ショウガのパウンド atelier mel(アトリエ ミイル)
f0095746_105196.jpg

今日は初めてのお教室、atelier mel(アトリエ ミイル)に伺いました。

実はこちらに伺うことになったきっかけは、、、、あこがれのyuki先生が通ってらっしゃる、HBのパンで有名なマリマリ先生、、、そちらに行ってみたいなあ、、、と食い入るようにブログを読んでいたら、、、
どうやらその、まりまり先生は、ラッピング講座をまりりんさんから、受けてらっしゃるらしい。
ええっ、、、ラッピングいいなあ、、、と、食い入るように読んでいたら、、、、
そのまりりんさんが、渡辺和泉先生のお教室に通ってらっしゃるらしい、、、、んで、HPを拝見して
「あ!!そうだ、やっぱり私、ケーキ習いたかったんだ」と、一周したような感じで着地して、
申し込みさせて頂くことにしました。
でも、失礼なことに、渡部和泉先生が出された本、存じ上げなくて、
しかも、カフェ関係の本をたくさん出されていること存じ上げなくて、、、、、
お教室に伺って初めて、カフェ仕様、カフェ風のお教室に、うっとりしたわけです。
北欧アンティークカフェというのかしら、和泉先生もお部屋のままに、ステキでした。
んじゃあ、何に引かれたかというと、HPのチョコ系の焼き菓子の写真、、、その1枚に食いついて
うう、うまそう、、、と申し込んだわけです。

この写真は、先生が用意して下さった軽食です。
キノコのスープとココアパンです。

f0095746_0592527.jpg

そんなわけですから、全く予備知識無く、伺ったのですが、、、
なんと、、、、この小麦粉は、izumiさんのと同じじゃないですか~。
お砂糖はキビ砂糖。
わーい、ナチュラル系のお菓子教室だった。
私って、カンがいいかも。。。。

で、また偶然は重なり、、、、
先生のお話の中に、、、私が先日書いた卵液パックが、、、、、、
「バターに卵を少しずつ入れるとき、卵白が、ずるっと入っちゃいますよね、
そういうのもあって、大きなケーキ屋さんは卵液パックを使っています。
乳化剤も入っているでしょうから、きれいに乳化しますし」って。
ひぇ~、、、殺菌液だけじゃないのか、やっぱ、乳化剤か。
さらに、、、
「型に敷く紙はなんでもいいのですが、、、、コピー紙などは漂白剤が入っているので
食品用のペーパーがいいでしょうね」と。
おおお、、、先日からオタクのコメントの中で、ちょいちょい出てきていた話題だ。
さらにさらに、一緒に参加した生徒さんが福生からの生徒さん。
「福生には美味しいケーキ屋さんありますね~」と私が言うと
「ジョルダン!」と、即答。
うーん、私的にはとっても、タイムリーな話題満載でした。
f0095746_103881.jpg

で、今日のお題は、ショウガのコンフィ、、、シロップ煮だわね、、を作り
パウンドケーキを作りました。
残念なことに全体写真を撮り忘れました。
スリムパウンドです。
シュガーバッター法、別立て、共立てのパウンドの風味の違いや作るときの注意をお聞きして、、、
さて、今回はシュガーバッター法でした。
ついつい、分離させちゃったり、たまには、ウイロみたいなの作っちゃったりするパウンドケーキですが、
これで、この方法はマスターしたかも??
ショウガの風味よい美味しいケーキでした。
こういう基本のケーキ、上手に作れるようにならなくちゃね。。。

この後、勉強会に直行したので、パウンドケーキは必然的にお土産になりました。
「明日以降が美味しいんだけどねぇ、、毎日切り分けて味の変化を楽しみたかったんだけどねえ、、」と
もったいつけながら。。。。
いいの、私の分は、きっと復習するから。

不思議なつながりと、不思議な偶然の嬉しいお教室でした~。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-11-08 01:49 | お菓子
<< バナナロールとイチゴさるなしシフォン 栗パン、リンゴパン >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧