リンゴジャムのパウンドケーキ
f0095746_19253212.jpg

izumiさんのバナナパウンドもまだ完成とは言えないのに、自家製紅玉ジャムでアレンジです。
サラダオイル使用、BP不使用です。リンゴジャムと粉、卵の重さ同量です。
クリームチーズをダイスに切って入れてみたかったけど、切れていたので今回もクルミを入れました。
リンゴジャムの方が、バナナより、扱いやすく、おお、これは初心者向けだわ、、、って感じでした。
同じくらい水分があるように見えるのに、不思議ですよね。
全然もっちりしません。ふわふわと焼けました~。食感も味も、軽い軽い。
高さが出なかったのは、目測を誤り、型に入れた量が少なかったためです。
前回は「味見用カップケーキ」は2,3個しかできなかったのに、今回は6個もできちゃいましたから。
もっと入れれば良かったなあ。
f0095746_19301895.jpg

なかなか写真が上手に撮れず、食感を伝えることができませんが、、、、。
下の方は厳密には少しばかり、目詰まりした感じはありますが、まあ、上等ってことで。
今度こそ、バナナでリベンジだわ。

可哀想な器量の仔猫は、やっぱりもらい手がつかず、、、我が家にいることになりました。
ジャムという名前だそうです。

しかし、私の作戦は、今のところ成功し、完全に娘達になついています。
娘達が帰ると、にゃおにゃおと、エサをねだりますが、私にはねだりません。よしっ。
娘達の部屋にベットもトイレも設置したため、そこをベースに居住しています。よしっ。
おかげで飼い主としての自覚固まったらしく、エサやトイレの砂を買ってくるのも、獣医に連れて行くのも、自分たちで相談して割り振りしています。よしっ。
朝、なかなか起きないでぐずっていた下の娘、猫にエサをねだられて、ぼーっとした頭でふらふら起きて、世話しています。よしっ。

f0095746_19324782.jpg

しかし、だんだん跳躍力がついてきて、テーブルや調理台の平和も危うくなってきました。
そこで、アルコール消毒なんて、甘い甘い。
やっぱり最終兵器、次亜塩素酸ナトリウム系(ピューラックス希釈液)でしょ。
と言うことで、調理台、テーブルは使用時毎回拭きますし、床掃除も毎日。
「手術室じゃないんだから」っててけさんに言われるけど、いいのいいの。
私も、人間は、動物や寄生虫やカビとも共存していることは知ってるし、ホントはこれくらい平気なの。
それ以外のところは、相変わらず、整理も掃除も行き届かないままだし。
だけど、大事なのは、しつけなの。
あ、猫じゃなくて、人間のね、娘達のね。
猫や犬がいた頃は、娘達は小さすぎて、責任持てなかったし、記憶も薄くなっています。
だから、大人に成っていく娘達に、動物の飼い方を新しい記憶として刷り込むつもりなの。
、、、、、、、でも、最後には、娘達は出ていき、年取った猫は私のところに残されるんだろうなあ。。。

私には、これはそれなりのストレスになっているようで、昨夜見た夢は「下の娘が今度はスカンクを拾ってきた!」夢でした。「年取ったスカンクを残される可哀想な自分」にオロオロしていました。え~ん。

PS
こういうことを書きながら、千代猫ちゃんは、どうしているかなあって、考えています。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-11-02 20:25 | お菓子
<< 西洋釣具珈琲店Reels マカロン3回戦 >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧