ルバーブとプルーンのマフィン・ハワイ風
f0095746_20545781.jpg

これ、マフィンに見えないでしょ。
しかも「ハワイ風」ってなんだよって、感じでしょ。
これはしおますさんのハワイ旅行のお土産話に登場したマフィン風なんです。
あれを読んでずっと作ってみたかったの。
f0095746_2055118.jpg

ここまでは普通のマフィンです。
片方は、ルバーブとクリームチーズ、片方はプルーンとクリームチーズ。
もちろん、2段に入っています。
ARIさんのレシピです。
f0095746_20552493.jpg


それで、その後は、マフィンの生地をカップの外にも塗りたくってます。

f0095746_20553669.jpg


そして上には、クランブルではなく、「イマイチだったクルミクッキーの生地」がまだ冷凍庫に残っていたので、もみ直して砕いて、乗せました。
甘さが足りないので、喜界島粗糖をたっぷりかけました。
やっぱ、クッキー、中途半端に甘さ控えちゃ駄目ね。
リッチな生地はリッチに作らないとね、、こんな風に、リサイクルされる運命になります。

f0095746_20554898.jpg


そして、こんな風に、不気味な巨岩みたいに焼き上がります。
で、それを恐る恐る切ると、、、、

f0095746_2056128.jpg

こうなります。
これ、美味しいの~。
食感が、それぞれの部分で違います。
カップの中はいつものARIさんのマフィン。フルーツたっぷり、ふわふわ、柔らかい。
プルーンの方もルバーブの仕上がりは同じくらい酸っぱかったけど、さわやかでよかったです。
次は、カップからはみ出して板に直接当たった部分は、しっかり焼いたバターケーキ。
で、端っこの方の色づいたところは、カリカリとクッキーみたい。
クルミクッキーの生地が乗った部分は、当然、クッキーみたい。

うひゃひゃひゃ~。1個で何回も美味しいマフィン・ハワイ風でした。
でもねえ、、、、1個のボリューム有りすぎるのよね、、、私には。
半分に切って食べて、もー、満足でした。
マフィンも色々アレンジできそうですね~。

あ、嬉しいことの一つは、退院して24時間自宅介護だった父を昼間預かってくれるところが見つかったこと。

もう一つは、下の娘の進路が決まったこと。
大学の看護学部に合格しました。
合格通知が来て、お金を払う前日まで「エコール辻に行きたい。自分には一番天職な気がする」という気持ちと「看護師になって、赤尾さんのいるカンボジアに行く!」という気持ちで、迷い続けていたようです。
赤尾さんには直接「カンボジアに連れて行ってください」って頼んで、「高校生は役に立たないから連れて行けない」って、きっぱり言われた経緯があるからです。

でも、母は、何も言いませんでしたよ。
うっかり後で「あのとき、お母さんがこう言ったから、、、」なんて言われたくありませんからね。
調理と福祉(看護)関係、この二つの仕事ならどちらを選んでも、本人にとって間違いではないと思っていましたし。

問題は高い学費が続くか?ってことと、AOで入ったから、一般入試の人達に学力でついて行けるのか??ってことですわ、、、。
まあ、もう、なるようにしかならないでしょ。
高校2年間の荒れた生活を思えば、今はもう、上等です。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-09-11 21:11 | お菓子
<< かぼちゃクリームのシュークリーム ルバーブクリームのロールケーキ >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧