いちごのクッキー
f0095746_2234484.jpg

脇雅世さんのいちごのクッキーです。
生のイチゴを焼きこむと言う珍しいレシピ。半分小さく叩いて、半分は1.5センチ角です。
レタスクラブに載っていたのをそのページだけ引きちぎったので、何時の頃のものかは不明です。

それを、、、、昨日のyuki先生のチーズペッパークッキーみたいに、溶かしバターで作ってしまいました。
だから、もともと、どんなお味なのかは分かりませんが、、、、私としては、うまい~っ。
当日はカリカリ、2,3日後はしっとりするそうなので、数日置いて食べ比べます。
私の感動を横目に上の娘は「美味しいけど、それほど感動するかな?」
下の娘は「見た目が安いカントリークッキーみたい」と。
むっ!!!
f0095746_22345080.jpg



ドロップタイプと、アイスボックスタイプを作りました。






もともと、ドロップタイプは苦手で、(意外と手間ヒマかかるので、めんどくさい)今回もめんどっちかったです。
でもね、イチゴを押しつぶしそうでアイスボックスタイプの成形、難しかったです。

砂糖は喜美良を使用。
普段はクッキーは、茶色い系の砂糖は食感悪くなるので仕方なく、粉砂糖を使っています。でも溶かしバターで作ると、きれいに溶けてくれるので、この手の砂糖も、食感よく仕上がるみたい。
イチゴのところは、ジャムが焼けたみたいで美味しいし、生地の部分もイチゴ風味に喜美良の風味で味がある~。

f0095746_22544758.jpg
しかしお色はもうひとつ。
可愛い感じがしない。
ちぎり取ったページの写真は、粉砂糖使用だから、こんなに可愛い。


チーズペッパークッキーと、イチゴクッキー、ワンパターンになりがちなクッキーレパートリーに新しい味が加わり、嬉しいです。

全てのクッキーが溶かしバターで作れるかどうかは分かりませんが、少なくともこの2種類はこれで上等!!!です。
ってか、全て溶かしバターで作れたら、「今までのやり方はなんなの、、、」って人生全否定されちゃうから、全てじゃないことをむしろ祈っています。


ほとんど同じレシピがなぜか下野新聞に載ってました。参考にまで。
私が使ったレシピはイチゴがもっと多く、もっと大きいカットですが。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-02-20 23:01 | お菓子
<< へなちょこイチゴシフォン チーズ&ペッパークッキー >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧