超ゆるゆるマクロビケーキ
f0095746_22422550.jpg

izumiさんが最近、マクロビケーキを続々アップされてるので、つい影響されて作ってみました。
けど、超ゆるゆるです。
全然マクロビじゃないの。

これは、お豆腐マフィンだけど、卵使ってるし。
上にのっけたクランブルは、冷凍してあったバターのだし。
本体、試作して美味しかったら、マクロビクランブルを正式に作る予定。。。

f0095746_22424511.jpg

お豆腐ぐるぐるして、卵と粗糖ぐるぐるして、粉とBPぐるぐる、米油ぐるぐるの簡単ケーキです。
マドレーヌ先生の豆腐ドーナツ食べてから、豆腐もいけるじゃん、、って思ったのでやってみました。

絹ごし豆腐 112グラム(理由無し、すくって入れたらこれだけだった)
薄力粉100グラム
BP 4グラム(理由無し、、これくらい?とすくったらこれだけだった)
砂糖 50グラム(覚えやすいから粉の半分)
油  50グラム
卵  1個

どーだ。野生のカンだっ。

半分はレーズンと杏ジャムを入れ、半分はピーナツバターとチョコ。
ピーナツバターバージョンは、yuki先生の教室で美味しかったマフィンのまねっこです。
でも、これは、無糖無塩なので、ちょっと味気ない。チョコたっぷり入れなくちゃね。

f0095746_2243828.jpg

んで、その上から、豆腐生地をかけました。
左側は、豆腐生地が足りなくなったので、冷凍庫のバタークランブルをたーーーぷりかけました。

焼き立て食べたら、、、、「うっ、、、!豆腐の匂いするっ」が第一印象でした。
上の娘は「お総菜の匂いする」でした。

翌朝冷えたら、豆腐の匂いしませんでした。
んでもって、生地はふわんふわん。
そういえばマドレーヌ先生、ドーナツ本の中で「豆腐のスポンジ状の構造を活かした生地」って書かれてました。
その上、植物油だから冷えても固くならないんですね。
あ、意外に美味しいかも。
甘さはちょうどいいです。
でも、レーズン入りの方は、、、、、蒸しパンみたいでした。
だって、もともと生地が蒸しパンみたいに素朴なのに、それに、レーズンでしょ。
いよいよ、蒸しパンみたいよねえ。

f0095746_22432717.jpg

ピーナツバターバージョンの方は結構好きでした。
お豆腐、植物油のあっさり味を補うコクあるものをたっぷり使うのがコツなのね。
レーズンしょぼしょぼいれるだけじゃあ、、蒸しパンレベルを脱することができないんだわねえ。
とかなんとか言いながら、2種類とも食べちゃいましたけどね。

生地に味と香りを付けて、、例えば、フルーツとかメープルシロップとか、
んでもって、中になんかたっぷり入れれば、もっと好きかもー、って思いました。

あれ、そういえば、似たような材料だけど、豆腐ドーナツ印象が違うのは油で揚げてるからなのね。
全然印象違うわあ。
f0095746_224242.jpg

こちらは、ナッツとジャムのクッキー。
先日ガトーバスクのあまりで作ったクッキーが美味しかったので、米油で作りました。
コクの無さを補うために、ナッツをたっぷり粉砕して、粉の半量と置き換えています。
よい作戦だわ。
基本的には間違ってない。

f0095746_22421886.jpg

ほら、美味しそうな粉とナッツの色。
これを油と卵でまとめました。

けど、予想外だったのは、少なめ油なのに、生地が油ギッシュなの。
よく考えれば分かるけど、ナッツは粉砕しても、油吸うわけじゃないのよねー。
粉なら吸ってくれるけど。
そーかそーか。
さらに油少なくしなくちゃいけなかったのねー。
あるいはつなぎの粉を増やすか。

f0095746_22454845.jpg

そこに持ってきて、欲張って入れたジャム類(なんちゃんマーマレード、キウィジャム、とらにゃんさんドライイチゴ)の水分が、クッキーの上にたっぷり溢れかえってます。

けど、焼き上がったら、意外にうまかった!
生地がナッツたっぷりでかりかり、、、翌日には、しっとり。
甘みはジャム。
うまーーーい。


と言うわけで、完成度低いけど、意外にうまいゆるゆるマクロビケーキを楽しみました。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-07-15 06:35 | お菓子
<< マクロビcafe・izumi 旬のもの >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧