簡単ティラミスととろとろプリン(ケーキ教室)
f0095746_14564487.jpg

今日は「魚かな」のyuki先生のケーキ教室。
いつもは帰ってから、自慢の一眼デジに持ち替えて撮った写真を使うのですが、今回は、携帯写真です。
yuki先生のオシャレなテーブルコーディネートお見せできないのはもったいない。
わが家の新聞や、ティッシュの箱の乗っかったテーブルとは、ありがたみが違います。

プリンはパステルのシェフに教わった作り方だそうです。
お鍋(蒸し器ではない)で作るやり方は、私にはドキドキでした。
やっぱりオーブンが気楽です。
でも「パステルの作り方」って、、、、、パステルが大量にお鍋で作ってるはずないですよね。、、。お鍋はきっとyuki先生バージョンですね。

一番大事なのは、火の入れ方の見極め方みたい。
傾けるとまだ真中、流れるくらいのところで火を止めて、鍋の中の予熱で放置。
さらに冷蔵庫で冷やして固まるのを待つ。
自分の好みの固さから逆算して、火を止めるタイミングを決めるためには、何回か作ってみないと分かりませんね。
昔ながらのカスタードプリンも、このとろとろプリンも、どっちも好き。
紅茶、ココア、抹茶などのアレンジも教えてもらいました。
せっせと作って、卵白余ったら、ダコワーズ作ろう~。
最近卵白怖くなくなりました。
f0095746_15141182.jpg

ティラミスは「簡単」とは言え、
とっても美味しい。
持ち帰り用は、プリンと色違いの
容器で作りました。

普段は「お店で買ったみたい」って言われると、
全然誉めてないっ!
「お店で買ったのとやっぱり違うね」って言って欲しいんだよな、と思うのですが、
今回は、自分でも「お店で買ったみたいでしょ??」って
言って歩きたい気分です。

合羽橋まで行って、全て真似したいラッピングです。


試作中の「お豆腐シフォン」を頂きました。9月に雑誌に載せるレシピを研究中だそうです。
f0095746_1603110.jpg

フルーツの重さで傾いてしまうから、柔らかすぎかしら、水分多すぎかしら、って先生はつぶやいていましたが、もっちり、あっさりうまい~。
「シフォン」と言われると食感違う気もしますが、うまい~。
甘さもほどよく、うまい~。
だいたいが「豆腐ケーキ」とか「野菜ケーキ」って偏見があって、食べる前から「食べたくない」私ですが、「もう1個下さいっ」って、ホントにもらって来ちゃいましたからね。
いつもオリジナルレシピにたどり着くまで、試作は何度も繰り返されているようです。
この熱心さが、シンプルで洗練されたレシピを作り出す力なんですね。
[PR]
by kotubutubu123 | 2007-07-08 16:14 | お菓子
<< プリンとピザの復習 イギリスパンなど(パン教室) >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧