<   2006年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧
年越しおでん
f0095746_22262231.jpg
シャトルシェフでおでん作りました。
おでん食べながら、紅白見たり、スケート見たりしながらダラダラと大晦日も過ぎていきます。
本当はケーキ作りたくてうずうずしているのですが、悲しいことに、冷蔵庫はいっぱいで生ケーキはつくれないし、食べるものがともかく、いっぱい有りすぎて、クッキーやマフィン焼いても消費が見込めない。。。
つらいなあ。。。ヒマなときって嫌いなのよ。

特別美味しそうな写真じゃないですね~。
大根は薄味ながらよく味が染み込んでました。巾着餅も美味かった。
でも「ジャガイモ、煮崩れないって、言うたやんかぁ」「卵に味しみてないやんかあ」って独り言いってしまいました。
シャトルシェフの本によると、練り製品は味が抜けてダシガラになってしまうらしいので、食べる直前に入れました。
細かいところでは、もう少し、コツがつかみきれてません。
[PR]
by kotubutubu123 | 2006-12-31 22:42 | お家ごはん
伊東家の裏ワザ スコーン 
f0095746_12484214.jpg
下の娘はバイト、浪人生のお姉ちゃんは勉強。
私は私で、大晦日だというのに、掃除もしないで全くいつものとおりの休日風景。
朝食に伊東家の食卓 裏ワザCooking カンタンレシピブック のレシピでスコーンを焼きました。
これは、結構気に入ってます。

私は、イマイチ、スコーンの美味しさが分からないところがあり、パイのような食感に焼けたのはまあまあ、ですが、ぼそぼそした焼き方のアレは苦手で、、、。このレシピは邪道かもしれないけど、ふんわりしっとりした焼き方です。

溶かしバターを使うので、あっとう言うまにできます。フープロより簡単です。
ポイントは溶かしバターにたんぱく質(レシピはヨーグルトですが、牛乳でもでもやってみたら、OKでした)を先に混ぜておくことだけです。それと粉類を合わせるだけ。
だから、どこにでもあるレシピでもBPさえ多めに入れれば、大丈夫だと思うけど、まだ、やってみてないです。
BP多目なのは、バターの層の力で膨らますからではなく、BPで膨らますからでしょうね。

今日は砕いたクルミとインスタントコーヒーを混ぜ入れ、焼き上がりには生クリームを添えて食べました。うまいうまい。大人の味じゃ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2006-12-31 13:10 | お菓子
伊東家のフォンダンショコラ
f0095746_0125292.jpg伊東家の食卓裏ワザCooking Vol.2のフォンダンショコラのレシピです。
たった7分で焼き上がり、ひっくり返すのは難しいけど、中からちゃんとトロンとチョコソースが出てきます。
写真は情けないけど、、冷たいアイスとの組み合わせが、美味いです。

伊東家レシピ、いろいろつかえるもの多いですよね。
作り方聞くとびっくりするけど、材料みると、「これとこれ、合わせればうまいだろ」ってものはやっぱり美味い。
伊東家ランドのデータベースも使えそうです。登録すれば、裏ワザレシピがいろいろ見られます。

でも、このやり方は、早い話が「粉の少ないチョコケーキを生焼けで止める」ということなので、焼きが進むと普通のチョコケーキになるし、冷めてから熱々を食べようと、あっため直すと、もしかすると火が通ってしまうのかな?温め直して食べるほど量を焼かなかったので、分かりません。。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2006-12-31 00:28 | お菓子
ローズマリーのフライドポテト2
f0095746_0152824.jpg
見た目は昨日と全然変わらないフライドポテト。
しかし、今日は、a_c_avanzare さんのご指導を受けての新作ポテト。

どう違うかというと、
①男爵を使った。
②強力粉を使った(セモリナ粉は使い切る自信がなく、やめました)
③二度揚げをして、そのあとで、揚げ焼きをした。

間違いなく、肉の5倍の手間がかかってます!

そのかいあって、カリカリに仕上がりました。
(いつも、カリカリに仕上がるときと、そうでもないときがある)
今日も娘はパクパク食べてました。
芋を男爵に代えたことで、中の味も違いました。
ただ、今日「私って、男爵より、メークィーンが好きだったんだ」ってことが判明しました。
娘も「揚げ方は今日の方が美味い。芋はメークィーンの方が好き」らしいです。
これも、ケーキの話と同じく、単に好みの問題ですね。

たかがポテトフライですが、奥が深い~。
楽しい~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2006-12-29 00:35 | お家ごはん
かぼちゃプリン
f0095746_23514633.jpg
先日のかぼちゃプリンは、皮も使ったあっさり味。
娘には「こりゃあ、おかずだ」って言われたけど、まっき~には、「あれは、美味しかった」と真顔でほめてもらった。
最近、自分の味覚と自信が揺らいできた感じ。
色々な人に色々、食べてもらうと、同じケーキも「甘い」という人もいれば「甘味足りない」って人もいる。
「重い!」って人もいれば、「うまい」って人もいる。
人の好みって相当幅広いんじゃないかしら???
「美味しい」絶対値なんて無いんじゃないの???

それはともかく、、、、昨日作ったのは sunapi-kさんが教えてくれたかぼちゃプリン
今度は生クリーム入り、、、
おっ!私のイメージに近いぞ。

生クリーム入っているけど、それでもあっさりなので、結構一人で食べちゃいました。
見た目も、とってもきれいです。舌触りもいい。確かにちょっと、ムースみたい。
今回は皮は使わなかったからかな、低温で焼いたからかな。
甘さがちょっと足りなかったのは、かぼちゃのせいだと思う。
ちゃんと味見て、砂糖を足せばよかったけど、今回に限って、レシピどおりにやってしまったので。
でも下の娘は「うまいうまい」って言ってたので、良かった良かった。
[PR]
by kotubutubu123 | 2006-12-29 00:13 | お菓子
ローズマリーのフライドポテト
f0095746_2236325.jpg
大本幸之丞「簡単だった!プロ伝授の極上のおかず帖」のフライドポテトを参考にしながらつくる、我が家の定番ポテト。
生芋を揚げるフライドポテトってなかなかうまくいかなかったのですが、このやり方で作るようになってから、大分、評判良くなりました。
表面カリカリ、中ほっくり、ハーブの香り高いポテトです。

要約すると、、、、
①皮付き芋をカットして、水にさらさず、表面に強力粉をたっぷりまぶす。
②芋の半分ほど油をそそぎ、生ハーブたっぷり入れて、強火にする。
③あぶく立ってきたら、中火。ニンニク粒投下。時々かき回す。
④表面色づいてきたら再び強火。
⑤引っ張り出した芋同士打ち付けると、カンカンというくらいになったら、出来上がり。
コツはじっくり時間をかけて揚げることらしいです。

f0095746_22421176.jpg
f0095746_22424279.jpg

f0095746_2341081.jpg
しかし、まあ、家にはローズマリーしか生えてなかったので、5種類のハーブは一種類に。
男爵はなく、メークィーンだったので、それで。
油は芋がかぶるほど入れちゃったし、ピーナッツオイルって書いてあるのに、サラダオイルだし。
何より大きな失敗は、強力粉無かったので、薄力粉で。
そのせいか、ちょっと、かりっと感に欠けましたが、「うまい。やばい。食べるの止まらない」って上の娘が食べてました。
じっくり揚げると芋の甘味が引き出されるようです。

今日は、奮発した牛ヒレのステーキ、おろしソースがメインのはずでしたが、娘の扱いとしてはポテトが完全にメインでした。
まあいいです。喜んでもらえれば。
[PR]
by kotubutubu123 | 2006-12-27 23:11 | お家ごはん
カボチャプリン
f0095746_22224765.jpg
「こりゃあ、おかずだ」と娘に言われてしまった、カボチャプリン。
冷蔵庫の中のカボチャが、駄目になりそうだったので、慌てて作ったんだけど。
皮も使って、フープロ使いながら、味見しながら砂糖の量など決めました。
次回は、もっと濃厚味にしましょうかね。
やっぱ、生クリーム入れなきゃダメですかね。
卵白あまるの嫌だけど、卵黄こってり使いましょうか。
でも、なんでも、濃厚味にしちゃうんだよね、、、。

たかがカボチャプリンでも悩むものですね。
ちょっとあちこち、カボチャプリンのレシピを探してみます。
[PR]
by kotubutubu123 | 2006-12-26 22:37 | お菓子
グレープフルーツのショートケーキ
f0095746_23204719.jpg
まだまだ無くならないスポンジケーキ。
今日は、グレープフルーツをマリネして、ショートケーキにしました。

なにぶん、型が小さいものですから(10センチ)グレープフルーツ1個、生クリーム1パックでも十分、リッチに使えます。
相変わらず、サイドは何か張りつけないと見苦しいので、今日は、あまったグレープフルーツをほぐしてくっつけてみました。
結構かわいい~。

クリームはkonamiさんのパリブレストの絞りを見て、「あ~、これやってみたい!」ってことで、モンブランの口金です。
でも、クリームのかたさが微妙に難しいです。。。




f0095746_23252525.jpg
カットは難しいですが、生クリームとグレープフルーツたっぷり感が分かるかな、、、ってアップしてみました。
スポンジより、完全にクリームの方が厚い~。
10センチの型だからできる贅沢かな。

6個も焼いたけど、結論は、「どれもこれも、大して変わらん!」でした。
それなら、ある程度の高さと形を一番きれいにキープできる「少量の水の湯煎焼き」がいいかな。
焼き方の違いより、分量の違いの方がやっぱり食感に与える影響は大きいのでしょうね。
今度は同じ焼き方で、違う分量で試してみなくちゃね。
「大して変わらん!」ことも自分でやって初めて納得できるから。

残りはミニオムレットにして食べたり、チーズケーキの下に敷きこんで使おう。
[PR]
by kotubutubu123 | 2006-12-25 23:46 | お菓子
スポンジ実験とデコレーション
f0095746_848729.jpg
3種類のスポンジを焼いてみました。
粉と砂糖の量は同じ。
違うのは水分。
・全粒紛45グラム
・三温糖45グラム
・卵3個(別立て)
10センチの型で2個分です。(つまり全部で6個焼けた)

左から、
①180度で20分。生地に水30cc加えたもの。焼きあがった後、すこーし、しぼみました。
②170度で20分。そのまま焼いたもの。焼きは浅めで止めました。側面に少し焼き色ついてます。
③180度で20分。少な目のお湯で湯煎焼きにしたもの。

どれも焼きあがってすぐ、天板の上に伏せて蒸らしてあります。
見た目、あまり変わらないですね。意外なことに、切ってみたら、中もほとんど変わらないんです。


f0095746_94746.jpg
スポンジだけ切って食べたら、さほど変わらないみたいだけど、クリームとのバランスではどうなんだろう。
でも、デコレーションして食べ比べてみるの、結構大変そう~。
とりあえず、これは②のバナナチョコ。大胆なデコです~。
トップにもバナナを乗せてはみたものの、「残ったら色変わっちゃうジャン」と気がつき、バナナを隠すように、チョコクリームをまた絞り出して、クルミをどこココかまわずまぶしつけてあります。
うみゃあ、うみゃあ。


f0095746_994993.jpg
これは③のイチゴショート。
デコが下手なので、家にあった娘のおやつのクッキーを回りに貼り付けました。
クリームは中沢でもタカナシでもなく、そこに、数十円分のお味の差が出てしまいましたが、でも、スポンジとのバランスはエガッタエガッタ。
多分、時間が経つとクッキーもしっとりして、ほどよい塩味を足してくれるでしょう。
ふ~のさんが、お勉強中のkono式で入れてくれたコーヒーで頂きました。

あとは、②のスポンジだあ。やっぱ、一度には食べられない~。

この分量、この材料、スポンジの味深く、なかなか良いです。素朴でしっとりです。シロップはいりません。
粉と砂糖が多くて、焼きの深い、きめの細かいしっかりしたスポンジにシロップ打って使うのも好きですが、私としてはこちらが好き。
(多分ホントのフランス菓子からは程遠く、間違いなくジャパニーズおやつケーキだと思う)
しばらく、いろんな焼き方、いろんな分量、探してみよう~。
ネットってほんとに便利。
だから自分がやってみたことも、誰かの参考になればと、ダラダラ書いてみました。
[PR]
by kotubutubu123 | 2006-12-24 08:51 | お菓子
紫芋のミニタルト
f0095746_1305094.jpg
昨日のおやつです。
レーズンサンド用の生地を焼き、残り物の紫芋クリームをのっけ、鹿の子大納言と合わせました。
クリームの下にもたっぷり大納言敷きこんでます。
これは、ヒットです~。
前回ロールケーキにしたときは、甘栗を巻き込んだのですが、それより、よいです。
もともとこのクリームは地味な味なのに、甘栗ったら、さらに地味なんだもん。
鹿の子大納言は濃厚ですし、(出た!濃厚好き)食感も、同じような柔らかさでよいです。
そうだよな、芋と小豆だもん、合わないわけが無い。
色も美しいです。
今後紫芋は、こうやって使おう!
決してスィートポテトにはしないぞ、って、思いました。

ちなみに鹿の子大納言はクオカで買って、小分けにして冷凍してあります。
便利でよろしい。
[PR]
by kotubutubu123 | 2006-12-23 01:43 | お菓子



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧