桃のレアチーズケーキとブルーベリーのチーズタルト
f0095746_22371014.jpg

ケーキは細切れの時間の中で作っていますが、アップはこまめにできないでいます。
今日は家にいるので、一挙にアップ。長いよっ。

ポッキーさんから、箱で桃を頂きました。
「おお~、これで今話題のコンポートとか言うものができる、それで、なんのケーキ作ろう」と、大興奮。
だけど、実際ケーキなったのはこれだけ。

f0095746_22372742.jpg




「コンポート、コンポート」とウキウキしながら仕事から帰ったら、、、、




これだけしかないの。
私が最近何でも、ジャムにしてしまうから、
「ジャムおばさんにやられる前に、食ってしまおう」って娘たち2人で、食い尽くしたらしい。

で、手遅れになる前に、慌ててケーキにしました。
f0095746_22374237.jpg



生地は、次に紹介するブルーベリーのチーズタルトと同じ生地。





本来はベイクド用で、生卵が入っているので、アングレーズソースを作るみたいに、ゆっくりとろとろ煮立ててから、ゼラチンを入れました。
桃は急いでいたので生のまま使用。本当はコンポートにして入れたかったんだけど。
見た目で、チーズ生地と同量くらい入れました。
f0095746_22375492.jpg

結構多めにゼラチン入れたつもりだけど、生の桃って多少固まりにくいのかな。
トロントロンでした。
あ、トップにはサワークリームを流しました。
これは先日のニューヨークチーズケーキのワザを使いました。
生地はイチゴのチーズタルトの生地です。
それをブルーベリーのチーズタルトと桃のレアチーズに使い回しました。
つまり、新しいようで、全部レッスンの組み合わせなんです。基本を教えてもらうと、ほんと、使い回しが利いて良いわあ。

私は、「すっごく美味しい」と思いましたが、上の娘に「チーズ生地が濃いので、桃が淡く感じる。煮てから入れた方が良かった思う」と、悔しいコメント入りました。
わかっとるわぃっ。

f0095746_22381134.jpg

こちらは、ブルーベリーのチーズタルト。

先日「冷凍と輸入物しか食べたこと無い」って言ってたら、はぐはぐさんが「摘みたてブルーベリー」をたくさん、届けてくれました。
私の知ってるブルーベリーより、相当大きな粒です。

f0095746_22383060.jpg


娘たちとつまんで食べて、娘たちが、ちょっと食べ止まったところで、ジャムにしてしまいました。






それで危機感を感じたらしく、桃の時は、慌てて食べたようです。
ブルーベリーって、やっぱり、他のベリー類に比べると淡い味わいだと思いました。
でももちろん、冷凍や輸入物より、「甘さ」と「ほのかな酸味」が有って美味しかったです。

それにね、ジャムにすると、生より味がぎゅっと詰まって、さらに美味しくなりました。
市販のブルーベリージャムと全然違う。
f0095746_22384225.jpg



そのジャムを、ぽとんぽとんと、生地の上から落としました。






チーズ味のタルトの中に時々、ブルーベリーのツブツブが顔を出すはず。
味の濃淡って、大事なのよね、、、ってプラン。

f0095746_2240168.jpg

それが、結果、これなんです。
ぜーんぶ、ブルーベリー色。
うっそ~、ぽとんぽとんと落としたのに~、ってびっくりしました。
「濃淡はどこ、濃淡は??」、、、、
ちょっと予定とは違ったけど、今までの数少ないブルーベリー使ったケーキの中では一番美味しかったです。

f0095746_2239146.jpg

それを朝、カットして、タッパーに詰めて、、、、病院に届けてから、仕事に行きました。
今日は、母とシルバー事業団の人が付き添いしてくれていたので。
昼間の私たちが都合悪い時間を交代して助けてくれることになりました。
シルバー事業団の人って、実際は母の友人。
持つべきものは、やっぱり、友だ~。
でも、これって、ホントの「老々介護」だわねぇ。

病室でのお茶会、ケーキ、お婆ちゃま達に喜んでもらえて良かったです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-08-14 00:38 | お菓子
<< 巨峰とクリームチーズのマフィンなど ソルダムのパンナコッタと喜界島ゼリー >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧