ルバーブとリンゴのジャム
f0095746_1913280.jpg

見て見て~。
きゃああ~、すごいでしょ、きれいでしょ、頑張ったでしょ??

ルバーブと紅玉のジャムです。
TOMATEさんに教わったように、
両手に軍手して、温度計片手に105度まで上げた高濃度のシロップで煮ました。
そしたら、ほーら、きれいだ~。うまひぃ~。ルバーブの酸味、おーし!

f0095746_1875877.jpg

もっともっと近くで見せびらかさなきゃ。
トロンとしてるけど、ちゃんと一粒一粒、形が残っているの。
ヨーグルトの中で、しっかり一粒一粒、味わえます。

あのね、「甘さ控えめでさっと煮る」ってのが、小粒さんのいつものジャム。
これって、ジャムって言うより、ソースかなあ。
シロート丸だしです。
そういうのもヨーグルトにじゃぶじゃぶで、なかなないいけど、
お砂糖たくさん入れて、しいかり煮込んだの、味が深くていいです。
、、、、お砂糖たくさんって、売ってるのを想像しちゃ駄目よ。
あれは、お砂糖とペクチンと、混ぜ物と混ぜ物。。。だから。

f0095746_1881210.jpg

お砂糖と白ワインまぶして、一晩置いたところ。
よーく見ると、一粒一粒大きさが違う。
ルバーブの時はまだ良かったんだけど、リンゴになった頃には、すっかり根性が無くなって、、、
倍も3倍もの大きさになってます。
けど、、、いいの、やらないより、マシなの。
自分で作らないより、作ったほうがマシだから、って考えることにしています。

izumiさんは、このジャムを喜界島粗糖で作ったそうです。
当然、濃い色だわね。でも、きっと美味しいと思うよぉ。
私は、ちょっとびびって、ヨロンキビザラメ、、、淡いクリーム色なので、そちらを使いました。
だから、あまり濃い色ついていません。
f0095746_188527.jpg

自己満足の記念写真が続きます。
ルバーブ500グラム、リンゴ500グラムでできたのはこれだけ。
貴重品だわ。

とらにゃんさんと、かまろんさん、izumiさんは栗とも格闘しているはずです。
でも、私は、栗と闘うっていう名誉と権利を放棄しました。
栗を使ったお菓子は大大好き、、、、長野まで食べに行くくらいですからね、、、
マロングラッセも渋皮煮もマロンクリームもだーいすき。
けど、素材としての栗そのものはあまり好きじゃないみたいで、
茹でてもらってスプーンにのっけてもらっても食べたくない、、、
ましてや自分で茹でるなんて考えられない、、。
これって、やっぱり、自分でつまみ食いしたくなっちゃうくらい好きじゃないと
取り組めないんじゃないかな。。。
、、、って言ったら、とらにゃんさんに誉めて???もらいました。
「小粒さんは、なんでもやるのかと思ったら、切り捨てるところは、ばさっと切り捨てるんだね」
そうなの、ある意味、あきらめがいいというか、根性がないというか。

f0095746_189554.jpg

こちらは、サルモモ。
産直で買いました。
あのね、味はキウィみたいなの。
izumiさんは「これはベビーキウィ?」って言ってましたけど、私、ベビーキウィ知らないしの。
分からないなあ。
産直いいねえ。美味しいものと珍しい物が、うんとお安く買えるの。
リンゴや野菜はSAでは2倍以上の値段で売ってました。
美味しい素材が手にはいるところにいる人は、
もうそれだけで美味しいものが作れる入り口に立っていると思う。
いいなあ。
私なんて、いつもいつもスーパーでフルーツ選びに泣かされてるもんね。

f0095746_1891635.jpg

これをロールケーキに巻き込みました。
最近諦め気味で、全然焼いてなかったんだけど、やっぱりizumiさん風ブッシュドノエル目指そうと思いまして、
ボツボツ練習することにしました。
ダメダメです。
見た目よりは柔らかいのですが、キメの粗いこと粗いこと。
細かければいいってものじゃないけど、、、それにしても、、これはねぇ。。。
卵が大きいとお正月のアレ、、、えっと、伊達巻きみたいな食感になるし、
卵少なくて粉の割合多いとぼっそぼっそと難しいし、、、もう、、、、。
でもロールケーキは栗みたいにばさっと切り捨てられないので
諦めないで、、、また、そのうちやります。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-10-06 21:50 | お菓子
<< 紅玉届いた~!! 長野おばさん旅行② >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧