絶賛モンブランなど
f0095746_22453519.jpg

職場でオジサンおばさんのクリスマス会がありました。
子供が大きくなってしまったオジサンおばさん達がほとんどでした。
「今回は人数少ないよ、15人くらいだから、ケーキ少しでいいよ」と
悲しいことを言われて、1個ずつ作っていきました。

いよいよ投入です。
とらにゃんさんの送ってくれた栗です!
もったいなくて使えなかったの。
普段の持ちよりは人数多すぎて絶対もったいなくて使えない。
かといって、家だけで食べるのも、、、、、いや、家もうっかりすると
娘達居なかったりするので、それももったいない。
ほどよい機会だと判断して、投入です。

これはまだお化粧してないですが、持って行くときは
粉砂糖とアーモンドプラリネでお化粧しました。
f0095746_22455040.jpg

裏ごしましたよお。
こんなの分かるオジサンおばさんかどうかは不明だけど
そりゃあ、小粒さんには珍しく裏ごしましたとも。

これ、どうやってクリームにするか、自信なかった。
うーん、バターか?生クリームか?
前にとらにゃんさんに教えてもらった気がするけど
わからんようなってもうた。
しょうがない。
砂糖、バター、生クリームで味を見ながら作りました。

f0095746_2246354.jpg

フランジパーヌ焼いて、その上に
粗糖(うーん、袋開けてタッパーに入れたら、なんの粗糖か名前分からなくなった)のカスタードクリームです。
なんか、茶色っぽいですね~。
シュクレ生地も美味いですよお。
マドレーヌ先生のフルーツタルトで習った生地とクリームです。
フルーツタルトは単価が高くて、めったなことでは作れないのですが、
それでも、一度習うと、色々なところに使い回せて、ほんと、便利です。
頭の中の引き出しが増えます。
f0095746_22461737.jpg

でもさすがに、栗のシロップ煮までサービスする気になれず、
市販のマロングラッセです。

いやあ、大絶賛でした。
「モンブラン嫌いなんです」っていうお兄さんも食べたけど
「美味しいっ。ホールで食べられます。ボクが今まで食べたのは
偽物だったんですね、イヤ、安物だったんでしょうか」と、言っていました。
えっへん。

もう少し、栗の割合多くした方が良かったかな、
ちょっとケチなクリームだったかなと思ったけど
うまいうまい、、、、。
もったいないけど、うまいっ。

一生に一回かもってくらい、うまいうまい。
まあ、多少の脚色も入れて、
長野で栗を拾うところから始まり、茹でてほじって、裏ごしして
クリームにするんだぞっと、、、、まあ、とらにゃんさんのお仕事を
自分の手柄のように、身振り手振りで、語りまくりました。

。。。来年は、私も栗、、、むこうかしら。

f0095746_22463454.jpg

卵白が余るので、マカロン。
これは、表面が固くて自分でも失敗だと分かる。
けど、うまいっ。後を引きます。
izumiさんに教えてもらったマカロンで、砂糖の一部を粗糖に置き換えています。

でもね、超むかつくことに、おじさん達が一人残らず
「これは失敗だな」「これ、なんだ?」「チョコ味が強い」とか言いくさる。
しかし、おばさん達は、一人残らず
「美味しい」「やめられない」「売ってるのと全然違う」「どうすればこんな生地の味になるの?」「持って帰っていい?」と大絶賛。
「でしょ、でしょ、粗糖マカロン美味しいでしょ、黒糖でもやってみたいなあ」って言うと
オジサン達が
「ふつーのでいいから、ふつーの、白い砂糖で。売ってるみたいに、ピンクとかフツーのにして」と
言いくさる。
ぷんぷんです。

f0095746_2250549.jpg

クレープも作りました。
たくさん焼く練習になるでしょ。

yuki先生の教室で習ったミルクレープにしたかったけど、
翌日の食感を確認していないので、安全のために、この形にしました。

中身のプランはたくさんあった。
人数は少ないと言われたけど、作ってみたいモノはたくさん。

チーズクリームとジャム類(アンズ、イチゴ、キャラメル洋梨など)
あんこと生クリーム
生チョコと柑橘煮物系
カスタードクリームと生フルーツ、、、などなど、、、

f0095746_22473338.jpg

準備は万端よ。
見て。このクレープの生地の量。

何十枚出来るか分からないけど
これ、焼き終わる頃には相当上手になってると思う。
くるくるフライパン回すの。


でも、計算外だったのは、、、
上達する前に、飽きちゃったってことなの。
30枚くらい焼いたら、もう、イヤになっちゃいました。
残りの生地はタッパーに移して
「明日焼いても平気かどうか確かめるためにとっておこう」と自分を納得させました。

f0095746_224721.jpg

だから中身も2種類しかありません。
安納芋クリーム(って、お砂糖で錬っただけ)とカスタードとキャラメルクリームです。
これも大絶賛でした。
安納芋、クリームにしなくても、そのまま包んでも十分だったかもね。

安納芋第2便も、大半はお裾分けで無くなりつつありますが、
無くなる前に、ぜひ、mikaさんが作っていたお焼き作りたいです。

f0095746_22471914.jpg

これは、普通のバナナ。

私、生のバナナをそのまま食べるのは好くじゃなくて、
クリームと一緒にケーキになるか、加熱してあるのが好き。
だから、これ、巻き込む前にバナナの味見なかったの。
全部終わってから、娘が食べて、絶叫。
「なにこれ!マズイ、固い、酸っぱい、味無いっ!」
食べてみたら、まさにその通り。。。。悲しい。
やっぱ、果物はちゃんと味見てから使わなくちゃね。
バナナなんて、みんな同じかと思うけど、そうでもないみたい。。。。しょぼん。

で、それを誤魔化すために、クレープの上にさらに
生クリームや杏ジャムをかけて豪華にしました。

そしたらね、、、、、、またまた、おじさん達が全員
「この汁、何?」「すっぺー」「ねぇ方がいいよ」と、抜かしくさる。
私が一年間待ち続けて、あんなにもうきうき作ったアンズジャムを。
おばさん達は全員「美味しい~」「これだけなめたい」「皿までなめる~」と喜んでくれて
ほんとうに、絞り袋を最後までなめていました。
デコはその場でやったので、クリームやジャムが残っていたから。

f0095746_22474482.jpg

これは、いつものふたつき洋梨タルト。
今回のフタは、底生地と同じ、シュクレ生地を薄くのばして
ちぎって乗せました。
高さは3センチです。

f0095746_22475831.jpg

もちろん、これも、普通に美味しかったですが、
モンブランの大絶賛ぶりには、かないませんでした。

ところで、yuki先生のご本、今日発売だと思って本屋さんに昼休みに見に行き
夕方見に行き、宴会の後に見に行ったのですが、、、、
まだ出ていませんでした。
あれ、、明日発売なのかなあ。。。。。
もう、手に入れた人いるかなあ。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-12-26 01:42 | お菓子
<< クリスマス会翌日のお菓子達 ケーキ盛り合わせ >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧