お菓子教室 ムース・ココ
f0095746_1944404.jpg
昨日はイル・プルのケーキ教室でした。家に帰ったら12時~。
メニューはムース・ココ。
ビスキィユを焼くのは、私にとってはハードルですが、ムースは簡単なレシピでした。
お味はグッド。
ビスキィユをしっかりカリっと焼きこんでいること、ムースが型抜き絶対不可能なほどゆるゆるなことで、味と食感のメリハリが出ています。
このビスキィユ、しけったような、あるいは、スポンジケーキの切れ端が乾燥したような、なんとも中途半端になったものではなく、しっかり、カリッと焼きこんであるのが、いいのだと思う。
f0095746_19514945.jpg
中にもビスキィユが入っています。
時々こういうのを見かけるけど、これって、単なるデザイン、味のアクセントかと思っていました。
これは、ムースが切るだけで、流れるほど柔らかいので、中にこの1枚を入れないと、形にならない、つまり、支えだそうです。
ここまで柔らかいのは食べたこと無いなあ。
実際、こういうデザインになっていても、切ってもしっかり形キープできる程度の柔らかさのものしか食べたこと無い。
確かに切ると、ゆっくり、ゆるゆる流れ出しそうになります。
美味しかったです。
復習のとき同じものができるかどうかは、分りませんが、勉強になりました。
娘と同じくらいの若いお友達もできて、楽しいひと時でした。
nimiたん、しっかり復習しよう~ね。
f0095746_19592253.jpg
これは、教室が始まる前にお店で食べたシフォンケーキ。
最近シフォンケーキの本も出版したみたいで、シフォンケーキ売出し中みたいです。
感想は、やっぱりイルプルらしいって感じでした。
シフォンって、絹のようにやわやわってイメージがあるのですが、かなりしっかりしていて、絹は絹でも、きっと野生のカイコの絹だろうって感じです。
なかの杏の粒々もしっかりしていて、味に濃淡をつける、しっかり焼きこむってのが、イルプルっぽい気がします。しっかり焼き菓子。
アメリカンじゃないっていうか。
こんな乏しいイメージ言語で伝えられらでしょうか。。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2006-06-22 20:07 | お菓子
<< スナップさやの桜海老炒めのお弁当 ブラマンジェとアーモンドのマフィン >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧