ソルダムのパンナコッタと喜界島ゼリー
f0095746_19103081.jpg

yuki先生の教室レシピのパンナコッタです。
ソースが、ちょっと珍しいソルダムソースです。
皮も、実の溶けてない部分もそのまま使っています。
私、味と食感に濃淡(ムラともいうかも?)有る方が美味しいと思うんです。
これ、わざわざ、漉すのは面倒だし、この方が美味しいと思うんだよねぇ、、。
そこが、やっぱ、素人かしらねえ。。。

それはともかく、この酸味とパンナコッタの甘み、なかなかよかったですよお。

最近フルーツは何でも煮てしまい、とろっとなれば、ジャム。
さらっと、すれば、ソースと勝手に呼び分けています。
f0095746_19104037.jpg

ソルダムは半割にして、砂糖まぶして、種は取りにくかったので、
「いいや、後から、拾い出そう」ってことでそのまま煮ました。
きっと皮を使わない方が、酸味が和らぎますね。
でも、酸味が好きだから、ま、いいかあ。

f0095746_19105420.jpg




見事な赤です。






ソルダムはきっとペクチンが少ない果物なんですね。とろっとはしませんでした。
だから、「ソース」ってことで。
きっとムース作っても強烈にきれいな色のムースができると思う。
、、、、そう言いながら、ヨーグルトに入れて、がんがん食べてます。
f0095746_1911859.jpg

レッスンの時アレンジとして、「水ゼリー」というのをお話しして頂きました。
水と砂糖とアガーで作るゼリーを、黒蜜と黄粉で食べるってもの。。
「え??水と、砂糖?んなもん、うまいのか?」と、一瞬思いましたが、冷静に思い出してみますと、izumiさんの「水に喜界島粗糖とレモン汁を絞り入れて作ったゼリー」が、優しく美味しかったじゃないかぁ?
では、やってみましょう、、、と、作ったのがコレ。
娘たちは「怪しい」と言って食べませんでしたが、母と私は、「うめぇ~」とぺろぺろ食べました。
わらびもちのような、ところてんのような、あっさりしたお味です。
yuki先生、疑ってごめんなさい、美味しかったわぁ~。
でも、「水ゼリー」って、名前が悲しいと思うんです、だから、「喜界島ゼリー」って名前にしました~。
だから、今後も「嬉美良ゼリー」とか「沖縄風ゼリー」とか「阿波和三盆ゼリー」とか、高級っぽいのでいこうと思います。もちろん、「スプーン印上白糖ゼリー」は、却下。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-08-12 19:36 | お菓子
<< 桃のレアチーズケーキとブルーベ... 沖縄マンゴーのショートケーキ >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧