イチゴのムース・オレオバージョン
f0095746_1926133.jpg

yuki先生のお教室の復習です。
レッスンの時、大きく作る時のヒントとして、中にもう1枚スポンジ入れるとか
イチゴをフープロで全部ピュレにしないで、ビニール袋に入れて
もみつぶすとか、、で、味に変化を持たせないと飽きちゃうから、、、とお話し頂きました。
はい、私、大きいの作りたいの。
持ち寄りに持って行くのに、yuki先生のところで作った可愛いのだと
5個も6個も作らなくちゃいけないんだもん。

しかし、大きいのって、どう写真撮っても可愛くならなくて、、
ボールひっくり返したまんまの感じで、、、苦労しました。

f0095746_19261880.jpg

21㎝のセルクルと18㎝のセルクルで抜きました。
スポンジは蜂蜜入りのしっとりしたスポンジ。
ボールのカーブにしっかり添ってくれます。

f0095746_1926338.jpg

確かに、ムースって飽きちゃうんです。
どんなに美味しくても、味が単調だから。

んで、「ビニール袋握りつぶし作戦」のツブツブ入りイチゴにしました。
その時は少し、ゼラチンを控えるようにとのお話しだったので、うーんうーん、、どれだけにしよう?
その上、、クッキー入りレアチーズのように、オレオを入れてみることにしました。
水分を吸ったオレオがポイントになりそうな気がして。
だから、、、オレオにも水分吸ってもらわなくちゃいけないから、
ゼラチン、思い切って半分にしました。
ムースの量は教室の倍です。

f0095746_19264521.jpg

ひえ~、3時間後の図です。
切るのも早すぎたし、ゼラチンも少なかったみたいです。
とろんとろんイチゴクリームです。

でも、翌日にはオレオも水分を吸い、ずいぶん馴染んでいました。
「オレオいらなくね?」って言われながら、、、
そうなのよ、、、イチゴとオレオって、それにちょっと市販のお菓子っぽい組み合わせの味がした。
まあ、それでもイチゴムース単体より飽きないことは確かです。
うん、私、ムースこの路線でいこう。
オレオは、パスね、パス。
オレオ以外で、この路線を考えよう。
ムース楽しいかも~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2010-03-25 23:34 | お菓子
<< イチゴのムース・ドライチゴ入り お野菜ご飯続行中 >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧