なんちゃん風ドライイチゴのシフォン
f0095746_231891.jpg

昨日は朝6時半から夜9時まで仕事でした。
ちょっと駆り出されて、単純な事務仕事だったのですが、それがあるため、なんちゃんが帰った瞬間からブルーになっていました。
ああいやだ、いやだ、行きたくない、、、、なんで、「行きます」って言っちゃったかなあ、、、
代休もないし、ああ、いやだいやだだ、、、、、と。
土曜日のケーキ教室の間だけ、ほんの一瞬忘れたけど、その時以外ずーっとブルーでした。

が、どうにかこうにかそれも終わり、家に帰って10時半、それからシフォン焼きましたよ~!
やっと気分が切り替わりました。

ブログを見ると、やっぱりizumiさんも焼いてた~。
さすがizumiさんは、もうすっかりマスターみたい。

私はボッシュでメレンゲ作りました。もちろん喜界島粗糖です。
オーブンに入れて、15分後、少なくとも、キノコではありません!
f0095746_2312529.jpg

手外しもしました。
どうにか手外しに耐えられる生地でした。
でもね、ほら、ネックレスみたいに小さな穴が角に並んで入ってます。
やっぱ、どこか違うんでしょうねえ。

「泡締め」難しいです。
状態も分からないけど、、、、それより情けないことに、ボッシュのビーター使って、
なんちゃんが、ふつーにブンブン混ぜて泡締めしていた、あれができません。
ビーター持つのも重いし、手が痛いし。
そういう物理的な問題で、普通の泡立て器に持ち替えて、汚れ物を増やし
ボッシュ使った意味を薄めながら、、、でも、頑張りましたよぉ。
長い長い勤務時間の間、、イメトレした成果が出て、いつもより、うんとイイ感じです!

f0095746_2313993.jpg

カットしてみました。
なんちゃんのに比べると、ちょっと違います。デリケートさが違います。
同じ「優しい感じ」って言っても、綿ガーゼとシルクは違うでしょ。
んな感じ?
でも、誰にあげても恥ずかしくない程度には焼けてますよ!
一歩も二歩も前進です。
だって、喜界島粗糖にボッシュですよおお。私にとっては、2つのハンディつきですよ。
もう少し、泡締めを極めて、もっとなんちゃんみたいになりたい~。

ケチってちょっとしか使わなかったドライイチゴ、底に少し張り付いています。
けれど、これ、美味しいです。
ほんとフレッシュな感じします。
生イチゴを直接焼くより、うんとイチゴっぽいです。

朝、シフォンを切りながら「ねーねー、生まれ変わった私のシフォンを食べて」と叫んで、
下の娘には「いらねえ!」と言われ、上の娘には「どーでもいんだけど」って言われました。
だからさっそく、残りは職場に持って行って「生まれ変わった私のシフォンを、、、」って叫びました。
うーん、、、、どれだけの人が共感してくれたか分かりませんが、あっという間に無くなりました。


コメントのお返事遅れます。すんません。。。。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-07-13 23:30 | お菓子
<< アンズが来た~ なんちゃんが来た~3日目 >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧