イチゴのムース・ドライチゴ入り
f0095746_21562027.jpg

イチゴは見えないけど、イチゴムース。
ふっふっふ。
これは、完全勝利です。
うまかったです。

f0095746_19375641.jpg

単調じゃないムース、味の濃淡のあるムース、んでもって、フルーティーなムースがいいのぉ。
、、、、ってことで、ビニール袋に入れて、手でぐちゃぐちゃと握りつぶしたイチゴと
なんちゃんのドライイチゴを入れました。
ドライチゴは、多分イチゴの水分をもう一度吸ったようで、
入れる前につまんだ時より、できあがって食べた方がフルーティーになっていました。
しかし、、、これ、生のイチゴを丸ごと使えばいいかというと
そーじゃないの、そーじゃない。
ドライイチゴを使うことで、より酸味甘みともに強くフルーティーになります。

f0095746_19381423.jpg

しかも、今回はスポンジリメイクバージョンです。
前日に作ったイチゴムースのスポンジ、セルクルで抜いたら周りがあまるでしょ。
それを、ちぎって入れました。
ムースを冷やす時はyuki先生が仰ってたように
「私、自分で作る時は氷で冷やしたりしませんよ、
冷凍庫に放り込みます」っていう方式でやりました。
おかげで洗い物少なくて済みました。
ムースって、やたら洗い物が多いのよね。
f0095746_2215483.jpg

今回は、わざわざ冷凍してみました。
冷凍して、いったん、解凍してデコするってワザを使ってみたかったの。
ムースはそれができるって聞いたから。
美味しそうでしょ。宝石箱だわ。
クリックすると大きくなります。

この状態で、冷凍庫へ。
んで、翌日解凍するんだから、、、何やってるんだ??って感じですけど。

f0095746_215856.jpg

冷凍庫から取り出してひっくり返すと、ラップのシワと、穴ぼこ開いてます。
でも、平気です。
クリーム塗ったら隠れます。
クリームは、チーズクリーム。
たいがいはフィラデルフィアだけど、今回はお買い得キリで。
チーズとクリーム同量に、お砂糖は適当になめながら。
けどね、外に飾るイチゴは無かったの。
それだけのために1パック買ってくるのは、もったいなかったから。

f0095746_21582345.jpg

底にスポンジ有った方が切り分けやすいけど、まあ、リメイクだからね~。
これ、美味しかったよ。
ドライイチゴのポイント超高いし、見た目はスポンジが多そうに見えるけど
昨日と同じイチゴムースの量に、昨日と同じくらいの量のスポンジだと思う。
外を覆っているのと中に入っているのとの違い。
それが、飽きないバランスで結構いいんです。
上に乗ったチーズクリームも飽きないポイントです。
かなり美味しいです。
お教室でムースを何度か習って、ムース自体は億劫じゃなくなり
周りのビスキュイも億劫じゃなくなったんだけど、
今回スポンジで習って、大きく作るヒントも頂き、なんか自分の好きなムースが見えてきました。
やっぱり、積み重ねって大事ね~。

あ、娘達には「見かけ、ムースじゃない」って断言されましたが、いいんです。
そう言いながら、食いつきは良かったです。
お客様含め、おかわり何度か出て、1日でほぼ1個、食べ尽くしましたから。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-03-26 22:30 | お菓子
<< パンを焼く日 イチゴのムース・オレオバージョン >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧