<   2007年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
バナナのタルト
f0095746_2112792.jpg

桃のタルトの時、変色をどうやって防いでよいか分からないと嘆いたら、hiromiさんの過去記事とマクロビの ygracia さんからのコメントで「砂糖水とレモン」とヒントを頂きました。
さっそくリベンジしたかったけど、桃買って来られなかったので、家にある、同じく変色仲間のバナナで試すことにしました。

かなり濃い目の砂糖水を沸かしてつくり、冷えるのが待ちきれず、氷とレモンの絞り汁を入れました。そして約2時間後に、タルトにしました。
変色はしませんでしたが、切り口が溶けるようにねっとり、、、。
上の画像を見るとわかると思うのですが、バナナの背中はちゃんとしてるのに、切り口は透明になっているでしょう??
f0095746_21182782.jpg
これって、砂糖の濃度濃すぎましたかね。
フルーツに砂糖まぶしておくと、中から汁が出てきますよね、あれ、あの現象ですね。
浸透圧ってヤツですかね???
次回は、砂糖水は薄くします。


でもね、おかげでこのボールの中の汁が美味しいんですよ。
バナナの香りと味がするの。
だから、その汁にアガーを入れて、上がけゼリーを作ったらそれも美味しい。
市販のナパージュってきれいだけど、美味しくないからあまり好きじゃなかったけど、これなら、やる気になります。もうちっと、研究しようっと。

f0095746_21314410.jpg


残った上掛ゼリーとバナナを固めたら、美味しいゼリーになりました。
といっても上掛用だから、固いけど、味は良かったですよ。
いよいよ、次は桃だ!



あ、このクリームは前回と同じ、水切りヨーグルトのクリームです。
このクリームの欠点発見。
翌日には、さらに離水します!!まだまだ、「水切られてないヨーグルト」ってことなんです。
すぐに食べるときに使うか、時間を置くなら、ゼラチン使う方が良さそうです。
いつも、ゼラチン入れてゼリーやムースにしてたから、今まで気がつきませんでした。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-08-30 21:55 | お菓子
シナモンケーキとくるみカスタード
f0095746_2229538.jpg

先日、水野先生のパン教室で試食に頂いたシナモンケーキが美味しかったので、もっと食べたくてそれ風に作りました。
といっても、レッスンは受けていないので、あくまで「イメージ」!
レシピは適当、アイシングはゴッテリ。
先生のは、レースのように美しかったのですが。。。。
形も縁は膨らまないで、真中ぽっこりの可愛い形でした。

くるみは生で使い、レーズンはサルタナ。色はパッとしないけど、量はたっぷり入ってます。
f0095746_2238635.jpg
バター    90グラム
キビ砂糖  80グラム
小麦粉   100グラム
シナモン大さじ2以上??
卵      2個
生クリーム 30グラム
レーズン、くるみ、アーモンド
   合計150グラム


先生のとは違ったけど、大人の味で美味しかったです。

f0095746_224448.jpg



上の娘に「ビミョー」と言われたクルミカスタード。
以前作ったらとても美味しいと思ったのでまた作りました。




f0095746_22455851.jpg
手前の写真、残り物ビスキュイを濃いコーヒーに浸して、
砕いたクルミを乗せる。
奥の写真のように、カスタードを乗せて、
さらにココアとクルミをかけます。
コーヒーの苦さがカスタードの甘さとマッチして良いと思ったのですが、ジャッジは厳しかったです。
理由は、「この見かけは、ティラミスを期待させる。チーズに比べたら、カスタード味はパンチがない。コーヒービスキュイに比べてカスタードの量が少なくてバランス悪い」とのこと。
ただし、「不味くはない」そうです。
だから、「ビミョー」なんだって。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-08-29 22:56 | お菓子
桃のタルトとカスタードパインケーキ
f0095746_23185330.jpg

二日かかりで、お世話になってる人に、プレゼント用のケーキを2種2セット作りました。
昨夜、生地を焼いておき、今日仕事から帰ってから、慌てて仕上げてお届け予定で。

これはフレッシュフルーツのタルト。10センチの型です。
桃は色が変わるのでどう処理してよいか分からず、とりあえず、砂糖でマリネ。
hiromiさんのところで、読んだコメントを参考にさせてもらいました。
そのとき出てきた汁で上掛のゼリーを作りました。
下のクリームは、水きりヨーグルトクリームです。
「カスタードにしないで」という下の娘の意見を取り入れました。

f0095746_23244135.jpg
水きりヨーグルト、以前はザルにペーパータオルでやっていたのですが、冷蔵庫の中で場所とって仕方ない。コーヒーフィルター方式も、2~3人用でやっていたので、一度に500グラム入らないから、途中で、継ぎ足したり、入れ替えたり面倒でした。
4~6人用を捜し求めて、やっとこ見つけたら、これが500グラムの水を切るのにジャストなサイズ。冷蔵庫にも入るし、ラップもできるし。
でも、もっと、いい方法ご存知の方、教えてくださいね。

10センチのタルト3個分のクリームです。
水切りヨーグルト   200グラム(最初は500だった)
練乳           50グラム
生クリーム(ホイップ) 70グラム


もう一つは、リスさんのところで見たココナッツとパインのケーキ風に作りました。
ジェノワーズはビスキュイに置き換えました。
f0095746_2332658.jpg

ココナッツ振りかけて焼くつもりだったけど、忘れたの~。
中には、カスタードとパイン、バナナを詰めました。
ゼラチンを入れなかったので、セルクルを抜いたあとが、スッキリせず見栄えイマイチだったため、幅広のリボンをつけております。
天板で焼いて、12センチのセルクルで抜いて2台作りました。
キレッパシは、味見用に、作りながらトライフルみたいに食べました。
十分甘いと思ったパインもカスタードと合わせると、酸味が引き立っていました。
カスタードも美味しくできました。
f0095746_23353850.jpg



ところが、この2種のケーキ、悲しい結末が。。。。
仕上げをしてからお届けしようとしたら、お2人とも連絡つかず。



「予め連絡しておけば?」って思うかもしれないけど、昨日、生地を焼いた時点では、「もし仕上げで失敗したらどうしよう~」「明日残業になったらどうしよう~」って気持ちがあったから、「できたらお届けしよう、その方が驚いてもらえるし!」と思ったわけです。
あちゃ~!!

で、散々、味見をしてお腹いっぱい胸いっぱいなんだけど、わが家で食べました。
と言うわけで、私の夕飯は、ケーキでした。こんなことも珍しい。
残りは、明日職場に持って行くかな。。。。
やっぱ焼き菓子作れば良かった。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-08-27 23:53 | お菓子
パン教室とマリコさんのケーキ
f0095746_19532530.jpg

週末は食べつづけの幸せな日々でした。
金曜は、「のんちゃんのはらどけい」でお食事会。
携帯の充電が切れて、写真は撮れなかったけど、美味しい料理とモカショートを頂いてきました。うみゃ~。

土曜は、水野先生のパン教室。バケットとベーコンエピと天然酵母ミニ食パンと、ヨーグルト林檎パン。
天然酵母パンも、フランスパンも「本気」を出すと、かなり時間がかかり、先生によっては夜中も起きて様子を見る指導もあるほどだそうですが、水野先生は「そんなことしたくない~。パンに縛られて、外出もできないのは嫌じゃない?お家で何回も作れなきゃねえ」と色々、家庭用に工夫して(差しさわりの無いところは省略して)教えてくれました。

うちの電気オーブンだとフランスパンは復習する自信ないなあ。
でも、天然酵母パンは、やりたい。モッチリ美味しいんだもん。
酵母を起こして1週間のものも、1ヶ月のものも味見させてもらいました。

試食で頂いたケーキ(名前は不明、シナモン風味のバターケーキ)も美味しかった~。

f0095746_202212.jpg



朝のうちに、スペアリブ入りのカレーを仕込んでいったので、帰ってからはすぐにパン祭り。




この画像ではパンは小さく見えますが、パンの皿、32センチです。
しっかり、食べ応えがありました。

そして日曜は東久留米の滝山団地名店会の夏祭り。
またまた焼きスペアリブを食べました。
でも、一番の目当てはコレ。。。。マリコさんの焼き菓子が出店されていると言うので。
f0095746_20124857.jpg

東京の古くからの団地って、どこもここも、高齢化して子供の影が見えなくなり、商店街も大型店舗に押されて、元気が無いところが多いんだけど、ここは、まだまだ活気があります。
こういうのって、大事だよねぇ。。

へーゼルナッツのクッキーと、チョコクッキー、マドレーヌ、シュトレーン、カップ入りのプリンとババロアを頂きました。パワフルなお菓子たちが並んでいました。
マリコさんは、やっぱり元気で明るい!
ホームメイドを追及する姿勢貫いてます。
f0095746_20155630.jpg

ほら、マリコさんって、ワイルドでお茶目でしょ??
クッキーの直径は約9センチ。でかい。
マドレーヌの、この形も可愛らしい。



以前頂いたのは、生ケーキで、非常に力強いと感じましたが、焼き菓子は、どちらかというと、軽い印象でした。おやつにパクパク頂きました~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-08-26 20:32 | パン
マンゴーココナッツのパウンドと巨峰のタルト
f0095746_19142086.jpg

marimo cafeさんのマンゴーココナッツケーキを作りました。
生のマンゴーを刻んで入れてます。ふわふわしっとり焼けました。
マンゴーはピュレにしようか迷ったけど、結局、めんどくさくてそのまま入れました。
それでも、かなり水分が出たようで、かなりやわらかです。
そして不思議なことに、生地自体が少しオレンジ色。。
家にはココナッツ嫌いがいるので、ココナッツは減らしましたがそれでも「また、余分なもの入れたな!」ってばれてしまいました。
職場でもココナッツ嫌いに多少の「残念感」が見られたので、ココナッツ入れなければ、多分、みんなの好きな幅広いケーキになると思う。美味しかったです~。

f0095746_19223261.jpg

水分の多いケーキって、ぷっくら膨らまないのかな。
焼きあがり平らです。
いや、それとも、ウデが悪いか??
それでも、割合きれいな横っ腹です。


marimoさんと手順は少し違いますが、レシピはほとんど同じです。
marimoさんありがと~!!

バター         90グラム    
キビ砂糖       70グラム
卵             2個  
小麦粉          70グラム
アーモンドパウダー  20グラム
ココナッツファイン   20グラム
マンゴー        100グラム 

f0095746_19295815.jpg
 
先日の巨峰のスフレチーズケーキが美味しかったので、今度はベイクドタイプでやって見ました。
タルト生地は、ルミさんレシピを使っていたのですが、もう少し、ホロホロする方が好きかな、、と全卵重量を卵黄のみに置き換えましたら、さらに好みになり成功。
ただし上の娘には、「もっと主張の強い全卵タイプが好き」と、言われたのであくまでも、好みの問題です。
今回は、「種無し巨峰」だったので、半分に割らずに、一個そのまま置きました。
やった~!さらに、巨峰味~!!と期待に胸膨らませて。
f0095746_19343892.jpg



しかしですねえ、、、切り口からも分かるように、巨峰ジュースが広がっていない!




それって、丸ごと使ったためだと思いますが、もしかすると、ベイクドタイプだからかもしれません。
ほら、半割で使ったときと、ジュースの量が全然違うでしょ?
f0095746_19382366.jpg
だから、食べた感じ、巨峰は巨峰で食べている感じ、チーズケーキはチーズケーキで食べている感じなのです。独立して主張してます。
もちろん、普通には美味しい!
でも、「ベイクドチーズケーキ、巨峰ジュース入り」のイメージとは違いました。
ただ、前のは、スフレタイプで条件が違うので、そのせいかも。。。
また、ベイクドタイプで半割でやってみるしかないですね。

15センチタルト型
クリームチーズ     200グラム
生クリーム        100グラム
卵               1個
砂糖             30グラム

タルトの空焼きをしている間、チーズとクリームを湯煎にかけ、ほったらかして、食器など片付け物をします。
トロントロンになって力要らずになってから、キレイに混ぜて、他のモノを混ぜるだけ。
チーズケーキってこういうシンプルなレシピで十分、むまいっ!
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-08-23 19:54 | お菓子
阿里山cafe
f0095746_2135438.jpg


ポッキーさんに情報を頂いてトコトコ出かけたアリサンカフェ。オーガニック、野菜志向、手作り、そういうことにこだわったcafeのようです。
これは、豆と夏野菜のカレー。
情けない画像ですが、お野菜たっぷりは分かるかな?
ご飯は玄米と赤米。
カレーはスパイシーでお米はプチプチです。

cafeの他に、オーガニック製品の販売や音楽系の催しや、フリーマーケットなどもやっていて、情報発信源にもなっているようです。


f0095746_216218.jpg



チャイシフォン。ちょっとこれもスパイシーです。
クリームが普段私が使っているものではないことは分かりましたが、なんだか、分かりませんでした。
豆乳系なのか、ただ、動物性の乳脂肪分が低いのか、、、。






f0095746_2114986.jpg


お食事とケーキは「普通」だと思いますが、お客さんが多いのにびっくりしました。
こんな場所でもこんなに人を集められるのですね。
もちろん、日曜と言うことも有るでしょうけど。

オシャレなことや、コンセプトとか言うモノがはっきりしているからでしょうか。
見たこと無いけど、「アメリカの農家の物置!」と勝手に思った外観。
お客さんも、外国の人が多かったのは、偶然なのかな。
あの辺りに、基地とか外資系の企業とかあるのかな???


f0095746_2124579.jpg
テラスからは、高麗川が見下ろせます。
何組かのファミリーやカップルが、雰囲気よく食事をしていました。
どのメニューも野菜たっぷりでした。
とは言え、暑い日だったので、私達は一瞬だけ、木の椅子に腰掛けたあと、慌てて「あ、やっぱ、中がいいです!」と軟弱にも室内に戻ってしまいましたが。

発信したいことをはっきりさせるって大事なことだと勉強になったcafeです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-08-22 21:34 | cafe
マロンクリームのパウンドとプチタルト
f0095746_1962083.jpg

クイズは「絶対誰も当てられない!」と確信は有ったのですが、似たような施設をご存知の方とか、HPの「ふれあいセンター」に、ピンときたらどうしよう~と、ちょっと不安??はありました。
で、一応箱入り賞品は「焼き菓子セット」を考え、「ああ、お菓子上手の人ばっかりだから、当てられたくない!!」と怯え、封筒入りは「お家宴会招待状・宿泊券付」を考え「ああ、お料理上手の人ばっかしだから、当てられたくない!!」とドキドキしていましたよお。
でも、誰かとコレがきっかけで、やり取りできたり会えたりすると、楽しいかなあなんて、妄想もしました。
あるオジサンには「詐欺だ!詐欺!」と罵られましたが。。。

一応焼き菓子セットの心の準備の為に焼いた、「マロンのパウンドizumiさん風」。
izumiさんはサラダ油使用でしたが、これはバターバージョンです。
前回より、大分、きめが細かくなったような、気がしませんか??ちっとは、上達したんじゃない?、、、、、前回より、粉など合わせるとき、ちょっとしつこく混ぜてみました。
油脂については、バターバージョンの方がやはりわが家好みの味でした。

f0095746_1913551.jpg

リング型で焼きました。
中には、金時豆の甘納豆を入れました。
(練習に使うには、栗、高いんだもん、、、)


「焼き菓子セット」フロランタンの生地に使おうと思って仕込んだ生地でモンブラン風タルトを作りました。画像はやたらでかいけど、プチです。
f0095746_1918266.jpg

せっかく信州に行ったので、買ってきた小布施の栗鹿の子。
子供達は嫌いだと言うから、無糖の生クリームを泡立てて、合わせました。
ちょっと苦くて美味しいのにね。

f0095746_19234683.jpg



中はこんな感じ。
もう1回作りたいけど、単価高すぎる!
もうできないわ。





f0095746_1925592.jpg
めちゃくちゃ見栄えの悪いレアチーズケーキ杏味。
目玉のオヤジか???って感じですよね。

無糖クリームが残ったので、クリームチーズと砂糖を合わせ、杏ジャムを乗せました。
もう少し冷蔵庫でクリームが固くなってから乗せればよかったんだけど、「ま、いいか」と柔らかいうちに、乗せたら、ダレダレ~っと。。。。
イメージ的にはコレも、山になるはずだったのに。
レアチーズケーキは基本的には、ヨーグルトとか牛乳、卵など入らないのが好きなので、味はバッチリ好みでしたが、、、。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-08-21 19:36 | お菓子
レストラントマトその2
レストラントマトのクイズにおつき合いいただきまして、ありがとうございます。
私としては、「こんな経営の方法もあるの?」って目からウロコの楽しい予想外でした。
でも、当てるのは難しかったですよね。
テント、自宅がペンション、廃校になった学校、別棟の空家、ツリーハウス、自宅、お寺の本堂、お店、お店の2階と頂きましたが、惜しい~!残念。

正解はコレです。びっくりですよ。
f0095746_18503040.jpg

とっても、美味しいホッとする朝食。キャラブキも手作り。大粒納豆も地元産。
鮭は私好みのしっかり脂の乗ったタイプ。
ヨーグルトに添えられたルバーブも、美味しい。
箸袋に名前が、、、、。


ん???読めないですよね。
そこで、看板をアップにしてみます。
「長野市大岡アルプス展望ふれあいセンター」です。


f0095746_18285841.jpg


そう言われて帰ってHPをよーく読むと、
「お一人で楽しむもよし。大切な人と楽しみむもよし。
ふれあいセンターのママさんシェフが手造りでお手伝いします。」と書かれています。
ふれあいセンターって、ホントに「ふれあいセンター」って言う名前だったのね。
抽象的な捉え方して、読み過ごしたのね。

こちらは、日本全国最近良く耳にする「指定管理」と言う名の、要するに公立施設が民間委託されたところでした。
ハコは作ったけど、運営しきれないことが多く、「民間活力の導入」「地域の雇用活性化」などを大義名分に、民間に経営を任せるという、アレです。
でも、その方が、実際、生き生きと事業は展開されていくんですよね。
それで、なんだか難しい使命がトマトには課されていることを条例から読み取りました。

次に掲げる事業に関する業務
ア 高齢者に生産の目的意識の再認識、豊かさと生きがいを与えること。
イ 食文化と郷土文化を通じた都市住民と地域住民との交流研修に関すること。
ウ 郷土料理と郷土食に関すること。
エ 宿泊に関すること。

なるほど~!
それで、厨房で「料理講習会」開催したり、こんな催しがあったりするのね。
f0095746_18554358.jpg
外観はこんな感じ。
公民館みたいなものでしょうか。
何十畳もある大広間にホワイトボードとカラオケセット。
「小会議室」と書かれた和室など。

ど、どうでしょう?
こんな予想ができた人、いませんよね。

お風呂もトイレも、しっかりしていますし、きちんと管理されています。

f0095746_1824466.jpg
携帯でとった階段の時計。
中はこんな雰囲気です。

料理はママさんシェフが、建物の管理はきっとマスターがされているのだと思います。
お2人で力合わせて、すでに「公立」の枠を越えた運営をされています。
外観からはちょっと予想できないお料理ですよね。
そうそう、建物は無料で使用できるけど、補助は無いそうです。

わあ、いいなあ、こんな経営の方法もあるの?
私もどこかでやりたい~!!なんて思ったけど、
これは、地域でその実績をきちんと認められた人にだけできることですね。
f0095746_1952483.jpg



大広間から見える北アルプス。







余談ですが、田舎出身のクセにもう30年も離れていると、静寂と漆黒の闇が怖いくらいで、障子に映る木の影も、開け放たれた大広間の大きな窓も、それはそれは恐ろしく、トイレにもなかなか行けませんでした。
あほだ~!
今度は、職場のグルメなオバサン軍団でワイワイとお邪魔したいと思います。
お2人のお人柄が経営にそのまま表れ、本当にアットホームで家に帰ったようなレストラントマトでした。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-08-19 19:26 | お外ごはん
レストラン・トマト(長野)
珍しくとっても力作長文の記事に、初めてのクイズつきです!!
どうぞ最後までおつき合いくださいませ。

f0095746_9363137.jpg

長野のフレンチレストラン、トマトに行ってきました。
2ヶ月ほど前、ルバーブに関心を持ち始めた頃、検索でヒットした記事を拝見し、また野生の直感??食勘が動きました。
見かけちょっと野暮ったいけど、クラシカルな盛りつけといい、メニューといい、食材へのこだわりと言い、最近流行りの「創作フレンチ」とは違うものが食べられそうな、、、。
しかも、お手頃値段。ディナーは4200円。

f0095746_944517.jpg
宿泊もできるとの小さな記載も見逃さず、一路長野へ。

「ようこそいらっしゃいました」と関西アクセントでオーナー夫妻がお出迎えしてくださり、「お茶でもしましょ」とまず、出してくださったのがこれ。
あ~!!これが食べたかったのよ、これ!!
右はルバーブのパイ。
左は、上にルバーブ、下にはお手製杏ジャムのタルト。
どちらもクラシカルなフランス菓子というか、しっかりした濃い味で、酸味も甘味もそれぞれがバランスいいケーキ。
パイ生地は、ちょうど滞在中の佐田師匠が折り出した生地とのことでした。ラッキ~。


数時間、山の中を散策した後の夕食はフルコース。
前菜は、地元鹿肉のテリーヌ。
f0095746_956611.jpg

シェフはジビエ料理のコンクールでなんか賞状を頂いたみたいで、お部屋のり口に貼ってあったなあ。kotubuさんは、見逃していません。

この後冷たいダブルコンソメのスープ。

f0095746_1044597.jpg

魚料理は岩魚のワイン蒸しにムール貝とルバーブ添え。
肉料理は牛フィレ肉のワインソース。
お口直しはレモンのソルベ。






f0095746_10124885.jpg



途中でカブトムシも飛んできたりして、お出かけ気分をさらに盛り上げる。





こだわり過ぎなくらいのこだわりのマスターがウンチクとサービス担当。
シェフは明るくパワフルで気さくな奥様。
「船頭は二人は要らないんです」とマスター。
シェフに全幅の信頼を置いています。
シェフのお料理は佐田師匠仕込みで、夏の間山好きの師匠は1ヶ月滞在されて、総監督を努めておいでのようです???
師匠は業界ではとても有名な方で、新阪急ホテルの総料理長をおつとめだったとか。
ここに至るまでのお話を伺いながら、ちょっと「人のご縁」や「人生」についても感動。
3人の出会いとお人柄がにじみ出るステキなレストランです。
f0095746_10271962.jpg

ここでチーズ。このお値段のコースでチーズが出るのは有りえないでしょ。
チーズの名前は忘れましたが、ワインに良く合う美味しいチーズです。

f0095746_10304358.jpg

ああ、これ、これが欲しい。
このクルクル削るこの道具が欲しい~!






f0095746_10344473.jpg


デザートは洋梨のコンポート。
赤い色はザクロでつけているそうです。
中にはピスタチオ入りのクリームが入っています。



で、もうお腹いっぱい、ワインも回り、夜もまだ早いと言うのにこの日はダウン。
翌朝は和食、美味しい素材、手作りの朝食でほんとにホッとしました。
普通ならこれで、終わりなのですが、まだまだレストラントマトのステキなおもてなしは続きます。
f0095746_10414072.jpg

ルバーブに惹かれてやってきた私の為に、なんと、ルバーブ畑を見せにマスターが連れ出してくれました。
おおお、これがルバーブかぁ。
生のルバーブは、酸っぱくて酸っぱくて、蕗と言うよりはスカンポをかじった感じです。
トマトではジャムを作るときは、皮をむいて作っているそうです。
ルバーブのシロップ漬、ジャム、サラダへの利用などいろい教えてもらいました。
f0095746_10472241.jpg

360度山が見えるポイントにも案内してもらいました。
しかし、
どっからどこまでが北アルプスでどっからどこまでが南アルプスなんだろう??



f0095746_10503073.jpg




ルバーブと同じくらい関心があったお手製杏ジャムをお土産に頂きました。
もったいなくて食べられない。。。。

「おもてなし」ってこういうことを言うのね、、、ってしみじみ感じたレストラントマトで感動でした。







さて、ここでクイズです。
レストラントマトはディナーをとった人は希望すれば宿泊もできます。
お客さんの8割は予約の県外からのお客様、帰れなくなってしまいますからね。
朝食ついて4200円です。
でも、HPでの情報はそれだけなのです。
「ん??お家に泊めてもらえるのかしら?お子さん達と一緒にワイワイかしら??
ペンションかしら??いや、それとも知り合いの民宿に夜だけお邪魔するのかしら??」と色々想像しながら、伺いましたが、、、。

どこに泊めてもらったか、当ててくださいっ。
当然、賞品つきです。正解の方には、箱入りと、封筒入りを用意しました。
どちらか希望か書いてコメントくださいね。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-08-17 11:27 | お外ごはん
タコのかき揚げ
f0095746_22242543.jpg

昨日のお家宴会のとき、オジサン2人がタコヤキ焼くのを途中で放棄して飲み始めたため、材料がたくさん残りました。タコと、小口切りにしたネギです。
さて、これをどうしようか、、。
業用冷凍タコだから、酢の物にするほど上等なシロモノでもない。
小さく切ってあるから、炒め物にも煮物にもならない。
お好み焼きは食べたくないし。。。
うむ、、、、。
、、、、かき揚げか???、、、ってことで、玉ねぎとあわせました。
おおお~、わざわざ作ってもいいくらい良い組あわせ。
残り物を捨てないで使い切ったときって、満足感というか達成感と言うか、ささやかな幸せに満たされます。逆に使えるものを捨てたときって、敗北感と言うか罪悪感と言うか、小さなトゲが刺さります。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-08-14 22:31 | お家ごはん



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧