ココナッツマンゴーゼリーと杏ゼリー
f0095746_16423127.jpg

マンゴーの冷凍ピュレが残っていたので、マンゴーゼリーを作りました。
上の白いのは、ココナッツミルクのゼリーです。

マンゴピュレ    300グラム
砂糖          20グラム?
水・アガー     適当だったので不明
生クリーム    100グラム

ココナッツミルク 140グラム(小缶1個)
牛乳        140グラム
砂糖         20グラム?
ゼラチン        3グラム

先日、yuki先生の教室で習ったとき、2層のゼリーの下はアガーを使いました。
早く固まるので、上の層が早く流せるでしょ、せっかちな私にはピッタリだわ。
f0095746_16424222.jpg




底にはこれだけ、マンゴー入ってます。




ちょっとココナッツミルクが分離した感じで、食感に難はありましたが、、、、それでも、味は良かったと思います。この食感については、もう一度チャレンジです!
リッチなゼリーですよお。

f0095746_16425417.jpg

これも、同じか??と、思われるかも知れませんが、違います!
これは、傑作「杏のふるふるぜりー」です。

先日の杏のシロップと、それだけでは足りなかったので、水と自家製杏ジャムを合わせて、ゼリーにしました。
上の白いのは、35パーセントのゆるゆるクリーム。

izumiさんの杏ゼリーは生でもそのまま食べられる杏を使っていました。
それは、まだ手に入っていませんので、苦肉の策です。
んでも、うめぇ~!!
シロップとジャム、使えるじゃん?!

問題はこのゼリー、シロップの濃度も、ジャムの濃度も量も、ぜーんぶ適当なので、途中味見した私の舌だけが頼り、、、2度と同じものが作れるかどうか、、ってことなんです。
f0095746_1643638.jpg



酎ハイ梅干し入り、、の梅を箸で崩したみたいに見えるけど、ちゃいます。




アメリカンチェリーのジャムと杏ジャムです。
杏ジャムは、全部煮崩したり、漉したりしないで、ところどころ、とろっと固まりがあるようにしています。
その方が、味のアクセントになると、思います。簡単だし。。。
f0095746_16432016.jpg

「生で食べられる杏の種類が有るんだって」と職場でしゃべりまくったら、「違うよ。あんなもん、ほっときゃ、何でも甘くなるよ。田舎の家の庭に杏有ったけど、最初は酸っぱいけど、誰も取らないでほっときゃ、そのうち、木から落ちるのよ、その頃にはみんな、甘かったよ」という人がいるんです。
ほんとかあ??
よく分からないけど、ま、一部、追熟させることにしました。

ゼリー、ムース、シフォンは、「味が単調」「味が安っぽい」「お得感がない」と苦手意識と「こんなもんだろ」って気持ちがあったのですが、yuki先生の教室で教わったり、izumiさんの美味しいのを食べさせてもらっているうちに、少しずつはまってきています。「こんなもんじゃないっ、美味しく作れるっ」と。
自分の作りたいものも、なんだか、見えてきました。
「味が単調」なら、アクセントをつければいい、「味が安っぽい」なら美味しい果物使って本物、高級っぽくすればいい、そうしたら、自然に「お得感」も出てくるでしょ。
おーし、この路線で行こう~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-07-13 17:31 | お菓子
<< クッキーと母の感慨、、長いよ。 杏のタルト >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧