タルトタタン、イチジクタルトなど
f0095746_19205480.jpg

実の固い紅玉が手に入ったので、タルト・タタン。
何度かチャレンジしたことがあったけど、形にならなかったので、しばらく敬遠していたのです。
ルミさんレシピでは、型の中でリンゴを煮て(焼く?)、それと別に、タルト生地を焼いておいて、合わせることになっていました。
おっ、これなら、失敗少ないんじゃないか?
それに、食べる時に合わせられるから、タルトはサクサクしたままだし。
って、やってみたんだけど、、、、ほら、ひっくり返すときに、見事に、タルトずれてるし、しかも、欠けちゃったし、、、もう。
これは、レシピのように、紅玉1個入るくらいの小さいココット皿で焼くべきですね。きっと。
ひっくり返すときの失敗無いよね。
それとも、型に入る程度に、タルトの方を小さく焼いて、はめ込んでからひっくり返すかね。
でも、初めて形になったので、まあ、満足。もっとこげ色ついた方が美味しそう?

下の娘は、「紅玉酸っぱすぎる。違うリンゴで作ってよ」って言ってましたけど、それでも、切り分けて全部、タッパーに詰めて持っていきましたから、悪くは無かったと思います。
f0095746_19213466.jpg

昨日のイチヂクタルトを父が「これは売れる」と喜んでくれたので、また、焼きました。
今度はダコワーズではなくて、アーモンドクリーム。
10センチのタルト型に、大きなイチジク2個入れました。
たくさん入れるために、輪切りにしないで、ゴロゴロ入れました。
もう、全体がイチヂク味でうまい~。濃い~っ。
って、喜んでいたら、今度は上の娘が
「イチジク好きなら、そのまま2個上げたほうが良かったんじゃない?」だって。
f0095746_19215460.jpg

変わり映えのしないパン。でも、パンって必ず売り切れるから嬉しい。

この前お弁当にカスタードクリームのパンを持たせたけど、それでも使い切れず、また夜に焼いて食べました。こういうパンって、家にあるものなんでも使えるから、便利でいいですね。
紫芋クリーム、カスタードクリーム、卵サンド、ウインナロール、頑張ったのは、バターシュガークルミパン!
レーズンシュガーを食べたいけど、嫌いな子がいるので、クルミです。
この形もなんとかそれらしくなってきました。

水野先生は「小さいとケチに見えちゃうのよ~」とかなんとかで、気前よく大きな成形で教えてくださいますが、少食自慢のわが家は??1個一個は小さく作って、種類を楽しんでいます。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-10-17 19:44 | お菓子
<< なんでも揚げだし ミルフィーユ3とタルト2種 >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧