カテゴリ:お菓子( 862 )
お豆のパウンド
f0095746_2315012.jpg

なんちゃんが、美味しそうな栗とお豆のパウンド、米油バージョンを作ってました。
あーー、食べたいって思ったけど、、、「最近作ってない、、、作れるのか??」ってちょーふあん。
けど、やってみました。
ここんとこね、やっとこ食べられるようになってきました。
食べやすいのは、バナナ、芋、カボチャ、豆。。。
「全部嫌いな物だねえ」って、てけさんに言われてますけど、、、嫌いなわけじゃない。
好きじゃないだけ。
大好きなレンコンとかゴボウとか、噛みしめて食べる系は、まだまだ食べられそうにない。。
と言うわけで、、、芋だのバナナだのは常備。
食べるかも、、と思って買った市販の煮豆もあり、それを使ってお豆のパウンドを作りました。
なんちゃんにもらった栗有るけど、もったいないから、これには使えない。
f0095746_23163817.jpg

トップに割れ目のないパウンドになったけど、以前izumiさんが「割れ目できないくらいのがむしろ美味しいかも」って、言ってた気がするので、それを心の支えにカットしてみました。
なんちゃんが、お豆沈んだーって、書いてあったから、私も切って切って切りまくって、豆どうなってるか、見てみました。
笑えるほど、ばらつきあります。
ごっそり入ってるのと、かけらしか見えないようなのと。
一番上の写真見たら、お豆が頭を出しかかって、固くなってそうなところもあれば、底にくっつきそうなとこもあります。
なんか面白くて切りまくってました。

f0095746_2315206.jpg

食べてみたら、おおお、人生初ってくらい美味しい。
多分、後にも先にも、これっきりですってくらい美味しい。
ふわふわと同時にほろほろもしてる。
うううううう、、、、嬉しい。
izumiさん風だ、、ちょっと。アレとは違うけど、、ちょっとizumiさん風。
初めて、人に差し上げられるレベルのできた気がする。
今までも、上げたけど、、、あれはぁ、、、ごめん、消費してもらっただけで、、「差し上げた」わけじゃない。

ここは豆が多すぎて、生地がよく分からないですね。

f0095746_23155286.jpg

と思って、豆の少ないところの写真撮ったら、こっちは、ピンぼけだった。
ちぃっ。

皮の色が濃くて厚い感じがするでしょ?
ところが、これ、色はしっかり着いてるけど、なんでか柔らかくて、美味しいです。
余った蜂蜜全部入れたから、転化糖、強く働いたか??

うまい。。。自分の作ったパウンド、初めて2切れ食べた。
あたしって、抹茶のガトーは作れないけど、これ、できたじゃん?
シフォンも時々どさっと落ちるけど、、、これ、作れたじゃん?
きっと、抹茶のガトーも、シフォンも、きっとそのうちできるようになるよ、、と、気分上がった日でした。

ってか、物が少し食べられるようになると、それだけで、嬉しいです。
みなさん、応援ありがとうです。
「なんで始めちゃったかなー」と思ったけど、4本も抜いたら仕方ない、最後までやるしかないから、頑張りますわ。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-26 23:35 | お菓子
紅玉ご連絡
紅玉の件、ご連絡申し上げます。
農家さん、お一人でつみ取り、荷造りやるので、一斉発送はできないそうです。
みんなで23人です。
今週末くらいから、順番に発送されます。
楽しみですね。
誰のところに一番に届くかなー。この記事に、届きましたって、コメント入れてくれると私も、一応ほっとします。

[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-23 22:43 | お菓子
ガエット・ブルトンとメープルリーフ金貨
f0095746_21341049.jpg
さて、ご飯が食べられなくなって、1週間。
それでも先週土曜日は、izumiさんとベジフェスタに行ったんだった。
あのときは、まだマシだった。あれから、不思議なことにどんどんひどくなって。
今は、ひーひー言ってます。

というのは、どーでもいいことだけど、誰かの参考になるかも知れないから、書くと、、
最近、歯を徹底治療していて、ひとつは、全ての金属の詰め物を取り除き、セラミックに変えました。
ピアスつける関係で金属アレルギー有ることは知っていたけど、体中の湿疹との関係は思いつかなかった。
けど、歯医者さんに「全部セラミックに変えると、きっとよくなりますよ」って言われて、「そーいうこともあるかも、やってみなくちゃわからない」って思い立った。
一見外から見ると白いセラミックに見える歯も、中の芯には金属を詰めていたし、大小合わせると10カ所くらい有ったの。
そういえば20年くらい前から少しずつ出始めた湿疹、どんどんひどくなる一方だった。
もうたまらんわ、できることはやってみよう、、と。
で、金属アレルギーテスト28種類やって、「やっぱり、有るわー」を確認の上、治療始めました。

結果ね、、、頭の中の湿疹は、今のところ、全部きれいになくなりました。
皮膚科では「脂漏性湿疹」って言われていたんだけど。
体の湿疹は、赤かったのが乾燥してきましたが、これは、まだまだ完治とは言えません。
金属以外にもアレルギーがあるのかも知れません。もう少し様子見無いとね。
けど、「アトピー」と言われている人の中にも、歯の詰め物のアレルギーの人いるらしいです。
長く悩んでいる人、調べる価値有るかもね。
f0095746_21342878.jpg

それと、乱食い歯の矯正。
ええーーーっ、その年で矯正って、思うでしょう?
確かに。
ひどい乱食い歯だけど、今まで別に、気もせず、おかげさまで劣等感も持たずに過ごしてきました。
けど、「矯正したら、きれいになりますよ」と言われて、ふっとその気になった。
しかし、今思うと、
「きれいになりますよ」は、歯のことであって、きっと顔のことじゃなかったな。
しかも、「セラミックに入れ替えと矯正で合計21万」ってお値段に、「やります!」と即決。
どちらも「自由診療」の部分だから、ここいらでは、これ合わせると100万じゃできない。
矯正だけで100万近く、セラミックに1本変えるだけでも7万とかするはず。
娘のアルバイト先の先生だからね、きっと、材料費だけでやってくれるって言ってくれたの。
「お母さん、頑張ってきましたからね、娘さんももうすぐ卒業ですからね、ご自分へのご褒美ですね」って、そのお気持ちも嬉しく。
物事には勢いと思いつきって物があって、、いつも後先考えないもんだから、「やります!やります!お願いします!」って。

んで、今は、孫悟空の輪っかが頭ではなく、口の中に着いたような感じで、、、、物は食えない、頭は痛い、、、、毎日毎日、煮溶けたようなおうどんと雑炊、豆腐に豆乳ヨーグルト生活です。
楽しみにしていたもみじ市も、諦めます。
えーーーん、出るか出るかと気をもんでいたアノダッテさんが出ることも分かったのに。。

f0095746_21343935.jpg

でね、いくら安いっていってもね、20万ってぽんと出てくるわけじゃない。
20年くらい前にね、父が「金は価値はほとんど変わらない。余裕が出たら1枚ずつ増やしていきなさい」ってメープルリーフ金貨を2枚買ってくれました。
1枚も買い足すこと無いまま、「よし、これ、売っちまおうー、ちょうどそれくらいにはなるはずだ」って決めました。
有りがたいのは親の愛だなあ。
お父さん、金貨は増えなかったけど、私の口の中、きれになって健康になるよ。
、、、と、そんな日々です。

しばらくお菓子もお料理もまともなものは作れないので、ゆっくり更新になると思います。

これは喜界島粗糖で作ったガレット・ブルトン。お土産セットのひとつです。
歯に輪っかが入る前に、作った物です。
バターって美味しいなあ、思う品です。
喜界島粗糖で作ると、粉糖で作る物と食感も見栄えも違うけど、、いいや、好きだから。
ホームセンターで「天然石」って書いてある安い石板、買ってきました。
他の板より、木より確かに温度低いけど、うーーーん、「天然石」ってなんだろう。
マーブル模様は見えないけど、とりあえず、大理石風ってことで使ってみることにしました。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-23 22:25 | お菓子
ギモーブ
今年も紅玉お取り寄せします。
欲しい方は、昨日の記事にコメント入れてくださいね。


f0095746_2152375.jpg

渡部和泉先生の教室で作ったギモーブです。
ギモーブってなんだ??って、感じなんですけど、マシュマロのことだってー。

これは、教室が終わってから家に帰って慌ててラッピング。
そのままお土産セットの一部に加えました。
手作りできるなんてみんな知らないからびっくりするよね。

f0095746_21452869.jpg

一列目が先生の絞ったハート。
2列め以降が、生徒さん交代交代の部です。
明らかに違いますねー。先生の可愛いです。
引きの強い生地なので、ハートにシッポが生えてたりしますが、後から手でちぎったり、キッチン鋏で補正できるので平気平気。

マシュマロって、絶対卵白使うのかと思っていたけど、最近のレシピは使わない物も多いらしいです。
お菓子も進化するー、すげー。

f0095746_21453959.jpg

実はマシュマロ苦手なんですけどね、前にふふさんに手作りの頂いて、「手作りはフルーツの味するから食べられるんだ」って分かりました。
(けど、ごめん、大好きってわけじゃない)
んで、ずっと心に残っていたんだけど、ふふさんにもレシピサイト教えてもらったりしたけど、億劫で作ってなかったの。
でもね、なんちゃんにもらったイチゴピュレとか桑の実ピュレとか冷凍庫にあるから、ちょっとそれで作ってみたかったの。
んで、意を決して??参加しました。
参加してよかったー。

今回のは、ピンクのはイチゴ。
黄色はマンゴーとかぼす。
酸味を補うのがコツだそうですよお。
イチゴのがきゅっとイチゴの味します。
マシュマロ苦手と言いながら、自分で作った満足感と、きゅっとイチゴの味で何個かついつい口に運んでいました。
マンゴーはちょっとマンゴーって、分かり難いかも。
先生も、オススメは酸味のあるベリー系だと仰ってました。

f0095746_21454955.jpg

そうかあ、杏やルバーブなんてどうでしょう?
先生にお聞きしたら、ジャムでもできるって言うから、あー、ならできるかも。
しかし、ギモーブ、いくら酸味があると言っても、甘いよね。
今回はお砂糖減らして、砂糖の一部を水飴に置き換えて教えてくださいました。
水飴効果は、保湿性、日持ちと同時に、甘さを抑える効果、、つまり、同じ糖度でも砂糖より甘く感じないってのを利用してるそうです。
じゃあ、アガペなんていいかもねー。
生マシュマロ使うのも流行ってるんですってー、ほら、エンゼルパイみたいに、、って教わって、あ、あれちょっと作ってみたい気がする。
不思議に懐かしいお菓子ですよねー。

f0095746_2146134.jpg

先生のお手製キノコスープと、ワッフル頂きました。
リコッタチーズ入りのふわふわワッフルもその場で、混ぜ混ぜ、焼いてくださいました。
初めて食べたわぁ、ふわふわタイプもおいしいねえ。
これに添えられたイチジクジャム、うまかった。
今まで食べたイチジクジャムで一番うまかったー。もっと食べたい。
あーー、イチジク乗り遅れたーー。もう遅いーー。

教室でご一緒させて頂いた生徒さん、お一人は夢を叶えられたmannaさん
手作りお菓子の店をオープンさせてるんですって。
もうお一人は、mioちゃん
ブログを拝見したら自称ペーペーフードコーディネータってのに、笑っちゃいました。
今年の紅玉の話、大好きなケーキの話などで盛り上がりました。
そのうち、私の大好きなケーキを食べに大泉学園に集合ですよ~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-18 21:46 | お菓子
至急 紅玉のお知らせ
f0095746_22122510.jpg

至急です、至急。
紅玉の季節やって来ました。
今年も、TOMATEさん、ご紹介の紅玉取り組みします~。
どんなかは、去年の記事を見てね。

長野でも北の方なので、これから収穫だそうです。

今年も10㎏3200円送料込みでやってくれます。
ご希望の方は、カギコメントにて、この記事に住所氏名電話番号、メールアドレス入れてください。
すでに住所知ってるお友達も書いてね。
プリントアウトしてそのままファックスしますからね。よろしくねー。

f0095746_22123526.jpg

一応繰り返します。昨年お問い合わせがあったので、、、。

①5㎏箱有りません。手間賃みたいな物なので、5㎏でも値段は変わらないそうなので、全部10㎏です。
②日にち指定できません。週初めに届いたら、覚悟を決めて取り組みましょう。
③東京は3200円ですが、遠いところは送料数百円プラスになります。
昨年は、農家さんが一軒一軒電話して、「送料高くなりますがいいですか?」って聞いてくれたそうです。今年は、いちいち、お電話しなくていいですよ、って言って差し上げたいと思いますので、その点了解下さい。
④それぞれの箱に振り込み用紙入ります。各自、お支払い下さい。
⑤とびきり美味しい紅玉でした。でもね、ひとつ一つ包んでないので、多少、ゴチンコした打ち傷有ったりしますが、急いで使っちゃいましょうー。
⑥いったん締め切り火曜くらいにします。私の取り組み遅かったからね、ごめんっ、急いでます。
f0095746_22124786.jpg

昨年の紅玉祭の記事あります。
みんな楽しかったねー。
全然ネットをやらない農家さんみたいだからねー、今年はみなさんのをプリントアウトしておくって上げたいなー。
多分私が一番何もできないだろうなあ。。
けど、末席にでも、参加したいです。

f0095746_22125669.jpg

そうそう、リンゴシフォンです。
福島で買ったリンゴをしゃきっと煮たのを使いました。
大きい型はボッシュのほうがきれいにできるってなんちゃんが書いてあったので、久々にボッシュ使いました。
メレンゲ、こんなでいいのかな。。。
リンゴジャムの量が少なかったのか(200グラム)水が少なかったのか(40グラム)ものすごく、しっかりしたシフォンができました。
ひやーーー、焼き色も濃い、皮も厚い、中味もしっかりしてる。
確かにリンゴジャム、しゃきっとしてたので、水分少ないとは思うけど。

f0095746_22321314.jpg

だけど、いつもとそんなに違いが出るほどの量の違いだと思えないんだよね。。
どーなんだろう。
それより、今回はいつもの小麦粉が無かったので、やむを得ずフラワーさんを使用。
いつもは、2種類の小麦粉ですが、どちらも、バリバリ国産中力粉に近い薄力粉を使ってます。
フラワーさんで作ったガレットはほとんど違いを感じなかったんだけど、シフォンは違うのかもね。
そういえば、あーちゃんが「国産小麦を使う時は水分少なくしなくちゃ」みたいに書いてあったから、逆にフラワー使う時は水分多くしないとだめなのかな??

無惨にちぎりまくってます。
もちろん食べられる範囲ではありますが、皮と底と側面を食べたくないし、中もパンかスポンジくらいしっかりしたシフォンだったので、真ん中ちょっとつまんで、、、、あとは、ババ友さん達に差し上げました。
きっとリンゴ入りスポンジだと思って食べてくれたと思います。

あ、アトリエミール御一行様の紅玉注文はすでに受け付け終了しています。
ご安心下さい。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-17 22:44 | お菓子
豆乳ヨーグルト・ピーナツマフィン
f0095746_1352934.jpg
yuki先生のピーナツバター入りのマフィンを、izumiさんはお豆腐に置き換えて焼かれたそうです。
私は、乳製品部分を豆乳ヨーグルトに置き換えました。
最近ヨーグルトかわない代わりに、冷蔵庫にたんまり豆乳ヨーグルトが有るので。
豆腐系で作ると、もっちりするんでしたっけ?
もっちり美味しい生地に、ちょっとジャンクなピーナツバターとチョコが美味しいです。
結構何個も食べちゃいました。

f0095746_1354353.jpg

ピーナツバターは、スーパーでよく見かける青いフタの、チャンクタイプの塩味のあれです。
ピーナツバター使ったお菓子の中ではいまんとこ、一番好きかも。
クッキーも、いまんとこ、イマイチなのしかできてないしなあ。。

f0095746_140739.jpg

北海道の森町のプルーン。
きっとプルーンにも種類があるハズなんだけど、私は分からないし、箱にも書いてない。
てけさんのお母さんは「いつも同じ果樹園で頼むんだけど、今年のは天候のせいで、いまひとつのできだった」と残念そうな口ぶりでした。
その口ぶりから、地元の方がどれだけ、プルーンを自慢に思っておられるか伝わりました。
すんごく、美味しかったです。

f0095746_142471.jpg

こちらは、長野の佐久のプルーン。
森町のとは種類も違うんでしょうね。
見た目も違うし、頂いたのも1,2週間早かったです。
これも美味かったなあ。
「佐久のお友達の自慢のプルーンなんです」って頂きました。
私が今年、自分で買ったのは、生食に耐えられるのはほとんど無かった。
ジャムにするつもりで、だめにしちゃったのばかり。。
地元の人が選んでくれた自慢の品って、やっぱり美味しいなあって、思いました。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-16 16:36 | お菓子
感謝のケーキ
f0095746_22223871.jpg

職場の「先生」が今月末で退職するので、内輪で感謝の会を開きました。
場所はいつもののんちゃんのはらどけい

先生は、もうかなりのお年なんですけど、専門職なので、ずーーーっと頑張ってこられました。
100人を統括する所長でさえ、一目置いている、いや、相当びびっている「先生」なんですけど、偶然席がお隣になったご縁で、私はとっても仲良くさせてもらって、ただひとり先生を恐れないオバサンとして勉強させてもらいながら過ごしました。

その時izumiさんが作ってくれたモンブラン。
f0095746_2223176.jpg

飲んで食って飲んで食って、、、、でも、普通は最後に食べるだろうケーキを途中で頂くことにしました。
食べられなくなったらもったいないからねー。

これね、izumiさんが渋皮煮作って、本物栗クリーム作ってくれたケーキです。
このぼけぼけの写真では分かり難いですが、中に栗、ゴロゴロ入ってます。
クリームも旨いし、そのゴロゴロ入った栗の嫌みなく美味しいこと美味しいこと。
自然の栗の味がするんです。
飾りの渋皮煮の栗は先生にあげたので「これ一つだけでもご馳走だなあ」って先生が言ってました。
さすが先生、渋皮煮ご存じらしい。
何層かになっていたけど、うーん、今となっては分からん。。
ただただ美味しかったなあ。

f0095746_22243680.jpg

「1年に一回しか作らないケーキです」ってizumiさんが仰ってました。
1年に1回しか食べられない、、っていうより、一生に一回しか食べられないケーキだわ。
先生もそれ、分かったらしく、今日職場で「あれはうまかったなあ」って、呟いてました。

先生に感謝。
先生、お年だし、専門職だし、組織の外の人間なので怖いものないんだね。
恐れることなく、びしびしと真実を、やるべきことを私達に伝えてくれました。
大事な感謝の会の時に、こんなスペシャルなケーキ作ってくださったizumiさんに感謝。
感謝感謝のケーキでした。

他の3人がいつまでもケーキの写真撮るので、お預けくってる先生と小粒さんです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-15 22:52 | お菓子
かぼちゃプリン
f0095746_16164073.jpg
昨日は仕事を休んで出かけたマドレーヌ先生のかぼちゃプリン。
仕事休む価値有り有りのかぼちゃプリンでした。
今まで疑問に思っていたことが、一挙に氷解。
いやしかし、できるようになるわけではない。
意味が少し分かるようになっただけ。

あー、せっかくデジイチ持って行ったのに、カードはいってませんでした。
だから、全部携帯、悔しいなあ。

f0095746_16165053.jpg

マドレーヌ先生のお教室プリン、、販売用のプリン、あれは、ふふさんの仰るとおり2層にしたプリンですって。
「泡立てて有るところとなめらかなところ」とふふさんは表現されていたけど、泡立ててあるわけではないみたいですが、仰るとおり、濃厚に感じさせる部分ととろんとなめらかに感じさせるように焼き上げるそうです。
今回のかぼちゃプリンは、層を作らないように上から下まで、均一にとろんと仕上げる焼き方です。
たかがプリンなのに、、って思っちゃうけど、そのプリンに最近、相当泣かされてましたからね、「ひーーー、プリンってすごいんだあ」って思っちゃいました。
で、ちなみに、私が時々作るかぼちゃプリンが2層になるのは、あれは、成分が分離しているわけであって、先生の2層とは違うことも分かりました。
忘れちゃったけど、、多分下がクリーミーで上がカボチャっぽい奴。
あれはアレで美味しいと自画自賛なんですけどね、でもわざとやってるわけじゃなく、均一に仕上がらないだけ~。

f0095746_1617369.jpg

今回のシナモンとナツメグ、卵液でなめた時は、入ってるのが分からないくらい少量。
だけど、これ、必要だそうです。
カボチャの輪郭をクッキリさせるためにこそ使う隠し味ですって。
よかった、シナモン味のカボチャとサツマイモ、嫌いなんだ。
あ、そうそう、サツマイモプリンはできるけど、難しいみたい。
繊維が多いので、芋羊羹タイプになると。
で、芋を減らしてとろんとさせようとしてもサツマイモ味が出ない、シナモンで輪郭を際だたせることも難しい、、だから、芋羊羹タイプとして楽しむべし、、みたいな。
別物として、ってことよね。

f0095746_16171752.jpg

マドレーヌ先生の裏ごし、あっと言う間です。
目にもとまらぬ早さです。
でも「裏ごしが美味しいけど、それが面倒で作らないなら、フープロを使ってでも作った方がいいです。それでも面倒で作らないなら、カボチャフレーク(って仰ったかしら)使ってでも作った方がいいです」って、仰ってらしたので、フープロ決定だな。。。。

f0095746_1648918.jpg

お持ち帰り分はココット型で焼いた物です。
これ表面、真ん中部色が違うでしょ?
「水滴落ちたんですか?」ってお聞きしたら、違うそうです。
表面の真ん中部に、、いろいろな物集まるから、(いろんな物って、なんだっけかな)必然的にこういう色になるけど、一層下は、均一な黄色。
大きい型ではここんとこ、ひっくり返すから平気だし、ココットだと軽く泡立てた生クリームとろんと流せば全然平気、、、とのこと。
なるほど。

f0095746_16173719.jpg

あと、カラメルのこととか、カボチャの質とかいろいろ、お聞きしてきましたが、内容は全部詳細に「本当に美味しい生地で作るプリンの本」とか言う名前で出版すべき物なので、お聞きしたことを全部、お伝えできないのが残念です。
あー、ほんとうに、「プリンの本」「クッキーの本」「タルトの本」、、欲しいです。

かぼちゃプリンもいろいろなレシピがあって、カボチャ多いとか少ないとか生クリーム入れるとか入れないとか、そりゃあ、好みでどうにでもできる部分は多いと思うけど、そのためにいろいろ理屈が分かって、嬉しかったかぼちゃプリンでした。
f0095746_1775469.jpg

試食タイムに、みなさんが「先日のホワイトチョコのショコラの失敗の原因」とか「ロールケーキの失敗の原因」とか、質問されてました。
「生地を見てみないと分からないですね」と、先生が言われたら「先生、見たら分かるんですか?」と生徒さん。「そりゃあ、見たら分かります」と先生。
ひーー、すごおい。

で、私は2週間くらい前に焼いた自分の、ホワイトチョコと抹茶のガトーショコラのへなちょこぶりを思い浮かべていました。
あー、ちなみに、手前はプリンケーキ。
最近、どんだけ卵食べたか分かりません。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-13 23:30 | お菓子
洋梨の厚焼きタルト
f0095746_1264866.jpg

TOMATEさんから頂いた洋梨、パートレット、大半は母と私で生で食べちゃいました。
加工に向くってお聞きしたんだけど、、、、とろんとろんと柔らかくなり、香り高くなったところをむしゃむしゃと生で食べちゃいました。
母いわく「アイスクリームみたい」だそうです。
ラ・フランスに比べて酸味が強くあります。
洋梨って酸味のない果物かと思いこんでいたので、びっくりーー。

お菓子は、大好きな厚焼きタルト。
f0095746_127211.jpg

18センチで高さ5センチのセルクルです。
ほんとうは3センチくらいにしたかったのですが、3センチの高さのは持ってないので、いったんこれに敷き込んでから、カットしました。

f0095746_1271263.jpg

空焼きして、アーモンドクリームを詰めて、洋梨をぎゅうぎゅう詰めて、フタしました。
フタは、先ほど切り落としたシュクレ生地と余ったシュクレ生地。
これで焼いた時の、模様が好き。
この上に喜界島粗糖をふりたかったけど、無くなっちゃったので、なし。
プリンケーキ作りすぎ。
本当はカリカリさせたかったな。

f0095746_1272250.jpg

とってもジューシーです。
なんたって、厚いからね、洋梨の汁の染みこんだ生地、いっぱい食べられます。
うめかったです。
これ、よく冷えた方が好きです。

f0095746_1273726.jpg

それから、残りはジャム。
お砂糖かなり控えましたが、十分甘いです。
しゃりしゃりした食感と、かすかな酸味有るジャムです。
ジャムになっても、ラ・フランスのねっとりした感じとちょっと違うなあ。
どっちも美味しい。
今年は、杏っていっても種類があるし、桃も種類で違うし、洋梨も種類で全然違うってことを、、、当たり前のことなんですけどね、それを実感しました。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-12 21:05 | お菓子
プリンケーキ
f0095746_23451277.jpg

やっとこ新しいカードリーダーを買ってきたので、プリンケーキ。
プリンケーキ、何個作ったか分かりません。
幸い単価が安いので、惜しげもなく、チャレンジできる。
惜しいのは時間と、労力だけ。

あー、なんちゃんは、あんな美しいプリンケーキを作っているというのに。。。

そういえば、教室の時「何回やってもスポンジが生焼けだって言う人がいるんですよ、ガスオーブンなんですけどね」ってお聞きしていて、他人事だと思っていたけど、、
あーーー、変わんないわー。
mikaさんの仰るとおり、スポンジが焼ければプリンにスが入る、温度下げてプリンなめらかにすれば、スポンジ納得いかねーー、ってか真ん中、超へなちょこ。

f0095746_23455018.jpg

ウンチクを語りたいところですが、どれがどの写真か分からなくなっていて、必ずしも、外面写真とカット写真が同一とは限りませんが、まあ、傾向が分かりやすい写真を選びました。
で、結局、完全成功してませんからねぇ。

えーー、これね、分かりやすいのは特に左側。
冷めた写真。
真ん中、凹んでるでしょ?
こーいうのは、真ん中へなちょこです。

f0095746_23465977.jpg

こーいうのは、見た目、サイドも美しいこーいう感じになるんですけどね、
あー、よく見ると、真ん中にカラメルが集まってる時点で、真ん中の陥没を予想させる。
うむ、今なら分かるけど、一番始めに焼いたのは、カラメルが多すぎて真ん中ぐちゅぐちゅしたんじゃなくて、きゃつは、最初から真ん中がへなちょこだったから、カラメルをすって、あっという間にぐちゅぐちゅになったんだああーー。

f0095746_23453971.jpg

これは、上の写真のカットじゃなくて別のだけど、分かりやすいので、、、
ほら、真ん中、へなちょこだから、カラメルすってあっという間に、ぐちゅぐちゅです。
もっとひどいのは、スポンジが生カステラ状態だったやつもあります。
ひでーー。
考えられるのは卵液の温度が低いことと、庫内の温度が低いこと?

f0095746_2346518.jpg

うむ、、、、ってことで、温度上げました。
冷めてもしぼまないスポンジ焼けました。
おし、、、。

f0095746_23452758.jpg

って、思ったら、ほら、こーーいう風にしっかりスが入ってます。
これは、一番ひどかったやつねー。
でも、これでも、口に入れたら分かんないんですよ。奇跡みたいだ。
スポンジが厚い??
ですよね、、、スポンジの量もいろいろやってみたり、、、牛乳足りなくなって、同じ割合で卵も減らしたでプリン部分が薄くなった物もあります。
これはどのタイプだったか分からなくなりましたが、、
しかし、厚みはともかくとして、これはスポンジむぎゅっとして、美味いです。
べちゃべちゃとカラメル吸いません。

あ、教室で習ったのは12センチなので、最初に12センチで復習するべきなのに18センチをずーーーとやってることで、すでに、プリンとスポンジの正しい比率も変わってしまっているかも。。

f0095746_23464846.jpg

わはははーーー。
右側、ひどおおおい。
これ、シフォンナイフでぐるりとしてから外したの。
そのシフォンナイフが変な風に反り返っていたので、えぐれちゃいました。
左側は、数カ所シフォンナイフを入れてから、トンとひっくり返した物。
あらあ、、、これの方がきれいなのねー、、って最初の頃。

f0095746_23553047.jpg

なんちゃん式の焼き方やってみたら、ちょっとよくなったような気がします。
けど、まだまだ納得いかないー。
スポンジ、むぎゅっと詰まっていて、んでもって、プリンなめらかなのがいいんです。
えーーーん。

で、このプリンケーキ、母に上げたら、気に入ったのでお友達のところにどんどん出て、有りがたいことに、誰もスが入っているとか、スポンジが厚いとか、真ん中へなちょこだとか分かんないので、どんどん出ていきます。
あげくには「82歳のお誕生会用」ってのも頼まれて、ホールでは渡したくない、絶対切ってみたいので、一番トップの写真みたいに誤魔化して、もらわれていきます。
これ、考えればお年寄り、喜ぶケーキだよね。
お年寄りって、歯が悪い上に、唾液が少なくなってるから、こういうの喉ごしがいいから間違いなく好きなんだよねー。
ビスコッティとか、スコーンとか、100パーセントだめなんだよね。
オールマイティーに喜ばれるケーキだからこそ、なんとか、完全マスターしたいんだけどねぇ、、、。

あ、ちなみにてけさんは、「スポンジ無いのが食べたい~」って言ったので、即刻却下。
それは、カップに入ってるの食べてね。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-10-10 23:55 | お菓子



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧