もちよりパーティー7月準備1日目
f0095746_1039996.jpg

先週のケーキ教室のアップもできていないまま、、、1週間が過ぎてしまいました。
あいかわらず、バタバタです。

今月の持ちよりパーティーにかけられる準備は、水木二日間だけ。
今回は週末にタルト生地を仕込むこともできなかったので、タルトはパス。
残念だあ。
そろそろふふさんみたいに、デラうみゃータルトの季節なのに。

今回のテーマは、ジャム系フルーツ!
毎回テーマが有るわけじゃないけど、、今回はとりあえず、ジャム系フルーツが味のポイント。
冷凍庫をゴソゴソして、これで何作ろうって、考えるのは超楽しかった。
私、ジャム系フルーツ大好きだって、自分ですごくよく分かりました。

これはね、イチゴミルク味のパンナコッタ。
ちょっと、下の方に、なんか濃い色のついた物体が見えるでしょ?

f0095746_10393367.jpg

これは、とらにゃんさんのドライイチゴ。
えっと、かなりソフトなタイプ。
かといって、ジャムよりは断然水分少ない。
yuki先生レシピのパンナコッタは、前に大絶賛されたんだけど、その下に潜ませました。
ジャムだと味が混じるし、ハードなタイプのドライフルーツは(レーズンとか)ごろんごろん転がる感じになるでしょ、これはねーー、口の中で一体感でてよかったよ。
上は普通のパンナコッタ、イチゴと一緒に食べるとそこだけ口の中でイチゴミルクになるの。
そこだけ濃い甘い味。
これは、大傑作でした。
うみゃーーーー。
もともと美味しいレシピのパンナコッタが、他になく美味しいものになりました。

けど、使い切ってしまったので、同じ物はもうできません。
今度作るとしたら、イチゴジャムのイチゴの部分だけ、ペーパータオルで水切って作ります。
生イチゴで作るより、絶対うまいよ。

f0095746_10394323.jpg

サバラン2種。
ブリオッシュは2週間くらい前に焼いて冷凍してありました。
サバランって、ブリオッシュさえ焼いておけば、簡単なんだけど、
そのブリオッシュが小さい型に小さく詰めて、小1時間焼くってしろものだから
それが結構気合い必要です。
オーダーで作ったセルクル4.5㎝を10個分と、普通のサバラン型10個分に、バター塗り塗りしてちまちま、詰めて焼く作業が結構、私的にはハードル高いです。

左マンゴーがのっかてる方は、普通のサバラン。
飾りに使ったのは、なんちゃんのキウィジャム。
右バナナが乗ってる方は杏ヨーグルトクリーム。
飾りには、なんちゃんのブルーベリージャム。

サバラン、大絶賛でした。
「何十年ぶりに食べた」人や「初めて食ったー。うまー。クリームの下にお酒の下に違うクリーム、2段3段攻撃だーー!」と叫んでくれた人と、「オレの知ってるサバランと違う」と言ってくれた人。
多分、オレの知ってるサバランは、上に缶詰のチェリーが乗ったアレでしょ。
私も、アレしか知らなかったから、サバラン好きじゃなかったの。
でも、今はサバラン大好き。
f0095746_10395687.jpg

カップもセルクルに合わせるべく、5種類用意しました。
前回市販のプリン型使って、大きさが合わずに、悔しい思いをしたので。
コッタさんのHP睨んだけど、どれがジャストサイズか分からず、、、結局5種類注文しました。
微妙に大きさ違います。

f0095746_10401036.jpg

自分の記憶のために、記録しておこう。
この写真だけではなんだか分からないけど、、、覚え書き。、


左は、カップの線の飾りが邪魔して中が美しく見えませんでした。パス。
真ん中は、すっきりカップの中が美しい。上の広がりがないので詰めにくいけど、逆に全部がカップに添います。採用。
右は、少々線が入っているけど、この程度なら大丈夫。上が広いから詰めやすい。採用。
この2種類でお値段で決めればいいや。
おし、これで安心して、サバラン用セルクル追加オーダーできます。
ジャストサイズのカップが見つからないと、セルクルだけ数があっても意味がないので、とりあえず10個しか頼んでなかったの。
そう、お教室以来、長い月日がかかったけど、「教室で習ったより小ぶりのサバラン」を作ることを諦めていたわけじゃないのよお。
よかったあ。
f0095746_10402786.jpg

こちらは、サバラン型を使った、杏ヨーグルトクリームの方。
途中で気がついて写真撮りました。
ちょいと大きめのカップに詰めてます。
サバラン型を使っても、上にフルーツとクリームのっけるから、全然意味ありません。
多分誰も、この型のかわいらしさには気がつかなかったはず。
私は、サバランでさえも表面が空気にさらされて乾燥するのがいやなので
で、ケーキ屋さんはサバランの表面を全体ナパージュするらしいけど
それもイヤなので、どうせ、カップに詰め込んで上のごってりクリーム乗せることになります。
だから、、、この型使う意味無いわ。
扱いもセルクルの方が扱いやすい。
抜けやすく、カットしても形崩れとか気を使わなくていいし。
うん、今後はセルクル決定だわ。

ちょびっとずつ味見たら、2種のうち、杏ヨーグルトより、普通の方が好きだったな。
やっぱり、スタンダードはすごい。
杏ヨーグルトは、美味しいクリームだけど、前回ロールケーキの芯に巻いた方がうまかったな。

f0095746_1042576.jpg

チーズケーキ、、、リンゴジャム入り。
このリンゴジャム、、冷凍袋に名前が入ってないから、多分、小粒さん作。
他の人は制作年月日と、「紅玉、キビ砂糖」とか「ふじ、グラニュー糖」とか書いてあるもん。
私の記憶では、多分、、、ふふさんに頂いたグラニースミスだな。
それを高濃度で煮た物だと思う。
こういう濃く甘いのって、このままパンにつけて食べたりするには甘いけど、ケーキに使うのはとってもいいポイントになるのよおー。

ベースになったチーズケーキはyuki先生のレッスンで習ったほろほろタイプ。
久しぶりなので、ほろほろできるか心配でした。
しかし、仮にしゅわしゅわしちゃったところで、大丈夫。
おじさん達には、そういうケーキだと思わせて食べさせる気でした。
f0095746_10421492.jpg

底1㎝、5分くらい焼いたところで取り出して、ささっとリンゴジャムを乗せて
上からまたチーズ生地かぶせて焼きます。
チーズケーキの下に、スポンジ敷いたの嫌いなんです。
嫌いな物多くてごめんなさいって感じですが、あれ、苦手なの。
だから、リンゴが底に沈むのを防止するために、こうやってます。
こうすると多少は沈むけど、底に張り付くことはありません。
上から乗せる生地も5分くらいほっておいても、大丈夫でした。

f0095746_10423181.jpg

18㎝と15㎝と12㎝2個です。
焼き上がりは少々割れてるけど、時間がたてば、上の写真みたいに落ち着きました。
12㎝1個をお家用にのこしました。
娘には「ひさしぶりに白いケーキ食べた」と言われました。
そうだった、、、しばらく、茶色いケーキばっかりだったからねえ。

ほろほろチーズに時々濃厚ジャム、美味しいチーズケーキでした。
ガトーショコラとかティラミスとか「どこで食べても、普通に美味しいもの」を作っても
あんまし、みんな喜んでくれない。
それだって、結構上手にできたと思ってるんだけど。
ちょっとポイントって大事なのね。
それにはジャム系フルーツ、効果的だわあ。

水曜日、パンナコッタとサバラン(トップのデコ以外)とチーズケーキを作ったので、「3種類作ったから、明日は1種類。楽勝だわ」と思っていたけど、はっと気がついた。
パンナコッタとサバランは合計40個だから、お一人様にするとどちらか一つしか食べられない。
ってことは、今日は2種類作ったことにしかならない。
がーん、作戦失敗じゃん。
木曜は2種類のケーキとサバランのデコが残っているじゃん。。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-07-03 11:49 | お菓子
<< 持ちよりパーティー7月準備2日目 黒糖とココナッツのクッキーなど... >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧