黒糖パウンドとバナナパウンド
f0095746_13551645.jpg

小粒さんの菜種油パウンド、成功したと誤解してくださってる人が、何人かいらっしゃることが判明。
いや、まだなんです。
成功したのは喜界島粗糖のプレーンなパウンドです。
それも最初で最後かも知れない。
バナナのパウンドも「ふつー」には焼けましたが、成功ではありません。
黒糖もまだです。

で、しばらく凹んでいたけど、また、やってみました。
黒糖です。
お湯で溶いた蜂蜜を入れました。
みかけは、相当いいんです。ほろほろした感じで。
でも、かすかに漂うサーターアンダーギーの香り。
イマイチです、美味しいんだか美味しくないんだか分かりません。

f0095746_13552650.jpg

次はバナナパウンドです。
もう、上のクランブルなんて準備もしてないし、それどころか、クルミでさえローストするのが面倒で省略。
あまりに失敗が多いと、、余計な手間かけただけ、悔しくて凹みようも大きいから。
これも、ふつーです。
ねっちょりとはしていませんし、前回よりだいぶ、ふわふわしています。
レシピはなんちゃんのとほとんど同じです。
別立てでやりました。

f0095746_13554510.jpg

あんまり変わらないけど、アップにしてみます。
そのふわふわがくせ者です。
ふわふわはふわふわなんだけど、うーん、なんというか、シフォンケーキ系のふわふわなんです。
粉がしっかりほろほろする感じじゃないの。
うーん、不味くはないけど、これじゃない。。。。

f0095746_1355548.jpg

もう1回焼いてみました。
今度はいいです、いいですよお。

前回と同じ、別立て。
油もバナナも後から、さっと混ぜ。
違うのは、蜂蜜入れ忘れたことと、レーズン入れたこと。
あ、それから、バナナ徹底的につぶしました。
容器にバナナ乗せて、ラップして手で容赦なく押さえてつぶしました。
「ええい、もういい、水分出るなら出ろっ、
でも、あんなに水分たっぷりなシフォンが焼けるんだから
この程度のバナナで焼けないハズないだろっ!」って開き直り。

f0095746_1356779.jpg

ほら、なんか、バナナパウンドなのに、ほろほろしてるでしょ???

バナナの量は減らしてないの。卵と同じです。
ところどころにその影が見えるけど、かなりつぶしちゃいましたので、形はあまりありませんね。
でも食べると、バナナの香り口中に広がります。
美味しいです。
味も、食感もいいから、ついつい、何切れも切って食べ進みます。

あ、イル・プルの弓田先生のお言葉、思い出しました。
「本当に美味しいものは食べたらすぐ分かる。
美味しいか美味しくないか分からないものは、本当に美味しいものじゃない」だそうです。
あ、、、それ、よくあります、私。
「これ?これで、いいのか??。。。こんなもんか??これ、美味しいのか?」って自分で首かしげてること。
上の黒糖パウンドとバナナパウンド、まさにそれです。
このバナナパウンド、食べた瞬間、美味しいと分かりました。
よかったあ。

f0095746_13561626.jpg

嬉しかったので、なんちゃんの黒糖パウンドみたいに、むしって断面見てみました。
まだまだ完成とは言えないし、偶然かも知れないけど、
偶然の確率高くなり、少しずつ進歩している気がする菜種油パウンド。
厳密にはizumiさんと同じじゃないけど、だいぶ美味しくなった~。
がんばれ~、私。
がんばれ~、みんな~!
[PR]
by kotubutubu123 | 2009-05-10 21:57 | お菓子
<< マンモスコーヒー 焼き菓子3種 >>



夢は早期退職、Cafe開店。娘達よ、早く自立しておくれ。こんな腕で夢を語っていいのかな?だけど、夢は言葉にしないと叶わないって言うから。夢見るおかんのケーキ日記。      
翻訳
お気に入りブログ
以前の記事
エキサイト以外のブログ
カテゴリ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧