キウィタルトなど
f0095746_1216492.jpg

キウィのタルトです。
キウィのタルトっていうより、キウィを使って気になっていたこと、色々試作、実験してみました。

これはね、上の部分が問題なの。
キウィってゼラチンだめでしょ。
でも、加熱したら大丈夫かやってみたかったので、まず、ジャムにしてからゼラチンで固めてみました。
喜界島粗糖だから、ちょっと枯れ葉色ですけど、、、。
大丈夫、ジャムにしたら、ゼラチンいけるって分かりました。
多分そうだろうとは思っていたけど、やったことなかったから、納得しました。

f0095746_22565792.jpg

実はこういうのが、2箱届いたの。
でも、忙しくて忙しくて、どうすることもできず、誰かにお裾分けすることもできず、
どんどん、冷蔵庫の中でさえ、熟していき、もうすんごく芳香発しまくってます。
あー、どうしましょう。
スプーンですくっては食べすくっては食べ、、、。
家中、キウイダイエットしてるみたいです。

f0095746_1216118.jpg

同じく、こっちは、焼いたらどうなるかタルトです。

ちなみに、下の生地はダコワーズ。
そこにもってきて、タルト生地は、全粒粉とメープルシロップと菜種油。
なかしまさんのスマイルクッキーの生地をベースに、もうすこし、伸ばしやすくしました。
だって、あの生地、型に敷くのは難しいんだもん。

f0095746_12162586.jpg

左は焼き込みバージョン。
右は、キウィジャム後乗せバージョン。

おいしいのはおいしいのですが、、、この生地って結構主張が強くて、それだけでおいしい生地でしょ。
ダコワーズも同じく。
だから、なんつーか、キウィも主張して、みんなで主張し合ってました~。

で、結局一番よく食べたのは、残り生地で作ったクッキー。
ほら、端の方にみえるでしょ、これ。
あたし、このクッキーが好き。
f0095746_12201410.jpg

焼き込みバージョン。
キウィは焼き込みフルーツの例に漏れず、味濃くなっています。
ぼけぼけ発酵キウィだったのに、おいしくなってます。

いや、しかし、タルト生地とのバランスが。。。。
f0095746_12202535.jpg

ジャム乗せバージョン。
ゼラチン大丈夫だって証明できたけど、まあ、上乗せも焼き込みも、どっちも、大差有りません。
なんたって、下のタルト生地、強烈だから、その印象に比べたら、焼き込もうがジャム乗せようが、どってことないです。
娘には「穀物タルト、辞めて欲しい。タルトを食べる喜びが無くなった」と言われました。
今回は、私も、残念ながらそう思います。。。

f0095746_12172234.jpg

これは、パンナコッタの下に、ジャムを直接入れてます。
ジャムにはゼラチン使ってません。
生クリームのタンパク質、大丈夫か、変質しないかやってみました。
おーけーです。
ずーーーと前にね、ヨーグルトに生キウィ入れて、数時間後に食べたら、変質していて不味かったの。
不味いって言うか、苦いって言うか。
んで、念のためにやってみた。加熱したキウィはやっぱり大丈夫だったね。

超余裕です。
今日は超余裕。
木曜は持ちよりパーティーだっていうのに、もう、今日の下ごしらえ分は終わって、ブログの更新までしています。
持ちよりも、作業が全て前日に重ならないように分散させれば、、、いや、分散できるメニューにすれば、乗り切れる作戦、立てられるようになってきました。
技術は進歩していませんが、作戦は日々進歩しています。
あとは、運搬の作戦だけです。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-06-01 20:50 | お菓子
<< ドライ杏のケーキとレーズンサンド izumi さんのお菓子といつ... >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧