アメリカンチェリーのタルトとフォカッチャ
f0095746_2122136.jpg

久しぶりに、フォンセ生地でタルトを焼きました。
アメリカンチェリーを軽く煮てから、入れました。

全く同じに見えるでしょ。
実は違うんですよ。
大きい方は、チーズケーキ生地がベースに入っています。
小さい方は、プリンみたいな生地です。
まず、生クリーム入りのプリン液を作ったら、「どーみても、これ、多いでしょ」って感じだったので、それにクリームチーズを入れた生地を作りました。
チーズ生地がたくさん食べたかったので、そちらを多く作りました。
結果、チーズ味の方が、関係者一同に好評でした。

f0095746_21225922.jpg

でも、あまりに久しぶりにフォンセ生地を焼いたものですから、「私って、これ、ヘタだった」ってすっかり忘れてました。
から焼きした時点で、サイドの生地が焼け縮み、ずずっ~と、下の方にずれ込み、すごおく高さのないタルトになってしまいました。
だから、クリームがほとんど入ってないんです。ねらったわけじゃないのに、手でつまんでパクパク食べるタルトになりました。

今まで、なぜかタルトって言うと、無意識のうちにシュクレ生地ばかり用意していました。
「無意識」っていうけど、実は、シュクレ生地のほうが好きなのかもしれません。
フォンセ生地の美味しいレシピを知らないだけかも知れません。
おし、しばらく、フォンセ生地焼いてみようかな。

f0095746_21232648.jpg

アメリカンチェリーを使うことが多いこの頃。。。
昨日のお昼は、フォカッチャのサンドイッチにも登場。
クリームチーズとフィリピンマンゴーと合わせてみました。うんめ~。

最近、自分の作りたいものがますますはっきりしてきた気がします。
季節のフルーツを使う、、、これ、絶対だなあ。
イチゴの季節はイチゴづくし、マンゴーの季節はマンゴー、巨峰の季節は巨峰、、、、。
これって、izumiさんの影響大だと思います。
「ケーキのフルーツといえばイチゴ」じゃなく、「ケーキのフルーツといえば季節のフルーツ」という姿勢を貫いているし、それが実際美味しいのよね。。。。
と、言うわけで、当面はアメリカンチェリー出てきそうです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-06-15 22:10 | お菓子
<< アメリカンチェリーのスフレチー... チョコチップシフォン >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧