戻したら、「うーん、美味しいっ!」
手前のクルミクッキーは、リスさんと多分、同じレシピですが、私は丸が下手なので、四角で作りました。リスさんは上手な丸です!別ものみたい。
今度はリスさんみたいにスライスアーモンドで、丸型にチャレンジしたいものです。

奥はダコワーズとスノーボール。
ダコワーズは、izumiさんちにお邪魔したとき作ってもらい、「手作りするとダコワーズってこんんなに美味しいの?」と感動した一品。卵白が余ったので作りました。
娘の友達も「ええ~!!??ダコワーズってこんなに美味しいの?」って同じこと言ってたので嬉しかったです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-09-21 23:46 | お菓子
イーストドーナツとナッペ練習
f0095746_233418100.jpg

ドーナツの復習をしました。
ツィストはこの前うまくいかなかったので、リベンジ。うーーん、ま、いいか。
真中は、思いつきで生ハムを巻き込んでみました。
仕上がりには、差別化をはかるため、胡椒をふっています。
奥は、ファンシードーナツ。カスタードクリームをはさんでいます。
コレは下の娘のリクエスト「ちゃんとパン屋さんのクリームにしてよっ。
バニラとか、生クリームとか、ブランデーとか入れないでよ」に応えました。
奥の2種類は食べきりサイズで、教室で作ったより小さくしました。
300グラムで16個できてしまい、しかもその日は、2人とも12時帰宅!
どーすんだ、これ~??

f0095746_23434149.jpg

翌朝、サラダっぽい軽いおかずを作って、下の娘に「これ、お弁当にもって行ってよ」って言うと「そんなのお弁当にならない。おにぎりの方がマシ」というので、仕方なくおにぎりに変更。


じゃあ、持っていかないのかと思ったら、ドーナツもしっかり持っていきました。
お弁当とにはならないけど、おやつにはなるみたいです。

味と食感は好評で、娘達、あっという間に食べきりました。
f0095746_23424915.jpg
yuki先生が、デコレッスンのとき、持たせてくれた発泡スチロールの台で、デコ練習をしました。
クリームは植物性クリームを使いましたが、それだけでは、硬くならないので、賞味期限迫って半額になっていたタカナシ45パーセントも混ぜました。
1時間、塗っては削り、塗っては削りしましたが、全然上手にならない。
教室でやったより、むしろ下手!

「回転台が悪いのよっ。yuki先生みたいな台注文しなくちゃ!」
「ナイフも新しいの買わなくちゃ!」とさっそく馬嶋屋さんにアクセス。

でもねえ、yuki先生は手の上に乗せてだって、デコできるのよね。
回転台、関係ないじゃん!
それに、私のナイフでだって、きれいにできるのよね。
ナイフも関係ないじゃん!

f0095746_235503.jpg
yuki先生がやっていた不思議な技。
上の写真のように、トップに、ぼてっと置いたクリームをナイフで少し均してから、ナイフを当てながら、回転台をまわすと、、、
周囲にドーナツみたいな、絞り出したような、丸い輪ができました。
中にフルーツなど飾るようにできます。

ナッペに飽きてきたので、やってみたけど、、、、全然輪にならないし、中ほど一部削れて、発泡スチロールは見えてるし。
このへなちょこな画像を見て、「ああ、あれがやりたかったんだな」って分かる人は、もう、天才です。
回転台待って、また、地味に地味に練習します。。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-09-20 00:03 | パン
リンゴと巨峰のクランブルタルト
f0095746_21481516.jpg



数日前に残り物でこんなプチタルトを作ったら感動的においしかった!





残り物タルト生地に生のリンゴにキビ砂糖をまぶしつけ、残り物のクランブルを乗せました。
空焼きせずに、プチタルトなのに40分以上不明時間かけて焼いたら、中のリンゴはジャム状になり、下のタルトもカリカリになりました。サクサク以上の、カリカリ。
以前同じようなのを作ったことがあるけど、ここまで焼くってことが大事なのね、全然おいしさ違う!と感動。
f0095746_21534078.jpg



それで調子に乗って、巨峰でもやってみました。
汁が多いので、煮詰めるのが大変だし、溢れ出した汁が型にこびりついて、外すのが大変でした。
でも、やっぱり美味しかった!


そこで、「もう完成だわ!」とさらに調子に乗り、普通の大きさのタルト型で作ることにしました。
できたら、あの人とあの人にお届けしようと考えながら。




f0095746_21582347.jpg


どちらもキビ砂糖をまぶしつけています。
生地にもアーモンドプードル入り、クランブルもアーモンドプードル入りです。




見栄えはまずまずのリンゴタルト。
ん?
でも、味が全然違う!
食べられないほどの失敗ではないけど、配り歩けるほどじゃないっ。
タルト生地がフニャっとしている。
この前みたいにカリカリと香ばしくできていない。
f0095746_2222645.jpg

この時点で、巨峰の失敗は予想できたけど、それでも一応、期待して食べてみました。
画像からも分かるように、巨峰は、たっぷりの汁が出て、型はもう、崩壊寸前。
生地は、ふにゃ以上のしっとり。
もちろん生焼けではなく、よく言えば「ジューシー」な味の生地。
食べられないほどの失敗ではないけど、身内以外には配りたくない。
でも、どちらのタルトも、街ではこれくらいのフニャっと感のを食べることは有りますし、前回の大成功が無ければ、「こんなもんだろう、美味しいじゃん」と思ったかもしれません。
ただ、イメージとは大きく違うの!ダメじゃん!
f0095746_2212876.jpg

教訓です。
小さいので成功したからって、大きいのも同じように行くとは限らない!
この場合、大きいのは、空焼きしてから焼くか、具をある程度煮ておく必要があったのかもしれません。
それとも、大きいのと小さいのは元来同じように行かないものと割り切り、このタイプのタルトは小さいのに限定して作ることにするか、ですわ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-09-16 22:20 | お菓子
デコレーションレッスン(ケーキ教室)
f0095746_213113.jpg

今日は「魚かな」のyuki先生のケーキ教室、デコレッスンでした。
デコレーションはすっごく苦手で、数をこなすしかないと分かっていても、そんなに消費できないし、材料費は高いし、、、泣きどころでしたので、今回はかなり楽しみにして参加しました。

ナッペと絞りの練習は、発泡スチロールのケーキ型の台に、イタリアンメレンゲで練習。
いやん、どう見ても、一番下手~。
サイドがどうにもこうにも、下手~。
回転台の回し方とパレットナイフの当て方のコツがつかめません。
でも、練習の仕方が分かりましたので、あとは家で、(イタリアンメレンゲは作るの大変そうなので)植物性のクリームで練習しようっと。

この写真はお持ち帰り用のバタークリームで仕上げたケーキです。
バタークリームはやり直しがきくと言うことで、先生がスポンジとクリームは予め用意してくださってました。
お店に出す用は、生クリームを9分立てにして、1分で仕上げるそうです。
柔らかいと持ち帰る時のことや、カットした時のことが心配だからだそうです。
しかし、、1分で仕上げられない私は、9分立てにしたら、間違いなく、あっという間にボソボソの13分立てになっちゃいます。
「パテシェケーキにかなうわけない、cafeなんて、できっこない!cafeのケーキはもちっと簡単にするしかない!」と癇癪を起こしそうになるけど、「いやまて、あきらめたらそれ以上のものはできない」と、またまた自分を励ます夜です。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-09-16 21:25 | お菓子
イースト・ドーナツなどなど(パン教室)
f0095746_017233.jpg

今日は水野先生のパン教室、娘達が楽しみにしてたドーナツでした。
習ったのは、3種類。チョコリングと、ツィストと、ファンシー。
ファンシーには、少し固めに作ったカスタードクリームが入っています。
油使ってるから、そんなに食べられないだろうと思ったけど、おいしい~。
生地もおいしいし、全然油っぽくない。
お店で買うドーナツってなんであんなに油っぽいんだろう??って、しみじみ思ってしまいました。
復習も、こんなにあっさりした感じに仕上がるのかしら。。不安だけど。
f0095746_0224130.jpg

こちらは、手前が黒オリーブ入りテシーナブロート。
ドイツのテッシン地方のパンと言う意味だそうです。
ちょっときつめの塩味で、お酒のおつまみって感じです。
これは、上の娘が喜ぶだろうなと思ったら、案の定、喜んでいました。
こじゃれたものが苦手な世代の人には、難しいかもしれません。
奥はそばクルミパン。
2個には餡が入って、1個はプレーンです。
まぶしてある粉は、もちろんそば粉です。
餡入り、おいしかったです。こんなのが自分で作れるのね~。
f0095746_0341969.jpg

今日は甘いパンが多いので、夕食にはならないかもしれないと思って、ご飯は別に考えました。
教室の生徒さんで韓国の方が作っている評判のキムチとナムル各種のセット。
これを分けていただいて、夕飯には、ビビンバ。デザートにドーナツを頂きました。
温泉卵とそぼろは出発前に作っておいたので、帰ったら、のっけて混ぜるだけ~。
ホントにおいしいキムチとナムルです。
いやあ~、今日も食べた食べた。

追記・まっき~様
しかし、この方法の問題点は、冷たいものをのせるので、混ぜたときご飯の温度が下がることです。普段は全部混ぜてしまって、炊飯器で2度炊きするか、レンジで温め直してから盛ります。今回は見栄え重視で、バラバラにもりました。まあ、石焼きなんて言うのは別にして、これでもとってもおいしかったです~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-09-16 00:42 | パン
チョコとクルミのパウンド
f0095746_1804736.jpg

yuki先生の教室のケーキを復習したかったのですが、マロングラッセが近所のスーパーでは手に入らず、富沢さんに注文している間に、同じ分量で「チョコとクルミのパンウド」を作りました。

教室で、いろいろなパウンドの作り方の話をお聞きしたこともあって、分量は同じで作り方を変えてみました。
左は、バターをしっかり泡立て、さらに全卵をホイップするやり方。シュガーバッター方だとizumiさんが名前を教えてくれました~。
右は、卵を泡立ててから、溶かしバターを入れるやり方。コレの名前は分かりません。

右の方がかさ高に膨らんでいます。でも、卵の量が少なめだったので、ちょっとやりにくかったです。これは、卵がある程度の量がないと、辛いかも、です。
いつもパウンドを作るときは、全体に具を混ぜてしまうのですが、今回は、教室でやったように、真中に配置。インパクトの強さをねらいました!(と、習いました)
f0095746_188675.jpg

切り口、画像で分かるでしょうか?
左は色が濃く、むぎゅっとバターの味がして、しっとりしています。
右は色が淡く、ふわふわとして味はあっさりしています。
どちらも美味しくて、食べつづけているうちに、自分はどちらが好きかも分からなくなってしまいました。
そこで、職場と家で、どちらが好みか投票してもらいました。
結果は左8、右6でした。それもかなり、悩んでの投票の人もいましたので、大差ないと言うことですね。

意見は「左はお茶の時間に、右は朝ご飯に食べたい」
「何個でも食べていいって言うなら、右。あっさりしているから」
「左はフィナンシェみたい、右はスポンジみたい」
「左の方がバターの味がする。右は薄まっている感じがする」
確かに同じ分量とは思えない味と食感でした。
参考の為に、「フィナンシェとシフォンどっちが好き?」と聞くと、左と答えた人はフィナンシェ、右と答えた人はシフォンでした。

このやり方が使い分けれらるといいんだけどな。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-09-13 18:32 | お菓子



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧