持ちよりパーティー
f0095746_22503493.jpg

参加できないかと思った持ちよりパーティーに、なんと、パイをひっさげて参加できました!

今回は準備の時間が取れない。準備は2日。
シュクレやブリゼ、アーモンドクリームでさえ、仕込んでいるヒマがないっ!
最大限の知恵を絞って、頑張りました。

作戦その1.
おし、、ふふさんのパイ生地を投入しよう。
しかし、失敗する可能性もあるし、第一、もったいないので、限定1台にしよう。
それでも、みんなを、おおおっと言わせる効果は絶大なはず。

しかし、最近のふふさんのジャム仕事、ご覧下さい。
もー、普通じゃないわ。
最初は普通の人かと思ったけど、全然普通の人じゃなかったわ。
105度だの103度だのかなり、私とは別の世界を生きてます。
私も自分を努力と好奇心のタイプだと思っていたけど、ケタが違いました。
あの人の努力って言うか、きっちり症はもう、職人さん並です。
そりゃあ、ジャムもパイも美味いはずです。
f0095746_22505045.jpg

まずは、グラニースミス。
難しいジャムは出来ないから、さっと強火で煮たジャムにしよう。
グラニースミスがこういう品種なのか、今回頂いたのがこういうのかは分かりませんが、
固くて、酸っぱいこと、紅玉の2乗。
紅玉は甘さもあるけど、これ、あんまりないです。
けど、煮ると甘さは引き出されるし、、、紅玉よりあっさりした感じで
これはまた、これでよしっ。

f0095746_2251799.jpg

芸術品のパイ生地。
冷凍庫から出した時点で、発酵バターの香り高く漂います。
うーん、焼く前から高級品だっ。

私、まともにパイ作ったこと無いんだよね。。。
うーん。。。
伸ばし方はこれでいいのか?
よく分からんけど、自慢の冷凍庫の作業棚で冷やしながら作業しました。

f0095746_22512770.jpg

安納芋で作ったクリームを敷きました。
yuki先生のお教室で習ったクリームです。
今回は、焼き方が悪かったのか、あまりねっとりしなかったの。
ほくほくしちゃいました。
やっぱり加熱の仕方で変わるねえ、、この芋。
そりゃあ、普通の芋より甘かったけど、ほくほくした芋、苦手なんだよね、、
ああ、ちょっと残念。
でも、あきらめずに、ちゃんと裏ごしして作りました。

丸い皿に合わせてパイ生地カットするの、意外に難しかった~。
これ、どうやって、カットするのが正解?
一回り大きいセルクルがあれば抜けたのに。。
左にある、切れっ端みたいな中途半端な生地。
これでフタができるんだろうか?
うーん、たくさんの謎を生みながら、作業は進みます。

f0095746_22514681.jpg

100円で買ったパイローラーを使いたくて使ってみた。
それが、切り込みきちんと入れられなくて、開くのが難しかったです。
ちょっと自分でナイフ入れながら開いていったけど、
どこかに間違いあるらしく、規則性が保たれていません。

底の皮が厚くて、網の生地が薄いです。
あー、これ、逆の方が焼きやすかったわね、きっとぉ。
ま、いいかあ。

f0095746_225269.jpg

切り落とした生地を集めて作ったお家の味見用。
成型は、二つ折り方式。簡単だあ。
なんか、これも可愛い~。
2番生地って、1番生地と同じように焼けないから、駄目元だわ、、。

パイの写真たくさん載せて、
ふふさんに伸ばし方や、成型の添削を受けようという魂胆丸出しです。

f0095746_22572478.jpg

でも、焼き上がりも意外に可愛いっ。
力強く美味しそうじゃないですか、、、相当気をよくしました。

職場では、もちろん能書き垂れまくりです。
安納芋について語り、グラニースミスについて語り、
発酵バターについて語り、折りパイ生地について語り、、、。
みんないつもより、相当ありがたがって、食べていました。
1台しかないしね。

そりゃあ、すんごく美味しかったです。
パイ生地は完璧だし、詰めモノは美味しいものに美味しいものを重ねて焼いたわけだし。
リンゴの割合多い方が美味しいみたい。
、、、まあ、これは、リンゴと芋の甘さのつけ方によってバランス変わりますよね。
いやあ、うまかった。

どれくらい美味いかというと、、下の娘が、一口食べて
後は全部、学校に持って行ってしまったことで、分かります。
もちろん、姉から大ひんしゅくを買っていました。

f0095746_2258344.jpg

2日しか準備無いから、作戦その2。
材料費に物を言わせ、手間を抜こうっ。
やっぱり、あれでしょ、クッキー入りレアチーズケーキ。
前回はyuki先生バージョンでしたが、今回はizumiさんバージョン。
どちらも、うんまいよお。
そこにもってきて、マドレーヌ先生のところで習ったフルーツタルトのワザを展開したつもり。

だけど、今回はあれほどフルーツの種類、揃えられませんでした。
とは言え、このイチゴ、1パック980円だで~。
グレープフルーツルビーと、お高いバナナも隠れています。
生クリームは1リットルを2本用意してあるので、心置きなく使えます。

f0095746_22585846.jpg

娘達、生クリーム2本見て、
「生クリームのパスタ食べられる~、牛乳じゃないやつ」って
相当期待してたみたいですが、結局、このあとシュークリームも作ったので
2本使い切りました!
ごめんね、でも、気分いい~。

2日前にこのベースを作って、
前日に生クリームでフタをして、その上にフルーツを盛りました。
バナナは生クリームに沈んでいます。
1台に2本入ってます。

f0095746_22591851.jpg

作戦その3,冷凍生地と機械に頼ろうっ!

完成写真無いけど、シュークリーム。
これは、冷凍クッキー生地あるし、シュー生地はボッシュでつくるワザをゆきお先生に教わったし、
忙しいときに量産できるよいメニューです。
とらにゃんさん、私、ゆきお先生のお教室、その後行けてないけど、
あれ、ガンガン作ってますって、お礼言っておいてね~。
ほんと、いいこと習いました。
クッキー生地、途中で切れたので、お芋みたいなエクレア型とか
嫌気がさして2個でやめちゃった不細工なパリブレストとか奥の方に有ります。
合計75個でした。

これに機械的にクリーム詰めて、ガンガン作りました。
大量に作ると、やっぱり、全部雑になります。
もちろん、シュークリームは大人気。
シュークリームって不滅だねぇ。
あ、75個全部は持って行かないですよ、20個くらいは下の娘が持って行きました。

f0095746_22552423.jpg

今回ケーキは3種類しか作れなかったので、職場で、その場でカナッペ、大量生産しました。
クリームやディップだけ予め用意しておきました。
写真撮れば良かった。
300枚?それ以上?
会議室用のテーブル1台に直接アルミホイルを、がああーーと巻いて、
その上に、ずらっーーと並べました。
で、お姉さんとおばさんに、
「はい、生チョコの上には、(とらにゃんさんの)アンズジャムね。
はい、ブルーチーズの上には、紅玉とルバーブのジャムね。
はい、ガーリックトマトの上には生ハムね、
ディプロマットクリームの上には、アーモンドプラリネね、、
はい、チーズクリームの上にはレーズンとアーモンドね、、、」と10種類くらい
びしびし指示を出して、作ってもらいました。
みなさん、きゃあきゃあ言いながら作ってくれました。
自分で作るのも楽しいけど、みんなで作るのも楽しいね~。

時間無いは無いなりに、なんとか、乗り切り楽しめました。
やれば、できる??
いや、しかし、来週の週末の職場旅行はキャンセルしました。
旅行と忘年会と持ち寄りとか入れると12月は職場だけで5回の宴会があります。
みんなすごいね、残業と出張にもみくちゃにされながら、、、根性有るわ。
私は、だめ、身と財布が持ちません。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-12-05 00:19 | お菓子
<< アップルパイとおつけもの 豆腐ドーナツ >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧