アメリカンチェリーのチーズタルト
f0095746_221921.jpg

ショートニングのブリゼ生地で作りました。
薄いチーズ生地に生のアメリカンチェリーを乗せました。
チーズ生地とブリゼ生地にはもう少し濃く色をつけたいけど、
アメチェリが十分ジャム状になってしまったのでここいらで焼きを止めました。
アメチェリはもっと軽く止めたかったけど、程よいって難しいです。

f0095746_2212929.jpg

これはizumiさんのブルーベリーのタルト。
新作企業秘密???のタルトのカット面を写真に撮り、構成まで聞いちゃいました。
ショートニングのブリゼ生地に、菜種油のアーモンドクリームに、ダコワーズに、クランブルだそうです。
なんと4層です。
外から見たら、ブルーベリー見えない地味系タルトなのに、こーんなに手間がかかっているなんて。
それがまあ、軽いの軽いの。
小食自慢の私も、一人でぺろっとコレ、食べちゃいました。
真正マクロビじゃないけど、ゆるマクロビのタルトです~。
で、まねっこなもんだから、早速帰って、ショートニングでブリゼ生地仕込んで、翌日アメチェリを買ってきました。
同じ構成でアメチェリで作ろうと思って。

f0095746_2214429.jpg

ところがね、、、、、なんとアーモンドパウダーなかった!
ってことは、アーモンドクリームも、ダコワーズも、クランブルもできないじゃん!
、、、、ってことで、凹みましたが、ウチにある材料でチーズタルトに変更。

しかし、、、もちろん、普通には美味しいんだけど、、、感動するほどでもなく
たっぷりチーズ生地が食べたいとか、濃いアメチェリが食べたいと思うと、中途半端な感じ。
美味しいけど、わざわざ焼きこむ程じゃないなあ。。。。。

f0095746_22214.jpg

残った生地に完熟パインを小さく切って、焼きこみました。
そしたらね、、、こっちが美味しいの。
こっちは、感動するほど美味しいの。
パインの甘さが生地に広がって。
先日、酸っぱいパインでココナッツクリームで焼いたけど、
あれより断然美味しい。
熟しているということももちろん、組み合わせとしてチーズ生地の方が合うみたいだ~。
うまい、こっちいっぱい食べたいっ。

f0095746_2222022.jpg

なんせおまけだから、作りも写真も気合いが入ってないけど、、、、美味しかった。

残業が多いと、帰ってから気合いのいるケーキは作れません。
たとえば、、一番気合いがいるのは、菜種油パウンド、その次、ボッシュのシフォン。。。
この二つは、わずかに残った体力と気力を使い果たし、その上、、、、凹ませてくれます。
だから余力のない時は、タルトとかチーズとかチョコなどに逃避して、和ませてもらうことにします。
自分に優しい私です。
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-06-11 22:43 | お菓子
<< 完熟パインのチーズケーキ トリュフケーキ >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧