オレンジケーキ、プルーンのゼリーなど
f0095746_75298.jpg

yuki先生の教室のオレンジケーキの復習です。
国産オレンジが手に入らなかったので、もう、皮むいちゃいました。
塩を揉み込むとか、お湯で洗うとか、色々聞いたことはあるのですが、それでも怖い。
私は神経質な方じゃなくて、どっちかというと、「へーき、へーき、死なないから」って言うタイプで、目に見えるモノはあまり怖がりません。
「賞味期限」過ぎても、目と舌と鼻で大丈夫なら、「ウチで食べるなら、へーき、へーき」だし、泥とか虫とかも「へーき、へーき」なんですが、そんな私でも、目に見えないモノは、やっぱり怖い。

アーモンドプードル入りの生地って大好きです。
スリムパウンドは無いから、デコ型で。
ちょっとおしゃれ度に欠けるけど、頑張って、一生懸命、yuki先生風を目指しました。
f0095746_7522335.jpg



焼く前にもオレンジのシロップ煮を並べてます。







卵を巣ごもるまで泡立てているので、オレンジ沈みません。よしっ。
でも、焼き上がりは教室の方が柔らかかったなあ。不思議だ。。。
上の写真のオレンジは焼いたあとから飾った分です。

オーストラリアから来たケイトは、とっても可愛い。
まるでお人形さんのようです。その上、とっても、フレンドリー。
下の娘は、言語の壁をモノともせず、全身で色々伝えています。
でもねえ、一日目の夕食、串カツとかベイクドポテトとかは、撃沈。
ご飯は、味がしないのか、「ポン酢」かけて食べてました。
オレンジのケーキは、ぺろりと食べて、「オーストラリアと甘さは同じくらい」と言ってました。
そうなのかあ。もっと、甘いのかと思った。

オレンジを煮たシロップは美味しいので、ゼリーにしました。
写真無いので、その他のゼリーの写真ついでにアップします。

f0095746_7523518.jpg

ゼリーはほぼ毎日作っています。父の水分と、カロリー補給のためです。
だから、目先を変えなくてはいけないので、色々作ります。
ゼリー作りは全然、億劫でなくなりましたが、その分、相当雑にはなっている気がします。
「おしゃれ」なんて追求しない、ひたすら、介護食ですから。
果物は必ず、煮て使います。
生の果物を食べるって、もう、父には難しいのです。

これは、頂き物の生のプルーンを使ったゼリーです。
シロップにするときは皮をつけたまま、、、、その方がきれいな色が出るでしょ。
でも、皮はかみ切れないので、ゼリーにするときは、皮をむいてこんなぐちゃぐちゃな状態です。f0095746_7524638.jpg





これは、梅酒ゼリー。







梅も、シロップでグズグズになるまで煮て、それからゼリーにしました。
固める前に、泡もすくってないから、泡ごと固まってるし。。。。
この2種類は、味見をした上の娘に好評だったものです。

さて、今晩何にするかなあ。。。。シーフード嫌いは、事前情報で知っていたけど、、、。
すき焼き、しゃぶしゃぶ、寿司などの単価の高い和食は当然、なしね。。。。
味の付いたご飯がいいってことは、ジャパニーズカレーなんかでいいのかあ?
下の娘からは油淋鶏とシューマイのリクエストが出てたなあ、、まあ、それもウチで作れば和食よね。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-09-27 08:42 | お菓子
<< ケーク・ショコラ 半分良し、半分駄目のマドレーヌ >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧