フィナンシェとビスコッティ(復習)
f0095746_2143929.jpg

昨日は帰ったら、平日休みの特権で、すぐ復習しました。
おほほ~。
マドレーヌ先生の教室は、グループレッスンなので、一人で一単位仕上げるわけではありません。だから、すぐ、復習しないと、絶対わからなくなっちゃうと思って。

皮付きアーモンドプードルはなかったので、全部、皮なしに置き換えて、、、。
「どんな型を使ってもかまいません」とおっしゃっていたので、お花の型で。
それが、今までで一番、きれいに型離れしました。
焼きは浅かったような気がしますが、今までで一番、キメも美しくて。
f0095746_2138688.jpg


「ポマード状」のバターを型に塗っていたところ、「溶かしバターでもいいですか?」とお聞きしました。


「下にバターが下がってしまうので、ポマード状の方がいいです。特に、ややこしい型は丁寧に塗ってください。バターが溶かしバターになってしまったときは、水で冷やすとすぐポマード状になりますから」とのこと。

あら、どっちでも同じかと、溶かしバターを使っていました。だって、この型は、その方が塗りやすそうなんだもん。。。
しかし、これで大丈夫なのか??と、思ったけど、、、、、

f0095746_21382078.jpg



一つの失敗もなく、全部、コロンコロンと、しかも美しく抜けました。






蛍光灯の下の写真って、色悪いですね。
んでも、虫食いもないし、はがれたところもないでしょ?
感動!
私ってこういう基本を知らないから、こういうことを教えてくださるのはホント、嬉しい。

ちょっと焼きが甘いけど、それは、次回調整。。
もちろん、味も美味しかったです!

f0095746_2141284.jpg

これは、溶かしバターで焼いて、一番きれいに焼けたときの写真。
レシピも違うし、焼きの深さも違いますが、こちらの方が、荒々しい感じでした。
ちょっと角がトゲささるような??キメ荒い感じでした。

とりあえず、今回は、フィナンシェも上手に焼けたし、お花の型も使えるようになったし、嬉しいなあ。。。

f0095746_21415299.jpg

こちらは、チョコがけ全粒粉のビスコッティ。
先生に、「ナッツやチョコを入れる場合は、混ぜものの総量を同じにすればいいですか?」とお聞きしたら「どれだけ入れてもいいです。守って欲しいのは、卵と粉の割合。この生地の状態です」とのこと。

それで、2倍以上の混ぜものを投入。アーモンドスライス、アーモンドホール、カシューナッツ、チョコチップです。
写真では分かり難いですが、これも、教室のビスコッティもアーモンドスライスがアーモンドホールと同じ重量で入っています。

うんまいです。ビスコッティ、初めて作りましたけど、はまる予感がします。
手が止まりません。
ちょっと厚かったので、口をでかく開けないといけないのが、難点ですが。。
f0095746_2142617.jpg

これは、袋に詰めて、下の娘のボランティア先に持たせました。

毎日、「楽しかった~」と帰ってくる日々。感謝ですわ。あんなに不平だらけ、ケンカばかりの娘なのに。
今日も帰ってから「明日で終わりだ。しょぼ~ん。また、行けるよね」と言っていました。

ホントは毎日、お菓子持たせたいくらいだったんだけど、それだと、親ばか丸出しみたいでしょ。
どっちにしても、毎日お菓子焼いてるって、誰も知らない、それどころか、家では「持って行くとこできて良かったね」って言われているんだけど。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-07-17 22:20 | お菓子
<< 杏のタルトⅢ ビスコッティとフリアン(お菓子教室) >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧