もちよりパーティー4月
f0095746_21192422.jpg

今週も忙しくて、、、多分これからずっと忙しくなりそうで、、、、もうやだやだやだ。。。
そんな中、金曜日がもちよりパーティでした。
月曜日、、、、タイ料理教室に行って23時帰宅
火曜日、、、、残業で22時半帰宅
水曜日、、、、残業で22時半帰宅
準備できるのは、木曜しかないっ、、、ってことが予想がついていたので、作戦立てました。
週末冷凍作戦と前日(木曜)デコ作戦です。

これは週末に冷凍しておいて、前日にデコしたイチゴのムース。
スポンジ混ぜ混ぜ、ドライチゴバージョン。
スポンジはyuki先生の蜂蜜スポンジ。しっとりしっかりしてるから、混ぜるのに適してます。
この組み合わせ、相当気に入りましたから。

f0095746_21194154.jpg

今回「これが好き~」って言った人が一番多かったように思います。
結構感動してくれました。

2台の中にイチゴ2パックとドライチゴ150グラム、入ってます。
美味しくないわけがないでしょ~。
でもね、誰もそんなこと気がつかないと思うし、これはムースだと意識している人もいなかったみたい。
勝手に名前をつけて呼んでました。
「イチゴのボンプ」、、、、どー言う意味だろう?イチゴ爆弾???
「イチゴヨーグルトケーキ」、、、クリームチーズなのよ。
「イチゴムースみたいなの」「イチゴクリームケーキ」とかとか。
これ、立派に手のかかったイチゴムースなんです。

f0095746_2131186.jpg

なんちゃんのドライイチゴ、昨年物も、全部出動。
ドライと言っても、ソフトです。
だけど、ジャムの中の固形部分のアレとは別物です。
ほら、総動員だから、違う種類のイチゴ入ってるの分かるね。
なんちゃん、何回も何回も作ったんだね。

このケーキね、ドライチゴがポイントです。
昨年、ジャム使って味のメリハリだそうとしたけど、難しかったです。
全体に甘くなってしまったり、周りと一体になってしまって。
ドライチゴさえあれば、このケーキ、誰でも簡単に美味しく作れるよお。
、、、、ん???
ってことは、私、もー、作れない。もう、ドライチゴ無い。。
きゃああ、大変。
ずーっと作り続けるためには、やっぱり自分で作るべきよね。。。
イチゴのシーズン終わるまでに、絶対マスターしようっ。

f0095746_21321687.jpg

これも、丸ごと冷凍しました。
ガトーショコラ、金柑煮。

これは、普通には相当美味しいガトーショコラです。
けど、今回は、思ったほど、喜んでもらえませんでした。
生意気にも「ガトーショコラって、どこで食べても、みんな普通に美味しいから
あんまり、びっくりしない」って、ぬかしくさって、もおおおお。

まあ、確かにその通りで、だからこそ、当たりはずれないから
お外では安心して食べられるケーキでもあります。

f0095746_2133223.jpg


これ、卵白しか使わない便利レシピでもあります。

f0095746_21351466.jpg

今回使った金柑は、母の友達がくれた金柑煮。
これ、、、、、、、、ゲップが出るんです。
それに、、、、、、、タネ入ってるんです。
小粒さんと、同じくらいの煮方ってコトです。
だから、タネだして、ちぎって使いました。
分散してちょっとずつ使えば、ゲップも少なくて済むかも知れない。。。

やっぱり、ゲップでないように煮る人たちってすごいんだわ。。

以上、イチゴムースとガトーショコラと、サバランのブリオッシュを焼いて冷凍するところまでが
週末の仕事でした。

f0095746_22293471.jpg

で、前日の仕事はデコ。
お花畑みたいでしょ~。サバランです。
サバランのデコって、簡単だと思っていたけど、意外に時間かかりました。
切って、ひとつ一つシロップにつけて、よいシロップの吸い具合を確認しながら
組み立てていきます。

あのね、、、サバランって、たっぷりお酒とシロップを食べるお菓子でしょ、
だから、ポイントがいくつかあるんですって。
教室の著作権を侵害しない程度に、、でも、マドレーヌ先生すごいよって伝えるために、、
シロップをたっぷり吸わせるために、、、
ひとつはブリオッシュを焼き切るんですって。
4.5㎝セルクルに入った生地でも小一時間焼くんですよ。
それからね、シロップの温度。
低いとシロップを吸わないことは誰でも想像がつくでしょ、
でも、熱すぎても駄目なんですって。
パンがぐじゅぐじゅに柔らかくなってしまうから、指定の温度域が有るんですって。
はあ~。

f0095746_22302699.jpg

おかげで、初めて、サバラン美味しいと思いました。
サバランって、古くさくて甘くて、嫌いなお菓子だったんだけど、かなり好きなお菓子になりました。
あ、でも、先生ごめんなさい。
ザーネってクリーム作る余力はなく、カスタードです。
フルーツタルト習った時のとろんとろんと美味しいカスタードに変更しました。

左は5.5㎝のセルクルで焼いたもの。右が4.5㎝。
多少、大きさ違います。
ピッタリしてる方が、乾燥しないし、見栄えもいいよね。
4.5㎝のセルクルに合わせたカップ探さなくちゃ。
f0095746_2248149.jpg

前日は、デコの他に2つ作りました。
ひとつは、簡単流し込み系、パンナコッタ。
でも、材料費にモノを言わせて、うんまいです。
yuki先生のちびスィーツの本から、です。
生クリーム750グラム使ってます。
ギリギリのとろんとろん具合なので、3時間以上固めるって書いてあるけど、
待てなかったので、冷凍庫の力を借りながら。
f0095746_22511288.jpg

パンナコッタに色々ソースやってみたことあるのね。
でも、今のところ、一番好きなのはカラメルソースだわ。
フルーツ系の酸味のあるソースも、美しくていいんだけど
味は自然に美味しいと思えるのは、やっぱりカラメル。。
地味だけど、カラメルにしました。
で、その地味さをカバーできないかと、いろいろ考えている途中で撮った写真です。
結局、てんこ盛り、カットイチゴを会場で盛りつけました。
完成写真は無いからこそ言うけど、イチゴ畑みたいに可愛かったですよ。
f0095746_2362316.jpg


それから、3本焼いたizumiさん風ロールケーキ。
しばらく焼いてないから、ドキドキ。。
3本とも微妙に違ったけど、一応、全部合格点ってことで。
ほんとうは、なんちゃんみたいにひとつ一つカットしてラッピングしたかったけど
そんなことしたら、私も誰かさんみたいに、白々と夜が明けてしまいそうだから、、、
やめました。
まずは、寝なくちゃ。
ラップでクルクル巻いて持って行きました。
f0095746_2343532.jpg

色がついてしまったけど、美味しい生地でした。
色白く焼けた物も有ったけど、、写真は無かったみたい。。

ロールケーキが一番好きってオジサンは「誰も気がついてないと思うけど、オレ、3回食ったから」って
後から、言いに来てくれてました。
そうか、そんな人がいたか。。。
f0095746_23132459.jpg

実は、中味を考える時に、小粒さん的には、全部違う物にしたかったの。
その方が楽しいじゃない、作る方は。
けど、違うクリーム、違う種類の具にしたら、3本とも食べる人が出てきちゃうから、
「全部同じです」って、作戦にしたのに、それでも3回食べた人いたんだ。
うーん、、まあ、最終的には足りないことも余ることもなく、ちょうど終わる量だったから
結果オーライってことで。
これ3回食べる人もいれば、イチゴムースを3回食べに行く人とかサバラン2個食べたり、
パンナコッタ3個食べる人とかいろいろだから、最終的にはバランス取れたみたいです。
結局何十人いたか分からないけど、なんとかなりました。

「今回は参加者多いよ~」って言われていたので、頑張りました。
準備は前日しかないってのに、よく考えたわ、私、天才だわ。
作戦天才だ~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-04-03 23:32 | お菓子
<< なかしましほさんのお菓子 マカロン風とホワイトチョコのガ... >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧