スポンジ実験とデコレーション
f0095746_848729.jpg
3種類のスポンジを焼いてみました。
粉と砂糖の量は同じ。
違うのは水分。
・全粒紛45グラム
・三温糖45グラム
・卵3個(別立て)
10センチの型で2個分です。(つまり全部で6個焼けた)

左から、
①180度で20分。生地に水30cc加えたもの。焼きあがった後、すこーし、しぼみました。
②170度で20分。そのまま焼いたもの。焼きは浅めで止めました。側面に少し焼き色ついてます。
③180度で20分。少な目のお湯で湯煎焼きにしたもの。

どれも焼きあがってすぐ、天板の上に伏せて蒸らしてあります。
見た目、あまり変わらないですね。意外なことに、切ってみたら、中もほとんど変わらないんです。


f0095746_94746.jpg
スポンジだけ切って食べたら、さほど変わらないみたいだけど、クリームとのバランスではどうなんだろう。
でも、デコレーションして食べ比べてみるの、結構大変そう~。
とりあえず、これは②のバナナチョコ。大胆なデコです~。
トップにもバナナを乗せてはみたものの、「残ったら色変わっちゃうジャン」と気がつき、バナナを隠すように、チョコクリームをまた絞り出して、クルミをどこココかまわずまぶしつけてあります。
うみゃあ、うみゃあ。


f0095746_994993.jpg
これは③のイチゴショート。
デコが下手なので、家にあった娘のおやつのクッキーを回りに貼り付けました。
クリームは中沢でもタカナシでもなく、そこに、数十円分のお味の差が出てしまいましたが、でも、スポンジとのバランスはエガッタエガッタ。
多分、時間が経つとクッキーもしっとりして、ほどよい塩味を足してくれるでしょう。
ふ~のさんが、お勉強中のkono式で入れてくれたコーヒーで頂きました。

あとは、②のスポンジだあ。やっぱ、一度には食べられない~。

この分量、この材料、スポンジの味深く、なかなか良いです。素朴でしっとりです。シロップはいりません。
粉と砂糖が多くて、焼きの深い、きめの細かいしっかりしたスポンジにシロップ打って使うのも好きですが、私としてはこちらが好き。
(多分ホントのフランス菓子からは程遠く、間違いなくジャパニーズおやつケーキだと思う)
しばらく、いろんな焼き方、いろんな分量、探してみよう~。
ネットってほんとに便利。
だから自分がやってみたことも、誰かの参考になればと、ダラダラ書いてみました。
[PR]
by kotubutubu123 | 2006-12-24 08:51 | お菓子
<< グレープフルーツのショートケーキ 紫芋のミニタルト >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧