チョコとクルミのパウンド
f0095746_1804736.jpg

yuki先生の教室のケーキを復習したかったのですが、マロングラッセが近所のスーパーでは手に入らず、富沢さんに注文している間に、同じ分量で「チョコとクルミのパンウド」を作りました。

教室で、いろいろなパウンドの作り方の話をお聞きしたこともあって、分量は同じで作り方を変えてみました。
左は、バターをしっかり泡立て、さらに全卵をホイップするやり方。シュガーバッター方だとizumiさんが名前を教えてくれました~。
右は、卵を泡立ててから、溶かしバターを入れるやり方。コレの名前は分かりません。

右の方がかさ高に膨らんでいます。でも、卵の量が少なめだったので、ちょっとやりにくかったです。これは、卵がある程度の量がないと、辛いかも、です。
いつもパウンドを作るときは、全体に具を混ぜてしまうのですが、今回は、教室でやったように、真中に配置。インパクトの強さをねらいました!(と、習いました)
f0095746_188675.jpg

切り口、画像で分かるでしょうか?
左は色が濃く、むぎゅっとバターの味がして、しっとりしています。
右は色が淡く、ふわふわとして味はあっさりしています。
どちらも美味しくて、食べつづけているうちに、自分はどちらが好きかも分からなくなってしまいました。
そこで、職場と家で、どちらが好みか投票してもらいました。
結果は左8、右6でした。それもかなり、悩んでの投票の人もいましたので、大差ないと言うことですね。

意見は「左はお茶の時間に、右は朝ご飯に食べたい」
「何個でも食べていいって言うなら、右。あっさりしているから」
「左はフィナンシェみたい、右はスポンジみたい」
「左の方がバターの味がする。右は薄まっている感じがする」
確かに同じ分量とは思えない味と食感でした。
参考の為に、「フィナンシェとシフォンどっちが好き?」と聞くと、左と答えた人はフィナンシェ、右と答えた人はシフォンでした。

このやり方が使い分けれらるといいんだけどな。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-09-13 18:32 | お菓子
<< イースト・ドーナツなどなど(パ... 天然酵母食パン >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧