チョコシフォンとスコーン
f0095746_22221435.jpg

なんちゃんのところで、シフォンシフォンさんの「とろけるチョコシフォン」を拝見しました。
記事によると、しっかりしてるけどふわふわしていて、室温で食べると美味しいけど、あっため直すと、これがまたチョコが溶けてよろしい!、、、といったようなお話でした。
ココアではなくて、チョコをたっぷり使ったシフォン、、、あ~、食べてみたい。
それで、あちこち、検索しながら適当なレシピを作り出しました。

チョコ  100グラム(きりが良いから)
卵黄    48グラム(3個分計ったらこうだった)
ぬるま湯  50グラム
サラダ油  40グラム
薄力粉   50グラム
キビ砂糖  65グラム
卵白    140グラム(多分4個分くらい)

いつもより卵黄卵白とも1個分多いのは、チョコを支える自信が無かったからです。

f0095746_22283641.jpg

一応形にはなったけど、そりゃあもう、しっかりしたケーキです。
もはやこれは、シフォンではない!単なるチョコケーキです。
こんなに薄く切っても、しっかりチョコチョコしく立っています。

冷たいまま食べると、まあまあ、しっとりしたチョコケーキ。
しかし、甘さ足りず、生クリーム無しでは「きつっ~」という感じです。

温めると別物になるかもしれないと、温めてクリームを添えて娘達に出したところ、、、
妹友人 「美味しいです」
姉    「美味しいけど、甘くないし、あったかいからチョコパン食べてるみたい」
妹    「アレみたいだな、アレ、レンジでチンしてつくるカップケーキ」
姉    「あ~!ほんとだ。ポケモンの?ココア味、あったあった!わーはっはっ!!!」で、3人で大爆笑してました。
悔しい~。。。。妹友人よ、あんた、「美味しい」言うたやんけぇ。

上記のレシピを解読できる方、遠慮なくアドバイス下さいませ。

f0095746_2237560.jpg

スコーンが食べたいと妹友人が言うので、簡単なのを2種作りました。
見た目は違うけど、味はどっちも大差ありません。
手前はめちゃくちゃ簡単。多めのBPの力で膨らむ「裏ワザスコーン」。生地作りは5分かからない。
奥がフープロ使ったスコーン。フープロ好きの私ですが、どうも、スコーンだけはうまくいきません。さっくりパイ状にできないで、しっとりスコーンになってしまいます。
手で作るのと加減が違うんですね。。。
ま、いいか。。。

明日から仕事だと思うと、もう、気持ちがふさいでふさいで、、、決して仕事は嫌いな方ではないと思うし、生活の糧だし、使ってもらって感謝もしてるけど、、、でも、やだ~!!
今日は一日、ため息ついたり、パソコンの前にボーっと座ったり、ウロウロしたりで、なーんもまとまったことが手につきませんでした。
[PR]
by kotubutubu123 | 2008-01-06 22:49 | お菓子
<< で~んパン カフェ バッハ >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧